ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【おっぱい娘と】巨乳中学生沙弥佳ちゃん【エッチ】

どうも^−^こんにちは。では、書きます。      中学入るとほとんどの確率で巨乳がいるのね。そんで、俺はそいつ狙ってたわけ。別に最初は好きじゃなかったのね。沙弥佳っていうのね。バレー部で背は165センチぐらい。そんで、胸が中1のわりにはでかくて俺の最高のオナペットなんだ。んで、前日から作戦を考えていた。それは、「沙弥佳レイプ作戦」とな。そして次の日・・・  バレー部は帰るのが21時00分位なの。そのときは沙弥佳が1人で帰ることを知れてラッキーって思った。そして作戦の時・・・。来た!!!少しついていって人気がない所についた。後ろから近ずき顔に手をつけた。     「きゃっ誰?」      「さあ誰でしょう」    「あ、あなたは○○?」  「そうだよ」       「こういうことならほかの場所でしましょう。」     こんなことをいうので自分の家にいくことにした。行くく途中沙弥佳が俺のことが好きだということが分かった。両思いかぁと思った。    家についた。俺んちは金に困っていないから家はどちらかといえば大きい。    そしていきなり後ろから抱きつかれた。        「脱いで」と言われた。   続く


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2013年7月22日 | エッチ実話カテゴリー:おっぱい娘との体験談

【大学生と】私、女ですが・・・【エッチ】

携帯から失礼します。

私、女ですが投稿しちゃいます。

大学時代、友達歴3年のMがいました。

Mはかなりの男前で、めちゃめちゃタイプだったんです。

でも、当時Mには彼女がいたので本当に私とは友達どまり。

そんなMが一人暮らしをしだしたので、他に友達も呼んで皆でM宅で飲もうということに…。

しかし、誘っていた友人達がドタキャン!Mと二人きりになってしまいました。

Mはせっかくだからとドライブにも連れて行ってくれましたが、結局、お酒を買ってM宅でゆっくり飲むことに…

一人暮らしの男の部屋で二人きりになるのも躊躇いましたが、Mには彼女もいるし、友達の私に手をだすなんてまさかないだろうと安易に考えていました。

Mのマンションは高層で、一角が全面ガラス窓。そこにベッドが置いてありました。

お決まりの間接照明で、「あ〜、ここでいっぱい女の子口説いてるんだろうなぁ」なんて思いながらMと飲み始めました。

だいぶお酒も入った頃、Mが立ち上がり、私の背後へ周り抱き着いてきたんです。

私もタイプのMとこうなることを期待していたのかもしれません。

耳にキスをされ、穴に舌を入れられ、それだけでパンツがグショグショになった。

Mに「Hしたいな」と囁かれながらブラのホックをはずされ、服の上から乳首をつままれました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2013年7月19日 | エッチ実話カテゴリー:大学生との体験談

