ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【乱交・王様ゲームで】アパート暮らしは楽しい!⑤【エッチ】

“ごめん出ちゃったよ・・・”

“いいんですよ。溜まってたんでしょう?それに私もすっごく良くてイっちゃった。”

私は御主人の上に乗ったまま舌を絡ませます。

“ごめんなさい…お尻の下が気持ち悪くないですか?”

“うん大丈夫。でも潮吹く女性なんて初めてでびっくりしてる。”

“誰とでも潮吹いちゃうわけじゃないんですよ。気持ちいいオチンポだけ。

凄く気持ちよくイった時だけ・・・”

これは半分嘘です。

Hしてイカないなんて事はないし、確かに潮を吹かない事はあるけど…。

“御主人様、お掃除しますね!”

そういうとオチンポを抜き取りオチンポをしゃぶります。

みるみる内に固くなるオチンポ…。

“ああ~ん…御主人様ぁ凄いですぅ…オチンポかちかちになっちゃいましたぁ・・・”

“君のフェラテクが凄いから…”

“いっぱい溜まってらしたんですね?どうします?このまま続けますか?”


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【盗撮・覗き】構想十五年、念願叶って寝取られプレイ【体験談】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、

私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。

元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、

肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、

それはそれで魅力的と言えなくもありません。

ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、

人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。

岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、

すでに、百通信を越えていました。

身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、

造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。

寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、

万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、

一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。

妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:盗撮・覗き体験談

【フェラチオ】親友(絵里のお願い)【体験談】

皆で遊んだ次の日からA、B、C、Dはうちに入り浸り、毎日の絵里や君江との罰ゲームの話で盛り上がり、オッパイの感触が忘れられないとか、乳首が立つとコリコリしてていい感じだとか、オマンコも見たかっただの触りたかったと興奮して盛り上がっていた。また誘ってみる?という話もあったが絵里が生理になっていたこともあり具合が悪いと言っていたので誘うこともなかったです。それから一週間ほどたった頃、絵里から「話があるから行っていい?」と電話がありました。

なにやら深刻そうな感じでした。僕は不安で妊娠しちゃった?いやいや生理って言ってたし!まさかもう僕との関係を解消とか?とネガティブな方向ばかり考えていました。絵里が来ると真剣な顔で「真剣な話なんだけど・・・あのね?カズは君江のことどう思ってるの?」と聞いてきました。「え?なんで?」と僕は聞き返しました。

「君江って綺麗でしょ?プロポーションもいいし」そう言って来たので何が言いたいのか良くわからないまま「そうだね、美人だと思うよ」と言うと「好き?」と聞かれました。僕は正直に「好きだけど、友達としてな!でも彼女だったら自慢できるな」と言いました。

絵里はちょっといじけた様に「どうせ私なんかよりいいでしょう。君江は清楚だし。私は淫乱女ですよ!」と言ったので「でも俺は絵里の方が可愛くて好きだよ」と言って抱き寄せキスしました。

キスだけでオチンチンはギンギンでそのまま押し倒してエッチしようと思ったら、「ダメ・・・今日はそんな気になれない」と言われました。

「俺のこと嫌になったの?」と僕が聞くと「違うよ。あのね・・・」と話を切り出してきました。絵里と君江とは仲が良く中学校になってからもよく一緒に遊んだりしていたそうで、あの日も絵里が僕の家に遊びに行くと言ったら私も行きたいと言って一緒に来たそうです。

あの後、君江の家に呼ばれ遊びに行ったらしく、その時に君江が小学生の時から僕のことが好きだったと聞かされ、でも僕は絵里のことが、絵里は僕のことを好きなんだろうと感じていた君江は、ずっとそのことを言えずいたらしいです。

君江は僕達と違い頭が良いので、僕達が地元の高校に行くのと違い、私立の全寮制の女子高に行くことが決まっているので、もうなかなか会えないというものあり、絵里に本心を打ち明けたらしいです。絵里もそんな君江のことを裏切るのは嫌で、僕との関係を話してしまったらしいです。

