ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【乱交・王様ゲームで】妻からの贈り物。【エッチ】

私は45歳で普通のサラリーマンをしています。

家族構成は妻の友美(41歳)、娘(16歳)です。

娘はクラブの練習の都合で高校の近くに住む妻の両親の元から通っているため二人だけで暮らしです。

私が40歳の時、寝取られ系サイトを目にしたのをきっかけに妻にも経験させてみたいと思うようになったのです。

半年間は妻に言い出せずにサイトを見るだけで我慢しておりましたが思い切って妻に切り出しました。

結果は予想どうり『NO』でした。

私は粘り強く妻を説得し続け、妻を他人に抱かせる夫の心情がよく分かる読み物などを読ませて、妻を洗脳していったのです。

妻の反応も『NO』から『男性ってそんな風に考えているのね。』に変わり、『倦怠期を迎えた夫婦にはいいのかも・・・』と言うようになってきたのです。

ここまでくれば妻を押し切るには時間はかかりませんでした。

でも、いきなり3Pやスワップはできないと言います。

私と一緒に男性と会って『最後までできなくてもいいなら』と条件付で認めてくれました。

早速、私はサイトで事情を理解してくれる男性を募集しました。

十数人の方から応募があり、数人の方に絞ってメールでやり取りして一人の男性に決めました。

男性は佐藤さん(42歳)というかたで奥さん(34歳)と結婚以前から複数プレイやスワップを実践してるそうです。

現在、奥さんは妊娠中なのでプレイはお休みされているそうです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月31日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【乱交・王様ゲームで】近所の夫婦と夫婦交換【エッチ】

私35歳 妻33歳 子供なし私の妻は、結婚前に2~3人の男と付き合いが有り処女ではありませんでした。セックスも、それなりのテクニックもあり夫婦生活も上手く行っています。

(2番目の彼氏にはプチSMやアナルも開発されたと妻から告白されました)この間の日曜日、妻が仲の良い近所の夫婦と、今度の土曜日に私たちの家で焼き肉パーティーをしたいと妻が言いました。私はそこの奥さんの姿を見ると、奥さんを頭の上から足の先まで食い入る様に見て

「こんな女と一発できたら幸せだな…それにあの尻たまらないな~]いつも目で犯していました。妻「あなた、聞いているの」

私「ああ~そうだね いつも奥さんにお世話になっているお礼もしなくてはね」

妻「え~何いつものて?」

私「いや いつもお前がお世話になっているからだよ」と私が言うと、

妻「OKね じゃ後で奥さんに言いに行くからね」そして、土曜日になり招待した時間にご主人と奥さんが来られました。私はご主人とは、挨拶する程度のお付き合いしかしてません。妻と奥さんは親友同士で、ショッピングとか食事によく行く仲です。妻「あなた 私と奥さんで支度するからご主人のお相手してくださいね。それとお世話になっているからお礼も言ってくださいよ」言ったので

私「いつも家内が奥さんにお世話になっています」とお礼の言葉を言いました。

すると、ご主人は、「いいえ、こちらこそ奥さんには色々とお世話になっています」と

ニャッとした顔で挨拶されました。私はその時のご主人の言った言葉が気になりましたがすぐに忘れてしまいました。その時妻が「パーティーの用意ができましたよ」と言ったので庭の方に移動しました。ご主人は「凄いご馳走ですね!家ではこんなお肉食べれませんよ」と言い椅子に座りました。私はご主人にビールを進め、2時間ぐらい世間話しをしました。妻も奥さんもビールがまわり4人で次第にHな話になり盛り上がってきた時、

ご主人が「旦那さんいい奥さんですね、いつもこんな綺麗でセクシーな奥さんを抱けるなんてうらやましいですよ」と言われました。私も「いや~旦那さんの奥さんもセクシーで魅力的で、それにあのお尻なんか最高ですよ。家内とは大違いですよ」と言いました。妻たちは「二人で何こそこそ話ししいてるの?私たちに聞かれたらまずいことなの」すると

ご主人は妻に「こんないい体の奥さんを抱ける旦那さんさんがうらやましいです」と奥さんの前で妻に言いました。すると奥さんは「あなた、どうせ私の体は奥さんと比べたら月とスッポンね」私も「どうして 奥さんの体もセクシーで私好みですよ。できたらお相手したいくらいです」

妻は「何言ってるの奥さんが困っているじゃ無いですか」

ご主人が「それじゃ 旦那さんに抱いてもらったら」

妻「ご冗談でしょう そんなこと出来るわけないでしょう…ねえ奥さん」と言いました。4人ともその場で笑いました。でも4人の頭の中の考えは同じだったと思います。それからの展開は4人の…いや私を除いた3人の筋書き通りに運んで行きました。知らぬは私だけ…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【フェラチオ】1日に3人の男性に逝かされたカップル喫茶【体験談】

