ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】義姉と初体験【エッチ】

 僕は義姉と初体験しました。義姉は27才、一番上の兄と結婚して両親と僕の5人で暮らしていた。兄は出張が多く、両親は飲み屋をしているので夜は義姉と2人きりになる事が多かった。 家の中ではいつもラフな格好をしていて、ミニスカートか短パンでタンクトップにノーブラで、中3の僕には刺激が強かった。義姉の姿を見ては勃起して慌てて部屋に行き、義姉を想像しながらオナニーする事もよくあった。 その日もミニスカートにタンクトップ姿のノーブラ。向かい合わせで食事をしていて義姉が前屈みになると胸元からノーブラのオッパイが見えている。すぐに勃起してしまったが席を立つ訳にもいかず気付かれないように食事をしていた。先に済ませた義姉が「お風呂入ってくるね」と風呂場に行き、しばらくするとシャワーの音が聞こえてくる。わずか数メートル横で義姉が全裸になっているかと思うと風呂場が気になって仕方ない。 とうとうガマン出来なくなって静かに風呂場に行くとガラスドア越しに義姉の姿が、その影を見て義姉の全裸を想像しながらオナニーしていた。義姉の影を目に焼き付けて目を閉じて妄想を膨らませながらシゴいていると突然ドアの開く音が。「こうじくん?・・」目を開けるとドアから身を乗り出した義姉の生のオッパイを見てしまい思わず「義姉さん。」と抱き付いた。「ちょっ・・こうじくん・・どうしたの?」僕は必死に抱き付いてオッパイを揉みキスしようとしていた。「ダメよ・・こんなのいけないでしょ?」そんな言葉など聞かずに出したままのチンチンを義姉に押し付けながら口にキスしようと必死になっていると、勃起したチンチンをギュッと握られて「こうじ!待ちなさい」と怒鳴られた。僕がビクッとなって動きを止めると「もぅ・・どうしたの?こんな事して・・」「ごめんなさい・・・」生のオッパイを見てガマン出来なくなった事や、いつも義姉を想像してオナニーしたり今もしていた事を話すと「オッパイ見て興奮しちゃったんだ・・こんなになっちゃって・・も~ぅ・・」気が付くと勃起したチンチンは少し柔らかくなって全裸の義姉に握られたままだった。それに気付いた途端に固くなってきて「こら~・・また元気になってきてる・・落ち着いて」そう言ってる間に僕のチンチンは義姉の手の中でギンギンになっていた。「しょうがないなぁ・・・このまま手でしてあげたら落ち着く?」一瞬、耳を疑ったが義姉が手でイカせてくれ

ると・・。「脱いで入ってきて」服を脱いで中に入ると洗い場に立ったまま僕の隣に来て勃起したチンチンを握ってくれた「ここならいつでも出していいから」そう言うと義姉は体を密着させたまま手でシゴいてくれた。風呂の中にハァハァという僕の息遣いが響いてオッパイを見詰めていると「触って・・みる?」ゆっくりオッパイを揉みながら指で乳首を擦っていると義姉の表情も変わってきた。指でキュッと摘まむと「アッ・・そこは優しくね」「舐めてもいい?」黙って頷く義姉の乳首を出した舌で優しく舐めながらオッパイを揉んでいると、ハァハァという息遣いは義姉のものへと変わり、僕のチンチンからはネチャネチャという音が出始めた。 「お汁がイッパイ出てきたよ・・先がヌルヌル・・」義姉の指が亀頭を擦り始めると乳首を咥えて吸いながら強く舐めてみた。義姉は何も言わずに「アッ・・んんっ・・」と僅かに声を漏らしている。遠慮気味にオマンコのほうへ手を伸ばすと片足を浴そうの縁に乗せて開いた。ワレメを撫でると濡れてヌルヌルしていて、指を出し入れさせてみると、それに合わせて義姉もゆっくり腰を動かしている。だんだん激しく動かしてオマンコからクチュクチュ音がするほど掻き回していると義姉が突然腰を引いて僕の指を抜き「もうダメ・・触らせてあげない」僕がガッカリしていると「その代わり・・」前に座った義姉は目の前のチンチンを出した舌で舐めてくれた。 先から垂れるお汁を舌で掬うと口に咥えて頭を動かし唇でシゴクように舐めてくれた。「義姉さん・・すごい・・気持ちいい・」チンチンを擦る唇からジュブジュブと音が出始めると僕も限界に近付いた。「義姉さん・・イキそう・・」「このまま出して」そう言った義姉の口が激しく前後に動くと咥えられたままその口の中に勢い良く射精した。「あぁ~っ・・イク~・・」義姉は僕の精液を飲み込むとそのまま舐め続け「まだ落ち着かないよ・・固いままじゃない」一度出しても僕のチンチンは勃起したままで大人しくならない。義姉はその場に座って両手を後ろに付くと脚をゆっくり開いていった。

