ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】妻の再就職Ⅱ【エッチ】

私は、以前から妻の裸体を誰かに見せてみたいと言う願望があった。

ちょっとの期待と興奮、そして不安が頭をよぎっていた。

疑問を抱いてから2ヵ月、妻が再就職してから4ヵ月経った。

妻は相変わらず、エロエロの社服を身に纏い車で出勤している。

そんな時、私に1本の電話があった。

「美香さんのご主人ですか?」

「はい」

「私、○○会社の高橋と言います」

「あ~いつも妻がお世話になってます」

「ちょっと、見せたい物があるんですが…時間ありますか?」

「え~」

「じゃ○○で18時に待ってます」

そんな事で、私は妻の会社の人と会う事になった。

夕方、定時で仕事を止め待ち合わせ場所に向かった。

料亭の前に、40代の男性が立っていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年7月2日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】綾香のオシッコお漏らし【エッチ】

報告します。

綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。

今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。

今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。

最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。

平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。

特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。

綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。

電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。

当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。

綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。

すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。

電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。

Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。

次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年7月2日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】卒業旅行の王様ゲームで…(続き)【体験談】

その命令は

「彼女とCは小部屋で、僕とBはベットで就寝する。」というものでした。僕は先ほどの出来事のあった小部屋にいかせたらヤバイと思いました。しかしCは興奮していてまた彼女を引っ張り連れていこうとしましたが、なんとか彼女の後ろ手に縛られていた手をほどくことができました。これなら彼女も抵抗出来るし鍵をかけられても中から開けることができます。

僕も疲れきっていて、Bも泣き疲れていて仕方なく命令通りに就寝することにしました。

僕はBと寝ることは出来ないので、離れたソファーで寝ました。

疲れきっていたのですぐ眠りについてしまいました。しかし、心は決して休まらず、30分ぐらいで起きてしまいました。Bを見ると泣き疲れて完全に寝入っているようです。僕はどうしても彼女たちが気になり、小部屋に近づきました。

すると…最悪な出来事が起きようとしていました。

「んっ……ぅ…」「…ふぁ…ぁ…」などと彼女のくぐもった声が聞こえました。

僕は鼓動が早くなりました。

先ほどのガラス張りのところから中を見ると…彼女の上にCが覆い被さり彼女の首筋を舐めています。

ふと見ると彼女の手はCの制服のネクタイによってまた後ろ手に縛られていました。きっと彼女が眠ろうとしているすきに縛ったのでしょう。

僕は彼女を助けようドアを開けようとするとやはり中から鍵がかけられてしまっていました。もうどうすることも出来ませんでした。

Cはというと首筋を舐めながら、先ほどのように彼女のブレザーとシャツのボタンを外しましたが、王様ゲームの時よりも大胆に彼女の制服を脱がし、縛られている手首のあたりまで剥ぎとりました。

手首のあたりに制服が引っ掛かっているものの彼女の上半身はピンクのブラだけの状態です。その姿はとてもイヤらしい姿です。僕はその姿に見入ってしまいました。

首筋を舐めていたCは彼女の耳などを舐め、だんだん胸のほうに近づいていきます。

「あ……ぁ…ふっ………」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月2日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】妻の過去【エッチ】

私は40歳妻は34歳になります。

結婚して8年になります。この話は最近妻から聞きました。

たまたま付き合いで夜遅く帰って来たらテーブルの上に

妻の携帯がありました、いけないと思いながらもメールを

見たら出会い系のサイトの入会通知がありそれもSMサイト

です。

私はビックリしてそれ以上は見ませんでしたが、すごく気になり

私の知らない妻を知りたくなり、最近では月に1回がやっとの

エッチのときに聞くことにしました

その晩は普段より激しくエッチをして妻がイキそうになったら

お○ん○んを抜いて焦らしましたそれを何度もやったら妻は

我慢できなくなり「御願いだからイカセテと私に頼みました」

私はイカセテやるから聞くことに答えろと言いこの前の携帯の

事を話しました。

一瞬焦った顔をしましたが、イキタクテしょうがない妻は


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年7月1日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫で】合コンでの彼女の話し【エッチ】

