ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】夏場のカーセックス【エッチ】

アクティブに外出したくなる夏場の季節、多くの男女の出会いの季節でもあります。

そんな男女の出会いは、お食事や、夜景や海を眺めるなど、デートの誘い方はたくさんありますね、

車で女性を迎えに行くシチュエーションは、男性ならば、誰もが思い描いたのではないでしょうか。

そんな中、気分の盛り上がった夏の夜、実際にただのドライブだけで、男女は終わっているのでしょうか、

それは調査した結果、やっぱり違うみたいで、出会いを楽しむ男女は、

夏の夜にカーセックスを楽しむ男女が多い傾向にある事がわかったんです。

理由としては、デートも終盤、夜はまだまだ明けません、しかし、ホテルに泊まる金銭的な余裕もない、

なので車の中を利用して、エッチを楽しむという男性の意見があります。

そのほかには、夜景や海を田舎の方まで見にいくと、人気もなく、

雰囲気の流れでという女性の意見といろいろな意見を知る事ができましたよ。

中でも、カーセックスは朝方にしている方が多く、田舎の方での、朝方散歩をしている人達からの目撃情報も

続々と上がってきているみたいで、男女のカーセックスの頻度は昔に比べると、あがってきているとのことです、

今では昔に比べて、車の中も広く作られているものも多く、

種類によっては、椅子などを倒して、のびのびとした空間を作ることも可能だとか。

そんな優れた環境の中、人気のない場所で、エッチを楽しむ男女が多くいるみたい。地域ごとでも、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年2月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】15歳色白細身のまないた娘【エッチ】

以下妄想のかきなぐり。

出会い系をはじめたのは7~8年くらい前か。

はじめてつかまえたのはいきなり15歳だったが、もののけ姫にでてきた神様みたいな体型のデブだった。

だけど、そこで「本当に15歳食えるんだ」というのを知った。

まともな15歳を食ったのはそれから数ヶ月くらい。

15歳、中3の子とメールから会うことになった。

あまりかわいい子ではなく、目も小さな地味な子だが声優学校に通ってるだかなんだか。

2,3度カラオケに行ったが当時の僕はヘタレでキスどころか密着することもできなかった。

そんときはヤリ目ではなく、中学生と遊べるだけである意味満足してた。

とある日、家の犬が見たいから映画を観た後家に来たい、と言い出し、「これは食えるんじゃないか?」期待していたら当日の朝、急に「友だちも連れてくる」とか言い出しテンション下がりまくり。

これはヤレねぇなぁ・・・とか思いながら待ち合わせに向かうと、そこにいたのは色白のちょいかわいいめの子。目は細めだが悪くない。なにより細身で色が本当に白い。名前はまいにしとく。

でもヤレねぇんじゃなぁ・・・とか思いつつ映画館へ。

映画館はほぼ満員で3人なのに俺は一人はぐれて、残り二人は並んで座ることに。映画タダでおごらされただけじゃねぇの?とか思いつつ、終わったあとどうする?って聞いたら「かずの家に来たい」とか言いだした。

意味わからんなぁとか思いつつ家で適当に犬と遊んで駅まで送る帰り、

「まいはお金もってるからねぇ~」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2015年2月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】公園のトイレ集合【エッチ】