【大学生と】サークルの男女メンバーで混浴【エッチ】

大学のサークルの男女メンバー6人で、東北のとある秘湯の一軒宿に行きました。

その温泉のウリの露天風呂は混浴で、しかもなんと誰もが行き来できる宿の廊下に面した内庭にあるのです。

つまり廊下の歩行者から丸見えなのです。廊下のすぐ脇に脱衣用のわずかなスペースがあるのですが、当然仕切りなどありません。

宿に着いてお風呂を見に行ったら、おじさん3人が全裸で入っていました。

ちょうど1人のおじさんが立ち上がって風呂から出るとき、私たちはおじさんのチンチンを目撃してしまいました。

「すごい風呂だねぇ」「丸見せじゃん」と言いながらも、

「ねぇ、せっかく来たから私たちも後で入ってみようよ」という話になりました。

夕食後に露天風呂の前に行ったら、今度は若い男女5人のグループが風呂に入っていました。

男性は全裸で、チンチンも普通に見せていました。

女性はバスタオルを軍艦巻きにしていました。

その女性たちを参考に、私たちは女性風呂の更衣室でバスタオルを軍艦巻きにして、彼らが風呂から出たところを入れ替わりに露天風呂に入りました。

我がサークルの男性諸君も前の男性たちに影響されてか全裸で入ってきました。

男子のうち2人ははじめから一糸まとわず、チンチンを思いきり見せていました。

もう1人は童貞君で、はじめ小さいタオルを腰に巻いてチンチンを隠していました。

タオルの下で彼のチンチンの形がくっきりしてきた(勃起していた)ことに気がついた女子の1人が「つまんな〜い。他の男子みたいに、チンチン見せようよ」と言い始めました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2013年7月17日 | エッチ実話カテゴリー:大学生との体験談

【おっぱい娘と】ただ愛した人のために 3章【エッチ】

「どっ、どっちがえっちな顔してるんだっ!!」と反論はしてみたものの、していなかったとは決して言える自信は無かった。「あれ、私もしてるの?えっちな顔」と瑛は不思議そうに首を傾げながら言った。どうも雰囲気が和んでしまい、互いに酔いも程々に覚めたので自分はそそくさと瑛の部屋を出て自宅へ帰った。それ以上は理性が保ちそうに無かった。いや、仮に保たなかったとしても自分からは何も手を出さなかっただろう。そんな恋愛感情的[スキ]が無い相手を抱いていいのだろうか?その場の空気に流されて、本能の赴くままに押し倒して良かったのだろうか?「だぁあああもうッ!何なんだよ、クソッ!!」自宅の玄関に立つと、そんな疑問という後悔と先ほどの瑛の顔が頭の中の思考回路を破壊してゆく。「とにかく寝て忘れてしまおう。あのときの瑛は酔ってたんだッ。」そう独り言を呟き、現実から目を背ける様に眠りへと堕ちて行った。ー翌日、目が覚めると瑛が横で寝ていた。そして軽く寝とぼけた頭が状況整理を始めた。窓の鍵は閉まっている。瑛は寝てる。特に変わらない見慣れた部屋が視界に広がっている。これまた見慣れた自分の裸姿が視界に広がっていた。「!!!!!」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2013年7月7日 | エッチ実話カテゴリー:おっぱい娘との体験談

【盗撮・覗き】同僚の人妻援交の相手だった妻【体験談】

「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」

隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。

こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいのでいつも適当に付き合ってやっている。

その趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。

 

佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。

独身貴族で特に趣味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。

最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。

今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。

ブサイク同士がセックスしているのを見ることほど気持ち悪いものはない。

どうせ今回のも同じようなものだと思って適当にあしらおうと思ったんだが…。

「おいっ、今回の人妻はレベルが高いぞ。見てみろよ」

「お前も好きだねぇ。どれ、見せてみろよ」

他人のやった女の自慢なんか見てもつまらないだけだが、しつこいので適当に見てやることにしている。

「この女、絶対にスキ者だぜ。金なんかどうでもいいって感じだったからな」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月29日 | エッチ実話カテゴリー:盗撮・覗き体験談

【人妻と】夫婦交換【エッチ】

俺(32才)と嫁の奈美(30才)は結婚して3年。付き合っていた頃からあわせると既に5年が過ぎており、エッチは既にマンネリになっていた。

 そんなある時、奈美の大学時代からの友達の美樹ちゃん(30才)と夫の達也(31才)が我が家へ泊まりで遊びに来る事になった。

 酔っても帰る必要のないという安心感から4人でどんどんお酒を飲んでいるとさすがに酔ってきてそれぞれエッチな気分になってきて、エッチな話をしていた時、俺から「お互いのエッチを見せ合おう」と持ちかけた所、達也もよいとの回答。

