ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【乱交・王様ゲームで】俺の娼婦【エッチ】

俺は38歳独身です。

数か月前、同じ職場に派遣されてきた女(36歳)といい関係になった。

彼女は独身で、何だか暗い雰囲気を漂わせていて男性経験が無いように感じました。

顔は普通何でしょうけど、何故か陰気臭い雰囲気が漂い職場の男性達も一線置く様な

態度だったんです。

しかし、体付きがムチムチとして厭らしく、ポッチャリ好きな俺には気になる存在でした。ある日、倉庫作業で一緒になった俺は彼女に話しかける事にしました。

話掛けてみると案外普通で、それがキッカケで彼女も俺には話をしてくるようになったんです。

いつしか、彼女もプライベートな話をしてくれる様になり独身で、男性経験もない事も知りました。

俺は彼女を飲みに誘う事を決め、仕事帰りに話をしてみると案外直ぐに”いいですよ”と言う事

になり居酒屋に向かったんです。

彼女は酒が弱いのか?直ぐに顔を赤らめフラフラし始めました。

店を出た俺は彼女の手を引き自分のアパートに連れ込んだんです。

彼女も特に嫌がる事も無く部屋の中に入って来たので、俺は彼女を押し倒しキスをしました。

彼女は一瞬驚きの表情を浮かべていましたが、直ぐに俺の舌を招き入れディープキスに発展

しました。彼女のブラウスのボタンを外すと、はち切れんばかりの巨乳が現れ、俺は巨乳に


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【出会い系で】お●んこするなら人妻オンリー 【エッチ】

以前、人妻密会サークルを利用していたのですがその中にマミちゃんと言う主婦がいたのでコンタクト。話の合うマミちゃんとメアドを交換しました。毎日メールを送り、結構プライベートな事もメールで話してきたりするので「大丈夫かな?!」と思い、少し下ネタ系のメールを送ってみたら、マミちゃんは旦那とのHが最近無いらしく「もう飽きた!とか言うんだよ」と不機嫌そうでした。



最初の頃は「会うのはちょっと・・・」みたいな感じでしたが写メを交換し、メールを続けてかなり仲良くなった頃に「マミちゃん、会いたいね」と、言ってみると「今日から仕事が休みだから昼間なら良いよ」との事なんで私の昼休みに待ち合わせしました。



初回はしばらくお話して別れました。後からメールで「マミちゃん、可愛いね。初めて会うんで、怖かったんじゃない?」と言うと「優しそうだったし、話して楽しかったから、怖くはなかったよ。むしろ可愛かった」と言ってくれました。



「ゆっくりお話出来なかったから、今度仕事が終ってから会えない?」と言ったら「週一でダンスの練習の日があるから、その日なら良いよ!」と言うので早速待ち合わせの場所と時間を決めました。そして待ち合わせ当日に待ち合わせ場所に向かいました。会って話した時にお互いに気に入った上での夜の待ち合わせ・・・Hの期待大です。



私の車に乗せ、ちょっとドライブ。山の上にある公園の駐車場へ到着。人気は無く、辺りを確認するが車は見当りません。車の中でマミちゃんと話をしながら手を伸ばし手を握ったのですが拒否しません。



肩を抱き寄せると抵抗も無く私にもたれかかってきました。顎を軽く持ち上げキスするとマミちゃんが「彼女いるんでしょ?悲しむよ」と言うので「マミちゃんが彼女だよ」と言ってディープキス、唇を舌で割り、歯茎をなぞっていると口を開いたので舌を絡め取ります。



マミちゃんは「う・・・ふぅん」と身体から力が抜け、舌を絡め始めます。彼女はジャージの上下を着ていたので私の手はなんなく侵入しブラのホックを外してプルンと胸を出します。そして生乳を揉み始めました。子供を生んだ割には弾力の有る胸でむにゅむにゅと感触を楽しみながら揉んでいると・・・乳首が刺激で硬く、ツンと立っていきます。



Tシャツをまくり上げ、乳首を舐め、吸いながら、反対の胸もむにゅむにゅっと揉みしだきます。太股を撫でながら両脚の間に手を潜りこませると、脱力した両脚は難なく割られ開いていきます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2015年12月20日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【学校で】ヌードモデル兼性欲処理係 【エッチ】

私の行っていた教室は市の施設の部屋を借りてやっていたから、

最初の生徒さんが少ない頃は小さい部屋を借りてやっていたので

距離が近くて緊張しました。



男性モデルに後ろから抱きすくめられるポーズはお尻に何か当たってる〜くらいで我慢出来るんですけど

胡坐の上に座らされると必然的に大事な部分同士が密着してしまうから・・元気になっていたら最悪でした。

ポーズ的にも足を閉じて座っていたら、不自然だと足を開かれました。



あえてアソコが見るようなポーズをとらされていた訳じゃないですけど、

必然としてポーズ重視で見えるとか見えないとかは二の次だったから・・



寝てるポーズでも台の端に腰掛けて横たわって、ポーズ的に自然に見える様にと

足は自然と開いてましたし、台が視線の高さくらいなのにウンコ座りみたいなポーズとか・・・

個人の教室で直接雇われていたのでどこまでするのか判らなかったんですけど・・




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年7月8日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】仕事のために抱かれました 【体験談】

私はインテリアデザイン事務所を経営する33才の女です。



主にマンション等の内装のデザインを手がけています。

有名な建築家の方にご贔屓にして頂いているので、不景気でも何とか仕事がまわってくる状況です。





私自身、少しだけ有名と言うか、私としては不本意ですが、「美しすぎるインテリアデザイナー」なんて特集で建築雑誌に載ったこともあります。

本来は顔でなくてデザインで特集してほしいところではあります・・・



私は仕事が一番のタイプで、Webデザイナーの彼氏はいますが、まだまだ結婚するつもりはありません。



自慢ではないのですが、スタイルもいいので口説かれる事も多いですが、遊びより仕事を優先してしまうので、彼氏一筋って感じです。

と言うよりも、セックスに興味がありませんでした。



先日、スーパーゼネコンと呼ばれる建設会社の部長さんと食事する機会がありました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年6月12日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【童貞・処女と】不動産屋の巨乳女が誘ってきたので中出しエッチ体験談 【エッチ】

