ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【浮気・不倫で】危ない【エッチ】

3年前の冬、あるイベントがあり、打ち上げの飲み会があった。

 学生時代の仲間数人と飲んでいた。

 やがて打ち上げが終わり、皆と別れた後、私の隣にいた女の子が「この後、空いてる?」と声をかけてきた。

 私は、「空いてるけど何ぞや?」と返す。

「ホテルいかん?」何と大胆な奴だと思った。最も、私が既婚者と分かっていて言うのだから。私も私で、レスになり妻とのHが3ヶ月以上なかったので勢い余ってOKサインを出してしまった。

 その後ホテルに直行し、一服。ふと彼女が「あつさん、結婚する前からやった。結婚したときいてショックやったよ。」と告白されもうドキドキ。

 彼女はうっすら涙を浮かべ、私に抱きついてきた。

 私はそのまま彼女の服をゆっくりと脱がし、ディープキスをする。

 やがて小さな胸に、そしてあそこに手を這わせると、顔をピンクに染めながら、あえぎ声が漏れてくる。

 時が進み、彼女が「お願い、欲しいの。来て・・・」と哀願する。

 さすがに私も、理性が吹っ飛び彼女と体を合わせる事しか頭になかった。

 挿入直前に彼女がゴムをつけてくれ、「私が妊娠したら、あつさん困るでしょ。でもほんとは・・・」と言ったので、私は「そうだね。」と一言いって、挿入する。

 私がゆっくり腰を前後し始めると、彼女からHな吐息が漏れる。

 彼女は、153cmと小柄だったので、少しきつかったのですが、しっかりと濡れていたので痛くなく、よく締まるので最高に気持ちよかったですね。

「あつさんの大きいのが当たってるぅ。もっと、もっと。いっちゃうぅ。」と言うのでゆっくり突いてあげた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年1月19日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【人妻と】まとめ・妻が肉壷扱いされて…【エッチ】

4月3日夜11時…今現在私の目の前で起こっている出来事を書きます!

私は愛する妻の美幸を酔った勢いも有りまして友人に貸し出してしまいました…

今妻…の美幸が私の目の前で友人に下から激しく一物で突き上げられています。

私の物よりも一段と大きい肉棒が美幸を狂わせています。

友人の高速ピストンは秒間5回以上の早さで…もう千回以上掻き回されています。

アソコは赤く充血して…既にもう…ガバガバ状態です…

今も美幸は大股を開かされて私の目の前でメチャクチャにされています。

そして…玩具のように扱われています…美幸は「あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ…あ…」

と痙攣しながら逝き狂っていました…

友人の突きの強さで美幸の体がバウンドして巨大な一物が抜けたり刺さったりしています。

友人の最後の一突きで妻は痙攣してしまいました。

友人は遠慮しないで私の愛する妻美幸の胎内に子種汁を注いでいます。

昨日美幸の告白と…盗聴器を回収したので書き直します!

 

4月3日の書き込み時、友人に散々嵌められ中出しされてしまった後妻の美幸は「グッタリ」してそのまま寝てしまいました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月17日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻が肉壷扱いされて…2【エッチ】

4月3日に私の愛する妻美幸を友人のOさんに貸し出してからは私は美幸に求める事が出来なく成りました。

Oさんの肉棒の虜に成った妻を自分では満足させてやる自身が無い事やOさんに狂わされている美幸の姿を見て

正直興奮した部分も有りました。

Oさんと愛人契約をした美幸はあれから数回Oさんと密会していました…

勿論私は愛人契約の事は美幸の前では、知らないフリをしています。

私はOさんに有るお願いをしました…「Oさんと妻が密会してるのは既に知っているので…」と言いました。

Oさんは「なんや知ってたんか…美幸ちゃんから聞いたの?」と言うので私は盗聴器の事は喋らずに「…いえ…何と無く…」と言いました。

Oさんは既に美幸ちゃんと下の名で呼んでいました…私は…少しムッっとしましたがそこは我慢して…

私は「今更美幸を愛人扱いにするのを止めてとは言いません…私の目の前でSEXして欲しいとも言いません…気分が悪く成るので…」

と言うとOさんに「それで如何したいの?」と聞かれましたので私はOさんに「盗撮で美幸とのSEXを撮影して欲しい」と

御願いしました。

Oさんに「…なんや…お前もしかして…ネトラレか?」と指摘されました私はドキッとしましたが何も言わず。

Oさんに「撮影してくれるんなら之からも美幸を公認で貸し出しますよ…勿論美幸には内密で…」と言いました。

Oさんは「よっしゃ~任しとけ興奮させたる美幸ちゃんはM系やから…」と張り切っていました。

私は貸出しを公認するに当たっての有る条件をOさんに提示しました…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【童貞・処女と】友達の母 2- 文恵【エッチ】

