ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】公衆便所で浮浪者に犯されたヤンキー女【エッチ】

私は中学高校と地元最大の暴走族のレディースに所属していた。

レディースといっても男たちの暴走族といっしょに遊ぶだけの集団だった。

地元最大なためうちの族に敵対するチームは一つもなかった。そのためすることといえば

廃スーパーの駐車場でわいわいあつまってしゃべくるだけの集会というものだけだった。

その日もいつものように集会を終え族友達の家にいくことになった。

原チャリにのり族友達の家に行く途中尿意を催したため近くの駅のトイレに行くことにした。

族友達に「ちょっと駅に寄ってから行くから先に帰ってて」といい駅に着いた。



田舎で夜中の1時過ぎのため駅には人っ子一人いなかった。

わたしはさっさと用を済ませトイレの鏡で化粧や髪型を整えていた。

すると私が入っていた隣の個室のドアが開いた。「隣にも人が入ってたんだ」

と思った瞬間全身が凍りついた。

出てきたのは男だった。それもどう見てもかたぎではなく服もボロボロで顔も茶褐色によごれており

ホームレスのようだった。

鏡越しに見ているとその男は外に人がいないか耳をすませた後ゆっくりと私に近付いてきた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2015年2月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】結局のところ(慰めを真に受けないこと)【エッチ】

巨根にはかなわない。

巨根にまつわる話は決して神話ではない。現実だ。



俺が高校生の頃、クラスにいじられキャラのAがいた。

俺はAとはよくつるんでいて、公衆便所等で並んで小便したこともあったが、Aのチンポがあんなにデカいとは全く知らなかった。

Aも自分の巨根を自覚してなかったようだが、ある時以降は便器から離れた所に立って、周囲を威嚇するかのようにチンポを見せつけながら用を足す。

ある時というのが修学旅行の最初の夜だ。大浴場でAのズル剥けデカチンにクラスのみんながたじろいで、その後のAの高校生活は変わった。

何せAの股間でブラブラしていたのは、俺の普通サイズが完全勃起した時と変わらないし、巨大な亀頭は俺の仮性包茎がMAXになった時よりデカい。

すぐにAの巨根は噂になり、修学旅行から帰って間もなくAは童貞を卒業した。



Aの初体験の相手は同じクラスの女で、彼氏も同じクラスにいた(この話は後でAがこっそり教えてくれた)。

その女に童貞を卒業させてもらってからAは自信を付け、もともと自信過剰気味な奴だったが、相当調子こいてた。



クラスの中に他にもカップルがいて、その女の方がAにこっそり「アレ見せて」とお願いした(この話も後でAに自慢された)。

Aはその女の要望に応え一緒にラブホに行ってその巨根を味わわせた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】レイプ【エッチ】

二日前彼女と公衆便所でやっていると俺らのやってる声ではない喘ぎ声が聞こえてきた。公園の森の中ででもやってるのかとおもい気にせず立ちバックで彼女に中出ししていた。

ことをとげ彼女は門限があると言って帰っていった。

俺は公園のふるいベンチに座り19歳ながら煙草をふかしていた、すると先程の喘ぎが聞こえ興味本位で声のする方に行ってみると男三人の集団に女一人が犯されているもようはまさに野外レイプだった。

俺はすぐに携帯をとりその一部を動画で撮り始める。男らは女の口にくわえさせもう一人は女の腹にまたがり大きな胸に挟み動き、最後の奴はがんがんアソコにいれ腰を振っていた。

その光景に俺は興奮もせずこの動画で脅していくら金を奪う事しか考えていなかった。男らは事を終えると歩いて帰っていくため後をつけた。女は裸のまま放置されていた。一人の家をつきとめた俺は後日ポストにレイプの件、指定場所を書いた手紙をいれた

そしてダチ四人で指定場所にイクと当の三人がいた

俺等はボコッテ金三十万をうばって逃げた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年12月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ある高校生の告白【エッチ】

つい最近、念願の童貞を捨てる事ができましたので嬉しいから書き込みます。

僕は、ある高校に通う2年生です。

この前、友人Sの家に行ってきました。

そこで初めてSのお母さんと会いました。

彼のお母さんは、すっごく若くて美人でした。

Sにどうして若いのか尋ねてみた所、18の時にSを産んだからまだ35歳だそうです。

しかもSのお父さんとは数年前から別居状態みたいで、今はSと二人で暮らし

ているそうです。

そこで僕は、僕の持っている裏ビデオと引き換えにSのお母さんのパンティを

盗んでこいと言いました。

そうしたら次の日にさっそくSは、お母さんのパンティを持ってきました。

それは、白いレースのいっぱい付いたパンティでした。

まるで新品みたいだったんですが、アソコに当たる部分は少し汚れていました。

もちろんSには、約束通りに僕の裏ビデオを渡してあげました。

するとすごく喜んでいました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【露出で】露出のS(10) 【エッチ】