俺の彼女は合コンでHなことをしたことがあるらしい。

彼女と仲の良い友達(Y子)から聞いたんだけど、

一緒に合コン行って、悪ノリしてしまったみたいだ。

男2対女2で個室の飲み屋で飲み会だったらしいが、男はY子の

知り合いらしくて彼女は初対面だったそうだ。

彼女もY子もノリが良く、すぐ盛り上がったそうだ。

男2人のうちの1人で加藤晴彦に似てる男(K)がかなり彼女を気に入ったらしく

猛烈アタックをかけたそうです。彼女は最初はとりあえず相手の話に合わせて

聞いていたそうだが、そいつに執拗にベタベタされても嫌な顔一つせず、

笑顔でいたそうだ。

Kも彼女のことを『深田恭子にクリソツだね。』などと言っておだてて

いたらしい。『周りにはラブラブだね』とあおられて、

彼女もつけあがってしまい、周りの雰囲気もH系になってしまったそうだ。

Y子は男達とH系の話をバンバンして周りを盛り上げていて、彼女はKに

髪を撫でられたり身体を触られたりしていたそうだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年7月1日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【学校で】大塚愛似のかなり可愛い女友達【エッチ】

大学の頃の思い出話

同じゼミの男2女3で割りと早い時間から飲みに行った

その日のメンバーに沙耶香っていう、大塚愛似のかなり可愛い女友達がいた

ちなみにその日の沙耶香の服装は、胸元というか首回りがかなりあいてるシャツ(シャツがずれると肩が丸出しになるようなやつ)に青チェック柄のミニスカで、俺的にどストライク

この沙耶香が酒好きのクセに酒弱い困った子で、その日も夜7時くらいで既にベロンベロンだった

そんでさっさと横になって寝だした

横になった時にパンチラしそうになったが他の女が上着をかけてガード

余計なことしやがってと思いながら飲んでたら、暑かったのか沙耶香は自分でその上着を払いのけ、ピンクのパンツが丸見えになった

他のやつが気づいていないのをいいことにチラチラ見ながら酒を飲んだ



そうこうしてるうちに女が1人彼氏のバイトが終わったからと退場

もう1人の女はもう1人の男とえらい盛り上がってる

ちなみにこの二人これがきっかけで付き合い、後に結婚まで行き着くことに



1人取り残された俺は沙耶香のパンツ見ながら飲むしかなかった


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年7月1日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【人妻と】続 息子の同級生と妻【エッチ】

俺は、風呂の外で会話を聞きながら自分の息子をギンギンにしていた。

タケシ「もう俺、勢力限界かも・・!もう疲れたなぁ」

リョウ「確かに、今日は5回以上抜いたしな!」

ひろこ「今日は、もう終わりにしましょ」

タケシ「でも、せっかく泊れるのに、もっと楽しみたいなぁ」

リョウ「当たり前だ!こんなもんで終われると思うな!旦那の前でもっとイヤらしい事するからな」

ひろこ「旦那の前だけは勘弁して・・・バレたら大変でしょ」

リョウ「大丈夫!旦那さんはもっと酔わせて、目の前で犯してやる」

ひろこ「無理よ、絶対駄目!駄目よ」

リョウ「そう言われると、益々犯したくなるよ」

タケシ「俺も見てみたいな!」

リョウ「俺の体を洗え!その胸で丁寧に洗え!それとお前の穴は全て綺麗にしろ」

タケシ「俺の息子も口で綺麗にしろ!」

ひろこ「んっ・・・・」

妻はちんぽを咥えているようだった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月30日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻の欲望【体験談】

妻の尻は本当に魅力的で、ミニスカートを穿いたときなどは、どんなパンティを穿いているのだろう。あの下着のままの尻を見てみたいと、後ろから見ていると、自分の妻でもそう思ってしまうほどだ。小柄で、顔も童顔で男好きのする妻である。

この妻の、裸体を、何らかの形で、他の男に見せてみたい。ごく自然なシチュエーションで。と考えるようになっていた。

妻は、普段は、貞淑な妻を演じているが、ご無沙汰したあとの夜などは、激しく燃える。

セックスなどしたことありません。Hな事など私はした事がありません。といったように装っていますが、感じているときは、桃尻を激しく振ってもだえています。

この妻にも、男に対する欲望は強いものがあると思います。特に、普段は、男性の前では、恥ずかしそうに、上品に振舞っていますが、妻は、イケメンには弱いので、イケメンの男には、少々のことは許すのではないかと思っていました。

ある日、居酒屋に二人で飲みに行ったとき、そこに飲みにきていた、男2人(そのうちの1人が、かなりのイケメン)が、私たちに話しかけてきました。妻は、Tシャツにミニのスカートで、かなりの色香をかもし出してきていました。その男たちは、明らかに妻が目当てで近づいてきているのは見え見えでした。

だんだんと話が弾むにつれて、男たちは、Hな話もしてきましたが、妻は恥ずかしそうな顔はしますが、いやな顔など一切しません。

それどころか、イケメンの男に、色々と話しかけているではないですか。そのイケメンの男も、妻が自分に気があると感じ始めたのか、徐々に言動から、行動まで大胆になってきました。

