ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【童貞・処女と】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録 【エッチ】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。



私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。



彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。

そこから、私の調教の日々が始まった。





私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

『ゴメンなさい! 傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。



そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年5月6日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【体験談】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。



当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。



そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。



その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。



そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。

母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。



金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。



息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【友達と】3年前の今日【エッチ】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。

子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。

胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。

陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。

そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。

仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。

妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。

『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが

「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。

「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】処女と乱交パーティー【エッチ】

私は46歳で会社経営をしている。そんな私は、経営者等の一定の地位にある者のための愛人紹介所に入っているが、先日同所主催の乱交パーティが特別に催された。会費は90万と高い目ではあるが、13歳から17歳までの処女ばかりがそろい、男女同数で一晩中やりまくるという企画だったので、参加することにした。

当日会場のホテルのスイートルームに行ってみると、その控え室で係員から顔を隠すマスクが渡される。部屋内でお互いの秘密を守るためのものらしい。マスクをつけて、奥の部屋に入ると、既に他の3人は来ていた。 まずは、奥のベットルームから女の子を4人係りのものが連れてきて、最初にやる女の子を選択する。もちろん私達とは違って、マスクも何もつけていない。しかも、全員が制服姿である。 小柄でポッチャリした色白の女の子が好みの私は、16歳の綾香を選んだ。処女を乱交で捨てるくらいだから、遊び好きそうな女の子が来ると思っていたが、全く正反対で真面目そうな大人しい子である。どうしたわけで来たのか聞きたいが、どうでもいいので聞かない。

女の子とともにベットルームに入る。すぐとなりにはもう一つのベットが並んでいる。このスイートルームはダブルベットが二つ並んだベットルームが二つあって、真ん中がリビングになっているのだ。

綾香をベットに乗せて、私はとりあえずパンツ一枚になってから、ベットに上がった。久々の処女に私のチンポはもうビンビンである。 私は綾香の後ろにまわって抱きしめ、さほど大きくないオッパイを制服の上から揉みしだく。そして、右手を彼女のスカートの中に差し入れ、ふっくらした太ももに沿って手を這わせ、スカートをめくっていく。綾香は恥ずかしいのか、少し開いた股を閉じようとするが、私の手がそれを許さず、純白のパンティのあそこの上を撫でまわす。 そのまま前に回って、綾香を押し倒し、股を広げてパンティの上からあそこを舐めてやり、そのまま太ももからふくらはぎを舐め、真っ白のスクールソックスの上から舐め上げた。 綾香は大人しくされるままになっている。恥ずかしいのか目も閉じたままだ。そんな綾香にキスをして、今度は上に覆い被さるようにして、オッパイをもんだ。制服の上からもむおっぱいはまた格別にいやらしい。 胸のリボンを外し、更にブラウスのボタンを一つ一つ外してから、一気にブラウスをはだけてやる。綾香は一瞬「イヤッ」と胸をブラの上から押えるが、私は「ダメだよ」と言いつつ、構わずに手をのけ、これまたパンティとおそろいの処女らしい白いブラをずり下げた。 かわいいおっぱいに顔を埋めて、手でオッパイを揉みながら、乳首に吸い付く。「ああっ」とはじめて綾香は声を出した。処女でもおっぱいは感じるらしい。

今度は私がパンツを脱いで、綾香の前に突き出し、舐めるように命令する。一瞬ためらっていたが、契約でもあるのか、綾香は大人しく咥えた。ハッキリ言ってヘタだが、真面目そうな女の子が制服の胸をはだけた上、ブラをずり下げられて乳首を出し、スカートがめくられてふとももの上まで見えているのを見ると興奮する。 私は綾香の頭を両手で押えて動かしてやった。少し苦しそうだが、気にせずになめさせた。このまま処女の口に一回射精しようか・・・!?

