ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【露出で】露出ゲーム【エッチ】

小6の時、露出ゲームを、小4の妹と、その友達の女の子とやった話。20数年前、

通学路に、一般道とは別に、車は通れない坂道の山道があり、小4の妹と、その友達の愛ちゃん(仮名)と3人でそこを登下校していた。

その山道でいつもやってたのが、『ランドセルじゃんけん』。じゃんけんで負けた人が3人分のランドセルを背負い、あとの2人は楽して坂を上がれるというもの。

次の曲がり角までで、1回として、1日4回やっていた。

ある時、俺が負けた後、なんとなく言った一言から始まった・・・。

『じゃぁさ、2回連続で負けた人は、他に罰ゲーム追加しようよ』と。2人は『えっ?どんなの~?』と聞いてきた。

『じゃぁ次、俺が負けたら、チャック全開で運ぶってのは?』

2人は『えっ~~~』と言いつつも笑顔でいい感じだった。妹が『じゃぁ女子が負けたら?』と聞いてきたので、勢いで、

『スカート脱いでブルマになるのは?』と言ってみた。

2人は嫌がったが、

別に体育でも履いてるじゃんとか、この道誰もこないしとか、いろいろ説得し、俺が負けた時は、チャックから、ちんちんの分だけパンツも出せるだけ出す。という追加をすると、

自分たちのほうが恥ずかしくないと思ったのか、了承してくれた。

連続罰という名前をつけ始まった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー帰り時間が合う数日後、最初の連続罰は妹だった。『いいよ別に』と言っていたが、

前回の最後に負けてからの連続負けのため、山道の入り口で民家もあったからか、『ちょっと(山道の)中に入ってから脱いでいい?』と恥ずかしがっていたのが可愛かった。妹は、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2018年1月1日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【露出で】小学生の早朝ランニング 【エッチ】

小学生の頃、学校につくと早朝ランニングがありました。

それが、上半身裸なんです。もちろん女子も。

風邪をひいて具合の悪い人以外は全員上半身裸。

下はたいがい、スカートでしたね。



もう、4年生くらいになると、大きい子もいますよね。胸。

それでも、上半身ハダカ。

上級生になるともう、ぶるんぶるんですよ。

なんせ、走るんですから。

みんなが普通にやってると、気にならないんですよね。



高学年になるともう、おはよーって学校に来て、カバンとかランドセル置いて、昨日のテレビの話とかしながら、バンバン脱いで、上半身裸になって、廊下に出て、おっぱいゆさゆさ

揺らしながら校庭へ。



毎日だいたい2周くらいだらだらしゃべりながら走って、教室へ戻る。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|

2015年7月20日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【童貞・処女と】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた 【エッチ】

私は、中学の教師をしている。今時の中学生は、教師など人とも思っていないようなところがあるが、それは私たち教師や、両親にも責任があるのかもしれないと思うようになった。



教え子の母親と肉体関係を結ぶ同僚や、生徒に手を出し退職した同僚、結婚した同僚を見てきた。

私は、教師になって25年経つ。教え子と結婚する同僚を見ながら、私は未だ独身だ。



時代が時代なので、教え子に告白されたり、自宅まで押しかけられたこともあった。

でも、私はそういう誘惑をすべて断ち切り、未だに独身でいる。

私は、一人の少女に心を奪われた。そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。



少女は、初めから私に恋心を持っていた。そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。



その少女は、名前を優香と言った。名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。



教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。

優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年1月6日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【友達と】続 雷 露見【エッチ】

翌日学校から帰ってきて着替えると俺はSちゃんの家に向いました、

呼び鈴を鳴らすとSちゃんが出てきてビックリした顔で部屋に通してくれました。

部屋に入って腰を下ろすとSちゃんは「昨日は・・・どうも」と言ってきました。

俺も「昨日は面白かったよ、また、トランプやろうと思って」

Sちゃん「トランプの続き?」

俺「そう、ルールは昨日と同じで・・負けるごとに罰ゲームいいでしょ」

S「うん・・いいけど」

Sちゃんは「昨日と同じルール」を気にしていましたが、これを了解してトランプは始まりました。

始めの数回はエッチな事言わずにいました、そしてトランプを見て「これなら勝てる」と思い「Sちゃん、これに負けた方が勝った人の命令を一日聞く事にしよう」

と勝手にルール変更をして当然俺が勝ちました。

俺「S こっちに来なさい」

S「はい」

俺「ジーンズの下は何を履いてますか?」

S「え、」

俺「答えなさい」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年12月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】水着を試着【エッチ】

