ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】夫婦のオナニー【エッチ】

結婚して1年2か月になる29歳の男性です。妻は私より2歳年上です。ある日、晩御飯を食べながらテレビを見ていると、ニュースで若い男性が下着を盗んで捕まった事件を報道していた。それを見ていた妻が「女性の下着を盗む事件て多いのね。貴方は絶対にそんなことしないでね。でもそんなことをする男性の心境ってなんだろうね。」と私に聞いて来た。「よくは説明できないけど、やはり女性の大切なところを覆っている部分って男性が最も興味を示すところだし、そこを隠すものだから・・・」とうまく説明できないままに言うと「そうなんだ?女性には理解に苦しむ感覚ね。ところで貴方はそんなこそ思ったことある?」とひつこく聞いて来た。「そりゃああるよ。唯、理性がなんとかそれを押さえているだけだよ。」と。実は私も結婚して間もなく妻のパンティーをお風呂に入った後の汚れたものを見たくて、夜中にトイレに起きた時、こっそり脱衣場に行って手に取り、妻のあそこについている黄色くなった部分を鼻に当てにおいを嗅いだり、舌で舐めていた。ある日寝ようと布団に入ると枕の下に妻のパンテイーが置いてあった。それも決して新品ではなく洗濯はしているもののあの部分がすっか黄色くなっていた。

これは妻が置いてくれたものに違いない。妻はまだ階下でかたずけをしているし、その後は風呂にはいるはずだからすぐには上がってこない。私は妻の大切な部分が当たるところを口に含み、トランクスを脱ぎ、オナニーをした、射精感を感じ、とうとう念願の妻のパンテイーをペニスにあてがい射精した。ところが翌朝、そんなことを忘れ、急いで出勤してしまった。会社についてそのことに気が付いたけどもう今からどうすることも出来ない。妻に気ずかれないことだけを祈った。その日仕事を終えて家に帰ると一番に布団の所に行ったがその射精した妻のパンテイーはなかった。信じられなかったのはそれとは違うパンテイーが同じように枕の傍に置いてあった。そのことを妻に尋ねることもなくその日の夕食を2人でした。妻はなにも言わない。そして今日まで一切妻の口からは聞いてこない。唯違って来たのはセックスの時、私が妻のパンテイーを脱がせそばに置いて愛撫をしていると妻は自分の脱いだパンテイーを手に取り、黙って正常位になっている私の口にパンテイーを押しこんだ。妻を見るとにこりとわらったような気がした。以来ずっと私の枕の傍には日替わりのように妻の選択したパンテイーが置いてある。

私はそんな妻にネットで2本男性のペニスを形どったバイブレーターを細いのと太いのと買って黙って妻の枕の下に置いておいた。使っているのかいないのかはバイブを見てもわからない。そんな時、しばらく経って夜中に尿意を催し、起き上がろうと思った時、隣で寝ている妻の布団の下半身の部分が大きく盛り上がっている、脚を立てているのだ。耳を澄ますと下半身がすれるような音がして、妻の吐息が聞こえる。もしかして、オナニーをしているのではと思い、トイレに行くのを止め、息を凝らしていた。次第に鼻息が荒くなり、そして・・・バイブのスイッチが明らかに入ったブーンという音が布団の下から聞こえて来た。

胸が早鐘のようになった。両脚を立てた布団も動いている。暗い中で目が慣れた私はそっと横を向き妻を見ると口を開けて明らかに悶えていた。そしてついにセックスの終局を迎えた時の声が妻から聞こえて来た。その後妻はこっそり起き上がり下着をつけて、バイブを元の位置に戻し、なにごともなかったような仰向けに寝た。もうピンピンになった私のペニスを元通りすることが出来ず、妻に身体を求めようと思ったのだが、今夜は妻と同じようにオナニーをして果てたなり、未だ寝入ってないことはわかっている妻の隣で、、いつもしているように妻のパンテイーを口に含み、きっと寝耳を立てているだろうことを思いながら、しらん顔で、今まで以上に、妻の名前を呼びながら、卑猥な言葉を妻に聞こえる程度の大きさで、しごいて、妻のパンテイーに射精した。翌朝食事の時、面と向かいながら食べたが妻はなにも言わなかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年10月17日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】夫と義理息子に愛される私【エッチ】