某出会い系サイトで知り合った、33歳の人妻さん。初めて会って車内で口でしてもらい、お金が欲しいということで財布に入っていたいちまんを渡し、その代わりにアドレスをいただいた。外回りが多い仕事と言うことで仕事中にメールをしてみると今会社の近くにいるよって事で、又会いたいなぁって甘えた返事を入れると即いいよと。仕事中なので時間がないということで、俺の会社の裏の公園のトイレでいいというと綺麗ならいいと。実際行ったことないので綺麗かはわかんないけどじゃ集合ねと。先にトイレに入ってまっていると、やっぱり所詮公園のトイレ。一畳ちょっとに和式がポツン。だけど密着あってかえっていいかなと。するとトントンとノックがあり鍵をあけ中に招き入れ、第一声はマジででした。今日は5しかないけど渡し、カバンを水のタンクに上げ財布にいれはじめた。同時に背中を向ける状況になっただめ、俺はしゃがんでスカートをめくりストッキング越しに太ももからオリシにかけて舐め始めた。時間も時間だけにほのかにおしっこの匂いがした。それタンクに手をついてお尻を突き出させ、背中からかぶさる体制になり右手でブラのわきから手を入れ乳首をコネコネ、左手をストッキングの中にいれ水色のパンティ越しに割れ目をなぞり、栗をまさぐった。昼間の公園のトイレ、声を必死に押さえていたが、時々アッッ ダメーって声に俺の竿もパンクしそうに。彼女は急にしゃがみベルトを外しズボンとトランクスを一気に脱がし、竿を口に含み、場所を忘れる位なイヤらしい音を出して、舐め始めた。実は彼女を気にいったのは眼鏡である。スーツに眼鏡がイヤらしくもうたまらない。ねぇ空いてる手で自分の感じるとこいじってというと自分で手を股間に持っていき、ストッキングとパンティの中に手をいれ、トイレないはクチュクチュと喘ぎですごかった。どうしても入れたくなった俺はもう一度タンクに手をつかせストッキングとパンティを下ろし、片足だけ脱がせ、お尻突きだしてといい、アナルからヒダまて舐め始めた。入れるには十分に濡れていて、不意に腰を手ががっちり押さえて一気にいれた。いゃぁーと驚いていたが、いやなの?と聞いても、もっとしてぇねぇもっと。あげくに自分で腰を動かし、もう外に聞こえてる位にイヤらしい音が、流石にイケないということで腰を全快に振り、彼女のいっちゃうょねぇきてというと声に中に出すよ いい?というと同時に果てました。公園のトイレはいいよ


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年2月1日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】3年前の今日【エッチ】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。

子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。

胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。

陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。

そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。

仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。

妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。

『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが

「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。

「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】半陰陽【エッチ】

出会い系掲示板に搭載、相手からメールが来た。 見た目は男の子、おっぱいは小さい、だけどクリは大きい二十歳の女の子で学生ですとあった

面白そうだから、会ってみましたよ。

なるほど、女性っぽいジャニーズ系の可愛い女の子? 声はおかまっぽい 切れ目でなかなかの美形だが、女装するとニューハーフに間違われるらしいwww 男の子だったら、きっと女にはもてるでしょう

ホテルでさっそく身体検査してみた 胸は全く平らで乳首も男と変わらない、身体はふっくらともしていない、失意のもとパンティを脱がせて 指で穴の検査www、確かに女の子の匂いで間違いない

だけどだぁ~ クリを見てビック・クリ(単なる洒落です)、なんとクリと言うべきなのか 幼児のオチンチンみたいなのがぶら下がっている。 先端におしっこの出口でもあるのかと調べてみたが、そのようなものは見当たらない。フェラさせた後、おまんこにチンを入れてみる。なかなかの締りでwww

まさかオケツの穴ではと、指で触ってみる ちゃんと下に有ったので一安心

 妊娠するといけないちゅうので外出し処理。彼氏は2年ほど前までいたらしいが、その後エッチしていなかったので痛かったとか・・・・ほんまかいな?

帰り際に、まだ、はさまってるいる感じとか・・・どうでもいいけど・・・

帰宅後、さっそく パソコンにて、中性を検索。 半陰陽と確信する 話には聞いていたが、一万人に一人ぐらいはいるらしいです。

先日の貴重な体験談だったけど、彼女を女性遍歴の一員に加えるべきか・・・・

  


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年1月24日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】海〜誘惑【エッチ】

私34歳主婦です。

夫は仕事人間で家にはほとんどいません。夜の営みは30代になってから10回程度で私は欲求不満です。

以前は出会い系をしてましたが、何か刺激が足りなくてネットで刺激になる事を探し約一年前このサイトを見つけました。

そして未成年の子と肉体関係を持つ話しを見て、私も去年の夏、海で刺激的な冒険しました。

私は歳の割にスタイルに自信はあったのでビキニで上にパレオを纏い海岸を探索して人気の全く無い岩場の陰で素潜りして貝殻を拾ってる男の子を発見して貝殻を数えてる正面にしゃがみ話しかけました。

