ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】女の子2人とご機嫌な3P【エッチ】

昨日初めて3Pを体験しました。

すごく良かったので書いちゃいます。文章下手ですけどすいません。

昔から仲がいいK奈と飲みに行く約束をしていて、俺はいつも通り2人だと思っていた。

ところが、K奈が友達を連れてきてて、 それが結構かわいい。

おれも、軽くテンションが上がってた。

それで楽しく3人で飲んでいてカラオケに行く事になり、そのカラオケが盛り上がって・・・

延長延長でもう浮かれてたら、終電に間に合わなくなってしまった。

おれの家はカラオケ屋から、すぐ近くなので2人ともおれの家に泊まることになった。

K奈は何回か前にも泊まりに来たことがあって、お互い彼女、彼氏がいるので2人でいても男女関係になったことは一度もなし。

だからお互い、何も気にしないでいた。

ただおれは、ちょっと狙っていたK奈の友達のA香ちゃんがいたので嬉しかった。

A香ちゃんとはカラオケからいい感じになっていたので、K奈が寝たら絶対ちょっかい出そうと決めていた。

家に着いて3人とも結構酔ってたからすぐ布団とひいて寝ることになった。

布団は2枚しかないのでA香ちゃんを強引に真ん中にして、K奈がはやく寝るように黙ってタンミングを計る。

ところが肝心のA香ちゃんも寝ちゃって、あんまり深い睡眠に入られる前にと思い、焦ったおれは静かにパイを揉み出す。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】昔話【エッチ】

 去年の話です。20人ほどのサークルの飲み会、忘年会でした。

 俺は今年入ったばかりで、飲み屋知らなかったから部長の菅野さんと一緒に待ち合わせて行った。菅野さんは2年上で、とても亜麻色の髪が似合う女性だった。

 忘年会はかなり盛り上がった。

 俺もいつに無く飲んで、菅野さんもかなり飲んでいた。

 20人のメンバーから来たのは15人程度だったが、みんなかなりの酔いだったらしく、2次会の話はない。

 帰り俺は菅野さんと来た道を歩いた。

 待ち合わせていた場所は俺の住んでいるところから近くのコンビニだったから、そこで彼女と別れる・・・はずだった。

 そのとき、彼女が「ねえ、君ん家行きたいな」っていったから、最初は驚いたけど結局つれてくる事にした。

 部屋に入って、シンと静まり返ると菅野さんは「セックスしない?」って首をかしげて言ってきた。

 俺は酔いもさほどさめてきているようだったが、菅野さんはまだ酔っているみたいだった。

 俺はいままで、この年になってもセックスした事が無いから戸惑った。

 そりゃセックスしたいが・・・

 なんだかんだ言っていると、彼女は服を脱ぎ始めた。彼女のおっぱいが姿を現すと、俺は理性を殺して彼女の胸に飛び掛った。

 柔らかかった・・・。

 股間が今までに無いくらいに勃起するのがわかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年11月1日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】和歌山のおばあちゃんの墓参り【エッチ】

というわけで昔の話を聞いてくれ。

15,6年前に友達の会社の、先輩後輩のなんてつながりで男女6~7人で

よく旅行に行ってた。で、漏れともう一人、友達の会社の後輩(♀)が

バイクにハマッててスキー以外はどこに行くにもバイクだった。

ある秋の3連休の前2日で奈良の奥のほうに紅葉&温泉に行った。

他の連中は車だったり、転勤で別の場所から電車で来たりで現地集合。

現地ではまあ楽しく遊んで、最終日に朝飯食って、ダラダラしてた。

車&電車組はもう少しその辺りを見ていくという事になったが

その後輩のコが言いだした。

「実は、父親の実家が和歌山の**(地名忘れた)にあって、おばあちゃんは

 もう10年くらい前に亡くなってるんだけどすごく可愛がってもらってたのに

 全然行ってないからお墓参りに行きたいんです」

地図で確認すると和歌山。ここからもかなり遠い。

さらにそこから家のある名古屋圏にも結構もどりずらそう。

ただ若いってのはちょっとムリしたいお年頃ってことで行くことにした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年10月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】友達に彼女のケツの穴まで見せちゃった【エッチ】