私(真澄38歳)は、夫(47歳)と息子(20歳)に愛されています。私は22歳の時に一度結婚したんです。

前夫は、束縛が激しく私が他の男の人と話しているのを目撃しただけで”浮気だ”と言い

家に帰るなり全裸にされ縛られた上、鞭で叩かれ絶対服従を約束させられるんです。

昔から、ちょっとMっ気の強い私はそんな彼に逆らう事が出来ませんでした。

前夫と結婚し2年が経ったある日、私は前夫と一緒に買い物をしていると”真澄じゃないか!”と

声をかけられたんです。振り向き確認すると学生時代の友人A君だったんです。

”久しぶりだなぁ!元気か”

”うん!A君も元気そうね!”

”あ~何とか社会人生活を送っているよ”

”真澄!誰だよ・・・”

”えっ、学生時代の友人なの!”

前夫の顔つきが変わるのが分かり、オドオドしていました。

”A君、それじゃ”

”あ~真澄も元気でな”

早く彼と離れないと夫に何をされるか分からない・・・私は泣く泣くA君と別れたんです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年10月16日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻の生保レディー時代【エッチ】

私の妻は現在39歳。今までに5回職を変えました。体は小さいのですが男を引きつける何かがあるのでしょう。職に関係無く色々男との付き合いがあったようです。色っぽくなっていく妻を私は嬉しく思っていました。いつしか妻も友達の話として色々話してくれるようになり、それを聞いて喜ぶ私の姿に妻も喜んでいるようでした。

そんな話のなかで、生保レディー時代の話を一つ書きます。

生保の友達が若いお客とカーセックスや屋外でのセックスを楽しんでいる話しをこと細かく得意げに話すのでした。具体的な場所まで話してくれました。

ある日、妻が仕事に出かける支度をしている時に赤の下着をバックに入れるのを私は鏡越しに見つけました。私の出がけに妻は「今晩接待で食事をしてくるから。」と言いました。

私「遅くなりそう?」、妻「ご飯どっかで食べてきて。」とのこと。私はピンときて、この間話してくれた郊外の臨海公園へ張り込みに行ってみようと思い、その日は早々家に帰り黒のスエットに着替えて車で臨海公園の駐車場へ向かいました。

8時頃着いたのですが、駐車場には3台車がいて近づきましたが妻ではありませんでした。それから何台かの車がきてアベックが海の方へ腕を組み歩いて行きましたが妻ではありませんでした。

9時少し過ぎに1台のワンボックスカーが入ってきて2組のカップルが降りてきました。妻です。長身の男の腕にぶら下がるように海の方へ歩いて行きました。もう一人の女性は私も知っている生保をしている妻の友達でした。

二組は浜辺の林の中に座るといちゃいちゃしだし、キスをして、むさぼるように男達は妻達の体を触っています。妻の隣りの男の手が妻のスカートの中で下着の中に入ったのでしょう「砂が入るからダメよ。」と妻の声が聞こえます。男が「それじゃ、車に行こうよ。いいだろう。」と言い、二人は立ち上がり車へと向かいました。

私は見つかるのを避けるためその場にじっとしていました。妻の友達は男の股間に顔をうめて頭を上下に動かしています。チャンスと思い私は車の方へと急ぎました。

車の近くへ来ると、妻は車に手を付いてバックから男が腰を振っていました。身長差のせいでしょうかすぐに抜けてしまうみたいで、「口でしてあげる。」と妻は男の物をしゃがんで喰えて吸い上げだしました。しばらくすると男が妻の頭を抑えて「いくよ!」と腰を振り、妻は「うう〜ん」と口で受け止め飲み込んだようです。

男は「あいつらを見てくる。」と立ち去り、妻は足元の赤い下着をはいて、車に乗って煙草を吸い出しました。

するともう一人の男がやってきて、「じゃまされたよ。」と妻に抱きついていきました。「もう、だめよ。してきたんでしょ。」と妻が言うと、「だから、じゃまされたんだよ。おまえあいつとしたの?」と男が聞きました。妻は「口でね。」とにこりと笑いました。「じゃあこっちはまだだな。」と男は妻の下着を降ろしシートに妻を押し倒し上に乗っていきました。妻が「ドア締めてよ。見えるでしょ。」と言うと。「見えた方が感じるだろ。」と妻を車外に出してシートに上半身を、下半身を車外にだしてバックから激しく腰を打ち付けました。

そこへ友達たちが帰ってきて妻達は中断し、4人を乗せた車は走り出しました。

私も急いで家へ帰り、妻の帰りを待ちました。そのうち妻が帰ってきて、いつもになく激しく私を求めてきました。下着はいつもの白になっていました。

妻が生保に行っていたのは30歳から2年半の間でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年10月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】コインランドリーは妻の浮気?現場【エッチ】

♪:ゴゴゴ・・・

♪:あら、故障?