不意に「痛ぁい!」と言う叫び声が聞こえてきたので、我に返って隣を見ると、お隣のベットでは、確か一番年下の13歳の女の子がセーラー服を着たまま、男に挿入されている。

私はこの隣の声で、不意にヤリたくなり、計画を変更することにした。綾香の口からチンポを抜きとり、綾香のパンティをずり下げ、片足に引っ掛けた状態で、股に顔を埋めてすぐにやれるように、唾液を一杯つけるように舐めた。

入りそうな感じに濡れたので、目を閉じている綾香の足を持ち上げるようにして、正常位で挿入した。 「痛ぁ〜い!痛いよ〜!」。綾香は処女膜を破られて、泣き叫ぶが構わずにどんどん挿入する。目を少し開いた綾香は、涙をポロポロこぼしている。いい光景だ。 奥まで入ったので、直ちにピストン開始。綾香は「痛い痛い!」と必死に泣き叫ぶが、どんどん突きまくる。流石に処女だけあって、最高の締まり具合だ。 隣でも女の子が痛がりながら、バックでヤられている。興奮を煽る光景だ。 制服フェチの私は、中途半端に脱がせた綾香の姿に興奮しながら、真っ白なスクールソックスを舐め舐めして、更に突きまくった。 そして、やがて射精。思いっきり中出しする。いつになく大量の精液を注ぎ込んで、チンポを抜くと、私のプレゼントした精液とともに処女が破れたときの血が混じって出て来た。 綾香は声をたてずに泣いているようだ。

隣でもSEXが終わっていて、向こうの男がこちらを見ていた。今度はベットを交代して、私が13歳の今処女を失って、女になったばかりの子とヤルことにした。 完全にめくり上げられたスカートから、お尻が丸見えになっており、太ももを通って、血と共に精液が垂れている。シーツが赤くなっているのも印象的でそそる。 この女の子は確か美紀と言ったはずだ。美紀は綾香と違って、泣いてはいないものの、グッタリとベットにうつ伏している。 私は美紀にチンポをきれいにするように命令して、精液と綾香の血のついたチンポを舐めて掃除させた。 すぐにチンポが復活したので、そのままバックで挿入する。たった今処女を失った美紀だが、もちろんまだまだあそこの締まりはいい。 今度は美紀の着ているセーラー服を脱がせていく。13歳の美紀はまだおっぱいが小さく。Aカップのブラをしているが、それもいらないくらいだ。上向きにするとほんの少しだけ膨らんでいるに過ぎない。私は突きながら、まだ小さいそのオッパイを舐めてやった。 長めのスカートと白の三つ折りソックスだけにして、上半身裸に美紀を剥き上げてから、再びバックで突いてやる。 射精したくなったので、中出ししようか考えたが、今度は半分だけ顔にぶっかけて、残りを美紀に飲ませてやった。 ベットから下りてみると、美紀の紺のスカートは前の男の精液で汚れ、顔は私の精液がついている。そそる光景だ。

隣では綾香に挿入した男が、綾香の制服のスカートに精液をたっぷりとかけているところだった。綾香も美紀もいい女だったので、もう一度どちらかとやろうか迷ったが、もう一つの部屋でやっている女の子ともヤリたかったので、その部屋を出た。

その後、私は残りの二人とやった。何度か3Pや4Pになった。とにかく一晩中。女の子をとっかえひっかえして、ヤリまくった。多分10回くらいはやっただろう(途中でドリンク剤を飲んだが)。わずかに一晩だが、90万なんて安いくらいのいい夜だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2015年1月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【ゲイと】おじさん二人に3日間監禁されて牝の喜びを教えられた 【エッチ】

僕は、自分で言うのも恥ずかしいけど、イケメンに生まれたせいで女に困ったことがない。まだ21歳だけど、15歳の初体験の時から数えて、リアルに100人斬りしているかもしれない。



そんな毎日なので、正直セックスも飽き気味で、だりーとか思っていた。

そんなある日、人生を強制的に変えられるような出来事があった。

僕は、3日間監禁された。そして、男に犯され続けた……。

二人のおじさんに、徹底的に犯し抜かれた。



そして、そのおじさんのテクニックに、僕は完堕ちした。それ以来、女を見てもやりたいと思わなくなってしまった……まさか、自分が男に目覚めるとは……。



今日も二人に呼び出されて、僕は大学を早退して、身支度を調えていた。

まず、すぐにシャワーを浴びて、全身の無駄毛を剃る。そして、入念に歯磨きをして、シャワーヘッドを外す。そして、シャワーを使った浣腸をして、腸内を徹底的に綺麗にする。これは、とくに入念にする。



綺麗にしたつもりでも、少ししたら汚れた水が漏れたりする。僕は何度も何度もそれを繰り返し、その場でジャンプをしたりして、徹底的に腸内から水分を排出する。

僕は、このために食事にも気を使うようになっていた。ほぼ肉を食べなくなったし、食物繊維を多量に摂るようになった。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月17日 | エッチ実話カテゴリー:ゲイとの体験談

