ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】昔の経験【エッチ】

ばさんとガイドさんの間に割り込むように倒れこんだのです。そこは煙草の煙と熟女のフェロモンでむせ返るような空気で一杯でした。ここでちょっと寺島のおばさんの事を少し書いておきましょう。寺島のおばさんは僕の住んでいる近所に、夫と息子と娘の4人暮らしをしていて、おばさんから聞いた話ではどうしても辰年の息子が欲しかったので23歳の時に好きでもなかった公務員の今の夫と結婚し、24歳の時に念願の辰年の息子を授かった、と言っていたのでその当時おばさんは47歳だったと思います。そして近所では、その派手な格好(膝上30㎝のミニスカートをはき、体にぴったりとしたニットとかの服とか、胸の大きく開いた服をよく着ていた)でよく出かけていたので、絶対不倫してると有名でした。話は戻り、おばさんとガイドさんの間に座らされた僕は、テーブルも狭かったのですが、両肘が二人の胸にぴったりと当たるような格好で座っていたので、若かった僕はすぐに浴衣の中の息子が大きくなるのを防ぐことはできませんでした。そして、周りが煩かったのでガイドさんの耳に唇を当て、「なんでここにおばさんと一緒にいるの?」って聞いたら。「昼間約束したこと忘れたの?今夜はしっかり楽しもうって言ったから、ここのカウンターで一人飲んであなたを待っていたの」「そしたら寺島さんのグループに呼び止められ、あなたも来ないし合流したわけ、あなたがいけないのよっ!」と言って僕の浴衣をめくり、太ももを思い切り抓ってきたのです。そしてそれを見ていた寺島のおばさんは、やおら僕の浴衣の中に手を入れ、「若い人の肌はいいわねえ」と言い僕のパンツの上から息子を触り始めたのです。そして、僕を挟むような格好でガイドさんに近づき「このひろし君の事は小さいころから知っていて、よく家へ来て悪戯をして帰って行ったわ、おばさん知っていたんだから」と、またトロンとした目つきで意味深に行ってきました。僕はその時、おばさんの家に行くたびに、おばさんの下着が干してあるベランダとかを凝視したり、時には何枚かおばさんの使用済のレースパンティを洗濯籠から盗んでいたことがばれていたのを知り、赤面してしまいました。しかしおばさんはそれに構わず、ずっと僕の息子をパンツの上から触り続けていたのです。そして、ガイドさんがトイレに立った後、僕の手をそっと握り、浴衣の脇の下から自分の乳房へ導いていき、「どう?あたしのおっぱい、まだ崩れてないでしょ?」と熱い吐息と共に僕の耳元へ語りかけてきたのです。もう僕の息子はビンビンに固くなり、たぶん我慢汁も相当出てパンツを濡らしていました。そしておばさんに「他のお仲間はどうしたんですか?」と聞くと、「他人行儀な言い方しないのっ!、今夜は君江って呼んで。他の人たちは何だかこの旅行に参加しているご夫婦と一緒に飲んでるわ。だから大丈夫」と言い、僕のほっぺに軽くキスをしてきました。この時君江が結構酔っていることに気付き、大胆に君江の浴衣の裾を捲り、手を入れたのです。拒否されるかと思ったのですがその逆で僕の手を隠すように浴衣の裾を直し、僕の手が自由に動かしやすいようにしてくれたのです。そして僕はその手をパンティ越しに君江のおマンコを触ると、もうそこは夥しい愛液にまみれ、おしっこを漏らしたような洪水状態でした。それから指をパンティの中へ入れようとした所、ガイドさんがトイレから戻ってきて僕の横に座ったので、ガイドさんに気付かれないように僕の手をおばさんの浴衣の中から引きだしたのです。そしてガイドさんは僕と君江に、「明日の見学場所とかの勉強をしなければいけないから部屋へ戻るわ、明朝はゆっくりだから添乗さんはお客様をちゃんと面倒見てあげて」と言い立ち上がり部屋へ戻っていったのです。その時僕は内心「ああ、せっかくのチャンスを逃がしてしまった、残念」と思っていました。何故ならこの新名さんというガイドさんは僕達添乗員の間では人気者で、誰が新名さんとできるかがいつも話題になっていたからです。そんな僕の思いも知らず、君江はさらに触り続けていたのです。そして、そのスナックが閉店に近づくと、チークタイムが始まることを告げ、バラードがホールに流れ始めました。当時はどんなクラブでもスナックでも閉店前に必ずチークタイムがありバラードが流れる事がお決まりでした。たしか「メリージェーン」じゃなかったかなあ?