先日、友人と友人の家で飲んでいるとき、

「おもしろいビデオがあるから見せてやる」と言われ、

1本のビデオを見せてもらいました。それは何と、

友人とその彼女のあつこちゃんのハメ撮りビデオでした。

かなりビビッたのですが、「お前も撮ってみて見せ合おうぜ」と勧められ、

僕と彼女のSEXを見せてしまうのはちょっと勿体無いのですが、

友人の彼女のSEXも見れるので、撮ってしまいました。

すぐに家へ帰って彼女を呼び、最初は借りたカメラを隠してセットし、SEXしました。

友人のリクエストでは、「俺は尻フェチだから、尻を中心に」だったので、

69では彼女の尻がカメラの前に来るようにして撮りました。

途中からは、「撮っていい?」と彼女に聞いて、

「えーーー・・・誰にも見せないのなら・・・」と許しを得て堂々と撮ってやりました。

まだ一回も見ない状態で、次の日に早速友人の家へ持って行って、見せました。

僕も見るのがちょっと楽しみでした。

最初はなかなか映らずに友人もイライラしていたのですが、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年10月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】偶然に【エッチ】

最近、体験したことを軽く書き込みたいと思う。

私と妻は共に41歳。結婚8年目。子供はいません。

今年に入って私は妻に以前から持っていた願望について話した。

それは混浴温泉巡り。

最初は妻はこの話にけんもほろろで取り付くしまもない。

やっとの説得で、妻の了解を得てGWに初めて混浴温泉旅行に行ったのだが

露天風呂には、周りに客がほとんどいない。

私は少しがっかりしたが最初はこのような感じで良かったかもしれない。

緊張していた妻は想像していたよりも混浴がHな感じではなく

美味しいものを食べて温泉に入れるしで旅行に満足していたから。

そして、この秋に九州に混浴温泉旅行に行くことがすんなりと決まった。

先月、九州新幹線で旅館へ。今回は少し贅沢をして高めの旅館に2泊3日宿泊した。

旅館に到着したら私は早速広い混浴露天風呂に直行した。

妻はもう少し部屋で休んでから露天風呂に来るとのこと。

この旅館は男女別の内湯から出てくる造りになっていて脱衣所も別々だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年10月12日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】堅物の妻【エッチ】

実話です。私 39歳 妻 44歳。年齢だけを見れば妻は熟女です。しかしいまはやりの美魔女。体型も若い時のまま。10歳以上若く見られています。妻を見た私の友人達は、いずれも「羨ましい」とか「抱きたい」「奥さんを想像で抱いている』とか言われるのですが、そのことを妻に伝えても、にやりともせず「フン」といって相手にしません。堅物で、貞操観念の強い女性だな といつも思っていました。寝取られ系サイトを見てる内に、自分も愛する妻を他人に抱かせてみたいという願望が湧き起こり、思いきって何度か妻にその願望を伝えてみましたが、当然の様に断られ、というよりいつもまともに聞いてももらえず終わっていました。そんな妻が、珍しく酔っぱらってかなりテンションの高い日があり、いつもは聞いてもくれない私のそんな願望の話を 真剣に耳を傾けて聞いてくれました。『貴方はどうして私にそんな事させたいの?』『私がどこの誰とも分からない人に抱かれてもいい訳?』『病気もらうかもしれないじゃない

貴方は私がエイズにかかって死んでもいい訳?』でも結果はこんな感じで、とても応じてくれる様な雰囲気はなく、諦め半分で私が妻に、サイトで探した相手とかじゃなく、知り合いの中から相手を探すというのはどうかと聞き、

例えばという感じで夫婦共有のスキー仲間の名前を何人か出し聞いてみたところ、意外にも全く聞く耳持たずという感じではありませんでした。ただその場合は友達を3Pに誘うという事は出来ないので、妻の浮気という形で単独で抱かれてくる事になり、妻が他人に抱かれてる姿をこの目で見る事は出来ません。そんな話から妻の浮気願望について正直な意見を妻に求めてみたところ、これまで全く浮気願望が無かっとは言えないと、ちょっとショッキングな本音を妻から聞きました。『やっぱり女も素敵な人を見たらトキメク時もあるよ

