ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【職場で】エロい同期 【エッチ】

俺の自慢の体験を共有した。

というより聞いて欲しい。



会社の同期に理香っていうアイドル的な娘がいたんだ。

可愛いくて、性格も良くて人気だった。

俺は配属もたまたま一緒で、仲も良かった。

ちなみに向こうは留年してるから一個上。

一年目は二人で遊びに行ったりもしたけど、可愛い笑顔に癒されていた。

俺も理香も相手がいたから恋愛にはならなかったけど、正直理香と過ごす時間は良かった。

下心はガッカリあった。

だが、度胸が無かった。



飲みに行った時に対面に座ったときに足と足がぶつかって、ドキドキした。

遊んでいるとたまに見えるパンチラと言うサービスは勃起物でオカズにさせて貰った。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【寝取られ】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた2 【体験談】

私は中学の教師をしていて、もうすぐ50歳になるが未だに未婚だ。そして、恋人も20年以上いない。ただ、私には20年以上調教を続ける愛奴隷がいる。

優香と初めて関係を結んで以来、私の歪んだ性癖が発露し、優香も私の歪んだ性癖に引きずられるように、マゾとしての素質を開花させていった。

でも、今になった思う。引きずられて、操られたのは私の方だったのではないかと……。





3年生になった優香は、急速に女性の体になっていった。もともと同級生と比較しても大きめだった胸は、さらに大きくなり、幼く可愛らしい顔も美人という感じになってきた。

私は、どんどん優香にのめり込んでいった。本当は、恋人同士のような関係になりたいと思っていたのに、優香の目が、私を見る期待のこもったその目が、私にご主人様らしく振る舞うように強制していたように思う。





#8212;#8212;教壇に立ち、自習をする生徒を見ながら、私は興奮していた。



優香は頬を赤くして、泣きそうにも見える顔でうつむいている。

優香のショーツの中には、当時出たばかりのリモコン式のローターを仕込んであった。当時のモノは、音も大きく、振動の種類も1種類しかないようなちゃちなモノだったが、私の機械工作の知識を生かし、改造していた。

モーターもマブチモーターの静音タイプのモノにして、電池も真空管ラジオに使う高出力のモノにしたりした。そして、的確にクリトリスを刺激出来るように、ショーツも改造してローターを固定出来るようにした。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【職場で】パチンコ店員同士、あずさの浮気セックス 【エッチ】

パチンコ店で店員をしてます。



同僚のあずさとは付き合っていて、この前良からぬウワサを同僚のS先輩(女性)から聞いた。

このS先輩とT先輩(男性)は付き合っているんですが、

T先輩とあずさがシフトで遅番に入ると、閉店後、他の店員が帰ると言っても帰らず、仲良く話していて「まだ二人で話しとるわ、お疲れ様」とその後があやしいそうなんです。



S先輩と僕が休みの日に、S先輩が閉店後(お掃除部隊が帰ったあと)、休憩室を覗いて

抱き合うところまで見たんですが、その後が怖くなって途中で見ていられなくなり、泣いて帰ったそうなんです。



それを聞いて僕は、ふたりがそのあと何をしていたかと思うと悶々としていろんなことを想像してしまいました。



S先輩はT先輩の携帯メールをこっそり覗くクセ(?)があるようで、二人がシフトを合わせているのも掌握済み。



S先輩にメールの内容からこの日があやしい、エロティックな内容だ、と指摘された日に

休憩室を覗くことに。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2015年2月5日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【友達と】お口で感じさせたあげたい纊あいa忞寬①㈱Ⅲ㌔髙アイウエオ【エッチ】