♪:パパぁ~、ちょっと来て

♪:どうしたんだよ。

妻に呼ばれ脱衣場へ向かう。

♪:洗濯機壊れちゃったみたいなの?

♪:どれどれ・・・確かに駄目みたいだな!

♪:このまま出来ないし・・・コイナランドリーに行って来るわ!

♪:こんな時間に!

♪:大丈夫、空いているから直ぐに終わるわ

私:36歳 妻:35歳 子供:中学1年/小学6年

共働きで、洗濯はいつも夜10時以降に風呂に入りながら妻が洗うのが日課だ。

♪:じゃ、ちょっと行って来るね

♪:そんな格好で行くのか?     ※タオル時のワンピース姿!!!まぁパジャマだけど

♪:誰も居ないんだし・・・良いんじゃない


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年10月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】山中にて【エッチ】

人けの無い山中を仲間とドライブ中のところ車が一台故障しているようでとまっておりました。見ると清楚なスーツを着た女性がボンネットを開けて車を調べておりました。

通りすがりに車を停車させどうしましたか、と聞き車がとまってしまってとの回答。ちょっと見てみましょうと仲間が言いより

なりに点検を始めました。僕は常に覗き用鏡をポケットに入っていますので、仲間と女性が点検中何気に女性の後ろにまわりスカートの中を覗きました。女性はガードルをつけずピンクのパンティに薄めの茶系パンティストッキングを履いていました。

腿の付け根の切り返しに真中にある縦線など僕のフェチ心をくすぐりペニスが反応してきました。途中仲間にも同様のことをさせて女性のパンティーを覗かせました。

車内を見るととある銀行の行員さんのようでパンフレット等載せていました。お話では峠越えの顧客に資料を届ける途中の様でした。

僕らは女性を車に乗せて中で待っていてくださいと言い、二人で点検するふりしてレイプの準備をすすめました。たまたま車内にあった眠剤をジュースに混ぜこれでも飲んでと渡して点検しました。ちらちら車内を観察するとジュースを飲みほしたようで

数十分後には後部座席で眠っていました。

女性を僕らの車にのせ女性の車を路肩に寄せて停車させ数十分離れた所にあるとある小屋に連れて行きました。

少々汚い布団に寝かせ二人で目を合わせ唾を飲み込み、さぁやるぞと女性をレイプしはじめました。

服を着せたまま全身の匂いを嗅ぎパンプスを脱がせ足もとからたっぷり舐めまわしていきます。スーツのボタンに手を掛け

ひとつずつ外していきます。上げお揃いの色のピンクのブラジャーが顔を出しました。すでに二人ともズボンがテント状態です。眠っていても若干の反応もあり唇を重ねると自然に口が開き舌に歯茎に歯などしゃぶりつきました。上着を脱がせスカートのホックに手をやりゆっくり下げていきました。徐々にパンスト越しのパンティーが見えてきて大興奮です。パンティーはパンスト越しに一部透けて陰毛が見えるいやらしいものでした。足をM字に開かせパンストの上から陰部の匂いを嗅ぎました。たまらない女の匂いです。下着が濡れるくらいスト上から舐めまくりました。

ゆっくり片足からストを脱がせ同時にパンティーも脱がせました。再びM字にしたときには陰部から透明な汁が出てきてました。僕は舌でその汁を吸い込み飲み干しました。ブラジャーにも手を掛け上にまくりあげピンク色の乳首を堪能し唾液まみれにしました。口元に硬直した肉棒をあてがい強制的にフェラをしました。途中ほっぺが膨らみしぼみ出入りしているのがわかりました。亀頭に少々チンカスがありましたがお口できれいにしてもらいました。女性の唾液でヌルヌルしたところでゆっくり割れ目にあてがい上下に亀頭をこすりつけゆっくり腰をおろしていきました。

