ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】酔って友達の部屋に置き去りされた【エッチ】

お酒を飲むとエロくなって何度かお持ち帰りされてるけど、

目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔して覚えてないとか、

そういう経験はないのね。エロくなるっていうか、人肌恋しくなる感じかな。

寂しがりやなのかもしれない。彼氏がいる時はちゃんと彼氏に相手してもらう。

浮気もしない。問題は彼氏がいない時期。



でね、酔っぱらいながらも一応相手を選んでいる、らしい。

最低限のルールは前から知っている人で、わたしに関心をもっている人、らしい。

そういう基準を満たしていたら、後は気分次第っていうか、勢いっていうか、

テキトーっていうか・・・わたしの中のエロ女よ、もう少し選んでよ。



で、お持ち帰られじゃなくて置き去りにされた話です。



仮にTくんとしておくね。友人の彼氏の友達とか、そんな関係だったかな。

友人宅のホームパーティで紹介されたのが最初で、大勢集まってた中の一人。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2015年2月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】クラスメートが…2【エッチ】

Yが私に抱きつき、耳に口を寄せて、甘エロボイスで

「俺のチンコ見て興奮した?」

って聞いてきんです。

私は素直に頷きました。

すると

「素直だからご褒美上げるww」

とニヤつきながら言ってきます。

私はYの事が好きだったので、内心凄く嬉しかったんです。

Yは私のブラの中に手を入れて揉み揉みしてきて、

私も思わず声を出してしまいました。

Yは可愛いと言ったかと思うとパンツの中に手を入れてきました。

「もう、こんなにトロトロだよ?ww

さっきもこんなトロトロにしてオナニーしてたの?ww」

と淫乱な言葉を連続して

呟いてきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】お客で友人だったけど3P【エッチ】

ゴールデンウィーク後の事でした。

俺(リン)は彼女がいます。でも遠距離恋愛で、平日休みが多いデパート勤務の26歳。

ケイコは俺が行き付けのレストラン勤務で24歳 体系はスレンダーで、顔立ちはお姉さん系のCカップ。

そしてミキヨは俺とケイコの共通のカジュアルウエアー販売員で23歳で小柄なかわいいい顔した小悪魔って感じで同じくCカップ。

お互いほぼ水曜日が休みのため、よく3人で遊びに行くことが多かったです。

休みの日はケイコとミキヨが俺のマンションに来て3人揃ってから外に出かけるパターンが多かった。

今まで特に恋愛感情は無く、お互いの職場のお客さんだったこともあり普通の遊び仲間でした。

ただ、二人の視線は感じていました。

休みの前日はよく俺の家で飲んでいました。彼女達の歯ブラシとか簡単な服とかも俺の家に置いてあった。

さすがに下着はお持ち帰りで置いてなかったけどね

そんな生活が5ヶ月くらい続いたある日、俺の家に遊びに来ていたケイコが「今日は体調不調だから帰る!」と行って帰りました。

あれこれ、帰った理由を考えていたときに、ふと気づいたことがありました。

俺の家でナプキン見たことがありません。生理のときはさすがに使用済みを処理できなくて遊びにこないらしい・・・ つまり、ケイコもミキヨも俺の家へ泊まる時は生理の危険がないときなのかぁ?

事が起こったのはゴールデンウィーク後の俺の長期休暇のときでした。

近所に温泉ができて3人で温泉に行った訳ですが、そこに1時間2千円の貸切風呂があり、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2015年1月21日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】男友達にレイプされた【エッチ】

友達にレイプ

元同級生に犯されました。

中学、高校と仲のいい友達だったんです。

A君もB君も・・・それなのにすごくショックです。

昔からよく3人で遊んでました。大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。

ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。

それこそしょっちゅうこ~ゆ~事はありました。

その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。

慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。

何か息苦しくなって目を覚ましました。

するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。

びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。

「ホントはお前が好きなんだよ」 なんて言いながら私を押さえつけました。

「冗談やめて。彼氏だっているんだから。」って言ったんですが・・・「大きな声出したらBが起きるぜ。」 

なんて言われて。それでもいいと思って大きな声で 「やめてっ!!」 と叫びました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2015年1月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】酔っ払って彼女と友達と4Pしてみた【エッチ】

年始に彼女(A)と友達の(TとH、二人とも男)の4人で温泉に行った。

みんな専門学校の友達で、卒業してからも未だによく酒を飲んでいる。

今回も、せっかくの休みだから温泉で酒を飲もう! と、言う感じで一泊二日。温泉につかったら、後は豪華な夕飯を肴にとにかく酒を飲んだ。

で、2時間もするとみんなベロベロ。Tはさっさと眠りはじめ、しかもはだけた浴衣からトランクス越しにわかるぐらい勃起してやがる。

みんな大笑い。悪乗りして、トランクスずらして丸見えに。そして写メ撮ったり、刺身についてた小さい菊の花を乗っけたり。とにかく悪戯の限りをつくた所で友達が「Aちゃん、可哀そうだからイかせてやんなよwww」とかぬかしやがる。

彼女も「え~だって…」とか言って俺を見る。まて、俺の反応次第では気持ちよくしてやるってことか?