1日に3人の男性に逝かされたカップル喫茶上野にあるカップル喫茶キャッツ○○。

30になる妻と42の夫である夫婦です。過去に何度かカップル喫茶やホテルなどでの3pやSWは経験しています。

しかし日に3組のカップルと交わるのは初めてでした。小さな個室を出てプレイルームへ。中心で二組のカップルが69の格好で互いを責め合っています。

女性の歓喜に咽ぶ声が漏れ、それを目にしたとたん下半身が疼いてくる。

咥えこんでる女性が時折勃起したチンポから漏らすあえぎ声は淫らそのもの。妻がまとってるバスタオルの下は全裸。

バスタオルを取りプレイ中のカップルに見せるように

頭を手で押さえフェラへ導く私。プレイ中の男性陣が時折獲物をみつけたような瞳を投げかけながら

オマンコを舐めてる脳裏には何が浮かんでるのでしょう。バスト88の乳首が腿に触れながらチンポを舐め上げる妻。

目の前で繰り広げられる痴態に下半身から起こり来る刺激に心臓は高鳴ってくる。妻の頭を持ち上げ口を離させ今度は私が妻へのクンニのお返し。

クリトリスに舌を這わせるとすでにオマンコは濡れ濡れ。

妻も相当興奮してる様子。一組のカップルが何気に擦り寄ってき相手の男性と目が合うと「いいですか?」と訴えている様子。頷きました。

男性の手が妻のオッパイを乳首を揉み始め、

それにあわせて妻の一際高いあえぎ。妻のオマンコを舐めながら手を相手の女性のお尻からオマンコへと撫で回していく。

相手の女性は彼から口を離し私の元へ寄ってきます。彼女の手が私の下半身へ触れて来た。

こちらも妻から離れ相手女性と身体をあわせます。わずか数センチ離れた場所で妻と知らない男性が絡んでいます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月24日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【盗撮・覗き】★可愛い彼女の一人暮らしの部屋を覗かせた★【体験談】

♂(30歳)、♀(25歳)です。

一応普通にお付き合いしているその辺にいるカップルです。(普段は・・・)僕にもともと露出癖があるので、ちょこちょこ体験談を載せていきたいと思います。彼女は一人暮らしをしていて、アパートの一階です。

その部屋に遊びに行ったり、お泊りしたりしているのですが、

ある日、ちょっとしたイタズラ心というか、魔が差したというか・・・彼女がシャワーを浴びている間に、ベランダ側のカーテンをばれないように

開けておきました。長さにして2~3cmほどだと思います。その日は、シャワーからあがってきた彼女とご飯食べたり、テレビを見たりして過ごして帰りました。翌日、彼女に黙って、夜10時頃に彼女の部屋のベランダ側に行ってみると、

昨日隙間をあけておいたカーテンから部屋の中がある程度見えます。彼女はどこにいるのかなと思っていたら、キッチンから下着姿で戻ってきました。

普段は下着だけで生活しているのかと思いながらも興奮してしまいました。ずっと覗いているのも怪しいので、その日はドキドキしながらも帰りました。そして2日後、また行ってみると、おじさんが彼女の部屋を覗いているではありませんか!

食いつくように部屋の中を凝視しています。

多分、少ししか見えないからでしょうが・・・僕が近づくとおじさんは何事もなかったかのように立ち去ってしまいました。

彼女の下着姿見られちゃったのかなって思いながら、ゆっくり覗いてみると、

なんと、彼女は下着姿どころか、オナニー中です。

それは凝視する理由もわかります。

ゆっくりアソコを撫で回して気持ち良さそうな顔でオナニーしています。

僕も興奮してしまって、ベランダの外でオナニーしてしまいました。翌日、またおじさんがいました。

そして近づくとまたおじさんは立ち去ってしまいました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2017年12月24日 | エッチ実話カテゴリー:盗撮・覗き体験談

【外国人と】新婚旅行2日目!【エッチ】

少し前に投稿した“新婚旅行1日目!”の続きで2日目の体験談を書きたいと思います。

昨日、たくさん遊び、そしてセックスをしたせいか目覚めたのは10時頃でした。目覚めると美咲が裸で俺の顔をジーッと見てて

『ぐっすり眠れた?寝顔が可愛かったよw』

朝からハイテンションだ…と思いながら会話をしてました。美咲はシャワーを浴びたらしくシャンプーの香りがしていました。

シャワーを浴び、朝食を食べてさっそく、ビーチに向かいました。美咲はニコニコしながら俺と手を繋いでいてビーチにつくとすぐに裸になりました。俺も裸になり、日焼け止めのクリームを塗ってあげました。