当時引っ越しに結構悩んでいて、何店舗か回っていた。



ある渋谷の不動産屋だけは女性が威哥王担当になった。名前はMさん26歳ぐらい。



身長は160CMぐらい髪は少し茶色でセミロング



Mさんにも3件ぐらい案内してもらったが…やはり自分が納得する値段・環境・設備などどれもそろえようとすると難しいもので



なかなか決まらなかった。



2日後ぐらいに別の不動産屋から結構いい物件情報が入った



その不動産屋にまかせてもよかったのだが、Mさんのことが少し気になった俺は



Mさんの会社に連絡


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年5月14日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【寝取られ】妻と元カレが運命的な再会をして…… 【体験談】

妻とは、結婚してもう14年経ちます。二人とも今年40歳で、子供も二人います。中学2年生の息子と、小学6年生の娘がいて、二人とも私ではなく妻に似てくれて、美男美女です。

妻はぱっちりした二重まぶたで、日本人離れしたエキゾチックな顔の美人です。ハーフとかに間違えられることも多いですが、100%日本人です。



そんな妻と私なんかが付き合うようになったきっかけは、当時私がバイトしていた先の、同僚の女性の紹介でした。

当時、妻は付き合っていた男性に浮気をされて、その上捨てられてしまって酷く落ち込んでいたそうで、そんな妻を元気づけてあげてと、バイトの同僚の女性に紹介されました。



初めて妻に会ったとき、あまりの美しさに言葉を失いました。そして、私が彼女と付き合えるはずもないなとあきらめました。





なので、私は本当に、単に彼女を元気づけようと行動しました。一緒に遊びに行ったり食事をしたり、下心なく、ただ元気づけようと明るく振る舞いました。

そんな風に過ごしているうちに、いつの間にか恋人同士になれました。付き合い始めたばかりの頃は、元カレの影が色濃く感じられましたし、ため息をつく彼女を見ては、私も胸が痛かったです。忘れられないんだろうな……そう思うと、私は自分がとても無力に感じました。



でも、そんな影もどんどんなくなっていき、妻は明るさを取り戻していきました。そして数年後、何とか結婚までこぎ着けました。その頃には、もう元カレの影は完全に消えていました。そして、私もそんな事は気にもしなくなっていきました。

その元カレは、間違いなく私よりもいい男だったと思いますが、私が彼女と一緒にすごした長い時間が、私に力を与えてくれたのだと思います。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年5月12日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫で】りん様の記憶:彼がはじめて遊びに来た日 【エッチ】

今回のりん様との想い出には元彼が登場します。

当時付き合ってた元彼です〜

元彼とは大学時代から付き合ってて、卒業とともに遠距離恋愛になってました。

で、この時にはもう、まよはりん様のマンションに転がり込んでて。

周りにはルームシェアしてるってことにしてました。

。。。妄想ですけどねw

あの。。。昔の日記を編集するの面倒になったので、とりあえずほぼそのままアップしてみますね。

も、もうそうですけどね。。。



妄想「りん様の記憶:彼がはじめて遊びに来た日」



実は先週、彼氏が遅めの夏休みをとって、遊びに来てくれてました〜〜

17日から月曜日まで。

めっちゃ楽しかったですよ〜

その間に、りん様にされたことを、彼は知らないで無事元気に帰っていきましたw


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年5月7日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【友達と】女上司の裸【エッチ】

 社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。

社員は男女半々で、ほとんどが20~30代。その編プロは

ご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24)は

編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、

その腕を買われて入社した。入社半年くらいで広告を掲載してくれる

クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。

 9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、

社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステ

サロンの写真を撮ってくるように頼まれた。さっそくアポ取りの電話を

入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。

普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの

会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か

編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。副編に相談すると、

「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件は

そのまま忘れていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】義父の介護【エッチ】

義父と私達夫婦の3人暮らしです。と言っても夫は会社人間で家に帰るのは夜遅く帰って朝又会社、休みの日はプライベートに接待とゴルフ三昧の生活です。

義父は病気で半病人なので介護が必要です。というか介助がないと一人では出来ません。

義父は大柄(身長176cm)もあり、身体を起こしたり寝かせたりが肉体労働です。

毎日はお風呂に入りませんが一日置きで服を脱がせて、お風呂に入れて、洗ってあげて、又寝着を着せてとこれから暑くなると汗をかくので大変です。

それに義父にとってもやはり介護(介助)は本当は同性にやってもらいたのだと思います。私だって選ぶことが出来るのなら、やはり女性のほうがいいです。そう思うとヘルパーさんも介助を必要としている人も大変だと思います。でも介助を受ける人はなかなか自分で選ぶことは難しいことですものね。

やはり恥ずかしいですもの。背中を拭布してあげる位ならいいんですけど、下半身まで洗ってあげるのはこの歳になっても本人も恥ずかしいことだと思います。

夫の身体でさえ、洗ってあげることなどありません。もちろん健康体ですが、まして男性のあそこを持って洗うなんて、でも、義父の手前、目を閉じて洗うなんてことは失礼だと思うし。

女性で介助ををされている方は本当に御苦労さまだと改めて思います。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年2月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】他人(ひと)の皮を被る 一話【エッチ】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
1 / 4112345...102030...最後 »

このページの先頭へ