数回ピストン運動をするとまわりが白い粘々した液体で覆われものすごく気持ちよくなってきました。音もクチャクチャしていやらしいです。中は暖かく亀頭のカリも子宮にあたったり襞に覆われたりで久々に生で入れた陰部の感触を存分に味わいました。正常位でひたすらピストンを繰り返し射精感に達してきたので口づけを開始し舌でベロベロキスをしまくり数秒後にたっぷり子宮口をめがけて大量に射精しました。射精後数十秒間陰部の感触を堪能しゆっくりペニスを引き抜きました。抜いたとたん

大量の精子が割れ目の中からあふれてきたので指で割れ目を塞ぎ指で奥へ奥へ戻しました。

続いて仲間も自分の嗜好でたっぷり堪能し射精しました。そのシーンはすべて撮影しておきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年10月14日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】JK②のお願い【エッチ】

俺は37歳既婚(妻25歳)、ある会社で電気回路設計をしていてフレックス勤務

(AM9時~PM3時が規定時間)で

たまたま、気分が乗らなかったので早く帰宅した。

妻は職場結婚だが事務なので普通勤務PM7時頃帰宅予定で不在の昨日の話です。

俺がPM3時半頃に仕事を終えて帰宅し車を駐車しているとJKが歩いて此方に寄って来て車の横で足を止めた。

何かな?と思っているとJKが恥ずかしそうに話しかけてきた。

JK「すみません、トイレ貸してもらえませんか?」

俺の住んでいるところは、住宅街のアパートで近くにコンビニ等の店は無く

アパートの駐車場も俺の車のみで(ちょうど帰宅した所)でした。

俺は、余程トイレを我慢して歩いていたのだなと思い

俺「いいよ」と言い、玄関の鍵を開け、JKをトイレに案内した。

でも、JKは玄関を入ったところで止まってしまって動かないで下を見ていた。

ん?と思ったが

俺「遠慮せず、上がって良いから早くトイレ済ませたら」といったが動かない??

JK「すみません・・・間に合いませんでした」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年10月14日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】朝帰り【エッチ】

25日の朝方妻は我が家に帰ってきました。 24日の夕方私の許可を得て妻は、以前からネットで仲良くなった男性に逢う為に出かけて行きました。前日の夜妻からそのことを聞いた私は、不安と興奮が混ざり合った奇妙な気分でした。

妻は勿論食事をして 少しお酒を飲むくらいだからとのことでした。 複雑な気持ちのまま少しの期待もあり その男性と逢うことを了承しました。

夕方の5時過ぎに家をでかけてから11時過ぎに私の携帯にメールが届きました。 内容は少し遅くなってもいい?とのことでした。 私はいいよ と返事はしたものの、そわそわした気分のまま なかなか寝付けませんでした。4時を過ぎても妻は帰宅しません。 うとうとしながら玄関のドアが開く音が明け方にし ふと目を覚ました。

妻は寝室に入ってきてすぐに ごそごそとクローゼットにある下着入れか1枚の下着を手に取り寝室を出ようとしているとき、私は妻に 「おかえり」と声をかけました。

妻はドキっとしたような表情で「遅くなってごめんなさい ついつい楽しくって遅くなっちゃった」と言いながら手に持っていた下着を後ろに隠すようにしていました。

私が「シャワーでも浴びるの?」と問いかけると「飲んでたお店がたばこの煙が凄くって 髪の毛がたばこ臭くってそのまま寝るの嫌だし」

そんな妻の言葉を信用するわけににはいかなかったので「彼と寝たのか?」と率直に問いただすと「そんなことするわけないでしょ!」と大きな声で言い返してきました。

私はこのとき確信しました。 妻は彼にやはり抱かれて来たのだと。妻は昔からずぼしの事を問いただすといつも いきなり怒ったりする事が多かったからです。

私は寝室のドアの前で立っている妻をベットに押し倒し必死に抵抗する妻のスカートをまくりあげピンクの下着を下ろしました。

その瞬間・・・ 妻の下着の大事な部分があたる所に妻の体内から出た私以外の白い体液が付着していました。ある程度期待して予測はしていたものですが、事実を目の前にすると恐ろしい嫉妬と興奮とで頭が真っ白になりました。