そして僕と君江はどちらが誘うでもなく、同時に立ち上がりチークを踊り始めたのです。最初は君江が僕の首に腕を回し踊っていたのですが、すぐに君江の下腹部を僕の太ももに押し付け、上下に腰を動かし始めていました。まるでおマンコの中のお豆を擦り付ける様に…。そして僕は周りに旅行の参加者がいないかどうか暗がりに目を凝らし確認していたのです。幸いそのホールにも座席にも参加者はいなく、僕はさらに大胆な行動に出て、君江の自慢の乳房を浴衣の脇の下から手を入れ、乳首を指先で弄んでいたのです。君江の乳首は僕が触る前からきゅっと固く大きくなっていました。そして乳首を弄ぶように撫でたり指で撮んだりしていたら、君江のエロい唇が半開きになり、「あああ~、いや~ん、感じちゃう~」と言い出し、さらに君江のおマンコを僕の太ももに押し付けてきました。そして僕が君江のうなじに舌を這わせると、君江の唇が僕の唇を塞ぎ、活き良いよく君江の柔らかな舌が僕の口の中に入り込み、しっかりと僕の下を吸い出したのです。でも、そろそろ曲も終わりを告げる時、君江の耳元で「これから僕の部屋で飲み直さない?」と囁いたのですが、以外にも君江の口からは「他の友達が疑うし心配するといけないから、またね」と言ってまた濃厚なディープキスをしてきました。これで僕は「今夜は無理だし、ましてやお客に手を付けたことが会社にばれるとやばいなあ」と思い、君江の手を引きながら君江の部屋まで連れて行きました。そして君江の部屋の前で最後のキスとすると、君江から「ひろし君のお部屋は何号室?」と聞かれたので、「同じ階の00号室で一番右端」と伝え、部屋に戻りました。しかし、今までの強烈な刺激が忘れられず部屋に戻った後も、布団の上でパンツも脱ぎ、一人していたのです、もちろん最後の君江の一言が気になり、カギは掛けずにしていたのです。すると突然部屋のドアの開く音が聞こえ、障子が開かれました。そこには君江が泣き顔で呆然と立っていて、「部屋に帰ったけど誰もいなかったの、だから今夜はひろしを頂戴!」といって抱きついてきたのです。そして「もう君江のここは収まりが就かないほど発情しちゃったの!なんとかしてえ~、ひろしの長い厭らしい舌で一杯舐めて~、お願い!!!」と言って浴衣を自ら脱ぎ、淡いピンクのスケスケのレースパンティ

