ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【学校で】CFNM体験~水泳の補習授業で女子が見ているのにフルチンで体操をさせられた 【エッチ】

私が高校1年生のときに体験した話です。





勉強があまり得意ではなかった私は、偏差値の低い田舎の高校に通っていました。

入学前は、不良しかいない学校だと周りから聞かされていたので、まともな高校生活を送れるか不安でした。

しかし、私が入学する数年前から、入学試験に面接を取り入れて不良の入学を防いだり、校則の強化や厳しい指導により、不良が自主退学するなどして、校内風紀が改善されたようで、むしろ中学時代よりも平和だと思うくらいでした。





夏になり、体育の授業で水泳が始まりました。

1学年が2クラスの小規模な高校なので、水泳は男女混合、2クラス合同で行います。

中学時代、水泳は男女別で女子のスクール水着姿をほとんど見られなかったこともあり、最初の授業の前日は、やっと女子の水着姿が見られると思うと興奮してなかなか寝付けませんでした。





しかし、いざ授業が始まってみると、グラウンド横の屋外プールに、男子のほとんど全員が水着を着て整列する中、なんと水着を着た女子の姿は7、8名で、残りは制服を着たまま見学していたのです。

1クラスに40名、その約半数が女子なので、約8割の女子が授業を休んだことになります。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月15日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【先生と】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった2 【エッチ】

前回↓









11





千佳はその後順調に家庭教師のアルバイトを続けていた。



このアルバイトを紹介してくれた友人の尚子の話通り、富田家が康介の家庭教師に払ってくれる給料は大学生のアルバイトとしてはかなり高額。

それに見合った成果を出すべく、千佳は康介のスキルアップのために一生懸命頑張った。



康介も要領が良いというか、きっと元々勉強はできるのだろう、千佳が教えた事をスムーズに吸収していってくれた。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年12月14日 | エッチ実話カテゴリー:先生との体験談

【友達と】衛ちゃんツー。ご【エッチ】

ちゅう。

ソファーの上、抱きしめられて。

今までよりもっと、

ググッてする力強い抱きしめられかたに、

ドキぃッ、ゾクぅって、私。

衛君のちゅう、気持ちイイ…。

舌も。くちびるも。

「。んふ。…。ん。」

衛君とにゃんにゃんしちゃうんだよね、な、ちゅうだから…。

緊張で息苦しくて、

気持ちもヨクて。

なんか、声、でちゃうよ。。

「ちゅ。。声、かわいーね…。」

「ちゅ。。恥ずかしーよ…。」

「ちゅ。。今日は、たくさん聞かせて。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】中で【エッチ】

ヤレないヘルスには二度と行かないのが私のモットーだ(笑)この日もナンパで見事に玉砕し、

ふらふらとヘルス街に足を運んだ。40分8000円、うん!ここにしよう。「いらっしゃいませ」

薄暗い店内に落ち着いたボーイの声が響いた。さて、ここで私の大好きな中出しをするにあたって非常に重要なことがある。

店の壁には女の子のポラ写真が所狭しと並んでいた。しかし私はそれに目もくれずに一言。

「新人の娘はいますか?」そう。店のシステムをまだ理解出来ていない新人の娘は本番率がぐっと上がる。

風俗初心者ならなおさらだ。「今日から体験入店の娘が1人いますよ。

指名料はいただきませんのでいかがですか?」・・・・・これは幸先がいい。「じゃあその娘でお願いします」

プレイスペースに入るとさらに暗い。二畳半ほどの個室で待たされること2分、女の子が入って来た。

「いらっしゃいませ。よろしくお願いします」なかなか可愛らしい顔立ちだ。

多少ぽっちゃりではあるがスタイルも申し分ない。しかしやけに声が小さい。どことなく震えているようにも見える。

彼女はベッドに腰掛けている私の横にちょこんと座った。「こんにちわ。緊張してる?」優しく声をかける。

「はい、少し。こういうお仕事初めてなので」〜「もしかしてオレが最初のお客さんとか?」〜

「いえ、お昼に1人来たので2人目です」〜「うわ〜惜しかったなぁ。まさみちゃんの初になりたかった〜」〜

「ふふっ、残念でしたね」緊張も解けて来たみたいだ。さっきは暗くてよく分からなかったが近づいて見ると本当に可愛い。

美人というよりは体つきのせいもあるがロリ系だ。きっと制服着て街を歩いていても何の違和感もないだろう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】馴染みの店員をお持ち帰り【エッチ】