 

 「してみたい?」僕は吸い寄せられるように開いた脚の間に体を入れるとヌルヌルに濡れているオマンコにチンチンを押し当てた。「いいよ・・きて」義姉の両手で腰を引き寄せられると僕のチンチンが義姉のオマンコにゆっくりと入っていく。根元まで入れると体を起して僕を抱き締めて「どんな感じ?」「あったかくて・・ヌルヌルが気持ちいい・・」「動かして・・ゆっくり大きく・・」義姉に導かれて腰を動かしチンチンを出し入れさせると「アァ~ッ・・いい・・・だんだん早くして」義姉の腰を抱えて激しく動かすとオマンコに擦れて変になるぐらい気持ち良かった。「義姉さん出ちゃう・・出ちゃうよ~」「いいから続けて」義姉は僕の首に腕を回して引き寄せると舌を絡めてキスしてきた。舌もオマンコも気持ち良すぎて僕はオマンコに入れたまま中で射精してしまった。「あぁっ・・中に・・出ちゃった・・」「大丈夫だから」義姉は僕にチンチンを中に入れさせたまま10分ぐらい優しくキスしてくれた。その後も2人きりの時には何度もエッチして義姉の全てを知ったつもりだったけど・・・。 義姉には、まだしてみたい事があるらしいです・・・・。  両親は飲み屋の仕事で帰りも遅く、兄の出張する度に義姉とセックスをしまくっていた。

童貞喪失からずっとゴムなしでしていたせいで避妊とかまったく考えていなく、毎回、生中出しを続けていた。

学校が休みだったある日、兄夫婦の部屋に侵入をしたらごみ箱にコンドームが捨てあった。

「義姉さん、昨日は兄さんとしたんだぁ」

「えっ!どうして?」

「ごみ箱にこんなのが捨てあったよ」

「なんで!部屋にはいったの?」

「ごめんなさい。でも兄さんとはゴム付きなんだね」「そうなんだよねぇ~。まだ子供は欲しくないみたいだから…」

「そうなの!じゃぁ僕とは生で良いの?」

「本当はダメだけど、こうじ君のは生の方が気持ち良いから」

その言葉に興奮した私は義姉を兄夫婦の部屋へと連れていき

「誰も居ないから夜までたのしもうね」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年9月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】マクドの女【エッチ】

 NのMデパート内に有るマクドナルドでバイトしているAさん。10代のかわいい女の子。

 ポニーテールで色白、スタイルもよく俺好みだったのでバイトが終わって出てきたところを早速ナンパした。はじめは怪訝な顔をしていたが男経験があまり無いらしく、強引に手をとって誘ったらビックリして戸惑いながらも近くのラブホテルまで着いてきた。俺はドキドキしていて何をしていいかわからないAにラブホの部屋へ入るなり、彼女の顔を両手で押さえてディープキスした。

 Aは口を閉じていたが、俺のしつこい舌技にかわいい口を開いて俺の唾液や舌を受け入れてくれた。

 彼女も俺に舌を絡めてきたので俺は激しくAの舌を吸うと彼女は苦しそうに小さく呻いた。

 俺は彼女の服を脱がし、下着をすべて剥ぎ取ると、Aの10代のグラマーで張りのある体をベットへ押し倒し覆いかぶさって上半身にキスの嵐。

 Aは喘ぎながらも体を小刻みに震わせていた。バージン? と聞くと、ハイ。と小さく呟いて目を閉じた。俺は嬉しくなり、Aの乳房、乳首を激しく、しつこく舌や手で愛撫しまくった。

 彼女はイヤッ。アァー。ハァー。と喘ぎ声をあげ始め、息が乱れてきた。

 俺はクリトリスを摩り彼女の下半身をグッショリと濡らすと、勃起した一物をAのかわいい口の中へ捻じ込んだ。Aは抵抗もせず、俺のなすがままに受け容れて、慣れていないフェラを懸命にトライしていた。

 5分ほどフェラを満喫して、いよいよ彼女の中に、処女喪失のインサートを開始した。

 Aは俺が一気に膣奥深くインサートしたので、背を反らしながらイタッ。イタイ。ヤメテ。と大きな声をあげた。

 俺は興奮してお構いなしに深く激しくピストン開始。さすがにAは処女だけあってオマンコはキツク締まっていたが大分オマンコを愛撫して濡らした直後だったのでスンナリとインサート、ピストンと行為が進んだ。

 正常位からバック、騎乗位、座位と体位を変えて処女のオマンコをピストンして満喫した。

 彼女は激しく嗚咽をあげて痛そうに悶えていたが俺はお構いなしにピストンを継続していった。。。

 そして正常位に戻してラストスパート。

 深く、早くピストンをしてから膣内射精した。。。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年9月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】濃いH【エッチ】

以前ネットで知り合った女子○生との話を書いてみます!