を取り、僕の口元へ君江のおマンコを押し付けてきたのです。そして僕が何度も君江のお豆を舐め回し、おマンコの中へ僕の固くした舌を入れたり僕の指を2本入れ掻き回すと、「ああ~、ダメ、君江逝っちゃう、イッちゃう、イク、イク~、君江イク~~~」と絶叫し、多量のおしっこが僕の顔に注がれ、簡単に君江は逝ってしまいました。それから君江は「ごめんね君江だけ先に逝っちゃて…。」「今度はあなたも気持ちよくなって~」と言い僕の息子を口に含み、まるで野獣のように吸い付いてきました。そして僕が簡単に逝っちゃうと君江は僕の精子を一滴も残さず飲み込み、「気持ちよかった?やっぱり若い人は量が多いね」とにっこり微笑みながら、口についた残りの精子をいやらしく舌で舐めまわしていました。そして「実は、ひろし君が小さい頃から遊びに来ていて、中学生の時泊まりに来た朝、あなたの物が大きくなってるところを除いたときは、一人勝手に濡れていたの…。そして知らず知らずのうちにあなたの物を触り、口に含んでいたの。知ってた?」と言い出したんです。僕は思いにも掛けていなかったその言葉に、「実は僕も幼い頃から君江の事が気になって仕方なかったんだ。だから君江の汚れたパンティを盗んで家に戻り、一人オナッていたんだよ。それほど君江の事が気にって仕方なかったんだ」と今までの思いを一気に語ったのです。すると君江は「その盗んだあたしのパンティはどうしたの?」と聞くので「まだ僕の机の中にしまってあるし、いまだに一人エッチする時に使っている」と言うと「そうなの…、もしよかったらひろしが結婚するまで持っていて、お願い!」と言い出し、またお互いの舌を絡ませ合わせたのです。そしてその夜は朝方まで君江と交わり、お互いの精力がなくなるまで、お互いの肉体を貪り合ったのでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2015年1月21日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】最高のオナニー【エッチ】

<>441名無しさん@ピンキーNew!2013/07/29(月)07:22:13.21ID:m/Y/wYFc<>

自分をフった女の子と会うことほど気まずいものは、世の中に中々ありません。

僕はその日おびえていました。1年前に勇気を出して告白したものの見事に玉砕した香奈枝ちゃんが、家に遊びに来るというからです。



そもそも決して可愛くもなく、ましてタイプでもない彼女に告白したのは、何度か二人で遊んでいるうちにこっちに気があるのではないかと勘違いしてしまうという非常に恥ずかしい理由でした。

不思議なもので、一度そういうことを意識してしまうと止まらないものです。

僕は気がつくと毎晩彼女でオナニーをしていました。

童貞の僕は、彼女が見せる白い生脚や、ストローを吸う時の唇のすぼみなどを思い出してはそれを白く汚す妄想に取りつかれていました。

繰り返しますが、香奈枝ちゃんは決して可愛くありません。

芸能人で言うとPerfumeのかしゆかにかなり似ていますが、あれをほんの少し崩すと結構微妙な顔立ちになるのは想像していただけるかと思います。

ただ身体つきはいやらしいものでした。170cm程度の高い身長とほのかに肉のついた稜線はその抱き心地の良さを感じさせましたし、

何より肌が凄い白くてそこが僕の欲情を非常に掻き立てたのです。

オナニーで満足できなくなった僕は、その身体にどうしても自らをゆだねてみたいという欲望に逆らえず、また流石に失敗は無いだろうという慢心から軽い気持ちで告白してしまいました。

結果は玉砕。

普通にあっさり断られ、その後の交流は殆どなくなってしまったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2015年1月18日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】公衆トイレで悪戯【エッチ】

よく公園などの公衆トイレに悪戯な書き込みを見かけますよね。

誰の電話番号か?分からない書き込み(ヤリマン!みたいな)

不思議と電話を掛ける人はいるのだろうか?疑問に思いませんか?ある日、私は妻と大喧嘩をしていました。

些細な事だったと思いますが、ムシャクシャしていたんです。

そんな事もあり、最近はご無沙汰・・・

子供も大きくなり独立する年です。私は43歳、妻41歳を迎えていました。

営業と言う仕事柄、ストレスも溜まりイライラしてばかり。日中、公園のトイレに入ると

書き込みが掛れている。高校生なのか?とにかく学生だろうと推測できた。

書き込みに更に書き込みと皆、好き勝手書き込んでいる。

”電話掛けて見たら。。。ヤレたぞ~最高の女だった”

”ヤリて~エロ女募集!”

