ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】カットモデルの後・・・【エッチ】

私の携帯に見覚えのない着信番号がはいっていたので得意先かもしれないのでかけてみた。相手は私が18~20歳ぐらいまでよく遊んだ友人でした。っといっても私の結婚披露宴で最後に会ったので7年ぶりでした。

「幸子さん仲良くしてる?再来週、美容院オープンすることになってよかったら幸子さんにカットモデルを頼みたくって・・・」っていきなり言ってきた。 「店オープン前に幸子さんの綺麗な長い髪をカットしったいな~っと思って」と言ってきた。でも嫁は結婚後長かった髪の毛切って肩にかかるぐらいしかないって言ったら「切ってしまったんか~それでもいいよ!幸子さんを見違えるほど綺麗にするから」って言ってきた。

私は実は断髪フェチだったので相談もしないでOKしてしまった。カットの様子を映像と写真撮影もすると言うので写真とDVDに焼いてくれるならと条件をだしました。

当日、友人の美容院へ幸子と送って行った。送る途中幸子は自分の髪を何回も触って溜息をついていた。「切るの嫌ならやめる?電話して断るけど?」って言うと幸子は「いい ちょうど切ろうと思ってたし」と言ってくれた。

店について友人が 「お前も付き添うか?」って言うので一緒に店内に入った。

友人はとりあえず幸子の要望を聞いてからシャンプー台に行きシャンプーをしてカット台へ座らせた。店の奥から何やらいろんな道具を乗せたワゴンを出してきた。よく見るとバリカンもあった。ええ~バリカン?・・友人を呼んで奇抜な髪型は止めてくれと言っておいた。

さっそく幸子にケ−プを掛けコ−ムで幸子の髪を梳いて上部の髪をクリップで留めていった。友人は幸子の耳元で何か囁いてからいきなり耳下ぐらいでばっさり切った。鏡に映る幸子は目をつむったままだった。友人は後ろに回り襟足にコ−ムを下から髪をすくい適当に切り始めた。

床には幸子の髪の毛が山のように積もっていた。

あっという間にショ−トヘア−が完成した。幸子の表情は微妙だったけど幼くなって可愛いと思った。

そろそろ終わるころに会社から呼び出しの電話がはいってきて友人に言ったら幸子さんは終わったら送って行くから会社に行けよって言われて私の耳元でちゃんと抱いてから返すから・・・冗談 冗談・・・と言って笑ってまたカットの準備を始めた。

店を出ろうとした時、友人は幸子の襟足にバリカンをあてて刈り上げ始めた。もう時間がないので私は会社に向かった。

やっと会社の用事が終わったので20時過ぎに帰宅したが幸子がまだ帰っていなかった。友人に電話をかけようとした時にガチャっとドアの音がした。玄関にすっかり変わった幸子恥ずかしそうに立っていた。前髪はおでこが半分以上出て耳周りや襟足もすっきり刈り上げて別人のようだ。出かける前の幸子の面影がぜんぜんなかった。って言うより私の髪より短い!

幸子が友人から預かってきたっと紙袋をもらった。多分 中身は約束のDVDと写真だとおもった。幸子はすぐにお風呂に入りなかなか出てこない。あれだけ髪短く切ったらシャンプーも楽になってるのに遅いと思った。幸子が寝た後にDVDを見てびっくりした。前半~中盤は幸子のカットの映像だがその後が・・・・カットが終わってからケ−プをはずして着てる服まで脱がしてキスをしている。一瞬 嘘やろ、何が何だか解からなくなった。

なんと友人と幸子がSEXしてる映像だった。幸子をシャンプー台に寝かせ友人が上に乗り腰を激しく振っていた。あいつ冗談って言ってたのに・・・でも、よく見てると幸子の様子がおかしい。無理矢理やられてる感じがしない。だってフェラチオしたり 友人の上に乗ってるし・・・なぜか見てるうちに私のちんぽが固くなってきた。友人は幸子のオメコに指で攻めまくりその後舐めまくり幸子も「早く入れて~中出ししてもいい~はやく~」って叫んでる!幸子がこんなに淫乱女とは思わなかった。

その後寝室に静かに入り私も幸子を抱いてやりました。友人に負けないように激しく朝まで・・・・・・


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年9月18日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】福島の温泉で【エッチ】

この間の夏休み、男3人、女5人の計8人で福島の温泉に行った。

宿を決めるときに男の一人(以後O)が混浴のところがいいと

主張したけど、女性陣に却下され、俺は飲んだり、寝てるとき

下着が見れたり、うまく風呂で見えたらいいなと思っていた。

宿に着いて飯食って、まず男だけで風呂に入った。

風呂は男湯、女湯ともに外と屋内の脱衣所と露天の間に風呂が

あった。

長風呂が好きな俺は他の二人が上がったあとも風呂に入っていて

誰もいなかったから女湯がどんな感じかどうどうと覗いたりして

たら露天の男湯と女湯を仕切って見えないようにしている竹で

出来た塀みたいなやつの紐(?)が緩んでいて手で広げたら覗ける

ことに気がついてラッキーと思い、一旦部屋に戻って女友達が

どうするかを知ろうとした。

部屋に戻ると入れ違いに女友達たちが風呂に入ることになり、俺も

さっき出たばかりなのでしょうがないから男3人でテレビみながらだらだらしてた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】友人との浮気【エッチ】