今思い返すと夢のような、ふあふあとしたあの金曜日の夜が明けて翌日。バカ兄貴は昼ちょっと前にヘロヘロになって帰宅した。

「なんだ、結局家に居たのか」となんかつまらなさそう。麻雀で勝ったらしく、ベットの上で半身起しっててムッとする私に口止め料を投げてよこす。

「口裏合わせ頼むぞ」とGJして見せる。返答もせずもう一回ベッドにばさっと横になる。



その土曜の夜、やっぱりK子さんは来なかった。出張の話は本当だった。一週間K子さんと会えない…。

味気ない独りのジョギングを1週間続けるのかぁ。寂しい。K子さんに会いたい。

中央広場でお茶を飲みながらスマホを眺める。ふと思い立ってLINEを立ち上げる。K子さんに「寂しい」と打ってみる。



こんなことしたら鬱陶しいと思われるかな…。と思ったけど「送信」を押す。

10秒くらい画面を眺めているとすぐに既読のマークがついた。ドキッとする。一瞬だけど彼女の存在を感じた。胸の奥がキューっとなる。

親友のA美の言うとおりだ。これは恋かもしれない。



そういえば出張ってどこに行ったんだっけ?聞かなかったな。

とか考えながら、待っていると劇画っぽいキャラが涙を流しながら「みーとぅー」と呟いているスタンプだけ送られてきた。

なんだこれ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年11月27日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【友達と】変態くるみ【エッチ】

ムズムズしてきちゃって……

男の人苦手なんだけど、いつもシちゃうときはいっぱいの男の人に無理やりされちゃうのとか考えちゃうの……変、かな……?

オモチャにされたくて、めちゃくちゃに壊されちゃいたいってなっちゃうの……

変じゃないっていってくれるとちょっと安心……

くるみちゃんは変態さんなだけだよ。

いっぱい身体のいろんな所をいぢられて…犯されたいんだねじゃ、ここでオモチャにされてみようか‥

みんなにオモチャにしてほしいから、ここに来たんだよね?

正直に言いなさい

うん……

変態さんのくるみのこと、いっぱいひどいことしてって、頭の中でお願いしちゃってるの……

今も部屋締め切って、クーラーつけて下着もぬいじゃって、ちょっとおっきめのシャツ一枚だけで

弄っちゃってたの、ごめんなさい……

くるみはドMなんだね、どこをどんな感じで弄ってたの?

くるみちゃん、どこを弄っていたんだい。

どこの部分とどこの部分を同時に責められたいのか言ってごらんオモチャは持ってるの?


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年10月11日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】避妊なしで浮気した柏木似の妻part3 【体験談】

650:柏木◆1a6yrQWvj8ex:2014/02/02(日)18:03:06.84

今日限りで消えます。

>>638 

妻がそういうことに興味があったことは知りませんでした。

これからは妻が満足するように心がけます。

まあ妻の方が詳しいので教えられてる立場ですが。



>>645

次やったら離婚です。離婚届も預かってるし。

信じてますから。

両親も知ってるし、これ以上恥をさらすようなことは。



>>647

そんな感じです。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年8月11日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫で】友達の彼女をみんなでマワして【エッチ】

数年前の話です。

俺の友達にガンちゃんってスゴい不細工な男がいたんだけど、そいつに産まれて始めてできた彼女のノンちゃんがビックリするほどのカワイ子ちゃん!

俺は素直に「ガンちゃん、よかったなぁ~」って思ってたんだけど、俺らの先輩で極悪人と評判のトモさんが嫉妬して、「あいつの彼女マワしたろうぜ」とか言い出しやがった。

「そんなムチャな」と思ったけど、極悪トモさんの命令は絶対。

そんで合コンを装って「女の子の数が足りないから参加してよ」ってノンちゃんを誘って、ベロンベロンに酔わせてやった。

他の女二人、ジュンとケイコは俺らの公衆便所になってるヤリマン女。

そのままトモさんのマンションに連れ込んで、男五人女三人で乱交開始。

トモさんは最初からノンちゃん狙いで、いきなりチンボ丸出しで彼女に襲いかかって、「ガンみたいな不細工にヤラせんならワシにもヤラせろや~」とか言って、ズボズボハメ始めちゃった。

俺もジュンのマンコにズボりながら、ノンちゃんがトモさんの極悪チンボに犯されるのを眺めてた。

そんでトモさんは「鼻の穴に出したるで!鼻の穴に!」とか言って、ノンちゃんに顔面シャワーしてしまった。

しかも見事に鼻の穴に精子を命中させてた。

「うわぁ~!ノンちゃん、かわいそぉ~」って思ったけど、ノンちゃんのドロドロのハナタレ顔を見てるとメチャメチャ興奮しちゃって、俺もジュンの顔面にチンボの汁をぶっかけちゃった。

もちろん全部鼻の穴にね!ふふっ!