「何してるの?」「貝拾ってる」「君何歳?」「11歳」ナント小学生でした。

「君一人?友達は?」「みんな部活あるから遊べないから一人で遊んでるの。」「実はオバサンも一人なの、よかったら一緒に遊ぼう?」男の子は私の顔を見ずに「…いいよ。」と一言。男の子は私のしゃがんだ股間をチラチラ見てました。

二人で貝殻を見て話しを聞くと地元の子で鍵っ子だそうです。

話しも弾み仲良くなって来て男の子も笑顔になり、はしゃいで海ヘ飛び込んだのです。私は岩の上から男の子を見ると男の子は私を手招きしてます。私はパレオを脱ぐと男の子の目線が胸や股間に注がれます。私は男の子目掛け飛び込み男の子に抱き着きました。男の子の胸に私の胸を押し付けました。もう一度岩に上がり男の子が先に飛び込みました。次に私が飛び込んだのですが今度は距離が足りず男の子の手前に落ちました。私が勢い良く海面に出ると男の子は耳を真っ赤にしながら私の胸を見てました。私の水着がズレて乳首がはみ出てたのです。実はこのハプニングは計算で飛び込む前にビキニの紐をユルメてたのです。私は気付かないフリをして泳ぎました。すると水着が取れてしまい私はトップレス姿になりましたがまだ気付かないフリをしていると男の子はまた岩に上がり私目掛け飛び込みました。私の前に沈み、しばらく浮いて来ません。男の子は私の胸をジックリ見てたと思います。私は男の子にわざと胸を近づけ心配するフリをして持ち上げました。「大丈夫?」男の子を岩場に上げると海パンが膨れてました。「アレ?何で大きくなってるの?」と言い私が自分の体を見て胸丸出しの姿に今気付いたフリをして胸を隠して「エッチ!何で教えてくれなかったの」男の子は顔を真っ赤にして「オッパイ見たかったから…」「そうか。でもオバサンのオッパイ見て興奮したの?」「…ウン」「ありがとう。オバサン嬉しい。でもオバサンこんな格好してるの恥ずかしいの」男の子は海から脱げた水着を持って来てくれました。水着を付けながら男の子の家族の状況を聞くと家には誰もいないみたいで両親は夜遅く帰って来るそうです。「じゃぁ家に連れてって。そしたらじっくり裸見せて上げるから。」「ホントに?ヤッター!」私はロッカーヘ行きシャワーを浴びてノーブラにTシャツ、スケスケのTバックにミニスカート姿で表に出ると男の子はもう着替えて待ってました。Tシャツに浮かんだ乳首ばかり見てました。男の子の家に付き中に入るとすぐに男の子は振り向きました。「焦らないで。君の部屋に案内して。」部屋に入ると男の子はベットに座り私はミニスカートを脱ぎ隣に座ります。もう男の子は勃起させながら乳首や透けた股間をチラチラ見てきます。私は向かい合うとキスしました。舌を絡め男の子の唾液を吸いました。男の子は体を動かさないでされるがママでした。唾液の糸を引きながら口を離し「いいよ。脱がせてねっ。」男の子はTシャツの裾を掴み捲くりました。私は脱がせ易い様に両手を上げるとTシャツは私から剥ぎ取られました。「オォ〜」男の子はオッパイを間近に見てます。鼻息が乳首に掛かりムズムズくすぐったくなります。

「触ってもいいのよ。」

男の子は人差し指で乳房をつつきました。「遠慮しないで揉んでいいんだよ。」と両手で胸を掴ませると男の子は優しく持ち上げる様に揉んで来ます。「ん…ん…上手ねぇ。」男の子は胸を寄せたりしてます。「ねぇ〜乳首も触って。」男の子は乳首を摘むと私の体がピクピク反応します。「しゃぶって。」男の子が乳首を舐めてくれると「アン、アン。気持ちいいよ。」と感じると男の子はさらに強く吸いました。しばらく男の子に胸を吸わせてから、今度は私が男の子を脱がせパンツ一枚だけにして男の子の首筋から乳首を舐めてパンツ越しに勃起したモノに触れると「アッ」と声を上げました。「窮屈そうね。パンツ脱がせるよ。」パンツを取ると長さは12位で子供にしては大きめ、太さはトイレットペーパーの芯位の極太。「オナニーしたことある?」「ウン。でも射精はまだ出ない。」私はホントに射精しないのか疑い

