ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】念願の友達の奥さん【エッチ】

イギリス人の友達の妻は超美人。スリムでプロポーション抜群、二児の母親でありながらフェロモンたっぷり。読者モデルでもある彼女はファッション通でいつもお洒落、特に彼女のスカートにハイヒールはたまらない。というわけで、何年か前から彼女には興味があり、チャンスさえあればパンティーを盗むなり盗撮するなりしたくてたまらなかった。しかしながら、なかなかそのチャンスはなく、我慢するしかなかった。。。

僕は都内の飲食店で働いてるのだが、トイレが共同で一つしかない。そこで、オーナーが帰宅した後は、ちょくちょく隅っこにカメラを設置して、数多くの女性のトイ

レを録画していた。そこで、先日。深夜1時。2時に閉店で客もポチポチ。閉め時と思い洗物をしていたら、彼女が女友達4人とまさかの登場!「一杯だけ!」もちろん。彼女の友達も3人はママモデル、一人はスタイリスト。みなかわいい、というか、美人。ヤベー!冷静に彼女らのドリンクを作り、速攻トイレに行ってカメラ設置。後は待つのみ。もう結構飲んでるみたいで、皆陽気。これはいいサイン、飲めばトイレにも行く。最初に立ったのは、黒いトップスにグレーパンツ、黒のヒールというスレンダーな黒がみのママモデル。いいね〜その後1時間ほど時間があき、僕はイライラしていた。トイレいけよ!すると。。立った!彼女は赤いシャツに黒いピタジーンズ、ブーツ。

頭には珍しく黒いバンドをして、オールバックにしていた。僕の心臓はドキドキしすぎて破裂しそうだ。思い出すだけであの時の緊張感はすごかった。成功しますように!わりとすぐ彼女は戻り、その足て彼女らは会計をし出て行った。僕はトイレへ小走りで入り、カメラをとって戻った。震える手で動画を再生、長い動画の最後まで早送りした。早送りすると最初の女性が登場。ばっちり撮れてる。それは後回しで。。。登場!!!!!!木のドアが「キィー」となり、彼女が入ってきた。

まず、トイレットペーパーで便器を拭きだした。前屈みになると、かすかにパンティーラインが見える。

手際よく拭くと、くるりと振り向きずぼんのボタンをとりはじめた。くるぞ勢い良く両手でズボンをおろした。赤いシャツの隙間からは、黒くて小さなマン毛が見える。すると彼女は拭いたにもかかわらず中腰で勢い良くオシッコをはじめた。片手でシャツをヘソあたりで押さえているため、終止股間は丸見え。膝上には、おろした黒いパンティーの股間部分が浮き上がって見える。もうこれ以上は。。。爆発してしまう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【露出で】露出の想い出(公園散歩) 【エッチ】

りん様との露出な想い出は結構あるんです。。。

特に公園での露出は。。。

その最初の最初の想い出を書かせていただきます〜



妄想「りん様の記憶:露出の想い出(公園散歩)」



その秋のある日、まよとりん様は、当時の職場のそばの公園に散歩に出かけました。。。

そばといっても、車で無いといけないんですけどね。

りん様の車に乗せてもらって、公園の駐車場へ。

車から降りる前に、「じゃ、下着はここで脱いでいこ〜ね〜」って言われてしまったんです;;



駐車場には人気がなかったけど、誰かが急に来るかもしれないし。

土曜日の公園なので人も絶対いるからあぶなくて。。。

まよは「え〜見られちゃったらどうするんですかぁ?;;」って言ったのに;;

りん様からは「大丈夫。脱げ!」のひとことで。。。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年5月6日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【友達と】彼女がパンチラ盗撮されて・・・【エッチ】

前に彼女と100円ショップに行った時のことですが、

この時の興奮が忘れずに未だに思い出してネタにしています。

店内でお互いに好きな商品を見ようということで、しばらく別行動していました。

しばらくして彼女を探すと文房具コーナーで熱心に商品を見ていました。

もうそろそろ帰らないかなと声を掛けようとすると、彼女のすぐそばにいる男が商品を見ながらチラチラ彼女を

見ているのに気付きました。

妙に胸騒ぎがした私はなぜかとっさに身を隠してしまって、二人を棚越しで観察するような形になりました。

その日の彼女の服装ですが、上がベージュのVネックのニットに下はデニムミニ、生脚にブーツでした。

男は彼女の背後にしゃがむとしきりに周りを見ながら上着のポケットに手を入れています。

彼女が前屈みになって商品を見始めると、男がその手をポケットから出して彼女の太ももの裏の付近に伸ばした、

と思ったらすばやくポケットに戻しすぐに立ち去りました。

一瞬の出来事でしたが、その手の画像やDVDが好きな私はすぐにピンと来て、

怒るどころかチン○がビンビンになってしまいました。

もう少し様子をみようと思い隠れていると、今度は彼女が屈んで見ていた商品を手にとって無防備にしゃがみました。

すぐにさっきの男が帰ってきて棚の反対側にしゃがみました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2015年2月15日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】友達とカラオケに行った妻が【エッチ】