最初は背中から、そしてお尻、仰向けになってもらい、たわわに実った2つの白いおっぱいにクリームを垂らし揉みほぐしました。すぐに乳首が勃って『んっ…おっぱいだけじゃなくて下も気持ちよく塗って…』それでも俺は乳首攻めをしてだいぶ堪能したあと、ま○こに塗り始めました。太ももの付け根を刺激した後、手マンをしてあげました。あんあん言ってる美咲を見てると愛おしくて堪らなくなりたした。

ひと段落した後、海に入りました。海でも美咲の身体を弄りまくり、美咲は『気持ちいい……もっとやって…』

「続きはホテルでやってあげるw」

『もう…w 我慢しなきゃだめ?』

「だーめww」

美咲はわかったよとビーチに戻りました。少し離れた場所ではカップルがセックスしていて美咲も『私達もやろ?』と諦めきれない感じでしたが、説得させました。

ビーチで買っておいた飲み物を飲んでいると見覚えのある子供が近づいてきました。

そう、昨日美咲の乳首に吸い付いていたエロガキです。美咲はその子に気づくと手招きして抱っこしました。その子は美咲のおっぱいに顔をうずめたりして揉んだり、乳首を引っ張ったり転がしたりして遊んでる感じでしたが、美咲はやりたくて堪らなかったため少し弄られるだけで感じている様子でした。美咲は嫌がる様子なく自分の胸を好き放題にさせてあげていて、俺はというと、興奮していましたw

『んん…あっ…』

と可愛いらしい声を漏らしています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:外国人との体験談

【マニア】マワシ【体験談】

私が大学生だった数年前地元のとある市で次々と若い女の子が車で拉致され、セックスビデオを撮られたりカーセックスしてる若いカップルが襲われて彼女がレイプされる事件が起こった。そういう噂が流れ、地元の若者を震撼させた。しかし、レイプの様子をビデオで撮られている為か被害届は一切出ておらず、警察沙汰にはなっていなかった。被害人数は20人とも30人とも言われていたが、実際に事件化されていないので分からない。その裏ビデオが1本数万円の高値で取引されていると言われたが、実際にそんなビデオがあるのか誰も見ていないので分からなかった。その噂では、地元に拠点を置く2次団体の暴力団のX組のシノギとされ、そこの組員が行っていると噂されていた。X組と言えば地元では知らないものがいない武闘派組織で、数年前にも抗争事件で組員が敵対する組長を射殺してニュースになったり、地元では最大の建設会社に銃弾が撃ち込まれて騒ぎになった事もある有名な組織だ。そこの組長は、本家の組織では若頭補佐を務める執行部の一員である最高幹部でもある。そんな武闘派組織の犯行なら誰も地元では被害届を出せない。そもそもレイプ事件自体は親告罪だが、当然そこには拉致や監禁暴行等の余罪が絡むので、警察が本気で捜査すれば立件は可能だと思われた。しかし、最終的にこの事件が立件される事はなかった。最終的にこの組の組長が責任を取り引退し、表向きは以前の抗争事件の責任を取って引退という事で本家から事実上処分されたと言われている。しかし、当然この組は解散しておらず、今も2代目として存在している。この事件は約半年の間に10件~20件程発生したと言われている。中には10代の未成年の女子高生も含まれると言われ、被害にあった人数は20人とも30人とも言われた。中には5、6人の若い女性グループが集団で拐われた事件も含まれると言われる。さすがに未成年もターゲットになった事で、地元の警察も警戒を強めパトロールの強化や不審者への職務質問強化等対策に乗り出したと言われている。さすがにやり過ぎたのか、後日別件でだが銃刀法違反でここの組員が捕まった際には、この組に家宅捜索が入っている。最初の事件は数年前の夏に、地元の山で若いカップルがカーセックスをしていた所を複数の男達に取り囲まれ、彼氏が暴行を受け、彼女に対して「彼氏が殺されたくなかったら彼女が身体でワシらの相手をしろ」と言われしぶしぶ頷く彼女を複数の男達が車の中でレイプ。その様子をビデオで撮り、嫌がる彼女に「ケツの穴にも入れさせろ」と二穴責めまで強要され、嫌がると彼氏のケツに棒を突っ込んで、怖がった彼女が「何でもするから止めてあげて」と泣き叫ぶと、「じゃあ彼女がやらしてくれるのか?」と言われ、嫌々頷く彼女のケツの穴にも男達が次々とぺニスを突っ込みながらサンドイッチファックをされたのが初めての事件だと言われている。このカップルは朝まで拘束され、彼女の方は一日中犯され続け、10人ぐらいの男達が2人ずつ交代しながらサンドイッチファックを行い二穴を犯し続けた。結局彼女は朝まで10人に2つの穴に2、3回ずつ中出しされたと言われ、そのビデオは2時間納められており、彼女のアソコは拡がってしまってガバガバになってしまっており、中には大量の中出しされた精液が溢れらしていたと言われている。この20代の前半と思われるカップルのビデオは、1,2を争う人気商品と言われ1本数万円の販売価格が裏で1本10万~20万で取引されていると言われていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:マニア体験談

