ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【露出で】昔同じ職場で女子高生だった女の子にお金を貸す代わりに好きなことをした 【エッチ】

半年前の話で2連休だったので、家で時間ある限りシコリ倒していました。

携帯の動画を見てハァハァ言ってると

急に電話が鳴り

【○川さん】と表示



※五年前に働いていた飲食店の部下である女子高生の女の子

《なんだ?いきなり?辞めてから一回も電話無かったのに…間違い電話か?》と思いつつも

俺は取り敢えず右手でチンコを握りながら電話に出た。

「もしもし〜お久しぶりです。店長お元気ですかぁ、実は私もあの後辞めて今は〜以下省略」



《何が目的だ?俺が好きだったのか?いや金か?》

なんて思いながら

話をうんうん聞いていると出た!

「実は今、お金に困ってまして…先輩から借りた車を壊して修理が…」

《ハイハイ…だいたい久し振りに電話あるのはロクな用件じゃないな…》などと思いながら、ヤンワリと断ろうと思った。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2013年10月29日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【乱交・王様ゲームで】2対2でスキー場のコテージで 【エッチ】

高校時代に某C掲示板で仲良くなった子がいた。仮名みぃとする。

みぃは岡山住みで俺は神奈川住み。

メールもするようになって仲良くなるうちに彼女はプチメンヘラであった。

少なからずみぃに好意があったのでメールで支えたりしていくうちに,メールで猥談(画像とかは無)などもするようになった。



大学に進学しみぃは東京の大学に進学した。当然の流れで落ち着いたら会いたいねという話になったが,お互い予定があわずみぃが帰省するギリギリの12月末に会うことになった。

2人で会う気でいたが,恐いらしく2対に2で会いたいといったのでそうすることになった。

俺は高校からの大学の友人(仮名:堀田)に声をかけると快諾してくれた。



当日はメールと電話でやりとりし無事合流。

みぃは背が160cmくらいで小柄でかわいらしいかんじだった。

もう一人(仮名ゆき)はみぃより少し大きいくらいで少しぽっちゃりしているがかわいい方だと思う。

ランチということだったが,大学生ということもありファミレスで2時間くらいだった。

会話はたわいもないことが続いたが,堀田もゆきもスキーが好きでみぃもスキーをやってみたいということで,今度4人でスキーに行こうということは決まった。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2013年10月28日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【出会い系で】喪女卒業を試みたけど見事に玉砕 【エッチ】

恋人ほしくて喪女卒業しようとふと思いたった



A型おひつじ座

Aカップ

身長は154CM

体重は想像に任せるけど細身

彼氏いない歴は年齢同様

因みに28歳





とりあえず

私が喪女卒業を思い立ったきっかけは私のマブタチ。喪女友のはるみ。



私と一緒




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2013年10月28日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【近親相姦】母との実話 【第二部】【体験談】

結局、その日は母の布団で眠ってしまった。

翌日、僕は会社が休みで母も夜のファミレスだけの出勤だった。

朝起きると、裸で母の寝室に寝ている現実に気付くまでしばらく時間がかかってしまったが、

すぐに昨夜の秘め事が脳裏によみがえり満ちたりた思いと達成感に包まれた。

母は隣のダイニングで洗い物をしているようだった。

僕はトランクスとシャツを着ながら、今からどうしようかと頭を巡らせていた。

顔を会わせるのに気恥ずかしさがありしばらく逡巡したが、ドアを開けてダイニングに入った。

「おはよう…」

僕は母の方を見ずに声をかけた。

「あら、おはよう…」

すでに白いブラウスとベージュのスカートに着替え、淡いピンクのエプロン姿で洗い物をしていた母が、気持ち僕の方へ顔を向け応えてくれた。視線を合わせはしなかったが、声音は決して不快な響きではなかった。

母なりの照れ隠しなのだろう。

僕はダイニングを通りすぎるとそのまま浴室に入り、熱いシャワーで目を覚ますと体を念入りに洗った。

もちろん、再び今から母と淫靡な時間を過ごすためである。

体を清め終わると、Tシャツとトランクスだけの格好で脱衣所を出た。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年10月27日 | エッチ実話カテゴリー:近親相姦体験談

【修羅場】てつ君 【体験談】

登場人物

私子・・・当時21歳 彼男とつきあっている

彼男・・・当時21歳 私子の彼氏。普段は普通なのだが嫉妬深い

A夫&B子・・・当時21歳 彼男の友人。





ある日バイトの帰宅途中に彼男から電話があった。

内容は近くにあるファミレスにいるので来てほしい、とのこと。

電話してくる声がなんとなく命令口調っぽかったのが気になりつつ向かう

で、ファミレスに着いたら彼男の他にA夫とB子がいた。

私「あ、こんにちは」

A夫&B子「・・・こんにちは」

私「どうしたの彼男?突然呼び出して」

彼男「・・・まあ、座れよ」

A夫&B子「・・・」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||

2013年10月26日 | エッチ実話カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】劇団員 【体験談】

178名前:1[sage]投稿日:2009/02/10(火)11:06:11ID:+h+wljTx0

私…23歳会社員。

彼…25歳会社員

私友達…A子&A子彼

A子彼後輩…B君(男)Cさん(女)



私と彼は付き合って約2年半で、いきなり彼から浮気を疑われた。

私は絶対浮気はして無いし、携帯も手帳も何でも見せたけど信用してもらえない。

「○○で男と手つないで歩いてたよな」

「○×で男と酒飲んでるの友達が見た」

とか言って、どんなに「○○にも○×にも行った事ない」って言っても信用してくれない。

認めない→往生際が悪い!こずるい奴!別れる!