「オバサンにオナニー見せて。」と言うと男の子はオナニーを始めました。私は男の子が早く絶頂に達するために顔を胸で挟んで上げて、玉を揉んで上げると5分程で「アッ!」と言いましたがモノがピクピクしてるだけで精子は出ません。私は安心して生でハメる事が出来ると解り「いつも何回してるの?」「気持ち良いから五回くらい連続でしてる。」「痛くならないの?」「全然。」「そうなんだ〜。オナニー見せて貰ったお礼にオバサンの1番恥ずかしい部分見せて上げるからパンティー脱がせて。」男の子に脚を広げて横になるとすぐにパンティーを脱がされました。男の子は始めて見る女の部分に顔を近づけます。「触って。」男の子は手で撫でるだけです。「指入れて。」男の子は指を割れ目に入れました。「どう?ヌルヌルしてるでしょ?」「うん。」「ヌルヌルしてる理由は女性がチン○を入れて貰う準備が出来た合図なの。」「入れて良いの?」「すぐに入れてもダメ。もっと指で刺激して、そして舐めてからよ。」男の子の指が動き出します。部屋にはクチュクチュと音が響きます。男の子は私の反応を見て気持ち良い部分を刺激してくれました。脚を男の子の頭に絡めると男の子の指が抜け、今度は舌が入って来ました。男の子は私の液を音を立てすすります。気持ち良いのといやらしくすする音に興奮して我慢出来なくなり舐めてる男の子を寝かせて「じゃぁそろそろ入れるよ。オナニーとは比べ物にならない気持ち良さだからねっ。」私は男の子を跨ぎしゃがむと勃起したモノを握り少し割れ目に擦りつけ私の汁で濡らしてからゆっくり入れて行きました。「ホントにオナニーよりも何倍も気持ち良い。」「でしょ。腰を動かすともっと気持ち良いんだよ。」私はのけ反り動き出し「見て!私達今繋がってるんだよ。」と言うと男の子は見た瞬間にイキました。私の中でピクピクしてます。しかし男の子のモノは大きいままだったので気にせず腰を振ると男の子も腰を振り始め、私があまりの気持ち良さに前屈みになると男の子は胸を揉んで来ます。私は男の子の手に手を重ねて一緒に揉んでキスを求めました。唇を重ね舌を絡め合うと男の子のモノが二回目の痙攣をしました。「まだ出来る?」「うん。」「じゃぁ今度は君の好きな様に突いて。」男の子は一度抜きバックから入れて突いて来ました。私のお尻に男の子の腰がぶつかりパンパンと音が鳴ります。男の子は私の腰を掴み奥まで突くと私も腕に力が入らず前に倒れると男の子は体を動かし私を仰向けにして正常位にしてまた腰を振りました。私はベット頭のサクを掴み衝撃に耐えます。男の子は一度胸を揉んでから私の太モモを掴んでさらに激しい動きになると、私を限界に近づき男の子の腕にしがみつくと、さらに奥まで突かれる感じでした。「ハッ!イッ…イクッ…イクッ!…」私は絶頂を向かえ力が抜けました。私のアソコは男の子のモノを締め付ける様に波打っていると間もなく男の子も三回目の絶頂を向かえたみたいでした。男の子はモノを抜き、私の隣に横たわりました。「オバサン気持ちよかったわ。」「僕もだよ。」私の脇腹に何か硬い物があたってるのに気付き、見ると男の子がまだ勃起してたのです。「アララ?まだ物足りないの?」「うん。だって凄く気持ち良いんだもん。」「しょうがないわね〜。お口でしたげるから座って。」私がモノをくわえると男の子は私の頭にしがみつき、刺激を味わっています。男の子は途中から横になり私に身を委ねました。しばらくしゃぶってると私のアソコもまた潤って来たので体の向きを変え男の子の顔の上に股間を乗せると何も言わずに舐めてくれました。私も負けずに激しくしゃぶると口の中でチン○がピクピクしました。男の子は力が抜け私のアソコから口を離したので男の子の方を向きました。「そろそろ入れるわよ。またオバサンを気持ち良くしてね。」「うん。オバサンの事大好きだからいっぱい気持ち良くするよ。」「うれしい。いっぱい触っていっぱい突いてねっ。私も君を沢山気持ち良くしてあげるから。」私は男の子に跨がり再び一体になりました。すると男の子はオッパイに手を伸ばし腰の動きに合わせ揉んで来ました。人差し指で乳首を弄りながら揉むので私は若い時のセックスを思い出しました。私も男の子を気持ち良くしてあげたくて騎乗位のまま手を後ろに回して男の子の玉袋を揉んで上げると私の中で男の子がピクピクしました。でも男の子は休む事無く腰を振り、体を起こし座位になり抱きしめ合い舌を絡めました。二人共息使いが荒く獣の様にまさぐり合います。私は仰向けになり「来て!奥まで突いて。」男の子は私に覆いかぶさりこの日一番の激しいピストン運動をしました。私の胸もちぎれそうなくらい揺れ、男の子は本能のまま自然に胸を掴みラストスパートをかけました。男の子は汗だくで息を切らしながら私の中に突き刺しました。その瞬間、私は数年ぶりのオーガズムを感じ気を失いました。