「失恋したので誰か癒して!」という書き込みに僕がメールを送ってみたんです。

 少しメールを続けてるうちに、彼女は僕の事をお兄ちゃんと呼び始め、そういう関係なら逢っても良いか!? って事になり、彼女に「海に連れてって!」と言われ逢う約束をしました。

 平日という事もあって待ち合わせ場所に現れた彼女は学生服とそれがピッタリな可愛い顔をした子でした!

 海に着き車を降りて、彼女を一人にしてあげて僕は少し離れた場所に腰掛けて彼女を見ていました。

 潮風に短いスカートが揺らぎ海のどこかを見つめている彼女は、悲しい時にも関わらず本当にかわいらしく太陽に負けていないくらいに眩しく魅力的です。

 しばらくして気が済んだのか、彼女は僕のところに戻って来ました。

 少し瞳が腫れぼったい気もします。

 僕は気晴らしにと思い、車からプラスチックのボールとバットを持って来て、彼女を誘いました。ボールが高く飛んで行くと、「キャッーお兄ちゃーん!」と、パンツをチラチラさせ、はしゃぎながら走ってます。そしてボールを拾う度にかわいくしゃがみ込む彼女、僕には彼女の白いパンティーが丸見えです!

 かなり野球ごっこをしたりサーフィンや海の話とかをして愉しみました。

 ちょうど昼を回った所だったので、「おなか空いたよね?何か食べようか、食事に行かない?」と誘うと、彼女は「靴の中も砂だらけだし、髪もバサバサで汗もすごいから、これなんとかしたい・・・」と、困った顔で言うではありませんか! チャンスなのですが、弱った事に彼女は学生服です・・・。

 海のそばのホテルや、部屋のきれいなホテルは知っている方なのですが、制服のままそういう人目に付く所には連れ込めません・・・

 そこでひらめいたのが、形式の古いモーテルで、車のまま部屋の横まで行けて、会計の際も誰にも会わないで済む所です。

 かなり若い頃、一度だけ行った事のある場所へと車を走らせました。

 するとあるではないですか、昔のまま健在です!


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年9月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ひきこもりのつぶやき 6【エッチ】

目を覚ましたら昼過ぎ。

シャワー浴びながらオシッコ&ウンチ。

髪乾かしてから出かけた。

ヒラミニ&Tシャツで。

マクド空いてた。

誰もいないからクリいじっちゃった。

軽くイケた・・。

紙ナプキン水で濡らして手を拭いてマンコ拭いて出たの。

それからあちこち歩きまわってワンピ探した。

ノースリーブで黒でミニの。

私って色白なんだ。

髪染めてないし。

黙ってると大人しそうに見えるみたいね。

ついでにストッキング買った。

黒の。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】嫁が僕に内緒でSNSをやっていた 【体験談】

嫁の美咲とは、来月で結婚してやっと一年になる。結婚前に付き合っていた期間も、たかだか1年弱だったので、知り合ってからまだ2年くらいしか経っていないことになる。なので、まだ新婚気分が抜けていない感じで、仲良く楽しく毎日を過ごしている。



美咲とは、趣味(新撰組)が同じで、土方歳三資料館で偶然知り合った。といっても、この時は一言二言会話を交わした程度で、凄く可愛い子だなと思った程度だった。住む世界が違うというか、僕なんか相手にもされないと思ったのを良く覚えている。



それが、偶然京都に旅行に行った時、池田屋跡で再会して、凄く驚いた。さすがに、日野で会って、すぐにまた京都で再会したので、会話も盛り上がり、そのあと一緒に壬生寺などに行くことになった。



美咲も僕も、身の回りに新撰組マニアがいないこともあり、なおかつ、お互いに住んでいるのが中野と杉並という隣同士ということもあり、よく一緒にお茶をしたりするようになった。