酔っ払った頭をフル回転させて、いろいろ考える。気まずい事になる気もするが、一度乱交はしてみたかった。相手もこいつらだし。「よし、いろいろやっちゃったからな。仕上げにイかせちまえ!」と、可能な限り明るく言った。

俺の許可が出ると彼女は「え~じゃあ、手で」と、ちょっと恥ずかしそうにサワサワしはじめた。友達のチンコを彼女が触ってる! そのシチュエーションに、俺フル勃起。

サワサワがシコシコになると、Tが目を覚ました。すげぇビックリしてたが「Aちゃんがヌイてくれるってよ」とHが言うと「まじで!?」と、すげぇうれしそうにしやがる。

「Y(これ、俺の名前)のよりちょっと大きいね」「そんなことねぇだろ」と、俺もチンコを出し「よ~く比べてみな」と、片手で俺のをしごかせる。もともと乱交願望のあった俺さ。後はどうにでもなれだ!

「俺のもしてよ」Hも全裸になった。彼女がまた俺を見る。「みんなで気持ちよくなろう」と彼女を抱きしめるように愛撫した。股間に手をいれると、予想以上に濡れていて、ちょっと悔しかったけどすごく興奮した。

後は順番にフェラされて、俺がゴムを持ってたので順番にセックス。俺の目の前で、彼女から腰を落としてチンポを挿入させていく姿にすごく興奮した。俺の前なのに平気で他の男のチンポを楽しめる彼女のエロさに嫉妬と愛しさ半分半分だ。

全員がイッたところで温泉に。いまさら恥ずかしがることも無いので、人のいない男湯で混浴。セックスまでしたのに、なぜか恥ずかしがって入浴してる彼女に萌え。再勃起。

今度はじっくりとフェラしてもらい、それぞれ手コキだとかフェラだとか、一番好きな方法でイッた。

寝る時はさすがに他の二人とは隔離。俺達の部屋に戻り「すごいことしちゃったね」と、抱きついて来た彼女がすごく愛しい。「大丈夫。今日の事は二人でしたくてしたんだから。誰とどんなことしちゃってもAが大好きだよ」と、全力で抱きしめ返した。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年1月11日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】先輩の部屋で…【エッチ】

いつも通りの居酒屋へ行って、お酒、凄く飲みました。

職場の、仲のいい先輩です。

性別は男性です。

面倒見のいい人(おそらく性格的に)なので、

今日も快く付き合ってくれました。

方向が一緒のため、帰りが遅くなりすぎた日は、

タクシーで一緒に帰ります。

先輩のアパートが私より近いので、

先輩がいつも先に降りるんです。

今日も遅くなりすぎて、タクシーで帰ることになりました。

ただ、今日は、タクシーに乗り込んで早々、

先輩、薄暗い車中でも分かるほど青い顔になって…。

「先輩、顔色悪いですよ。大丈夫ですか?」

「うん…。大丈夫だよ。」

全然大丈夫そうじゃない。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月21日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】再会とはじまり【エッチ】