「あら、そう?美香に言っとくから」

文恵が立ち上がり、玄関で悠斗を見送った。

悠斗はズボンのポケットに手を当て、すぐ隣の自宅へ駆け込んだ。

息が上がり心臓が跳ね、全身から汗が流れおちた。

逃げ込むように部屋のカギを掛け、ズボンのポケットを握りしめた。悠斗はカーテンを閉め、密室になった部屋で額から流れる汗を拭った。

汗ばみ震える手でズボンのポケットからくすねてきた文恵のショーツを引っ張り出した。

「、、、、、、」

クシャクシャになったショーツをそっと目の前で広げる。7.汚れたショーツ 悠斗はカーテンを閉め、密室になった部屋で額から流れる汗を拭った。

汗ばみ震える手でズボンのポケットからくすねてきた文恵のショーツを引っ張り出した。

「、、、、、、」

クシャクシャになったショーツをそっと目の前で広げる。

はち切れんばかりに大きくなったペニスがズボンの中で悲鳴を上げている。

目の前に広げられた青いショーツに見とれながら、ゴクリと唾を飲み込んだ。

洗濯前のショーツからは何とも言えない生臭さが悠斗の鼻を突いた。

「、、、、っん」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月12日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【童貞・処女と】友達の母- 文恵【エッチ】

1.日常の風景「行ってきます」

朝食もそこそこに、美佳は鞄を手に取り小走りで玄関に向かった。

「あれ、今日も一人?悠人君と一緒じゃないの?」

文恵はエプロンで手を拭きながら、靴を履く美佳の後ろから声を掛けた。

「知らない、、、じゃあ、行ってきます!」

一瞬睨み付けるような目を文恵に向け、美佳は玄関から飛び出していった。

「ふぅ、、、」

文恵は玄関のカギを締め、溜息を吐いていた。 この家には美佳を妊娠した際に、少しでも環境の良い所で育てようと一夫と話し引っ越してきた。

都心部からは離れたが、緑や公園が多く子育てには良い環境と思えた。

建て売りの分譲住宅は瞬く間に売れ、隣の高橋家が引っ越してきたのも同時期だった。

お互い妊娠中であったため、直ぐに家族同士の付き合いが始まった。

娘の美佳と、高橋家の悠人とは幼稚園、小学校、中学校と常に一緒だった。

明るくハッキリとした美佳と対照的に、悠人は勉強は出来たが大人しく、悠人が喧嘩して泣かされた時は仕返しとばかりに美佳が喧嘩相手を泣かすこともしばしばあった。

仲の良かった二人がよそよそしく成り始めたのが、中学校に上がって少し経ってからのことだった。

美佳の食欲が減り、笑顔が消え、イライラを文恵にぶつけるようになった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月12日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【人妻と】お酒に飲まれた妻!【エッチ】

結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。

私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。

顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと何時も街中で「中年や初老風な男」に

ナンパされると言っています。

そんな文句の付け所の無い妻ですが…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです…私の物が悪いと思いますが…

日本人平均サイズだと思います。

妻はアソコの事は気が付いていませんそれより自分の脚が太いと少し「コンプレックス」が有り何時もズボンやジーパン

を履いて外に出かけています。

家の中ではホットパンツ姿やパンティのみの生脚姿でうろうろしています。

其の白いムチムチ生脚を見るだけで私は勃起してしまいます。

現在は夜の夫婦生活は年に数回程度に成ってしまいましたが…

私が妻に「今度サークルの飲み会にミニスカート姿で私と一緒に出て欲しい」と申し出ました。

妻が「嫌よ~脚太いし・恥ずかしい」と言うので、

私は「全然太くないよ丁度良い太さだよ…綺麗な脚だし俺見てるだけでもうチンポがビンビンだよ」

と証拠に勃起したチンポを妻に見せると妻は嬉しそうな顔をして今回だけということでOKして貰いました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年1月11日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【童貞・処女と】女友達とトイレ【エッチ】