付き合ってはいないけど体の関係はあると言うと、君江はたいした驚きはしなく、付き合ってるものだと思っていたので、僕と絵里の二人の様子を見ると体の関係はもうあるだろうと感じていたらしです。そして絵里に「カズの事はどう思ってるの?」と聞かれ、「愛してるとか良く分からない。でも自分の周りにいる男の人の中では1番好き」と答えたらしいです。

君江は「カズは付き合っていないも私とエッチできるかな?嫌かな?」と冗談ぽく言ったかと思うと、「絵里はいいなー。私も初めての人は好きな人としたいな・・・」と言ったそうです。

その日はそれで帰って来たそうですが、自分の家に帰った絵里は自分なりに考えたそうで、確かに自分も最初は僕じゃないとと思ったらしく君江もそんな気持ちなんだろうなと感じ、君江に電話して「もしカズがキミちゃんとエッチしてもいいって言ったらどうする?」と聞くと「してもらいたい」と答えたらしく「じゃー私がカズに聞いてあげる」と言ってうちに来たらしいです。

僕は驚きました、君江の気持ちにもそうでしたが、絵里は僕が君江とエッチをしても平気なのかな?と思いました。そして絵里の気持ちを聞くと「他の女の人なら絶対に嫌だけど、キミちゃんならって思う。カズはキミちゃんじゃ嫌?できない?」と聞かれたので、「絵里が君江としてほしいと言うなら」と答えました。絵里は「してほしいって言うんじゃないんだけど・・・でもキミちゃんとエッチしてくれるんだよね?いいんだよね?」と言うので「君江が始めてが俺で良いって言うなら、でも付き合うとか言われても無理だよ。俺は絵里のこと好きだから」と答えました。

絵里は「ほんとに?じゃーキミちゃんにカズがOKしたって言っていいんだよね。今日でも大丈夫?」と言いました。俺が絵里のこと好きって言ってるのに、そこはスルーなんだなと思いましたが「いいよ」と答えました。

絵里は電話を貸してと君江に電話を掛けに行きましたが戻ってきて、君江にも心の準備があるから明日でもいいかと言って、明日君江がうちに来ることになりました。

そのあとは、絵里が君江には優しくしてとか痛くしないでねとか中出ししちゃダメよとか・・・君江の心配ばかりしていました。次の日、君江が来る前にシャワーを浴びオチンチンを綺麗にしました。ベッドを綺麗にして君江は出血するかもとバスタオルを敷き、コンドームを枕の下に隠しました。緊張して待っているとチャイムが


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【体験談】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、

私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。

元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、

肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、

それはそれで魅力的と言えなくもありません。

ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、

人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。

岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、

すでに、百通信を越えていました。

身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、

造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。

寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、

万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、

一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。

妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【童貞・処女と】美和子物語 河口君の合格祝【エッチ】

美和子物語 河口君の合格祝い



去年の夏に浪人生の河口君となかよし会をしました。

彼は芸大を目指していました。

私学のバイオリン専攻科に合格していましたが、国立の芸大を目指していました。

12月に私学への合格が決まって報告してくれました。

ご褒美に夕食会をお誘いしました。



ホテルのレストランでフランス料理を楽しみました。

彼の童貞卒業のお相手をして以後は電話でのテレフォンセックスだけでした。

合格したら朝までご一緒しましょうとお約束していました。



食事を終えてからお部屋へ移動して洋服を脱がせてくれました。

ブラまでは彼が、最後のショーツは自分で脱ごうとしましたら僕が脱がせてあげます・・・。

彼の希望を聞いてあげました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【外国人と】新婚旅行2日目!【エッチ】

少し前に投稿した“新婚旅行1日目!”の続きで2日目の体験談を書きたいと思います。

昨日、たくさん遊び、そしてセックスをしたせいか目覚めたのは10時頃でした。目覚めると美咲が裸で俺の顔をジーッと見てて

『ぐっすり眠れた?寝顔が可愛かったよw』

朝からハイテンションだ…と思いながら会話をしてました。美咲はシャワーを浴びたらしくシャンプーの香りがしていました。

シャワーを浴び、朝食を食べてさっそく、ビーチに向かいました。美咲はニコニコしながら俺と手を繋いでいてビーチにつくとすぐに裸になりました。俺も裸になり、日焼け止めのクリームを塗ってあげました。