昨日飲んだ帰り道によく行くショットバー店員の女の子と会った。

飲み誘うとオッケーもらえたので飲みに行く事になりました。

酒強い彼女と3時頃まで飲みまくってたら両方ともふらふらになってきたので帰る事に。

タクで一緒に乗って帰ったのですが、彼女がタクで寝てしまい起きない。しょうがない(いやむしろラッキー)ので家まで連れて帰った。

でも俺もしこたま飲んでたので部屋に着いて彼女を布団に置いたら不覚にも寝てしまった・・

朝方目が覚ますと彼女がまだ寝てた。

どうするか悩んだけどここで放置するのも男がすたるとおもいジーンズのベルトに手をかけたんです。

しかしそのベルトがバックルごっついやつで中々外れない。

なんとか外したかと思ったら彼女が動いた。

どうやらベルト引っぱりすぎたらしい・・

ちと焦ったがなんとか外すことに成功しました。

そしてジーパンを脱がしてると彼女が起きてしまった・・

「だーめっ」と一言言うとまたクタっと倒れ込む。

その言い方と今の丸見えパンツに欲情した俺は、上着のボタンも外しました。

パンツとブラ丸見え状態です。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年12月9日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】家庭教師で性教育&性欲処理【エッチ】

 男前でがっちりした筋肉質の彼は、見かけによらず、うぶ。

 実はそう思っていたのはわたしの勘違いで、彼はネコをかぶっていたの。というより、年上の女にどう接していいかわからずに、大人しく授業を受けていただけなんです。でも、そんなこととは知らない私は。 いつものように家庭教師に出かけました。いつもは夕方から夜にかけてなんだけど、その日は夏休みで、私の都合もあって、時間を変えてもらったんです。だから、彼の家を訪ねたのは、お昼間。後両親は共働きで、弟は遊びに行ってしまっているし、彼とは二人きり。 このことは前からわかっていたし、彼が奥手だと思っていた私は悪戯心で、タンクトップの下はノーブラで出かけたんです。しかもわたしはDカップあるし、彼の横に座って前かがみにテキストなんかをのぞきこんでいると、当然胸の谷間も、乳首も、彼からは見えてしまいます。うぶな彼がドギマギしている姿を楽しもうかな、とか思って。でも、甘かったなあ。彼も、立派な男。

それも、立ち盛りの中学生。(しかも、後で聞いたら、女性経験有りだって言うんだから、びっくり。まあ、もてるのは納得できるけど) 彼はすぐに私がノーブラなのに気がついて、上半身を不自然に動かすの。おっぱいをのぞきこもうとしているのよね。私は身体の位置をずらしながらわざといじわるして・・・  彼のズボンの前はビンビン。

(大きい・・・・)

 我慢すればよかったんだけど、どうしても触ってみたくなっちゃった。

「どうしたの? こんなになって」

 手を伸ばすと、彼はびっくりしたような顔になったわ。

「どうして・・・・」

 私はこのとき、もうその気になっていたんですよね。立派な彼のものが欲しい! そんな感情に支配されていたの。彼は私のことをどんな風に思ったかしら。

 私はズボンのファスナーを下ろして、トランクスのボタンを外し、彼のおちんちんを引っ張り出して。・・・口でしてあげたの。 んぐんぐんぐんぐ。

 次から次へ出てくる彼のお汁を舌で拭い取りながら・・・・ あっという間に彼は理性を無くしてしまって、私は思いっきり押し倒されました。

 やば。やられる。

 口の中で出すぐらいはいいやと思っていたんですが、もともとはちょっとした悪戯心。どうせ最後までやる勇気なんて無いだろうし、ってそんな風に思ってたんです。私も彼がいる身だし。

でも、押し倒された時点で、もういいや、って気持ちになっていたのも事実。だって、私ももうベチョベチョになっていたし。 彼は私の胸をもみくちゃにして、顔をうずめたり、乳首を吸ったり。ああ、気持ちいい。私は恋人に「お前は前戯のいらない便利な女だよ」って言われるくらい、すぐに感じちゃうんです。彼が私のスカートに手を伸ばして下着を剥ぎ取る頃には、完全に受入オッケー。私も彼も服を着たままでやっちゃいました。 もちろん彼にはコンドームをつける余裕なんて無くて、中で思いきり出されてしまった・・・・多分安全日だから大丈夫だけど。 それからの私は、6つも年下の男の子にいいようにされるだけ。すっぱだかにされ、彼もいつの間にかすっぱだか、正常位で2回、力任せにガンガン突かれて、へとへとになった私は、うつぶせになってぐったり。そしたら彼、私の腰を引っ張り上げて、今度は後ろからガンガン突かれ、もう1回。最後は「また、口でして」ってせがまれて、なんと口で2回、私の中に3回も発射しました。それからふたりともずっと裸で抱き合っていました。彼は「先生の体最高気持ちいい。」と言ってました。私も彼の無駄な肉のないカラダは最高でディープキスしながら抱き合っていたら、いつの間にか眠ってしまい、夕方になって、弟が帰ってきたようで、あわてて彼と私は服を着ました。 でも、私だってまがりなりにも家庭教師。起きてから「ちゃんと避妊しなさいよ」って教育してあげました。だって、彼には恋人がいて、いつもそのままやっちゃうって言うから。 それからは、彼との2時間の授業のうち、勉強は30分ほどで、あとは保健体育の実技というか性教育と名を借りたエッチばかりでした。そんなわけで、相変わらず中学生のパワーセックスに、身体は満足しています。 いつも彼の家に行くとき、わたしはノーブラ、ノーパンで行きます。そしてエッチが終わってから、ブラとパンティをはきます。もちろんジャケットはおっていきます。すると、彼は目がギラギラして、まるで獲物か美味しいものを見るような感じでした。わたしもわたしで生理のとき以外は、彼が居るのに、生徒の彼とやる気満々。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年12月9日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】私好みの男の子【エッチ】