トモさんはニヤニヤ笑いながら、デジカメでノンちゃんのハナタレ顔を何枚も撮影してた。

「ガンにこのアホヅラ見せてやったらどう思うやろな」とか言って、悪魔のように口元を吊り上げて残酷な笑みを浮かべてた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月8日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【学校で】陸上部の掟【エッチ】

<>610名前:貼り逃げ投稿日:02/10/2322:33ID:Pjb1qERq<>

1

えーっと、まず時期的には、私は1985年に高校3年生でした。

で、学校全体が運動系部活に力を入れていたのは前に書いたとおりなのですが、私は陸上部でした。(結構速かったですよ。←無駄ばなし)

だから、陸上部以外のことは詳しくはしらないんですが、多かれ少なかれどの部活でもあったようです。



で、大きく分けて男子2・3年生に女子1年生が、女子2・3年生に男子1年生が奉仕というのが制度化していました。

制度化というのは、つまり「上級生がエロいことを企てて後輩を襲う」とかではなくて、

奉仕させるほうもシステム的に1年の時は上級生に奉仕させられて、

同様のシステムで下の学年に同じことをさせていたということです。

いつからその制度が始まったかは知りませんが、少なくとも私が入った時には既成の制度として違和感なく行われていました。

だから、まぁ、まず大雑把な制度についての話になるかなぁ。



<>611名前:貼り逃げ投稿日:02/10/2322:34ID:Pjb1qERq<>

2


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月29日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【痴女と】露出狂のMとS 【エッチ】

某非公認ゆるキャラの有名な市にある公園で実際にあった出来事。



俺の住むマンモス団地地域には、野球場からテニスコートといったスポーツ施設、桜林・松林のあるちょっとした公園がある。駅周辺の比較的栄えた地域と奥にある住宅地域を分断する形の公園で地理柄チョクチョク痴漢や事件の噂があって、夜に人が近づくことはまずない。



22時も過ぎると全く人が通らない。前述の噂もあり、俺自身あまりこの公園には近づかなかったんだが、ある日、酒を飲んで気が大きくなって散歩している最中にこの公園に立ち入り、案外明るいこと、自動販売機のたぐいがないのでタムロしてる奴らもいないことが特に気に入って、日頃好んで外に出ることのない俺の気分転換の日課になった。



東西はマンモス団地、北は野球場とテニスコート、南は桜と松林と、四方を囲まれているため、中心の公園には全く人が近づかない。時々酔っぱらいが通過する程度。稀にへべれけの女子が通過することもあったが触らぬ神に祟りなし。



ある日、ちょっと酒が入ってムラムラときていた。とはいえ、公衆便所でオナニーも芸がない。日頃から露出欲のあった俺は、ベンチに座り、ケータイを弄りながらチャックをおろし、ものを外に出した。外気が気持ちいい。実は、こういったことは初めてではない。この程度で満たされないのはわかっていた。どうせ誰も通らないのだ。満たされることはないので、だいたい1時間くらいヒヤヒヤを味わって公衆便所に行って一発抜いて満足して家に帰る。「今日は、このままベンチで抜いてみるか・・・」悪戯心が疼く。ギンギンになった息子をゆっくりと扱く。今までもこうだ。ある日突然露出し始めた訳じゃない。徐々にエスカレートしてここまできたのだ。最初は外には出さずにパンツをベトベトにした。次は公衆便所で抜いて、その後露出するようになった。でも誰に迷惑かける訳でもないし、罪の意識も、ドキドキもそんなに感じていなかった。



だが、その日は違った。不意に広場の入り口に感じる人の気配。



血の気が引く。今更ゴソゴソとしまっても怪しいだけ。股を閉じ携帯をみている振りをする。右前、距離は15mくらいをふらふらと通過する白い陰。ワンピースを着た女性のようだ。ちらっとみると、向こうもこちらを見ていたようだ、目が合いそうになるとふっと目を逸らす。バレたか…。視線をおろすとやはりこちらを見ているようだ。歩みを止めることはない。確実に俺のモノをみている。



初めて感じる背筋を走るゾクゾク感。ヤバい。みられてる。一度萎えかけた息子が再度起き上がる。無理して携帯に意識を集中する。表示されているのはホーム画面だ。ホーム画面を左右に振る。何の意味もない。彼女は少し歩みを早めたようだ。確実に気がつかれた。「通報される前にかえろう」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年6月18日 | エッチ実話カテゴリー:痴女との体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