香蘭の高1生を家庭教師で教えてます。といっても学校の帰りに家に来るので、

机の下やトイレの隠し撮り、おやつに精液を混ぜたり、様々な変態行為を楽し

んできました。それがクリスマス頃にまじめに告白されてしまいました。その

時はわざとつれなくして、妹のようにしか見ていないように思わせました。彼

女の積極的な性格を見とおした上のことです。「クリスマスプレゼント」と言

って、しっかり彼女のファーストキスはいただきましたが。

中2から知り合いで最初は育ちが良くおとなしい子でしたが、仲良くなってしま

えば親に話せないことも何でも話すほど信用され、性的な好奇心もかなり出てき

て、色々と知識を与えて調教をしてきました。そしてついに彼女から「お口で感

じさせてあげたい」と言わせることに成功したのです。自分を大人として見てほ

しいという気持ちが、恥ずかしいことを言わせたのでしょう。それ以上には進ま

ないと約束させて、奉仕させました。



ベッドに並んで座っていた彼女に、まずはいつものソフトなキス。そして、急に

彼女の顔を両手で支えて、思いきり舌を丸く棒状にして彼女の口に差し込みまし


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2015年2月4日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】他人(ひと)の皮を被る 四話【エッチ】

 結局、一週間が過ぎても晃が捕まる事はなかった。

 どうやら奈津美は、自らが穢されたと他人に知られる事を良しとはしなかったらしい。

 晃は不安から夜ごと由希を呼び出しては抱いていたが、ようやく安堵して動き始める。 次に興味を惹かれたのはスワッピングだった。

 カップル同士が互いのパートナーを交換し、マンネリ打破や嫉妬による欲情を目的に楽しむというものだ。

 他人を装って手に入れた恋人を、さらに別の男に抱かせる。

 それにひどく興奮した。

 ネットで探すと、スワッピング相手を募集しているカップルはかなりいた。

 だがほとんどが中高年カップルだ。

 せっかく由希という極上の女を出すのだから、相手にもそれと釣り合うだけの魅力が欲しい、

 と晃は思った。 妥協せず探っていると、一人妙な人間を見つけた。

 山のようにスワッピングを申請されながら、それを全て撥ねつけている須川という男だ。

 調べてみると、どうも須川自身は50過ぎであるにも関わらず、パートナーが現役の女子高生らしい。

 添付された写真を見ると、なるほど中々に可愛かった。 髪は黒のセミロングで、女子高生らしい若い体つきをしている。

 スカートから覗く太腿は由希と奈津美よりややふっくらしているが、脚の綺麗すぎるあの2人と比べるのがそもそも間違いかもしれない。  

 普通に高校のクラスにいて、学年に2、3人はファンがいそうなタイプだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕3 【体験談】

土方さんの言いつけを守れなかった真希は、土方さんの命令で服を着せられた。



土方さんは、真希とのセックスで射精をしていないが、とくに気にすることもなくセックスを中断して、真希に指示を与えた。







真希は、言われるままにもう一つのベッドルームの方に行き、戻ってくると、今まで見たことがないようなセクシーな格好をしていた。



上は黒のブラウスみたいな形の服だが、メッシュでスケスケになっていて、真希の形の良い胸やくびれたウエストが丸見えになってしまっている。



そして下は、股下ゼロセンチくらいの黒のスカートを穿いている。



スカートの中から伸びたガーターベルトが、太ももの途中までの黒の網タイツに繋がっている。



真希は歩きながら、何度もスカートの裾を下に引き下ろそうとする。すぐにずり上がってしまうようだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月3日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【友達と】嫌われた。【エッチ】

僕は中学一年生の(当然)童貞。男女誰からもきらわれていて

誰も僕と喋らなかったのに楓(仮)は僕と平気で喋った。

楓は友達から「そんなひとと喋っちゃダメだよ」とか言われてるのに

かまわず僕と喋ってくれた。だから何となく僕は

楓にひかれていった。では本題に。



僕が帰ろうと下駄箱に行くと、ちょうど楓もいた。

チャンス(?)だと思い

僕「今帰り?」と聞くと

楓「うん。」と言った。僕は賭けに出た。

僕「一緒にかえらん?」と言ってみたら

楓「え?いいよ、途中までだけどね」と言った。

やったーーとか喜びの声が口からでそうだった。

で普通に会話をしながら帰ったが、緊張しすぎて

何はなしたのか覚えていない。 


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年2月2日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【露出で】コンビニの制服に 【エッチ】