でも、この期に及んでも、僕は趣味友として仲良くしてもらっているだけなので、勘違いするなと自分に言い聞かせていた。

後で聞いて驚いたが、日野で出会ったときに、美咲は運命的なものを感じてくれていたそうだ。



「なんで? 何を気に入ってくれたの?」

僕は美咲にそれを聞いて、驚いてそう聞き返したものだ。

『なんだろう? 一目見て、なんかビビッときたのかなw』

美咲は、はぐらかすように笑いながら言った。本当に、笑うと電車男の彼女にそっくりだ。あの話も、出来すぎな感じの話だったけど、僕と美咲の出会いから結婚に至るまでの話も、出来すぎな感じだったと思う。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】俺の妻は男経験豊富【エッチ】

妻は俺と知り合った時は38歳で既にバツ2でした。俺の妻への第一印象はとても大柄で、大きな胸の半分位は見えるかと思うような服で、両方の乳首はくっきりと浮いて見えました。又ローライズのジーンズを穿いていてしゃがんだり、腰を突き出すようにするとお尻の割れめも判りました。とても鮮烈な印象でした。

2〜3ことばかりしか話をしていなかったんですが、その日の夜マスの置かずにしたものでした。それから2か月位して又街でばったり会い、そこでコーヒーに誘うとOKしてくれ、メールアドレスの交換をしました。それからのオレはエッチな妄想が次々に生まれ、マスの回数はどんどん増えて行きました。我慢できズ、俺はメールを打ちました。すぐに帰ってくることはなく、諦めていた時夜遅く携帯に電話が入りました。「なにしているの?

一人でオナニーでもしてるの?」と衝撃的な言葉が。「今夜一緒に過ごす?おめこさせてあげてもいいよ」と。

酔っぱらった口調で話していました。「これから、あんたのところへ行くよ。場所を教えて?」と。デンワを切った後、1時間位して俺の部屋に来ました。立っているのがやっとでふらふらとした足取りでした。来るや「ちょっと、汗かいちゃったからシャワー使わせてよ」と一方的な言葉。俺はお酒を飲みながら待っていると、なんと彼女はバスタオルを巻いただけで、大きな胸をお尻が半分見え隠れしていました。実は俺はその時まで女性との経験はなく童貞でした。俺がじろじろ見ていると「見たい、私のヌードが?」というやぱらりとバスタオルを取ると豊満な肉体は想像以上のものでした。何よりもびっくりしたのは彼女には陰毛が全くなくツルツルでした。彼女は「やはり、びっくりしたのね。もう4か月位前から、ここはツルツルなのよ。前の彼がきれいに剃ってくれたの。クン二する時毛があると邪魔だからって・・」。それより、さっき電話で言ったようにおめこする?遠慮しなくていいわよ。私ももう3か月位、チンポ味わっていないから。しようよ。どうせ、もうちんぽピンピンに立っているんでしょう?脱ぎなさいよ。と彼女は俺のペニスを握り、咥え、手でしごいてくれて会えなく、一回目の射精は彼女の喉の奥に出した。初めての体験を彼女は見逃さなかった。「あんた、女性との経験はないのね。めずらしいわね。じゃあ私が筆おろしをしてあげると、両方を脚を開き仰向けになった。俺は彼女の上に乗り、ちんぽを彼女の股間に持っていった。彼女は俺のペニスを握り自分の秘部にあてがった。腰を突き出すと、なんの抵抗もなく根元まで吸い込まれるように俺の勃起したペニスは見事に埋まってしまった。夢中でこそを動かすと、あっというまに2度目の射精をしてしまった。それから彼女は俺と住むようになった。あけっぴろげな妻は二人きりの生活なので、誰にかばかることなく、セックスした夜などは翌日布団を出る昼ころまでお互い全裸のままで愛欲を貪り合っている。実はそれから俺の陰毛も全くなく、妻がきれいに剃りあげてくれている。フェラをするのに毛が口に入らなくていいからと。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻とKさん【エッチ】

初めて投稿します。

長文ですが妻の性の変貌をお話します。

私夫38歳、妻35歳、子供一人。

妻とのSEXは月に1、2回程度です。

私の竿は一般男性に比較できない程短く、小学生位の長さです。

平常時で3、4cm、勃起時でも7、8cm程度と短く、細く太さも約3cm、しかも包茎です。

妻も、私の竿では満足できず、イッた事がありません。

妻に聞くと、正直入っているだけと言っていました。

結婚する前は5人程男性経験があるそうです。

いままで付き合ったい私以外の男性は、全てズル剥けで、大きかったと言っていました。

以前、私が職を失い、生活の費を稼ぐため妻が仕事に出ることになりました。

仕事は自治会の紹介で近所の老人(60歳~75歳位)の方の世話でした。

世話と言っても、雑談などですが・・・

仕事を初めて数日後、Kさん(65)さんに、お金が必要なのと言われたそうです。

Kさんは、以前土方をしており、身長180cmで体格もガッチリしている方です。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年9月26日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】ラテンの腰使いにメロメロ【エッチ】