だからと言ってそれで即浮気に繋がらないのは、やっぱり道徳心からかな』そう言った妻に、スキー仲間の中で素敵に思う男はいるかと尋ねてみると、素敵とまではいかないけど、親切でいい人だなと思う人はいると言いました。それは誰?と妻に聞いてみると、裕也と悟のふたりを挙げました。二人とも、まだ30歳前後。妻よりも一回り以上若いです。

確かにこのふたりは前から妻に親切で、妻の事を美人だとかタイプだとかよく言ってたので、妻もそれには気を良くしていたみたいでした。

尤も、彼らに限らず、美人とかタイプだとかは親しくなった男性は皆、言って来るのですが・・・・。『このふたりと浮気してみたいって一瞬でも思った事ある?』って聞いてみると、一瞬溜めてから妻は

ないよ と返事をしたので、あるんだ

と私は思いました。『このふたりのどちらかと浮気してみない?』と私が言うと、『そんな事マジで言ってるの?』と驚いた顔をして妻が私に言い、私は、俺が公認だから浮気にはならないし、平凡な人生より少しくらい刺激があった方が人生愉しいんじゃないかとそんな話をし、お前も俺ひとりで終わるより、人生愉めるなら愉しんだ方がいいんじゃないかと話すと、妻は、

どうしてそこまでして、私と他の人をエッチさせたいの?と

最後に私に聞きました。私はその答えとして妻に、刺激的な体験を一杯して、もっと魅力的な女になって欲しいからと言いました。他の人とエッチな事したら魅力的な女になるの?と聞いた妻に、今よりエッチな女になったらなれると思うと言いました。『でも浮気するって

どうやってするの?

私から誘う訳?

そんなの絶対ムリだし、かといって相手からも絶対誘ってなんか来ないよ』『それは俺が何か作戦を考えるよ』そうは言いながらそんな作戦なかなか浮かんでは来ませんでしたが、とりあえずは妻が裕也と悟とならば浮気も考える気配なのでそれが聞けただけでも私にはかなりの進展でした。

その後、私が妻とのエッチの最中に、悟や裕也の話をすると、妻は異常に興奮する様になり、終いには

早くふたりに抱かれたい


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】初体験は図書室で…【エッチ】

自分が初体験をしたのは中学2年のときである

当時、自分のことを好きになってくれた女子がいて、チカという名前だ

チカとはクラスが同じで、席も隣同士だっためとても仲の良い友達だった。そしてチカの親友のサナエとも仲良しだった。

チカはとても積極的な人で、周りだけでなく、モテたことのなかった自分ですらチカの好意に気付いてしまうほどだった。

その当時、中学では委員会に入るのが決まりだったため、楽であろう図書委員に入り、自分につられてチカも図書委員に入った。

しかし現実は甘くなく、委員会の顧問の先生に気にいられていたために委員長をやるはめになり、さらにチカも自ら立候補して副委員長をやることになった。



これが初体験の第一歩だった。



図書委員では基本的に、当番関係なく委員長と副委員長は放課後、毎日図書室に行くのが決まりだった。

そのため、自分は毎日放課後は、チカと当番の人たちと作業をしていた。

そんなある日のことである。

チカと自分は隣同士に座り、向かいあって後輩が座り、話し合いをしていたときだった。

チカが突然くすぐってきたのだ。

「コーちゃん…くすぐっちゃぇー♪」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年9月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ただ愛した人のために 1章【エッチ】