大学生だった頃の話。

コンビニでバイトを始めて3ヶ月くらいして

同じバイトの男と付き合うことに。



シフトも一緒で二人っきりも多かったので

バイトが楽しくてルンルンだった。



半年ぐらい付き合ってから彼がだんだんと豹変。

というかどんどんエロくなって、

私に露出を求める様になってきた。



どこでも胸を触るし、

人気のないところを見つけたら所構わずエッチをしてこようとする。

当時はバカだったので、愛情表現と思って嬉しかった。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:露出体験談

【友達と】処女と乱交パーティー【エッチ】

私は46歳で会社経営をしている。そんな私は、経営者等の一定の地位にある者のための愛人紹介所に入っているが、先日同所主催の乱交パーティが特別に催された。会費は90万と高い目ではあるが、13歳から17歳までの処女ばかりがそろい、男女同数で一晩中やりまくるという企画だったので、参加することにした。

当日会場のホテルのスイートルームに行ってみると、その控え室で係員から顔を隠すマスクが渡される。部屋内でお互いの秘密を守るためのものらしい。マスクをつけて、奥の部屋に入ると、既に他の3人は来ていた。 まずは、奥のベットルームから女の子を4人係りのものが連れてきて、最初にやる女の子を選択する。もちろん私達とは違って、マスクも何もつけていない。しかも、全員が制服姿である。 小柄でポッチャリした色白の女の子が好みの私は、16歳の綾香を選んだ。処女を乱交で捨てるくらいだから、遊び好きそうな女の子が来ると思っていたが、全く正反対で真面目そうな大人しい子である。どうしたわけで来たのか聞きたいが、どうでもいいので聞かない。

女の子とともにベットルームに入る。すぐとなりにはもう一つのベットが並んでいる。このスイートルームはダブルベットが二つ並んだベットルームが二つあって、真ん中がリビングになっているのだ。

綾香をベットに乗せて、私はとりあえずパンツ一枚になってから、ベットに上がった。久々の処女に私のチンポはもうビンビンである。 私は綾香の後ろにまわって抱きしめ、さほど大きくないオッパイを制服の上から揉みしだく。そして、右手を彼女のスカートの中に差し入れ、ふっくらした太ももに沿って手を這わせ、スカートをめくっていく。綾香は恥ずかしいのか、少し開いた股を閉じようとするが、私の手がそれを許さず、純白のパンティのあそこの上を撫でまわす。 そのまま前に回って、綾香を押し倒し、股を広げてパンティの上からあそこを舐めてやり、そのまま太ももからふくらはぎを舐め、真っ白のスクールソックスの上から舐め上げた。 綾香は大人しくされるままになっている。恥ずかしいのか目も閉じたままだ。そんな綾香にキスをして、今度は上に覆い被さるようにして、オッパイをもんだ。制服の上からもむおっぱいはまた格別にいやらしい。 胸のリボンを外し、更にブラウスのボタンを一つ一つ外してから、一気にブラウスをはだけてやる。綾香は一瞬「イヤッ」と胸をブラの上から押えるが、私は「ダメだよ」と言いつつ、構わずに手をのけ、これまたパンティとおそろいの処女らしい白いブラをずり下げた。 かわいいおっぱいに顔を埋めて、手でオッパイを揉みながら、乳首に吸い付く。「ああっ」とはじめて綾香は声を出した。処女でもおっぱいは感じるらしい。

今度は私がパンツを脱いで、綾香の前に突き出し、舐めるように命令する。一瞬ためらっていたが、契約でもあるのか、綾香は大人しく咥えた。ハッキリ言ってヘタだが、真面目そうな女の子が制服の胸をはだけた上、ブラをずり下げられて乳首を出し、スカートがめくられてふとももの上まで見えているのを見ると興奮する。 私は綾香の頭を両手で押えて動かしてやった。少し苦しそうだが、気にせずになめさせた。このまま処女の口に一回射精しようか・・・!?