最初は背中から、そしてお尻、仰向けになってもらい、たわわに実った2つの白いおっぱいにクリームを垂らし揉みほぐしました。すぐに乳首が勃って『んっ…おっぱいだけじゃなくて下も気持ちよく塗って…』それでも俺は乳首攻めをしてだいぶ堪能したあと、ま○こに塗り始めました。太ももの付け根を刺激した後、手マンをしてあげました。あんあん言ってる美咲を見てると愛おしくて堪らなくなりたした。

ひと段落した後、海に入りました。海でも美咲の身体を弄りまくり、美咲は『気持ちいい……もっとやって…』

「続きはホテルでやってあげるw」

『もう…w 我慢しなきゃだめ?』

「だーめww」

美咲はわかったよとビーチに戻りました。少し離れた場所ではカップルがセックスしていて美咲も『私達もやろ?』と諦めきれない感じでしたが、説得させました。

ビーチで買っておいた飲み物を飲んでいると見覚えのある子供が近づいてきました。

そう、昨日美咲の乳首に吸い付いていたエロガキです。美咲はその子に気づくと手招きして抱っこしました。その子は美咲のおっぱいに顔をうずめたりして揉んだり、乳首を引っ張ったり転がしたりして遊んでる感じでしたが、美咲はやりたくて堪らなかったため少し弄られるだけで感じている様子でした。美咲は嫌がる様子なく自分の胸を好き放題にさせてあげていて、俺はというと、興奮していましたw

『んん…あっ…』

と可愛いらしい声を漏らしています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:外国人との体験談

【フェラチオ】v【体験談】

美和子物語 吉井さんのお願い 聞いてあげました



週末、いつものように四国へ出かけました。

土曜日に早めの夕食を済ませてから瀬戸大橋を通りました。



車の中で吉井さんの右手が美和子のスカートの上から触れてきました。

美和子はお好みのソングのショーツでしたが、その上からはショートガードルを穿いていました。

彼の指先がショーツの中に侵入できません。



パーキング場所で停車して、ガードルを少し引き下げて右指をリードして美和子のクリにふれていただきました。

久しぶりでしたからとても興奮されて、僕のも触って・・・。

素直な美和子は彼の希望をかなえてあげました。

パンツの上から触れましたらジュニアは固くなっています。

前のファスナーが引き下げられて、美和子の指先がトランクスの中に誘導されました。

固くなったペニス様でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【近親相姦】風呂上がりに妹が…【体験談】

俺25歳会社員、実家から通勤している。

妹22歳専門学生、同じく実家暮らしで通学している。

定年退職した親父だが、技術屋だった腕を買われて、某企業から声が掛り再び働き始めている。但し職場が遠い為、お袋と一緒にアパート暮らしをしながら…GWと盆暮れ正月にしか帰って来ない…まるで立場が俺達と逆だが…

そんな去年のまだ暑さが残る、とある週末の事、俺は風呂でサッパリとし浴室のドアを開け脱衣所兼洗面所に出た時だった…

丁度同じタイミングで妹が洗面台に用事があったのか、ドアを開けて入って来た。

洗面所兼脱衣所のドアと浴室のドアは一直線なので、妹の目には素っ裸の俺が入る訳で、開口一番「あっ…ゴメン、まだ入ってたんだ…」そう言うとドアを閉めて出て行くと思いきや、家に俺達だけなのを良い事に、ドアも開けッパのまま洗面台の鏡に向かって立った。

俺はその行動に特に慌てる事も無く、何時もの事なのでナニを隠す事も無くタオルで身体を拭きながら鏡に向かっている妹に「ああ…、美月はまだ入って無いのか?」と声を掛けた。