何かと思っていると瑛は昔話を話始めました。4年前に瑛が付き合っていた彼氏はバカ正直で嘘の下手な奴だったそうで、まるでどこかのマンガの主人公の様な人だったそうです。最初、瑛はその人に全く興味が無くて適当に対応していたみたいなのですが、「日に日に気になっている自分がいた」と瑛は言っていました。そしてその彼と出会ってから半年後に彼からの告白を受けた。この時に私は瑛との距離を空ける様になっていたのですが、その間もなんだか「色々トラブルやら事件があって大変だった」と瑛が表情を変え、苦笑いをしていた所を見る限り本当色々あったみたいでした。よく思い出すと、瑛はそんなに[表情を表に出してくる]奴ではなく、そこを踏まえて考えると相当ひどかった事を想像してしまいます。いきなり抱きついて来たと思いきや、胸を揉まれたり・・・学校の廊下、しかもいつ人が来るか分からない状態でキスをした。とも聞かされてなぜだか胸の辺りが嫌な熱を持っている事に気が付きました。なんでこんな感情を抱くのかは分かりません。嫉妬心にも似た感じで、嫌な気分になってしまいました。 続きはまた今度投稿します。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】僕の妻【エッチ】

名古屋に転勤になり、ある飲み屋に仲のいい先輩と二人で入り浸っていました。その店は50歳すぎたママさんと、バイトの女の子、スリランカ人のシェフでやっている店でした。ママに温泉とかよく連れて行ってもらいました。

その後先輩が転勤し、いつか僕一人でその店に入り浸っていました。その後も店で知り合った友達を含め遊んでいました。Kちゃんは少し天然で、見た目はイマイチですが、本当にいい子で、こんな子が彼女でもいいかな?と思ったくらいで、最初は何の気もなく、飲んで店にいた時はママに「W君(僕)Kちゃん泊めてってよ」と、2回泊まってった事もありました。その時は布団の中でちょっかいは出したけど何もせず過ぎました。

しかし、ある日人生をかえる出来事がおきました。いつものようにスキーいくからという理由でKちゃんが僕の家に泊まることになりました。店は休日だったので昼は二人で買出しなんかして、僕は「今日はやっちゃうか?」と心に秘めていました。そして夜、いつものように布団でちょっかい出すと嫌がってましたが、ついに無理やりやっちゃいました。無理やりキスをし、服を脱がせ、フェラもさせ、ついにやっちゃいました。その跡はバージンのしるしの赤い血がシーツについていました。泣いていました。翌朝何もなかったようにママとkちゃんとスキーに行き、その後も普通に過ごしました。でもきちんと「だんだんKちゃんが好きになったから」と告白し付き合うようになりました。

その後は僕の欲望のなすがまま、車でしたり、非常階段でしたり、車の陰でフェラさせたり、トイレでしたり、すき放題してました。休日は必ずセックスしていました。そして調教もしました。僕がはじめての男なので何でもやり放題でした。口内発射、顔射は当たり前、ノーパン・ノーブラで街をデートしたり、バイブも買ってあげ、ビデオカメラも買い、ハメ撮りもしました。とにかくものすごいプレイをしてた。毎日店に飲みにいき、閉店までいて、Kちゃんを駅まで送ってやり、地下鉄の階段の陰でフェラさせてました。もう僕の性の奴隷状態でした。

不思議なもので女は男を知ると綺麗になるんですねえ。だんだん体に締まりも出てきていい女に見えてきますから不思議です。僕もどんどんはまっていきました。Kちゃんとは名古屋にいる間ずっとそんな感じでやりまくっていました。そんなkちゃんは今僕の妻となっています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】夫の悪戯      (今年の出来事)【エッチ】

夫の悪戯に困っている今日この頃です。

相変わらず、私に色々な格好をさせて夫は楽しんでいます。

結局、夫の友人(山口さん伊沢さん)はお正月に来る事はありませんでした。

しかし、春ももう直ぐと言う時、夫は友人達と飲みに出かけたんです。

夫が帰宅したのは、夜11時を過ぎていました。

ソファーに座り、酔い冷ましの水を飲んでいる時です。

「今度、プールにでも行こうか?」

「何!急に」

「山口がさぁ、無料チケット貰ったから一緒に行こうって誘って来たんだ」

「まだ寒いでしょ」

「温水プールだし、室内も夏並みに暑いらしいぞ」

「福○の・・・」

「あ~そうだよ。いいだろ!」

「ん~誰が行くの?」

「俺達と、山口、伊沢、それと山口の姪っ子」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月26日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