”ヤリマン熟女いないかなぁ?”

”自分で探せ・・・”  など

何だか妻の事を思い出し、ちょっとイライラしてしまった。

思わず携帯を取り出し、妻のアドレスを書き込みしちゃった・・・。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2015年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】カラオケボックスでがーーー!!って【エッチ】

打ち上げがあったのでクラスの男子も集めて10何人かでカラオケに行きました。

6人部屋を2部屋借りて行ったり来たりできるようにしました。

そこで4時間(夜の5時から)の予約をして、歌いまくったら、2時間歌って

もうみんな騒ぎまくっちゃって女の子も男の子もハイで宴会みたい(笑)

座席はいす2個(紗弥香)、前にテーブル、向かい側にいす2個、

左にテレビ、右にソファーという感じです。

それで盛り上がってきたとこで紗弥香は前に男の子(2人)が座ってたんだけど

足をテーブルの上に伸ばしました。

男の子は歌ってる途中チラチラこっちを見てきました。

紗弥香はちょっと膝曲げてたからパンツ見えてると思います。

とか、がにまたに足開いて歌ったりしました。

紗弥香のはミニスカートだから絶対見えてた。



それで男の子がやけに増えてきて、紗弥香の前の男の子がよく入れ替わってたから

あ、見てるな(笑)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】天然パイパンの嫁が甥っ子に覚え込まされた 【体験談】

今日から、毎年恒例みたいになっている別荘での休暇だ。と言っても、複数の会員でロッジをシェアするタイプの別荘で、とくにウチが金持ちという事でもない。



でも、経営している小さな不動産事務所もそれなりに順調だし、嫁も娘も可愛くて文句がない。

その上嫁はまだ33歳だ。そして、娘もまだ11歳なので、かなり若いときに産んだことになる。私が、まだ大学生だった嫁を妊娠させてしまって、当時はけっこう大変だった。

でも、こうやって結婚して今に至るし、幸せだと言い切れると思う。ちなみに私は37歳だ。





嫁の千里は、見た目は清楚な感じだ。ミニスカートで一世風靡した森高千里によく似ていると言われる。そして、実際の森高千里とは違い、かなりの巨乳だ。嫁の母親もおばあちゃんも巨乳だったので、遺伝的な要素が強いのだと思う。ちなみに、まだ小学6年生の娘の愛花も、すでにかなり膨らんできている。





嫁は髪もほぼ真っ黒で、ブラウスとかサマーニットみたいな服装が多いので、清純で上品な女性に思われることが多い。でも、中身はかなりエロい女だ。



妊娠しているときや、出産直後も含めて、結構な頻度でエッチをしている。私から誘うこともあるが、ほぼ嫁の方からお誘いがかかる。

もう少し頻度が下がるといいなと思ったりもするが、出産を機にレスになる夫婦も多いと聞くので、贅沢な悩みかもしれない。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2015年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【体験談】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。

結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。





まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。

僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。



背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。



ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、

『奧さん(お母さん)に警告しときますね』

と言い、本当に実行する強気な女だった。



僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。

入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月15日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら6 【体験談】

嫁の希との、過激すぎる体験はこうして終わった。



みっちゃん夫妻と軽く絡む程度を考えていたのに、結局希は一晩にして6人も経験人数を増やしてしまった……。

その上、謎だった希の過去の事も、そしてまさかの浮気の話も聞いてしまった。



でも、僕に怒りはなかった。ただただ嫉妬と興奮で、カップル喫茶を出た今も心臓がドキドキしている。



希は、僕の方をチラチラ見ながら、黙って僕と一緒に歩く。僕も、なんと声をかければいいのかわからず、黙ったまま歩く。本当は、聞きたいことが山のようにある。とくに、浮気の話は結婚後の話なので、気になってしかたない。でも、浮気が発覚したからと言って、離婚する気もないし、それを責め立てるような気持ちもない。