「うん、これから入ろうと思ってたところ」そう言うなり服を脱ぎ始めた。

俺と場所を変わる様に立ち位置を入れ替えて妹は脱いだ服を洗濯籠に入れ、俺は暑さから素っ裸のまま首にタオルを掛けた格好で鏡の前に立ちコップに水を注ぎ飲み始めた。

飲み終わると今度はタオルで濡れた髪を拭き始めた。

その間に妹は裸になりヘアバンドを片手に俺の横に並んで、鏡を見ながらバンドを付け始めた。

当然お互いの身体は鏡越しで見えるので「また大きくなったんじゃねぇ?」と俺が聞くと「そんな事ないよ~ブラのサイズ変わってないしぃ~」と答えた。

「そうかぁ?最近(セックス)してないのか?」と聞くと「あんまりねぇ~…何かタイミング合わなくてさぁ…また別のセフレ見つけようかと思ってる(笑)」と答え「お兄ちゃんこそヤリまくりって噂聞いてるんですけど?(笑)」と言うので「そんな根も葉もない噂どこから聞いてくるんだ?」「え!?してなの?なぁ~んか前より太くなってる感じだからさぁ(笑)」と俺のだらんとしてるチンコを覗きこむ様にしながら言ってきた。

「俺も最近何かと忙しくてセフレと連絡取ってねーんだよっ」と言うと「そっかぁ~お互い欲求不満なんだね(笑)」と妹が言うから「オマエ欲求不満なんだ?俺の使うか?(笑)」と冗談で言うと「え~!お兄ちゃんの勃ってる状態見た事無いから、その気にならないよ(笑)」と言うので「見たらやりたくなるぞっ!(笑)」と答えると「マジでぇ~!(笑)でも正直お兄ちゃんのでも(勃起)凄かったらやりたくなっちゃうかも(笑)」

そう言うので俺もちょっと本気で「じゃあ見てみるか?」と聞くと「じゃあ勃たせて(笑)」とアッサリ言われたが「オマエの裸見たって興奮しねぇーよ(笑)」「しょーがないなぁ~」と言うや俺の前に膝立ちになってチンコを握って咥えて来た。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2017年12月21日 | エッチ実話カテゴリー:近親相姦体験談

【姉と】バツイチの姉と過激にやってしまった!!【エッチ】

8年前結婚した姉貴に子供ができなくて、旦那や旦那の両親とこじれて離婚。

で、先月実家に帰ってきました。

こんなきれいで性格のいい姉貴と離婚するなんて!!なんてヤツラだ!とうちの両親も俺もカンカン!

でもさ、姉貴が戻ってきたのが、おれはすごくうれしかった。

ずっと好きだったし、美人で性格も抜群で自慢の姉貴だ。

今も変わらない。清楚って言葉がぴったりくる。身内褒めだけど。

もっともエッチの時の豹変ぶりにはたまげたけど・・・。そんな姉貴と先週、ふとしたことがきっかけで姉貴とエッチしてしまった!!

まじに、近親相姦するなんて思わなかった。

ふざけてただけが、本気モードに突入してしまった。

姉貴33歳。俺29歳。

姉貴は顔だけじゃなくてスタイルもバッチリなんだな・・・。オッパイはDカップ。腰はくびれてるし、ヒップは柔らかくて・・・。土曜日。

どうしても用事で両親が1泊ででかけた日だった。

戻ったばかりの姉貴を家に置いてという心配はあったが、おれがいるから大丈夫だよ!って話して。

昼間から姉貴は、TVをずっと見てた。「姉ちゃん、どっか遊びに行こうか?家にいても面白くないでしょ?」

「え?うーん・・・・。ねえ利一、ドライブに連れてって。どこでもいいからさ。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エッチ実話カテゴリー:姉との体験談

【浮気・不倫で】彼女との合コン【エッチ】

【スペック】

真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン

まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。

一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする

ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ

てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら

回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし

なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって

いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを

彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き

合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが

たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして

まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為

     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談
3 / 42712345...102030...最後 »

このページの先頭へ