若い頃、二月に一度くらいの割合で、群馬県のとある街に仕事で行ってた時がありました。

大企業の工場で成り立ってるような街で、昼間はあまり人気が無い街であるにも拘わらず、

風俗店だけは街の規模に比べて異様に多く、風俗の街としても知られている場所です。

こう書けば知ってる人は「ははぁ」と思い当たるでしょうね。

そんな街に行くと泊まり込みで最低一週間は帰って来れない。

しがないビジネスホテル住まいの身としては、仕事が終わってホッとすると

どうしても夜の街に繰り出す事になるわけですね。

何しろ若い時分の事ですから。

前振りで風俗の話に触れましたけど、その頃の俺は風俗なんて縁はありませんでした。

「ボッタクリ」という言葉に恐れをなしてた純情な頃でしたし、何しろお金がない。

後に風俗に親しむようになってから、別にそれほどお金は要らないんだと知りましたが、

その頃の俺は何故か単純に「実際には店頭に表示してある料金以上払わなくてはならない」と

固く信じ込んでいたんです。

ソープランドの料金体系が全ての風俗と共通だと思ってたんですね。

で、風俗に縁がないとなると夜の街でナンパに勤しむしかないわけです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】薬のせい【エッチ】

上海に旅行に行った時の事です。現地の友達に食事に連れて行ってもらい料理が美味しかったのと海外と言うこともあってお酒を飲みすぎたみたいで気分が悪くなってしまい友達に薬屋さんに連れて行ってもらい薬を買いました。勧められたドリンクで薬を飲んで、送ってくれると言う友達を断ってタクシーに行き先のホテルを説明してもらって一人でタクシーに乗りました。言葉も分からないので話しかける運転手に答えないで黙っているうちにお酒のせいだと思いますが眠ってしまいました。苦しさで気が付くと薄暗い部屋で知らない男達に押えられて服を脱がされるところでした。あわてて起き上がろうとしましたが、あっという間に裸にされて男達が何か言いながら胸とあそこを弄ってきました。抵抗しようとしても力が入らなくって「イヤーやめて」と言うことしか出来ませんでした。一人の男にあそこになんかどろっとした冷たいものをまわりと中に塗りこむようにされて胸とあそこを弄られてるうちに体中が熱くなってきました。私が抵抗しないわかると、何か話ながら裸になり一人が性器を見せ付けるようしました。経験が無いわけではなかったけどその大きさは見たことが無い物でした。笑いながら開かされた足の間に入って性器の先であそこを何回か擦りつけた後いっきに奥まで入れてきました。塗られた薬と私の愛液でヌルヌルになっていたのでそれほど痛くは無かったけど子宮を押し込むような大きさに声も出ませんでした。深く浅く出し入れされているうちに身体が熱くなって気持ち良さに我慢が出来ないくらい感じて来て声を抑えることが出来なくなってしまいました。感じていることが分かると男は凄い勢いで動き中に出し始めました。凄い量の精液が中に出され、出しながら男が動いて射精が続いてるうちに頭が真っ白になって気を失ってしまいました。ぼんやりとした意識の中で次々と男達に犯されました。薬のせいか体中が性感帯のようになって何度も何度もいかされてしまいました。散々おもちゃにされて性器以外にも差し込まれたみたいでホテルに帰ってシャワーを浴び鏡で見たらあそこが真っ赤に腫れていました。誰にも話せなくってもう海外旅行はこりごりです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年9月25日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】知り合いの飼っているエッチな愛犬②【エッチ】

翌日、私は朝食の準備にリビングに行くとクロが私の気配に気づき近づいてきました。

私 「クロおはよう」

そう言って頭を撫でてあげます。

顔を洗い、化粧を済ませると私はキッチンで料理を作り始めました。

夫 「おはよう」

子供も目を擦りながら起きて来ました。

朝食を済ませ、洗濯物を干しているとクロが近づいて来てクンクン始めました。

昨晩散々相手したのに・・・クロの鼻先に刺激され、私も萌え始めていました。

夫 「さて!クロと散歩でも行って来るかな!」

そう言って、クロに散歩紐を付けると何故かクロは動きません。

夫 「何だクロ!散歩行こう!」

しかしクロはジッと私を見つめるばかりで、動こうとしなかったのです。

夫 「もう仕方ないな!嫌われたか・・・」

夫は子供を誘い近くの公園に遊びに出掛けて行きました。

私 「クロ駄目でしょ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年9月25日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