不意に「痛ぁい!」と言う叫び声が聞こえてきたので、我に返って隣を見ると、お隣のベットでは、確か一番年下の13歳の女の子がセーラー服を着たまま、男に挿入されている。

私はこの隣の声で、不意にヤリたくなり、計画を変更することにした。綾香の口からチンポを抜きとり、綾香のパンティをずり下げ、片足に引っ掛けた状態で、股に顔を埋めてすぐにやれるように、唾液を一杯つけるように舐めた。

入りそうな感じに濡れたので、目を閉じている綾香の足を持ち上げるようにして、正常位で挿入した。 「痛ぁ〜い!痛いよ〜!」。綾香は処女膜を破られて、泣き叫ぶが構わずにどんどん挿入する。目を少し開いた綾香は、涙をポロポロこぼしている。いい光景だ。 奥まで入ったので、直ちにピストン開始。綾香は「痛い痛い!」と必死に泣き叫ぶが、どんどん突きまくる。流石に処女だけあって、最高の締まり具合だ。 隣でも女の子が痛がりながら、バックでヤられている。興奮を煽る光景だ。 制服フェチの私は、中途半端に脱がせた綾香の姿に興奮しながら、真っ白なスクールソックスを舐め舐めして、更に突きまくった。 そして、やがて射精。思いっきり中出しする。いつになく大量の精液を注ぎ込んで、チンポを抜くと、私のプレゼントした精液とともに処女が破れたときの血が混じって出て来た。 綾香は声をたてずに泣いているようだ。

隣でもSEXが終わっていて、向こうの男がこちらを見ていた。今度はベットを交代して、私が13歳の今処女を失って、女になったばかりの子とヤルことにした。 完全にめくり上げられたスカートから、お尻が丸見えになっており、太ももを通って、血と共に精液が垂れている。シーツが赤くなっているのも印象的でそそる。 この女の子は確か美紀と言ったはずだ。美紀は綾香と違って、泣いてはいないものの、グッタリとベットにうつ伏している。 私は美紀にチンポをきれいにするように命令して、精液と綾香の血のついたチンポを舐めて掃除させた。 すぐにチンポが復活したので、そのままバックで挿入する。たった今処女を失った美紀だが、もちろんまだまだあそこの締まりはいい。 今度は美紀の着ているセーラー服を脱がせていく。13歳の美紀はまだおっぱいが小さく。Aカップのブラをしているが、それもいらないくらいだ。上向きにするとほんの少しだけ膨らんでいるに過ぎない。私は突きながら、まだ小さいそのオッパイを舐めてやった。 長めのスカートと白の三つ折りソックスだけにして、上半身裸に美紀を剥き上げてから、再びバックで突いてやる。 射精したくなったので、中出ししようか考えたが、今度は半分だけ顔にぶっかけて、残りを美紀に飲ませてやった。 ベットから下りてみると、美紀の紺のスカートは前の男の精液で汚れ、顔は私の精液がついている。そそる光景だ。

隣では綾香に挿入した男が、綾香の制服のスカートに精液をたっぷりとかけているところだった。綾香も美紀もいい女だったので、もう一度どちらかとやろうか迷ったが、もう一つの部屋でやっている女の子ともヤリたかったので、その部屋を出た。

その後、私は残りの二人とやった。何度か3Pや4Pになった。とにかく一晩中。女の子をとっかえひっかえして、ヤリまくった。多分10回くらいはやっただろう(途中でドリンク剤を飲んだが)。わずかに一晩だが、90万なんて安いくらいのいい夜だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2015年1月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】カラオケボックスでがーーー!!って【エッチ】

打ち上げがあったのでクラスの男子も集めて10何人かでカラオケに行きました。

6人部屋を2部屋借りて行ったり来たりできるようにしました。

そこで4時間(夜の5時から)の予約をして、歌いまくったら、2時間歌って

もうみんな騒ぎまくっちゃって女の子も男の子もハイで宴会みたい(笑)

座席はいす2個(紗弥香)、前にテーブル、向かい側にいす2個、

左にテレビ、右にソファーという感じです。

それで盛り上がってきたとこで紗弥香は前に男の子(2人)が座ってたんだけど

足をテーブルの上に伸ばしました。

男の子は歌ってる途中チラチラこっちを見てきました。

紗弥香はちょっと膝曲げてたからパンツ見えてると思います。

とか、がにまたに足開いて歌ったりしました。

紗弥香のはミニスカートだから絶対見えてた。



それで男の子がやけに増えてきて、紗弥香の前の男の子がよく入れ替わってたから

あ、見てるな(笑)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