気が点くと男の子が私の股に顔を近づけ観察してました。「やだ!そんなにじっくり見ないで。まだ元気そうね。でもオバサン疲れちゃったからもう出来ないよ。」「じゃぁまた今度してくれる?」「もちろんよ。止められないわ。」「明日は?」「いいわよ。私のケータイの番号教えるから連絡ちょうだい。予定が無ければ来るから。」机のメモ帳に番号を書き、男の子に渡し服を着て男の子の家を出ました。へとへとですが、体はまだほてって居て自宅に着いてから自分を慰めました。

次の日、朝9時に男の子から連絡が来ました。家に誰も居なくなったからと言う内容です。私は男の子の家に向かいました。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】出会い系でGカップ【エッチ】

先月の出会い系体験談。

ネットで紹介されているウソじゃなく、リアルなガチ体験談なんで。

出会い系歴:2年

年齢:28歳

仮名:エイジ

先月、いつも使っている出会い系サイトを物色していた。

目ぼしい女の子にメールを送ったが、誰からも返事が来ない。

他に出会える出会い系サイトが無かったから、連続で使いすぎたのかも。

ある夜に仕事帰りにスロットを打った。

そこで運良く4千枚も出て、サラリーマンには嬉しいボーナス。

そのレシートを写メで取って、出会い系サイトにアップした。

▼スロット好きな女の子メールしない?

これがダメなら、他のサイトを使おう。

だってもう2ヶ月で3人にも会ってるし。

そう考えながら帰りの電車で書き込みをした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2015年1月11日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】出会い系遊び【エッチ】