昔の体験を書きます。

私が大学の時の事です。

サークルで恒例のお花見をする事になり毎年、同じ場所で20人くらいで花見をするんですが

この年は、花見をする人たちが多くてトイレが長蛇の列になっていました。いつもは、女子トイレは待っても

10分くらい?なので女子からもこの公園を希望する声が出るくらい、トイレ待ちの時間が掛からない公園でしたが・・・

その年は、めちゃめちゃ混んでました。そんな状況を横目で見ながら女性陣へ早めのトイレを進めていました。

お酒もだいぶ進み各自がトイレに立つようになり、私もトイレに行きたくなりトイレに立つとサークルで1番かわいいと

言われているA子が、一緒に行こうと言うので一緒にトイレに向かいました。

案の定トイレは激混みで男子トイレもかなりの列、私は近くにある川へ向かいそこでおしっこをしようと歩いていると

後ろから、かなり酔っているA子が声を掛けて来たので「なんだ早かったな!」と言うとA子が「激混みだから未だしてない」と言うので、「じゃ~並ばないと順番ん抜かされるぞ」って戻そうとするとA子は、だってこっちに歩いていくのが見えたから付いてきちゃったと言うので「俺は男だから立ション便するの」と言うとA子は「そこって人来ないの」と言うので、「行かないと分かんないよ、付いて来ない方がいいよ」と言うとA子は「もう限界だから今さら並ぶのは無理」と言うので、一緒に人気のない場所を選びながら歩いていると、ちょうど1m位下に降りると対岸からも後ろからも見えない場所を見つけ、私が降りてA子に「ここなら降りてすれば大丈夫だから、ここで・・」と後ろを向くとA子が「こっち見ないでここでするから、降りるの無理」と言いながら、僕の目の前でパンツを下げシャ~って!始めてしまい・・・お酒と我慢で満タンのおしっこは、放物線を描きながら私の右横を通過して行きます。

私は初めて女性のおしっこをする光景を見てしまい、ボーッと眺めていました・・・するとA子が「どこ見てるの!前向いて自分もしなさいよバカ!」私は酔った振りをしながら「減るもんじゃないし最後まで見る」と断言してやりました。

するとA子は開き直ったんでしょう(笑)「そんなに見たいなら見てなさいよバーカ」私は恥じらいの無いこのA子が、恥ずかしくなるように、わざと視線を落とし覗きこんでやりました(笑)A子ならサバサバしてるので、後でどうのこのと言うタイプでも無いし、と分かってたのもあり・・・

A子「変態・変態」と言いながらティッシュでアソコをふき取り、けっこう長いおしっこが終わり・・・私にA子が「そんなにココが見たいの?」って聞いて来たので、私は「そんなんじゃなくて、女がおしっこするのを初めて見たから・・・」と言葉が詰まると・・・A子が「なんなら見てみなよ」と笑いながら、一瞬だけ自分のアソコを両手で開き「どうだ~大サービスだぞ!」と言いパンツを上げて立ち去って行きました。

私は一瞬の事とだいぶ暗かったので、ほとんど見えませんでしたが、めちゃめちゃ興奮し勃起した息子を出し放尿し何も無かった事の様に場所に戻り、酒を飲みました・・・それが私が見た最初で最後の女性のおしっこです。

因みにA子はその後、私の知人と偶然にも結婚し結婚式で何年かぶりに対面しお互いちょっと気まずい空気のまま、2次会を終え年に1回くらい知人宅で会うくらいですが・・・未だに興奮してるのは私だけ?でしょうね・・・


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年1月11日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【童貞・処女と】友人妻と自分妻の画像を・・・そして【エッチ】

私30歳 175㎝ 中肉中背のサラリーマン(営業)

妻31歳 155㎝ Dカップで小柄のパート(コンビニ店員)この話は、本当の体験を思い出しながら書いてます。

興奮状態の記憶を辿りながらなので、一部変な言い回しになっていたらすみません。結婚3年目の、どこにでも居る普通の夫婦です。

少し違うのは私が普通の夫ではなく、変わった性癖を持っている事なんです・・・

結婚当初から、妻を知り合いの男性に抱かせたいと妄想していました。ネットのSWサイトなどで、奥さんをどうしたら他人に無理なく抱かせる事が出来るのか?