 女性陣はお互い知り合いという事もあり、嫌だと言っていたが、部屋の灯りを落とす事で同意をもらった。

 そして横に並んでエッチを開始。奈美はなかなかのスレンダーでもあり、是非に達也にも見せてやりたいと思った。そして逆に美樹ちゃんの体も見てみたかった。

 お互いにそれぞれの妻の下着を脱がしておっぱいを触りつつ、隣の女性の体をチェックした。

 美樹ちゃんはスタイルもいい上におっぱいも大きく、それを見た俺は一気に起ってしまった。

 そしてその目を奈美に戻していつもの通り、おっぱい、あそこを刺激した。すると奈美からも美樹ちゃんからも既に小さな抑えた喘ぎ声が聞こえるではないか。女性二人の声である。

 興奮してきた俺は、奈美を四つんばいにして、奈美の顔を達也によく見えるポジションにした。

 そして四つんばいの奈美の後ろからあそこを刺激しながら、奈美に「奈美の気持ちいい顔、達也君によく見えているぞ」と言うと、奈美は「恥ずかしい」と言うものの長い髪をかきあげたりしながら、「達也君見てるの?」なんて言って興奮している様子だった。

 それから俺は四つんばいの奈美の下に入り、奈美のあそこを舐めた。

 しばらくすると奈美は更に気持ちよくやってきており、喘ぎ声が一段と大きくなり始めた。そこで彼女の顔を見上げると、なんと達也が左手で奈美のおっぱいを触っているではないか。

 俺は唖然とすると共に、更にあそこが固くなる感触を覚えた。

 そして達也が気づき、「博史君ごめん。奈美が僕の手をおっぱいに導くから触ってしまった」と言う。奈美は「だって3Pは気持ちいいって聞いた事あるから」と喘ぎながら言っていた。

 そこで達也と俺で奈美を攻める事にした。その間、美樹ちゃんには見学してもらう事にした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2013年6月28日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【おっぱい娘と】蛍・・・始まりの夜 其の一【エッチ】

支配されるのがイヤだった。

 だから先に支配したんだ。

薬品棚の鍵はいつも開いている。

 だからクロロホルムは簡単に手に入ったんだ。

昔からの友人だった。

 だから昼のうちに窓の鍵を開けておくのは簡単だったんだ。

 深夜、俺は近所の友人のHの床にいる。勿論不法進入だ。

 Hの家は最近改築したばかりだ。耐震も抜群だし防音も付いている。

 だから来たんだ。深夜に。カメラとクロロホルム=強力な睡眠薬を持って。年頃の女のHの寝室に。

 さっき睡眠薬を嗅がせた。寝息が一層落ち着いた様に聞こえた。

 ドアの鍵を閉めてから、肩を揺すり、寝ていることを確認する。起きない。

 早速パジャマを脱がす。下着はわざと残して、ブラとパンティーだけにする。可愛らしい薄い水色の下着だ。

 僕はカメラを用意して、体全体と上半身、下半身を一枚ずつ撮った。撮影中も俺のチンポはジーパンの中で苦しそうに膨張を続けている。

 とりあえずカメラを置き、ジーパンとパンツを脱ぐ。

 そして、興奮しながらHの下着にそっと手を添えた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2013年6月24日 | エッチ実話カテゴリー:おっぱい娘との体験談

【大学生と】ぷよぷよ【エッチ】

18か19のころの童貞時代の話です。

その頃、ある事情で、3,4ヶ月、友達の家に居候してました。

で、居候を始めてすぐに、友人に彼女ができました。

その彼女(以下S)は、友人(以下N)や俺の大学の後輩で、付き合う前からよく知ってました。

付き合い始めてからも、3人で食事したり、遊びに行ったりしてました。

ディズニーランドにも3人で行きました。

今考えたら、自分のことながら、遠慮しろよとか思うんだけど、

その当時は、その関係が普通なことでした。





Sは、結構かわいくて、芸能人でいうと、斉藤由貴をさらにやさしくした感じで

Nの彼女なんで、手を出そうとか考えたことはなかったけど、今思うと、

結構好きだったのかなと思います。






このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2013年5月28日 | エッチ実話カテゴリー:大学生との体験談
32 / 32« 先頭...1020...2829303132

このページの先頭へ