数年前の話です。

会社に4~5つほど年下の、私好みの男の子が入社してきました。

趣味の面で話が合う子だったので、どんどん親しくなりました。

当時私には彼氏がいましたが、もともと一緒に遊ぶ友達は男の子が多かったので

その子と遊ぶ事を咎められたりはしませんでした。

 

ある日、その子の部屋に何度目かの訪問をしたとき、

一緒にお酒を飲みながらしゃべっていました。

彼も私もそんなに強い方ではなく、割とすぐに酔っぱらって

そのままベッドに横になったのですが、

一応私はベッドではなく床に寝ころびました。

それに気付いたその子は、「○○さん、こっちに寝てくださいよー」と

私をベッドに誘ってきました。それは、特に変な意味はなくて

“そんなところで寝ると身体が痛くなるよ”という意図だったのは

なんとなくわかったので、素直にベッドに移りました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年12月9日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】うちで雇っているアルバイトの男の子に犯されました【エッチ】

47歳の主婦をしています。

うちは小さなラーメン屋をやっていて、アルバイトで若い男の子を一人と女の子を一人雇っています。

この男の子がちょっと柄が悪く、仕事はまぁ一応やってくれてはいるんですけど、以前からどうも私を見る目付きが悪いような気がしてならなくて気になっていたんですよね。

でも主人がこの男の子を結構気に入っていて、仕事が終わった後、我が家に連れてきては一緒にお酒を飲んだりしていたので、話し慣れてはいました。

でも問題がやっぱり起きてしまったんです。この男の子を我が家に連れてきて飲むのなら、帰りまでちゃんと面倒を見てあげて欲しいのに、いつも主人は酔って寝てしまうので、結局いつも私がその男の子を送っていました。

ついこの間、車でその子を送り、その子の住むアパートまで来たら、色々喋り出して中々降りてくれないのです。

すると彼はいきなり、こんなに大きくなっちゃった〜と言い、私の手をとり自分の大きくなったものにあてがったのです。

ビックリして手を引っ込めたら今度は運転席にいる私に覆い被さってきました。

すぐシートを倒され、彼の体重をもろに受けた私はもがこうにもどうすることも出来ずにいたら、彼は私の身体をまさぐり始めました。

キスをされ胸を荒々しく揉まれ、股間を押し付けられ、いつの間にかシャツの裾を捲りあげられ、このままじゃいけないと思ってなんとかやめてもらおうと叫んだけど、全く聞いてくれないんです。

狭い車内で彼も思うようになかなかいかなくていらついたのでしょうか、シャツのボタンを力ずくで引きちぎり、スカートも脱がすことを諦めたのか裾を目一杯めくり上げ、ショーツをむき出しにされてしまいました。

もうここまでされ仕事で疲れていた私は、抵抗出来なくなってしまいました。その代わり、涙が溢れてきて流れていきました。

下着を取られ、両足を持ち上げられ、彼は私の中に挿入してきました。

中にだけは出さないで…と泣きながら最後のお願いをしたら、それだけは聞いてくれました。

彼は以前から私の身体が気になっていたと打ち明けてくれました。彼がうちで飲んでるとき、私はうっかり彼に下着姿を見られたことがあり、それがとても刺激的だったって…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年12月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ホームステー【エッチ】

今年の夏休みを利用してオーストラリアの小学生を1週間預かる事になった。

ウェルカムパーティーの後、我が家では12歳の女の子を二人預かる事になっ

た。家に戻り片言の日本語と英語で会話を楽しみながらその日はお風呂に入っ

て眠る事にした。

お風呂の使い方を説明すると、私がまだ目の前に居るにもかかわらず

二人が一斉に服を脱ぎ始めた。

とても12才とは思えない身体つきにビックリしたと同時にその色気に

戸惑ってしまった。

私は動じる素振りを見せないように軽く会話をし、部屋に戻った。

嫁は義理母の用事で2日間留守にするらしく、本当に申し訳ないけど子供はパ

パに任せるから宜しくね!と言いながら出かけていった。

私は茶の間でテレビを見ていると、先にシンディーがバスタオル一枚で出てき

た。私は冷蔵庫を開けジュースを選ばせた。シャンプーの香りと石鹸の香りが

私の心に火をつけた。

私はジュースを取ってあげる振りをしながら必要以上に身体を密着させた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】既婚者女性のエッチはやばい【エッチ】