俺の妻は、とても可愛くて近所でも評判の清楚な女性で有名だ。

そんな俺の妻が、一週間後の金曜日に昔からの女友達とカラオケに行く約束をしたと言われた。

その友達は、俺も知っている人で結婚もしている。

たまにはいいかな、と思いその時は了承した。

そして、その日の夜が来た。

妻は、いつも穿いているミニスカートよりもさらに短いスカートを穿いて、中には、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーを穿いていた。

「それ、短すぎないか?ちょっと動いたら中が見えそうだぞ。真由美さんとカラオケ行くだけだろう?なんか不自然だな。」

俺は、麻美の格好に少し嫉妬した。

「そうかな?でも、可愛いでしょ?大丈夫よ、心配しないで。あなたが思っているようなことはしないから。それに、真由美も一緒だし。なるべく遅くならないうちに帰るから。」

すると、麻美は玄関に向かいブーツを履きだした。

俺の方にお尻を向けて前屈みになってブーツを履いている妻のスカートの裾からは、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーがチラチラと見えていた。

とてもイヤラシイ格好だった。

と、俺はその時気が付いた。

薄いピンク色のTバックのパンティーの股の部分がしっかりと湿っているのが見えたのだ。

「え?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月31日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】他人(ひと)の皮を被る 一話【エッチ】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【露出で】全裸コートでコンビニ 【エッチ】

沙織の場合



[1]沙織 全裸コートで

沙織です。ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

暑い。暑い。と言っていたのにいつの間にか、すっかり寒くなってしまいました。

冬もすぐ目の前まで来ているようです。

それでも、日中はまだ暖かいのですが、朝晩はめっきりと冷え込んできました。

お家にいる時はもちろん、会社でお仕事をしている時も暖房を使っているのでいいのですが、

裸でお外に出るのが辛い時期になって来ました。

これからが冬本番になるというのに、早く暖かい春が来ないかな。と待ち遠しい沙織です。



ベンジーさま。

今月の課題「全裸コートでコンビニに行き、エロ本を立ち読みする」を実行してきました。



出かける前に自分の体を見ました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【友達と】元カノのセクロス【エッチ】

彼女と別れたのですが彼女の荷物が部屋に残っていました。

一週間経っても取りにくる気配もなく仕方なく彼女のアパートに もっていく事にしました。

会うつもりはなかったのでドアノブにでもひっかけておくつもりでした。残ってた荷物は洋服がほとんどで下着類も

あったので中身の 見えない大きい袋に入れてガムテープで密閉し、夜彼女が部屋に帰る頃に行く事に決めました。

彼女のアパートは割りと近くでバイクですぐです。

近くのコンビ ニにバイクを留め、メットケースから袋を取り出し彼女のアパートの前まで来ると彼女の部屋の前の駐車場に見慣れない車がライトをつけて止まっていました。

丁度助手席から彼女が降りてくるところで、運転席に座っていたのは体格のいい25・6の男でした。

やはり男がいたのか!私は怒りで心臓が鼓動が早くなるの を感じました。

彼女は相当酔っているみたいでフラフラしながら部屋の鍵を開けようと四苦八苦してます。

そこへ車を降りた男が後ろから抱きかかえるようにし て鍵を開け、部屋に入っていきました。

私と彼女は1年半の付き合いでしたが彼女は酒に弱く、しかも淫らになってしまうのをよく知っています。

私と付き合い 始める時も彼女は彼氏がいたのですが私と飲みに行き、その夜私の女になりました。

(あの二人は今から必ずセックスをするだろう)

私の動悸は変に高鳴り、窓の方へ足音を立てないように忍びよりました。

カー テンの少しの隙間から部屋の中を覗くと真正面に部屋の入り口が見え、男が彼女のブーツを脱がしている所でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年12月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】私の日記【エッチ】

3月27日。親友の和恵から電話。31日に会えないかしら?え?予定あるのに!

3月31日。一人息子がクラブに出掛ける朝。友達と会うから、今日は少し遅くなるからと告げる。友達を連れて来るし、いいよと。いつもの友達。洗濯した下着は、自分の部屋に移した。やっぱり、何かと心配になるし・・・。

シャワーを浴びて、入念にお化粧。親友との待ち合わせは、11時の駅前。

いつもの喫茶店には、和恵が来ていた。奥の席。少し太った感じがするけど気のせい?