・・・目、目のやり場にコマッティ・・・

雨宿り代わりに入ったデパートの水着売り場。由紀(俺の彼女・本名)は女だから別にいいが。

俺は付き添いなんだから、っっって、俺から離れンなよ、勝手に。

こんなとこに一人でいたら、怪しまれんだろが。恥ずかしいんだよ、マジで。

俺が白い水着に見とれている間に、隣の列へ行ってやがる・・・。

そのとき俺の鼻の下は20センチくらいはあったかと思う。

下を向けていたチンコもジーパンの中でもがき始めていた。出せー・・・出してクレーって。

「どういうのがいいかなぁ・・・」

真剣に俺に聞くなよ。まだ6月上旬だぞ。季節は夏へ急いでるけど、これから梅雨だぞ・・・。

この雨だって・・・・。梅雨入りなんじゃねぇの?

「大人びているのがいいかな・・・」

俺は鼻の穴をふくらませながら言ったけど、チンコもふくらませてしまった。

実に由紀は俺よりも5歳年上、26歳。ちょっとした旅行で知り合って、何となく付き合っている。

まっ、一応交際しているということでお互い納得している。

デパート店員に由紀にとって、他のデパートを見るのは面白いらしい。参考になると言っていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月25日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】大人な過ごし方 ~One of his & her adults life~【エッチ】

体操服がコスプレの対象になって久しい

今ではすでに見られなくなったブルマ姿とかも対象になっている

使いようによっては中級くらい?のデッサンにも使える

性を際立たせる着衣でもある

真近かで姿を見ると充血してくるのが分かる

「女」を強調することもできる優れもの

彼氏彼女の充実した一時の過ごし方のひとつ

互いに信頼関係がなければできないこと

しかし、彼氏彼女ならば、できる

He loves her and she loves his,so they love each other.


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年11月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】若いメルトモ【エッチ】

10年前のことだが、ド○モの○モードが出だしの頃だった。

無料の出会い系サイトが流行ってて、私は大手企業社会人ルーキー25歳で地方配属とまだ若かったせいか、夢中で女性の投稿にメールしまくってた。

だいたい3%程度の確率で返事が来るんだが、自宅ワンルームから100キロ程度離れたF市に住むYちゃんという19歳の女性から返事が来た。

「よし、釣れた」。

大体、出会い系に投稿してくるくらいだから純粋な付き合いなんかお互い望んではいない。

「いま何してるの?」から始まって、「どこの高校だったの?」や最初は質問攻めです。

ここまで一週間くらいですが、なかなかリアクションの良い子だので、こうなったら一か八か下ネタです。

だいたいここで嫌われるんですが、H県のセーラー服のM高校出身の子だったので、私のエロ心が燃えました。

Yちゃんは比較的マゾっぽい子なので、「高校時代の制服(セーラー)に着替えなさい」とか、「スクール水着に着替えなさい」とか、「ブルマと体操服姿になりなさい」といった注文に対して「はい、恥ずかしいし寒いけど、着替えました。次はどうすればいいですか?」「親が起きてくるとたいへん」とか私の理想通りです。このときは白黒ケータイなので、写メールすらありません。もう我慢できなくなった私は、「電話番号を教えなさい。お兄さんがもっと恥ずかしくしてあげるから」とメールしました。

そうしたら、素直に電話番号をメールしてきました。わたしはすぐに電話しました。

まだあどけなさの残る声でした。ブルマ姿だったので、早速、「ブルマの上からオ○ンコを触ってみて。早く!」、「紺色のブルマを膝まで脱いで思いっきり脚を開きなさい」、「ブルマを膝に引っ掛けたまま指をオ○ンコに入れてみなさい」、「太ももにブルマをつけたままクリ○リスを激しく触って」、「そのまま俺のチ○コ舐めたいか?」の命令に対してYちゃんはかなり興奮している様子。電話越しの声も荒くなってきている。

072には慣れている様子なので「まだイッたらダメだよ」といった瞬間、鼓膜が破れるほどの声で「そんなのムリよ~!!!」と泣き声で主張するのです。

すこし間があって「ごめんなさい・・・」

彼女は本気だったのです。

それから私は「ごめんね、Yちゃんだけに恥ずかしい思いさせて。お返しに今度は俺がYちゃんに072見せるから許して」と言うと、「いつ?私ブサイクだよ」と言うので、早速次の週に約束し、当時乗っていたアコードで高速に乗って会いに行きました。かなり抵抗しましたが、一応M高校の夏セーラー服持参を注文しました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年11月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】JSと【エッチ】