色々な人の経験談や妄想を見ながら、使える、使えないを考えていました。

行動に移して離婚は絶対に嫌だ・・・でも願望はある・・・毎日をムラムラしながら過ごしていました。

ある日、私達夫婦と友人夫婦でショッピングモールへ出かけた時の事です。

妻たちが買い物に夢中に成っている間、私達はコーヒーでも飲みながら話でもするかとなり、喫茶店へ入り雑談をしていると友人から最近、エロサイト見てるんだけどこのサイト良いぞって見せられたサイトが、素人投稿の画像サイトで夫婦・カップルが画像投稿しているサイトでした。

私は「へ~こんな凄いこと皆するんだね~」と真面目な振りをしてたら・・

友人が「このサイトに実は妻を投稿したんだ!見たいか?」と言うので即答で見たいと、本性が出てしまいました(笑)

友人が「条件がある」と言いました。

私「条件ってなに?」

友人「誰にも言わない事とお前の嫁さんのオッパイの写メを見たい」

という条件でした・・・


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年1月10日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【人妻と】後輩に買われた妻【エッチ】

私38歳(テル)妻37歳(ミエ)後輩35歳

私は、妻と結婚して17年になります。まぁ社内恋愛で、私が口説いて結ばれました。

子供は1人、16歳(高校生)になります。

馬鹿な俺が、妻を変えてしまいました。毎日平凡な生活を送っていたある日、あの一言で・・・

俺の妻は、俺と結婚しやがて会社を辞めました。今は、パートでコンビニ店員をしています。

息子が中学校になる頃、念願のマイホームを建てました。妻も支払いの足しにとパートを始めた。

私の給料も安く、決して楽な生活とは言えない状況でした。

そんな時です。妻が変な押し売りに引っ掛かり、借金を追ってしまいました。

金額にして100万円。妻は必至で、謝って来ましたが、私は怒る事もせず、”一緒に頑張って払おう”と言い

少しでもと、休出(みんなに協力してもらい)は自分が出るようにしました。

そんな生活が半年続いたある日、後輩が”金利大変ですよね。私がお金貸してもいいですよ”って言うんです。

俺 「お前から借りたら、倍返・・・何て言いそうだな」

後輩「そんな事言いませんよ。お金、使う予定無いし無金利でいいっすよ」

俺 「本当か!・・・嫁抱かせろ何て言うんじゃないか?」*冗談で言ったんですが…

後輩「俺ファン何ですよ!抱かせてくれるんだったら、支払い安くしますか?」 *笑


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月10日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【童貞・処女と】二つ下の後輩と。【エッチ】

小学6年生の頃の話。実話。二つ下の彼女がいる。

彼女(以後N.K)は小学一年生の時に三年生だった俺にとても良く懐いた。

何故なら家が近かったし幼馴染だったからだ。

廊下や、朝の登校時間、休み時間。常に俺のそばにくっ付いてきた。

授業が始まるときなど、少し寂しそうな目で俺をいつも見る。その時の可愛さは反則だ。

勿論、いつでも可憐で可愛い。

N.Kが2年生、俺が4年生の時に交際と言う形になったと思う。

学校では人気のLoveカップルだった。

因みに、N.Kには二つ上の姉(N.Eとする。)がいる。即ち、俺の同級生だ。

こいつも、なかなかの美人。この姉妹は仲が良く、三人で家庭を築こうねぇ~。なんて言う事もあった。

N.KもN.Eが俺といちゃつくことは別に嫌だとは思っていなかったようだ。N.KとN.Eとは、良くお互いの家で遊んでいた。

両者の親達は、共働きで帰りも遅かったり、会社に泊りでいることも少なくなかった。

それに、親達は4人とも、同級生で、仲が良い。

そういう時は、どちらかの家で、協力して家事を行い一夜を過ごした。

小さい頃は3人で風呂に入ったし、就寝時は俺が真ん中で二人が端に寝ていた。まさにハーレム状態だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月9日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談
20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

このページの先頭へ