【出会い系で】人妻と仲良くなるエッチなメリット教える 【エッチ】

<>1:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:10:07.79ID:piJof22asf<>

なにか聞きたいこととかあるよね?



<>2:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:11:42.21ID:/35Lgx640<>

ないね



<>3:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:12:06.49ID:tqeHmmH4O<>

あるね



<>4:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:12:06.49ID:tqeHmmH45<>

人妻っていくつよ



<>6:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:13:17.45ID:piJof22asf<>

34だよ

といっても34には見えないと皆が口を揃えて言うだろう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年12月28日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系で】ネットで知合った女とオフ会→即ホセックス 【エッチ】

先日、インターネットで知り合った女性とのエッチの話をします。

その女性は、とある会社の研究に携わっている女性で、会う前までは「かなりインテリの女性だろうな・・・。

もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねを掛けているのかな?」等と、まじめな女性を想像していました。

でもエッチなチャットで知り合った女性でしたから、正直言うと会うまでは非常に不安でした。

でも実際あって見たら何処にでもいる、普通の女性でした。

凄い奇麗とか、凄い可愛いとか、そういう人ではなかったですが、それなりに普通の女性でした。



待合せは上野の丸井の正面玄関。

40分ほどして予め連絡しておいた携帯電話に電話が掛かってきました。

「遅れてごめんなさい。仕事がなかなか終わらなくて・・・。」

「いいよ! 今どこにいるの?」

「丸井の正面玄関の公衆電話から電話してるの。」

「じゃ、そこに歩いて行くから、このまま話続けて!」

そういいながら、公衆電話のあるところに歩いていき、ようやく彼女と対面できました。

「じゃ、これからどうする? 何処行こうか?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年12月13日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系で】社会人ってどこで出会うの 【エッチ】

1:(‘∀)2013/02/1213:06:52.87

マジでわからんのだが



出会い系やカップリングパーティーはあるが、最終手段という感じがしてしまう。

普通の人はどこで彼女を見つけてるんだ?



2:12013/02/1213:20:13.91

ちなみに俺は職場では同年代の女の子とは緊張してなかなか話しかけられないので

(そもそも部署が違うからわざわざ話しにいきづらい)

今のところ出会いは出会い系やカップリングパーティーに頼ってる状態です

後者でカップルになれたけどデートしたあとメール無視されるようになって終わった

前者では何人かと会ってるけど、顔が微妙な子ばかりで一回会って冷めてしまう

(俺の理想が高すぎる?)

可愛い子もたまにいたけど、会話が弾まなくて、だめだった




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2015年12月13日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】狂った歯車 【体験談】

高校3年の時期に、僕の幼馴染は最悪最低の男に堕とされてしまった。

僕をゴミの様に扱う最悪最低な男に騙されて・・・・・。



今思うと、僕が第一志望の高校に落ちていなければ、人生の歯車が狂うことはなかったのかもしれない。

いや、なかったのだろう。

すべてはあの高校に入学したことが間違いだった。



僕は生まれてこの方、勉強だけで生きてきた様な男だった。

運動能力もなく、決して容姿が良いわけでもないため、

勉強だけは人より頑張ってきたつもりだった。

ガリ勉とバカにされても勉強だけは将来のために頑張ってきた。

そして本来なら県下で一番偏差値の高い高校へ入り、エリートになるべき男だった。

しかし、結果論、僕はあろうことか第一志望の高校へ落ちてしまいあの忌々しい高校へかようこととなった。

と言うのも、僕の住んでいる県は高校の数が少なく、公立は第一志望を落ちてしまうと、定員割れしている他の偏差値のあまり高くない公立に入るか、他の私立に入るかしか選択肢はなかった。

そして第一志望に落ちた僕が高校に通うにはどうしても金銭的に公立に行くしかなく、あの高校へ行くこととなった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年7月24日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 14012345...102030...最後 »

このページの先頭へ