JSと

今回もあくまでも妄想ですのであしからず。

この前会った、JS5のミホちゃんと今度はお泊まりで会うことになった。

ミホちゃんは片親で母親に彼氏がいてほとんど家に帰ってこないようであっ

た。

なので前回、会ったときに「お泊まりでもOKだよ」って話をしていたので

1週間前に約束を取り付け、そのときに欲望を爆発させる為に禁欲を初めた。

今回は2回目なのでミホちゃんには体操着とスク水を持ってきて欲しいと頼

みましたが、スク水が直ぐに見つからないとのことなので次の楽しみに取っ

ておいて今回は体操着とハチマキを持ってきてもらい、自分の持っている中

で一番子供っぽい服を着てきて貰うようにしました。

当日、ミホちゃんは予想通り、ピンクのTシャツに白と赤のフリフリのミニ

スカート、それと肩下程度の黒い髪の毛を三つ編みにして現れた。

その姿は本当に幼くかわいい普通のJSという感じで、年齢よりさらに幼く見

えた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年10月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】発見【エッチ】

先日、実家に帰り物置を整理した時に段ボールを見つけた。開けてみると中にはバレーボールのユニフォームや写真などが入っていた。

母は昔、実業団に入っていたのでその時のものだとすぐに理解した。母がいたチームは有名な会社だったので、これは貴重だと思い実家の部屋で色々と見ていた。

段ボールの中にビデオテープが数本あり、再生して内容を調べる事にした。

すると、その中で衝撃的な内容のものが!

場所は小さな体育館のようなところ。多分、練習場所なんだろう。ユニフォームを着た女性がバレーボールの練習をしている。監督みたいな男性の声が響いている。やがて、試合形式みたいな感じになった。

しかし、これには驚いた。

まず最初にミスをした選手がいきなりジャージのズボンを脱いだのだ。脱いだ下にはブルマだったが…。カメラもそれに合わせ、ズームになった。

なんと、最初のミスをしたのは若き日の母だった。

罰ゲーム程度だったと思ったが過激になっていった。どうやらミスをするたびに脱いでいってるようだった。

最初はジャージのズボン、次はユニフォームのシャツ、次にTシャツ、最後はなんとブラジャー!完全に胸を出して試合をしている。

母はブラジャーの姿になっていた。もちろん、周りに男性の姿も映っている。

何人かは胸をあらわに試合をしていたが、その胸を出した選手がミスをした瞬間にタイムがかかった。

監督らしき人物の周りに選手が集まってきた。その人物はミスをした選手を怒鳴ると、「お願いします」と選手達から声があがった。

ミスをした選手の前に男性が立つと、その選手が座り込む。カメラのアングルが替わると!なんと、そこにはフェラのシーンが。周りでは他の選手も上半身を脱ぎはじめブルマ一枚になろうとしていた。

カメラはフェラを移していたので周りはあまり映らなかったが胸をあらわにした母が通過するのが見えた。一瞬だったが、母の姿にフェラより興奮してしまった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月11日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】彩香の恥ずかしい露出【エッチ】

彩香、短大生の21歳。白のヒラミニでノーパンのパイパンの割れ目で漫喫で書き込みしてます。

ノーパンの訳は。

朝の4時。大量のお水とお茶を飲み干し、白のヒラミニに、Tバックのパンティー、ベージュのパンストを穿いて出かけました。

実は、この日穿いているTバックのパンティーにベージュのパンストは、もう、3,4回ほどオシッコをお漏らしして一回も洗濯をしていない物を穿いています。なので、穿いているだけでスカートの中からオシッコの臭いがプンプンと臭ってきます。彩香はその臭いがたまらなく好きで興奮してしまうのです。だから、そんな格好のまま、彩香がいつも利用しているローカル線の駅に向かいました。

徒歩で30分ほど歩くと、誰もいない無人駅の待合室に入りました。ここには防犯カメラも設置されていないので彩香の恰好な露出する場所になっています。

こんな早朝から利用する人もいない待合室の大きな鏡の前に足を大きく開いて立っている彩香。

朝から大量のお水とお茶を飲み一回もトイレに行っていない彩香の膀胱はパンパンにオシッコが溜まっています。

そう、彩香はここでオシッコをお漏らししているところを露出に来たのです。

白のヒラミニの裾からはTバックのパンティーとベージュのパンストの割れ目のところが少しだけ見えている状態です。

そして、彩香の恥ずかしい瞬間が来ました。

今まで我慢していた股間の力を抜きました。

オシッコは一気に噴出し、足を大きく開いて立っている足の間から滴り落ちてきました。

静かな待合室に響き渡るオシッコの滴り落ちる音。

漂ってくる恥ずかしいオシッコの臭い。

彩香は、半分ほどオシッコが出たところで止めました。(彩香は何回もオシッコを途中で止める練習をしていたのです。)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年9月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
1 / 2612345...1020...最後 »

このページの先頭へ