妻は「あなた ごめんなさい・・・ 彼が静かなところで飲もうって言うもんだから ついつい・・・ ホテルのラウンジで飲んで・・・ それから 私が飲みすぎちゃって気がついたらホテルのベットに横になっていたの・・・」と妻はいろいろと言い訳じみたことを言っていましたが、私はほとんど耳に入りませんでした。気がつくと男性の体液の匂いが残る妻の大事な部分に口をつけていました。

そして妻の他人の体液の残る部分に私の物を挿入したのです。その間、妻に彼との行為をいろいろたずねました。

妻が言うには、ベットに横になっていて起き上がった瞬間に後ろから抱きしめられたそうです。はじめは拒んでいたものの彼の固くなったものが妻の身体にあたっているのを感じて 妻は彼がかわいそうになり 自分も興奮してしまい、そのままベットに横たわり服を脱がされ、キスをされながら「君が欲しくって 欲しくって 毎晩自分で慰めていたんだよ」と耳元でささやかれ 気がつくと あっと言う間に目の前に大きくそそり立つ彼のものがあったそうです。

口に含まされ 袋の部分まで舐めさされ 彼の物から我慢汁がたくさん出てきて凄く興奮したようです。体中を舐められ大事な部分も大きく広げられて丹念に舐められたそうです。

妻の言葉はこうでした「彼凄く優しいの 愛撫だけで凄く感じちゃった 初めてあなた以外の男性に入れて欲しいって思っちゃったの。 彼が欲しい?って聞くから うん って答えたわ 凄く恥ずかしかったけど・・・・」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年10月13日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】またゲームセンターで【エッチ】

次の週になり、期待しながらも少し遅めに行ってみた。

ゲームセンターの中で、胡桃ちゃんを発見。どうも

キョロキョロして落ち着かない様子だった。

まさか、俺を探してるんかな?と思いながら様子をみていた。

 今日も服装が可愛い。薄ピンク色のワンピースで、普通のより

短めなのか、太股がよく見れる。

 俺は早速、勃起してしまい、胡桃ちゃんに近づいていった。

 胡桃ちゃんも俺に気づき、ニコッと微笑み、俺の腕を掴み

「もう〜お兄さん。遅いぞぉ〜来ないのかと思ったよ」

と言って、可愛くプクッとホッペをふくらませていた。

 俺は

「ごめん、ごめん。またなんか獲ってあげるからさ。怒らないで」

と言って胡桃ちゃんの頭をナデナデして

 USOキャッチャーのとこに連れていった。すぐに胡桃ちゃんが

「あれが、ほしいな」と言って指さしてきた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年10月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】農家の嫁【エッチ】

私の家は、田舎で農家をやっている。

近所も隣の家が1km近く離れている位で、周辺は山と田んぼばかりです。

そんな私も2年前に、可愛いお嫁さんを貰いました。

私37歳、妻26歳、子供1歳、父64歳、母60歳、祖父88歳

私は、農家を継ぐと女っ気も無く、気づけば30半ばになっていた。

近所のおばさんに紹介され(お見合い)、今の奥さんと知り合ったんですが、年の差11歳!

顔も結構可愛く(井上和香 風)、胸も大きく(Gカップ)ちょっとぽっちゃりでモテモテタイプだったので、

私など相手にもされないと思っていたが、彼女から連絡が来るようになった。

結果、意気投合し結婚する事になった。

結婚はいいのだが、もう一つ気になる事があった。

それは、農家の嫁と言う事…。農家は力仕事も多く、汚い・キツイ・ダサいの汚点ばかり

それを彼女が出来るだろうか?と言う事だった。

そんな心配をよそに、彼女は一所懸命覚えようとしていた。

家族とも仲良くしてくれて、文句一つ言わなかった。

そんな時、待望の男の子が生まれた。家族も大喜びで、特に祖父は可愛がった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年10月13日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】友達のお母さんが彼女に【エッチ】

友達の家に遊びに出掛けた時

最近、雨が多くて家の中に友達の

お母さんの下着が干して有りました。

チラッと下着に目がいったものの

28歳の男です、女性の下着を見るのは

初めてではないしオバサンの下着だから

興味も無くその時は過ぎました。

その意識が、変ったのはそれから

しばらくして起こった事件でした。

数日して、また友達の家へ行く用事が

有り出掛けたのですが、友達は、不在。

玄関で応対してくれたお母さんが

うつむきながら腰を屈めた際胸元が少し

開いてブラが少し見えました。

一瞬の出来事だったと思いますが


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年10月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