私に遠慮してか、伺いを立てるように私の顔をチラチラみながら、「奥さんは、本当に魅力的ですね。一度で良いからこんなきれいな奥さんのおっぱいや、お尻に触れてみたいですね。なあ、B君」と隣の友達に話しかけています。私は、このような成り行きをひそかに期待していましたので、真面目で弱気な主人を演じて、普段の願望が、現実になる事を期待していましたので、妻に、「なあ、お前、こんなに褒めてもらって嬉しいだろう。横に座ってもらって、もっとお前の魅力を見せてあげたら」と、言ってしまったのです。

妻は、恥ずかしそうに顔を赤らめながら、「はずかしいわ。初めての男性だし。でも、横に座るぐらいなら良いですけど」と、言って、OKしたのです。すると、イケメンとB君は、私のほうを見て、「奥さんの了解が出ましたので、奥さんの隣に座っても良いですか。」と言うなり、わたしと妻の間に割り込み、妻は、2人の男に、挟まれてしまいました。そして、楽しそうに話に応じている妻を見ていると、普段は、貞淑そうな妻を演じていても、やはり1人の女だ、他の男に対する興味やら、ひそかな欲望を持っていたんだな。と思った。

そして、時間と共に酒を勧められ、妻もふらふらの状態になってきていた。妻は、イケメンのほうに顔を向け、寄りかかりそうな程になっていた。それとも酔ったふりをしているのか。

そして、妻が、トイレに行きたいといって立とうとしたとき、イケメンの男の前で、倒れてしまい、ちょうど、イケメンの男に抱きかかえられるような形となり、ミニスカートの尻が、突き出すような状態になり、清楚な、しかし、小さな花柄のパンティがあらわになってしまったのです。

妻は、ふらふらで、自分で立てる状態ではありません。男たちは、「どうしましょう」とわたしの顔を見ましたが、わたしも酔っていたので、「妻が少し歩けるようになるまで、そのままにしておいてやってください。」というと、男たちは、妻の尻をみたり触ったりすることに許可を得たと解釈したのでしょう。

男たちは、妻のミニスカートを尻が丸出しになるまでめくり上げ、小さな花柄のパンティを尻の割れ目に食い込ませ、2人で妻のプリンプリンとした、身体の割に豊満な尻をじかに撫で回しています。

わたしたちの席は、衝立で、他のお客からは、はっきりとは見えない席でしたが、他のお客がトイレなどで通路を移動するときには、はっきりと見えてしまうのです。トイレに行くほかの男が、うらやましそうにこの光景をじろじろと見て通りました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年6月30日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】私が招いた悲劇【エッチ】

去年の秋、念願のマイホームを購入した。

郊外の静かな所だったが、妻と共に喜びに浸っていた。

不景気の影響なのか?まだ周辺には空土地が多く見え、我が家の隣には道路を挟んで

大きなお屋敷が立っていた。

敷地500坪はあるだろうか?大きな塀で囲まれ、植木が立ち並んでいて中の様子は

良く見えないが、中央に本屋と車庫が並んでいた。我が家の近くには蔵と平屋の部屋が

建てられているのは見えた。近所の方に聞いた話だと、この辺の大地主で、大金持ちと

言う事だった。住んでいるのは、60代(男性)とその孫16歳(男)の2人で、息子夫妻は

海外で生活しているとの事だった。

60代の男性は、気難しくかなりのケチ!孫は不良で、我が家に近い離れに住んでいた。

新居に引っ越して1ヵ月も過ぎた頃から、隣の孫の所は溜まり場となり、多くの不良が

集まっていた。我が家の隣の道路には無断駐車のバイクが毎日止まっていた。

近所の住民は困っていたが、関わる事を嫌い誰も何も言わなかった。

彼らの集会はだんだんエスカレートし、深夜でも構わず大声で騒いでいた。

私達の家は一番迷惑を被っていたんです。日に日にストレスも溜まり、遂に私は爆発して


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月30日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】俺の彼女が出会い系してた2【体験談】

俺の彼女が出会い系してて、その待ち合わせが今日25日

迷った俺は、意を決して待ち合わせの場所に向かったんだ。



そこは待ち合わせの定番ですでに大勢の男がすでに女待ってって

ホストみたいなイケメンからオタクっぽいブサメンまで

どれが俺の彼女の相手か気が気じゃない



しばらくして俺の彼女登場

パンツ見えそうなくらいのミニスカで

そんなの俺のデートで着たこと無いじゃん



しかも、彼女の「お待たせー」って満面の笑顔の先に

いたのがオタクっぽいブサメン

これにはマジ凹んだ




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年6月29日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