認める→最低女!別れる!

って感じでむしろ別れたがってるのはお前じゃね?という感じ。

他に好きな女でも出来たのか、と言えば


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2013年10月25日 | エッチ実話カテゴリー:修羅場体験談

【フェラチオ】バイトの高校生と【体験談】

フェラ関係のスレに書こうか迷ったんだけど、こっちで。

ちょっと前の話なんだけど。

俺が大学に入りたての頃、バイト先で知り合った子がいた。

その頃俺はバイト先を探していて、面接回った挙句、

駅前のレンタル屋に決まったんだ。

CDとかDVDのレンタルね。

シフトは曜日によって変わるんだけど大体夕方から深夜にかけて。

店は深夜一時までだったから、そこまでいる時もあるし、

次の日授業が早い時には十一時くらいで帰らしてもらう時もあった。

仕事には大体、四、五人入っていて人員的には余裕があったからだと思う。

その日の都合で、昼に連絡して遅くに行ったり、早上がりさして

もらえるのは正直助かった。理解ある店長のおかげだろう。

店長は四十代なかばの日焼けした短髪の人で、爽やかな

体育教師みたいな印象だった。

休む時も「テストが…」とか「単位がやばくて…」とか言うと


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2013年10月25日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【近親相姦】母との実話 【第一部】【体験談】

※これは過去の実体験を基に記した手記です。(長文が苦手な方はご遠慮ください。)



子供の頃から母が大好きだった。

小学校に上がるまでは、それこそどこへ行くにも母と一緒なほど甘えん坊だった。

母は身長160センチほどの細身でスラリとしたスタイル。

色白の瓜実顔に黒目がちの大きな瞳。

いつもセミロングにしていた黒髪とすっきり通った鼻梁が、清楚で凛とした印象を与えていた。

例えるなら女優の水野真紀を思わせる顔立ち。

近所の母親たちなどいかにも“日本のお母さん”という女性が多い中、母は飛び抜けて若く美しかった。

授業参観や町内の行事で母と一緒の時など、子供心にも自慢気だったのを覚えている。

母は一人っ子の僕にいつもたっぷりと愛情を注いでくれた。

しかし躾には非常に厳しく、約束を守らなかったり嘘をついた時にはこっぴどく叱られ、

人に迷惑を掛けるいたずらや悪さをした時には、それこそ容赦なくぶたれたものである。

父からは叩かれた事はおろか、怒られた事すらなかったのに。

だから幼少の頃の僕にとって、母は大好きな人であると同時に、「怖い存在」でもあった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2013年10月25日 | エッチ実話カテゴリー:近親相姦体験談

【修羅場】伝説の92【体験談】

115名前:恋人は名無しさん投稿日:2009/02/09(月)16:02:47ID:yhtbh0cG0

以前、強烈なバカ男に遭遇したので投下



俺とE子は、お互い26歳。

付き合って5年、婚約して1年でそろそろ結婚という頃だった。

ある日、E子から唐突に別れたいと言われ、理由の見当がつかなかった俺は訳を尋ねたが、俺の事が好きじゃなくなったとしか答えなかった。



もちろん、はいそうですか となるわけもなく、何度も話し合いをしたんだが、E子の気持ちは変わらず、向こうの両親にも状況を話し揉めに揉めたが、

最後まで両親の説得も効かず、結局E子が慰謝料を払う形で婚約解消する事になった。



その頃すでに俺の家に同棲していたので、昼の間に俺がE子の荷物をまとめて、E子両親が取りに来る手筈だったんだが、整理中にふと電話がかかってきた。

それは知らない男からの電話で、S山と名乗るその男は、E子の彼氏だと言い出した。



俺もE子から別れを切り出された時に、他の男の存在を疑わなかったわけでもなかったので、俺、E子両親共々その辺は追及したんだが、E子は否定。

証拠も出ずで結局うやむやのままだったし、E子両親は、そこまで言うなら浮気ではなく、単純に2人の問題だったのではと結論付けていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2013年10月24日 | エッチ実話カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】真弓?麻子ですが 【体験談】

625:恋人は名無しさん:2009/02/04(水)22:39:22ID:Q2idtygB0

某スレから誘導してきました

隆志・・・彼氏(20)

麻子・・・私です(22)

真弓・・・彼の浮気相手(18)





事の発端は、木曜の夜中に彼(隆志)から



件名おやすみ



俺最近真弓のおっぱい触る夢ばっか見るよ(笑)

変態?いやいや〜真弓だって俺とのエッチ思い出すって言ってたもんな(´▽`)!お互い様だ。

次は水曜日な、楽しみにしてる。

あ、楽しみってエッチだけじゃないよ、…ま、エッチもするけどね(笑)!


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2013年10月24日 | エッチ実話カテゴリー:修羅場体験談

このページの先頭へ