出会い系はサイト選びかつ利用方法を間違わなければ割と楽しい。この条件に合う人しか返信しないと伝えれば条件に応じた人からしか返信がこない。まれに違う人からくればシカトすればいい。援助の書き込みが比較的に多い場合は割かし会える人が多く存在する。そして自分の紹介で援助は嫌いだとか否定してるのは男を引き付ける罠と言ってもいいかな。俺は援助はしない。よくホテル別二枚とか書いてあるが、一回の為に二枚払って遊ぶよりは、ポイントを上手く使い特定の人と何度も楽しむ方がいいから。俺は歳上の人妻でと常に募集する。ある日36歳の子持ちさん康子からメールがきた。常に心がけるのは相手の気持ちや時間を尊重することで、無理をさせないこと。こっちから逢う約束を取り付けない事とアドレスを聞かない事。この人だったらと思わせる事が大切。康子の家事の都合上大体の時間に毎日メールが来る。たわいもない会話や旦那の愚痴もあった。ある日突然返信をやめると康子さんの日課になりつつあるメールが途切れ、ちょっとした時間が空くと、アレどうしたのかな?と返信が来て、その返事に昨日は大事な仕事が急に入って大変でした。上手く行きました。返信に何かそういうのって嬉しいよねと自分に当てはめてた言葉が来たので、急だったし大変でどうなることかと思ったけど良かった。今日仕事をまとめて明日は休みをもらいました。そういれると休みの日は?暇です。会ってみよっか?となりました。無論断る理由もなくランチに行きました。待ち合わせ場所に来た康子さんは落ち着いた感じでスタイルは普通で助手席にのってもらいドライブで隣街へ。近場はタブー。ランチを終えると車に乗り海へ行き車の中で肩を抱いてキスすると ンッと言いながらも舌を絡めてきた。そのまま車を走らせホテルにはいりソファーの上でキスをしながらスカートをめくりストッキング越しにマンを触るとアッっとピクッとシャワー浴びたいと言うがこのままがいいとストとパンを脱がし即クンニするとイャァァ ダメダメ汚いよぉと言うがめちゃめちゃ感じ、ピチャッグチュとわざと音を立てクリをいじりながら舐めるとアァァイクゥァァと ソファーに座りパンツを下ろすと即無心になめてくれ、69で十分に濡らし、生で入れ ヌルッと入りグチュクチュと聞こえるようにわざとゆっくり出し入れすると、もっとしてぇアッァッイイヨエッチな音すごいね、アァァンッとマッハで突き口の中に出してその日は終わり。今でも会って


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年1月9日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】神待ちゲットなう【エッチ】

神待ちってあれは家出少女というか

家に帰らずに、遊びたいだけの女だな

この前の話だけど、

夏休み中といっている女子大学生をネットで見つけた

投稿内容は、『神待ち!!』

とってシンプルでゾクゾクきた俺は

写メも乗せていないそのこに早速メールしてみた

そしたらさ、

どこに住んでる、年齢、明日の何時まで家にいてのかとか

もうかなり質問攻め・・・

まあ、ひとつひとつ答えたけどさw

その後に写メまで要求してくる始末・・・最近の学生は肉食化してるぜ

そして写メ交換してびっくりしたのが、

出会い系にこんなかわいい奴がいるのかってくらいの写メがきた。

俺が送った写メをもっといい奴にすればよかったと思うくらいの奴


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年1月8日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】援【エッチ】

出会い系のサイトで女子大生で、交際をお願いというのがありお逢いしました。僕は55歳の熟年ですが、新宿の喫茶店で日曜日の正午に逢いました。

 かなり化粧の濃い子でしたが、「今お金に困っているので3万円で何でもさせるよ」という事でした。

 僕は3万は持っていましたが、ラブホ代が無くなるからと言うと、じゃあ2万でといって昼のラブホに突入しました。

 お互いに全裸になると、何となく幼い感じで、オッパイも大きいのだけど、何となく堅そうでした。

 オマンコを無理やり開かせてクリ舐めをするとクスグッタイと、少し変でした。

 でも二人でお風呂に入り洗ってやり、マットレスで抱き合いました。

 最初はキスにかなり抵抗があるようでした。部屋に戻り、セックスを始めようとアソコに指を挿入するだけで「痛〜い、そっとして〜」などと処女のようでした。

 それでもソロソロと挿入すると何とか収まりました。

 30分ぐらい焦らずにユックリと出し入れをしていると、何となく気持ちが良くなってきて、全身を震わせて抱きついてきました。

 1時間ぐらいで生まれて初めてイッタとかで、その快感にアソコを締めて喜んでいました。

 僕はまだ射精をしないで彼女をお風呂にやりました。

 彼女のバッグを開いて見ると、女子中学の3年生で15歳でした。これをバラスと淫行になると思い一応彼女に話をしました。

「確かにウソを付いていて、ゴメンなさい。でも友達もみんなセックスで稼いで、携帯代を10万円無いと切られるの」と本当のことを言いました。

 今までに10名ぐらいとSEXの経験はあるそうで、こんなにイッタのは今日が初めてだわと嬉しい事を言われて、もう一度最初からオマンコしました。

 すっかりなれて、僕のチンポも舐めるし、アナルにも指やアレを入れさせてくれました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年12月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