和恵にも一人息子さんがいて、地方で就職した。3年前に離婚してから、最近同棲している彼との事らしい。「妊娠したのよ」と告げられた。やはり、そうか。彼の子?もちろん、そうだった。その彼は、23歳のディーラー勤務の彼。一度だけ出会ったことがある。この秋、彼と再婚するらしい。でも、おめでとうと言った。和恵は、喜んでいた。3か月目に入ったらしい。お腹がふっくらとしている感じかな。長男にも告白して、喜んでくれたらしい。よかったね。

軽く昼食も取り、紅茶を飲む。着信音が鳴り、メールが入る。彼からのはず。思わず、落ちかなくなる。時間が気になる。「何だか、そわそわしてるわね」と言われ、見透かされている。「男?」「そんなんじゃないわよ」否定してみる。和恵の頬に笑みが出ている。

駅に入り、電車に乗る。ふた駅向こう。駅前のデパートのお手洗いに入る。もうすでに5分の遅刻。鏡の前でお化粧を直し、ルージュを引き直す。メールを確認する。「B14」だけ。それでも二人だけに通じる文字。エレベーターで地下の駐車場に降りる。空間に響くブーツの音。やっぱり、早足になっている、自然に。B14 ・・・あった。彼の車が、向こう向きに止まっていた。ガラスをノックして、後ろの座席に入る。

隣りに、彼が座っていた。「ごめんね、遅れっちゃった」彼は笑って首を振る。10分の遅刻。

「会いたかったわ」彼に向かって本心が出てしまう。「俺も」彼は私を抱き寄せてくれる。フィルムのガラスで中は見えない。彼の唇が重なる。受け止める私。

妻でもなく、母親でもなく、一人の女としての瞬間。彼の舌を受け入れる。幸せを感じる。「強く抱いて・・・」彼は、ぐっと私を抱きしめてくれた。私の髪を優しく撫でてくれ、「伸びたね」

「会いたかった・・・」「俺も」また、熱く長いキス。ルージュが取れてしまう。

先週は、私の都合で会えなかった。先々週は、熱い時間を彼からもらった。その名残を、彼が確認する。右側の耳の下の首筋。赤いキスマークがずっと残っていた。息子に気づかれない様に、ずっとタートルのセーターで隠し通した。今朝は、ほとんど残っていない。彼は私の髪をかき分け、キスマークを探す。また、同じ所にキスして来る。

「もう、そんな所だめよ」でも、彼は聞かない。同じ様に、赤いマークが出来た。

春先でも、しばらくタートルネックが続きそうだ。

スカートの裾からのぞく素足の白い腿と膝。彼の指先がなぞる。そっとその手に指を重ねる。耳元に、彼が囁く。「何色?」「ん・・・もう。知りません」彼を軽く睨む。大好きな彼。美容師の卵。4月14日には、21歳になる。プレゼントは考えてある。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年11月15日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】999【エッチ】

豪奢な椅子に腰かけ、膝に置いた愛用の銃を拭きあげる。

銃器の手入れは、伯爵が自らの手で行う数少ない作業のひとつだった。

長身の銃はやや旧い形式。獲物を捉えたときの手応えが気に入っている。だが今日の狩りで役に立ったのは、普段はほとんど使われることのなかった別の機能。その働きを褒めるように、磨きこまれた銃床を指先で撫でて。

そして、伯爵はゆっくりと視線を上げた。

目の前に今日の獲物が吊られている。両手を上に広げ、かろうじて爪先がつく態勢で。

いまも窓の外に降り続ける雪のような白い肌をさらして。

「……素晴らしい」

陶然と伯爵は呟く。巨大なモノ・アイに、不吉な輝きを浮かべて。

それはじっくりと眺め上げ眺め下ろした獲物の肢体に対する賛辞であり、同時にこの状況にいたる経緯に向けた言葉でもあった。

吊られた獲物、白く艶美な裸身をさらした女の長い睫毛がかすかに揺れる。伯爵へと向けられるかと見えた視線は、すぐにまた下へと戻った。盛り上がった胸乳があえかに息づく。

そう、女は生きている。それは、狩りの成果としてこの部屋へ運びこまれる獲物としては、まったく異例なことであった。

「ふふ…」

そして、その異なる状況の中、伯爵は上機嫌を隠そうとしない。

よくぞ、あの瞬間、咄嗟にパラライザーへと切り替えたものだと自賛する。よくぞ、そんな機能が愛銃に備わっていることを思い出した、というべきか。今まで使ったこともなかったのに。なにより疾駆する馬上から、雪夜の中を逃げ惑う獲物の類まれなる輝きを見極めた、我が慧眼こそ誇るべし。

ゆっくりと伯爵は立ち上がる。銃を置き、替わりに脇机の上にあった鞭を手にとって。日頃、下僕どもに使っているのとは違う、とっておきの皮鞭─本当に、この獲物は果報者だ─の、心地よい撓りを確かめながら、一歩踏み出して。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年11月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ブーツの匂い【エッチ】

 私は女性の穿くブーツが大好きです。 先日妻の友達が家に遊びに来た時、

玄関に脱いであった友達のブーツの匂いを嗅ぎました。

 

 自分の部屋に持っていき、舐めたりしてオナニーしたかったのですが、

見つかるとやばいので玄関でこっそり匂いを嗅ぐだけにしました。

 匂いや感触を忘れないうちにトイレに入りオナニーしました。

すぐにいきました。

 私って変態ですか?

 


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年10月2日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