【友達と】恵子1【エッチ】

さほど昔の話ではないが、恵子という彼女と付き合っていた。

付き合った期間は、6年間で、彼女の処女をもらったのも俺である。

普通にデートして、もちろんセックスも自分の好みに仕上げていった。

他の男を知らないので、洗脳と言う訳ではないが、それに近い物はある。

好みに仕上げるのは、余計な情報が無い分だけ、結構簡単だった気がする。

身長154cm B:85cm(D) W:60cm H:90の体型は、好きな男なら

たまらない体型だろう 他の男を知らないなんて今考えるともったいない気がする。

性感帯もかなりあり 胸やマンコ以外は、首筋 耳 鎖骨 手足のの指の付け根

わき腹 など数十箇所以上あり全体的な感度もなかなか良いほうで、

胸は、大きいが感度は、とても良いほうだと思う

乳首にいたっては、舌先で突付くだけで体が答えるほどだ。

また愛液もかなり多く出る女で、セックスが終わるとシーツが濡れるのは、もちろん

マンコから大量の白く白濁した愛液を垂れ流す女でもある。

フェラは、八重歯が、当てるので、なかなか上手くならなかったが、

舌で舐め上げたりペニスのカリや裏筋など感じるところや強弱をつけたりする事や


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月6日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【学校で】中学時代ちょっとした悪戯のつもりが 【エッチ】

中学3年の夏、俺達は無敵だった。





中学校の最上級生になり、校内に怖い者がいないという環境は好きな事が何でも出来ると思っていた。





俺達は別に悪かったわけではない。





他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度のレベル・・・悪ガキって感じだった。





それでも校内では逆らう奴がいないので俺達は無敵になれたし、悪ぶったりもしていた。






このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年12月18日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【友達と】エロ漫画家なんだけど【エッチ】

えーと、まず先に言っとく。

「それ、なんてエロゲ?」っていう話だと自分でも思うので

信じない人は信じてくれなくていいや。

とりあえずはじめるね。

暇だったので、某無料系出会い系サイトを見てました。

ほぼサクラ満開なのはわかりきっているので

あえて普通に「出会い」を求める内容は全てスルー。

俺の場合、「~知りませんか?」等

普通の掲示板のように、質問だったり、

何気ない独り言のような書き込みだったり

すごくターゲットを絞った内容だったりするものにだけ

返事を出す。

その中で「漫画家の人いませんか?」という投稿を発見。

まず、業者やサクラなら、こんな事は書かない。

ピンと来た俺は、返事を出した。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年12月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】恵子3【エッチ】

ローターをそっとマンコの割れ目に沿って流していくと「あっ。。はっはっあ~ダメェ」と声を上げる

そして、はみ出したクリトリスに強めに当てると「くっ くっはぁはぁはぁあんあんあ~んはぁはぁ」

新しい彼の為に抵抗して、堪えていた心を快楽が飲み込むのも時間の問題だった。

あそこからは、ものすごい量の愛液が垂れて、クリまで濡れこんでいく。。。

俺「膝を立てて尻を突き出せ」

恵子「いや いやもうやめて、彼を裏切れない」

ローターで今度は、マンコ穴に擦り付ける

恵子「あ~~~~っだめーそこは。。。だめっだめっあんあん」

俺「早く尻を突き出せ」

恵子「いやいやダメ」

ローターをマンコの中へ入れると

恵子は、体をよじらせ

恵子「やめて!おかしくなるぅ~」

俺は、ローターのスイッチを切った

恵子は、息を荒げていた。俺は、恵子の脚を持ちあお向けにした


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年12月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】僕の幼馴染 【体験談】

私は17歳の高校2年生です。

高校生と聞けば、皆さんはどの様なことを頭に思いうかべるのでしょうか。

やはり、恋愛や部活や勉強のことを思いうかべるのでしょうか。

とりあえず、卒業した方も、まだ入学していない方も

ほとんどの人たちが楽しいイメージを持っていると思います。

では実際にはどうなのでしょうか

高校生は皆が皆、楽しい生活を送っているのでしょうか

私の周りを見てみたところ

確かにほとんどの者は楽しそうに高校生活を送っています。

皆さんのイメージ通りです。

しかし皆が皆が楽しい生活を送っているかどうかとなると

それは違うと思います。

なぜなら僕がそうだからです。

楽しんでいる者達の裏で

地味にひっそりと学生生活を送っている者達が少なからず存在します。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年12月6日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 2012345...1020...最後 »

このページの先頭へ