群馬県K温泉での出来事です。 私42歳、妻M子40歳。 我々夫婦と同僚夫婦(A氏とK美)と奥様の双子の妹、部下男性二人に女性一人の計8名。 部下の男女は兄妹です。 不景気も有り社員旅行がなくなった為、気の合う仲間だけでの小旅行です。

露天風呂付きの和洋2間ある大きな部屋を3つ借りましたが、 食事はその内の一部屋にまとめ宴会スタートです。 メンバー皆さん酒豪揃いであり、特に双子の妹さんT子は物凄い勢いで飲んでいました。 T子は付き合っていた男性に振られその話で盛り上がりを見せていました。

食後、持ち込んだブランデーでよいも絶頂となり、軽くお風呂に入りそのまま自室へ退散していきました。 残った5名で飲みなおそうとビールやワインを追加注文。 ブランデーの後だった為、軽く感じて飲める事飲める事。 その後、私と同僚は交互に露天風呂へ入りました。

ソレがいけなかったのですが、二人とも一気に酔いが廻り酩酊状態へ。 同僚と奥様は自室へ戻り妻とT子がもう少し飲んでから寝ると更に飲んでます。 眠くなったら私達の部屋で寝ればいいからねと妻。 私は別部屋にあるベットの上で記憶は薄れているものの横になりながら酔い覚ましのつもりでした。 そこから大変な事に・・・。

T子と妻は淫らな話に花が咲き始めました。 しばらくして、T子が妻に キスしていい?と言い始めました。 こんな会話聞くと酔いも覚めるもので思わず聞き入っている自分がいます。 興味シンシンで何故か見てみたい衝動に駆られ、寝たふりをしておりました。 洋間と和室は区切られているものの、襖や壁は無く声は丸聞こえです。

妻は、 “何言ってるのっ!!そんな趣味は無いわよー” と受け流しておりましたが、考えられるほぼ全ての褒め言葉を妻に投げかけ、 “チョットだけチューして” と執拗にねだってます。 そのうち、 “旦那が起きちゃうでしょと” 僕を気にし始めますが、T子が “見てくる” と、僕に近付いてきて肩を揺さぶります。 もちろん寝たフリをする僕です。 “大丈夫、大丈夫シッカリ寝てるから” とT子。

そこから始まってしまいました。 “もーどうしたの” と言いつつも“一回だけよ”と軽いフレンチキスをした様子。 僕は体勢を入れ替え寝返りを打つ振りしてうつ伏せのまま覗き見える体勢になります。 “M子サンの唇って柔らかーい” その一言から口は閉じているものの長いキスが始まりました。 “もういいでしょ”



と言うものの再度唇を塞がれた時には、唇はやや開き始めていました。

そのうちT子は妻の唇を貪り始め、手は浴衣の胸元へゆっくり入っていきます。 胸元を弄る手を妻は払おうとしているも、弱弱しく形だけの抵抗だと言うことがわかります。 唇を離し、“なんだか余りにも素敵な唇だからHな気分になっちゃった”とTが言うと 何と妻が黙って恥ずかしそうに小さく頷くのが見えました。 その後、T子は長い舌を出し、ゆっくりゆっくり妻の口の中に入れていきます。 妻も口を開けその舌を、目をつぶり受け入れていきます。

お互いの舌が完全に絡み合うと、二人とも大きな口を開けお互いを激しく激しく吸い合っています。 きっと口中はお互いの唾液が混じりあいとろけ切っている陶酔の心地なのでしょう。 どのくらい激しく貪り合っていたでしょうか。 次第に妻の胸が露出しており激しくもまれています。 妻もT子の胸を弄っていました。

その後、お互いの指は下半身を弄り始め下着は脱がされ、指にて責められています。 その間にも唇は塞がれ悶絶している妻。 T子は妻が絶頂を迎えると満面の笑みを浮かべています。 その後もキスは続き今度は妻がT子を責めています。

しばらく後、T子は感じやすい体質らしく我慢していたあえぎ声を一瞬だけ上げ、絶頂を迎えたようでした。 その後二人はしばらくお互いの胸を弄りあいなにやら話し込んでいましたが、 別々に露天風呂に入り直ぐに出てきました。 その後僕の横に潜り込んできたかと思うと直ぐに寝息を立てる妻です。 翌朝、何事も無かったように朝食をとり家路へと付きましたが、 T子と妻は時折、目を合わせては下を向いていりました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年12月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