大学時代、同じサークルの後輩だった湊と偶然再開した。3年ぶりだった。電車のドア付近に立っていたところ発車間際に駆け込んできた女性がいて、必死に息を整えていたので、何気なく顔をみたら湊だった。混雑していたこともあり、その場では、〝久しぶり!びっくりした・・・〟程度の会話しかできなかったが、急行停車駅で若干空いた時に、メアドと電話番号を交換した。その日の夜、さっそくメールをしてお互いの現状を確認し、月末に会う約束をつけた。彼女は現在求職中で、再会した日も就活をしているところだったようだ。なので〝おれの給料日においしいものをおごってやる〟という形で、会うことになった。当日、食事をした後、ドライブをした。横浜からお台場をぬけて千葉までいった。大学時代よくいった場所だった。ひと気のない場所に車を止めて、車内で話をした。大学時代、おれと湊は特別な関係もなく、おれには彼女がいたし、湊に彼氏がいたのかもしらない。サークル以外、遊んだりしたこともなかった。しばらく会話をしたあと、自販機でコーヒーを買って飲んだ。コーヒーを飲んでるときは、ほとんど会話はなかった。しばらくして、おれは湊を見た。湊もおれをを見た。港を引き寄せると、港からもおれに体を寄せてきた。それから20分くらいキスをした。唇だけじゃなく、耳や首筋にもキスをした。港は鼻で大きく息を吐いていた。『明日帰れば?』『・・・はい』その後、ホテルについてから、またキスをした。今度は胸や下を服の上から触りながら・・・。最近のAVはめちゃくちゃ綺麗な子や可愛い子ばかりがでているが、知り合いの女の子の体を見るのとは比較にならなかった。湊の身体を見ただけでビンビンだった。胸は小さかったが、乳首もピンクで小さかった。お互い別々にシャワーを浴びた後、ベッドで抱き合った。湊はまだ1人としか経験がなく、その1人ともそんなに回数をこなしたわけではないと言っていた。とても小さいオマンコだった。クンニしたら泣くような声でよがった。その後、湊の頭をかるくおれの下半身に誘導した。湊はおれの顔を見上げた。『嫌?』『いえ、したことないから・・・』歯があたったり、下手だったが一生懸命舐めてくれた。その日、湊は4回イッた。口と指でマンコをいじった時と、フェラチオさせながら自分でクリを触らせた時、そしておれが正常位で激しく突いている時、終わった後もヌルヌルしていたオマンコをそれとなくいじっている時。湊はイク時、小さい声で『ぁアア、イク』と言う子だった。現在もバイトをしながら求職活動をしている。家賃がもったいないからおれの部屋に引越しさせた。掃除と洗濯、そして夜の相手を部屋代として。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月1日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】★妻の親友と【エッチ】

妻には、小学校からの幼馴染の女友達がいます。

今年41歳ですから、もう30年という長い間、仲がイイ女友達。

結婚当時から家にも度々遊びに来るので、私もよく知っているんですが

妻は小柄でスリムタイプなんですが、その親友はいわゆる『豊満』な

グラマーなんです。

妻から寝物語で、色々親友の事を聞いているんですが….

 ・昔から年下の男が好き(短大の頃は高校生と付き合っていた)

 ・今の旦那も3つ下

 ・結婚前は二人っきりになると求めて来た旦那が結婚してから数が減った。

 ・子供が生まれて益々回数が減った。

 ・昨年から単身赴任していて、2週間に1回土日帰ってくるだけ。

 ・1年に1回あるかないかの状態がココ1〜2年続いている。

うちは、私が助平なので今でも週2〜3回あると妻が話した所

目を丸くして

『いいネーー羨ましい、最近、肌がパサパサしてきているし、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年11月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】京子と誠【エッチ】

以下は全てフィクションだ。未成年らしき人物が飲酒してたりタバコを吸って

いるような描写があるが全てフィクションだ。そういう事だ。納得してくれ。

大学2年の時の話。

その日は大学の語学のクラスが同じヤツらと飲みに行っていた。

2次会は仲の良いメンバー数名で場所を変えて飲みなおし。

さらに3次会と称して、俺と京子とA・B子の4人でバーに

行く事にした。ちなみにA・B子はカップルね。

俺は酒は強くないので口を乾かす程度で1次会からタバコばかり吸っていた。

京子とB子はほどほどに飲んでいるようで、頬が上気して2人とも

色っぽい。ここでは男性陣はウォッカトニック。女性陣は店のオリジナル

カクテル(口当たりはいいがかなり強いらしい)を飲んでいた。

授業のくだらない話や単位がヤバい話など、どうでもいい会話で盛り上がって

いたが、だんだん恋愛の話にシフトしていった。

「で、京子と誠(俺の事ね、仮名だけど)って付き合ってるの?」

とB子が言った。俺はタバコをふかしながら


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年11月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】男友達に舐められちゃった【エッチ】

私(♀)20代前半。

一回り上の飲み友達がいて、2人きりで飲んだときのこと。

ちょっと飲みすぎちゃって、このまま帰るのも寂しいし友達んちでちょっと休んでくことにした。

お酒の勢いもあって元彼のグチ話したり下ネタで冗談言ったりしてた。

んで、「あたし肩こりひどいんだよねー」なんて言ってたら肩モミしてもらうことに。

男友達「これじゃお前かなり疲れるだろ!?」って言われて、入念に揉んでもらう。

私「マジ気持ちいい~癒されるわ~。」

・・・ん?なんか後ろの人、鼻息が荒いんですけどw

男友達「やべっ。お前めっちゃいい匂いがする。」

何やら彼は匂いフェチだったらしく、本人もそれに初めて目覚めたらしい。

そんでもってあたしの首筋とか耳をめっちゃクンクンし始めた。

私「ちょ、くすぐったいんですけど!!」

男友達「めっちゃ興奮するわ~!!なんか分かんないけど、興奮してきた。」

背中に男友達のアレが当たって、硬くなってるのが分かった。

しかもハァハァし始めて・・・


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年11月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