ただ、知りたいだけだ。何があったのか……希は、本当にイキまくってしまったのか、それ以後、本当に先輩達とは会っていないのか……。

そして、さっきは結局答えなかったが、妊娠した経験があるのかどうか……。



頭の中でそんな堂々巡りをしていると、希がそっと手を繋いできた。僕はその手を握りかえし、希の方を見た。

『怒ってる? 本当に、ゴメンなさい……やりすぎだよね……』

泣きそうな顔で僕を見て言う希。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年1月13日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた2 【体験談】

私は、実際に自分の目で見ても、まだ信じられなかった。まさか自分の妻が不貞を働いていたなんて、まったく気がつきもしなかった。

ピルの件も、生理を軽くするためとか、他の理由だと思っていた。



それがいま、画面の中では売春婦のような格好の優香が、ソファに両手をつき康夫君を誘っている。誘っていると言うよりは、命令しているという感じだ……。



優香は、普段は白や薄いピンク系の下着しか身につけない。ナースだったときのクセだと言っていた。多分、透けないようにということだと思う。ただでさえ、その大きめの胸のせいで、患者にセクハラめいたことをされる機会が多かった優香のことなので、とくに気をつけていたのかもしれない。





それがいま、黒の穴の開いたショーツとブラを身にまとい、ガーターベルトにストッキングまでしている。

普段は清楚系の格好ばかりで、顔もおっとりとした優しい顔の優香が、こんな格好をしているとギャップですごく淫靡に見える。



でもそれは、私のための下着ではなく、はるかに年下の、しかも息子の同級生のための下着だ。

息子の交友関係はほとんど知らないので、康夫君が息子の友人なのかどうかは知らなかった。報告書を見ると、それなりに仲の良い友人ということのようだ。



康夫君は、さっきの優香との恐ろしくエロいエッチで、勢いよく射精しすぎてセルフ顔射をしてしまった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月7日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【童貞・処女と】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた 【エッチ】

私は、中学の教師をしている。今時の中学生は、教師など人とも思っていないようなところがあるが、それは私たち教師や、両親にも責任があるのかもしれないと思うようになった。



教え子の母親と肉体関係を結ぶ同僚や、生徒に手を出し退職した同僚、結婚した同僚を見てきた。

私は、教師になって25年経つ。教え子と結婚する同僚を見ながら、私は未だ独身だ。



時代が時代なので、教え子に告白されたり、自宅まで押しかけられたこともあった。

でも、私はそういう誘惑をすべて断ち切り、未だに独身でいる。

私は、一人の少女に心を奪われた。そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。



少女は、初めから私に恋心を持っていた。そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。



その少女は、名前を優香と言った。名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。



教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。

優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年1月6日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【友達と】風俗嬢が合コンにやってきた②【エッチ】

盛り上がれば盛り上がるほど焦りまくりの風俗嬢。

なんどか会話をそらそうとしてたけど、すかさず俺が修正するから風俗話が続いてた。

業を煮やした風俗嬢が席を立ったので、俺もトイレに行くフリをして部屋を出た。

そしたらさっき呼ばれた場所の近くに立ってる風俗嬢がいて、俺をジッと見てるわけです(笑)

フラフラ近付いていくとすげー剣幕で怒ってきた。

『なんであんな話するのよ!最悪じゃん!』

『あぁ?俺が悪い事したのか?』

『言わないって約束したでしょ!』

『だから何も言ってねーだろ?つーかお前態度デカくね?』

『デカくねーよ!ふざけんなよ』

『ふざけてんのはお前だろ?自分の状況分かってんのか?』

『・・・・』

『オヤジのチンコしゃぶって金もらってんのはお前だろ?』

『何言ってんだよテメー』

『てめぇ?お前ホント頭が痛いヤツだな。もうイイよ』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年12月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