この間、友人に犯されました。

ただの友人ではなく大切な人です。

私は結婚2年目の25歳ですが、夫にとっても私にとっても大切な友人の1人なのだけに、ショックでした。

しかも心ならずも感じてしまった私も・・

久しぶりに仲間内で集まっての飲み会に盛り上がったその日、私と彼とが途中でお酒の買い足しに行ったのです。

その帰り、車の中で突然キスをされました。

何が起こったのかと驚いているうち、胸元から手を入れて揉まれ、乳首をいやらしく愛撫されました。

ぼぅっとしていたのが快感になったのと、起こっている出来事を理解したのは同時でした。

とっさに「やめて!!何すんの!?」と激しく抵抗しましたが、がっちりした彼の力にはかなうはずもなく、しかも乳首をつままれて、私の身体の方は完全に快感の方をとってしまっていたのです。

「ぁんっ・・・」と、どう考えても拒否ではない、甘い声を出してしまったんです。

そのままスカートの中に手を入れられ、パンティの上から割れ目の部分をこすられました。

昔は遊び人だった人だけに、ものすごく素早くて上手くて。

既に濡れているアソコがさらにOKサインを出してしまっていたと思います。

まるでメロドラマみたいですが、せめてもの抵抗に私はダメといい続けました。

でも段々その声に私自身も段々酔ってしまって・・・彼もその「ダメ・・ダメ・・・」の声に、興奮しているようにも見え、益々いやらしくこすられ、クリトリスをつままれると、私の身体はビクッ!となってしまいました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年9月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【学校で】同級生の乳首【エッチ】

小6の時に村上琴音って子がいた。その子、胸ちょっと膨らんでて、服をちょっと押し上げてるぐらいの大きさなのにブラをしていなかった。だから、乳首は透けていないけど、胸の膨らみとかはわかるぐらいだった。

僕には座って腰を捻って鳴らす技があった。

ある放課後、腰を鳴らして音を鳴らしていた、琴音ちゃんがやり方を教えてと、聞かれた。やり方を教えたけど、琴音ちゃんの腰は鳴らなかった。仕方なく、琴音ちゃんを前に座らせて、両手を頭の後ろに組ませて、腋に両手を回して、両手の甲を鎖骨あたり当てる体制になった。この時、近くで琴音ちゃんを見ると結構可愛いんだなと初めて思った。まず体を左右に軽く捻らせる。段々と強くしていって、最後に強く捻る。しかし、音はならなかった。また、何回も捻らしていると、手をあげているから、服が胸に張り付き、しかも、服の生地に乳首が擦れているからか、服の上からでもわかるほどツンと乳首が勃ってしまっていた。上から覗くと、膨らみかけの胸に乳首がビン勃ち、服が役割を果たしていないほどに形が丸わかりでした。更に強く腰捻らせると服が張る為、乳首の形は勿論、胸の形まで丸わかりになっていた。腰を鳴らそうとしていたが、琴音ちゃんの乳首ばかりみていた。どうしても鳴らないので、琴音ちゃんを羽交い締めのような体制にして、腰を伸ばさせた。これでもかと言うほど服が張り、乳首と胸の形が完全に透けていた。そして小さいがゴキゴキと琴音ちゃんの腰が確かに鳴った。琴音ちゃんは笑っていた。それから家の方向が一緒だったので一緒に帰ったが、琴音ちゃんの乳首は五分ぐらい透けっぱなしだった。

中1の時、部活で琴音ちゃんと体育倉庫で一緒になった。琴音ちゃんは暑いのかジャージのファスナーをブラが見えるほど下ろしてた。これくらいは私の中学では普通だったら探し物しながら琴音ちゃんを見たら、前屈みで胸元がダルダルだったのでおっぱいが丸見えだった。しかもブラしてないから胸全体が見えてしまってた。生で見る琴音ちゃんのおっぱい、あのツンツンの乳首は色素の薄いピンク色だった。手伝うふりして見まくった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年9月13日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【学校で】おっぱい見ちゃった【エッチ】

僕が大学生だった頃の研究室での出来事です。当時僕は大学の3年生。医学部の臨床検査を専攻していました。医者ではなくて、いわゆる保健学科というやつです。

 僕の学年は1学年40人で、男子8人、女子32人の学年でした。3年生になると研究室配属というものがあります。これは2人ペアになって研究室に配属されて半年間その研究室で勉強するというものです。

 僕は愛ちゃんという女の子とペアで生理機能検査室という研究室に配属されました。

 愛ちゃんはクラスの比較的おとなしいけど、僕とは気のあう女の子でした。身長は160センチ、体重は…わかりません(笑)けっこう細めの女の子で、胸はあまりないと思いました。顔もかわいい方なのですが、そんなに目立ってかわいいという感じではなく、純情そうなかんじの子です。日頃はとてもガードが堅いことで有名で、3年間一緒にいながらいつも露出の少ない格好をして、肌をあまり見せない子でした。僕はクラスの女の子のパンチラや胸などよく注目して見てしまう人だったのですが、愛ちゃんには全くそんなチャンスはあいませんでした。

 この研究室ではエコーという検査を行っていました。エコーというのは超音波をあてて体の中を見る機械です。この研究室では心臓や腹部にエコーをあてる実習などをやらせてもらいました。このような実習は1人ではできないので、愛ちゃんとペアだ…つまり愛ちゃんの裸が見れる…と期待していましたが、そんな良い思いができるはずもなく、大学院生の男の先輩とペアをくんでの実習を行うことになりました。

 こんなかんじで半年の実習もあと1ヶ月ほどとなったころ、研究室に乳腺エコーつまり、胸のエコーの有名な先生がくるから、講演を聴きにいくことになりました。あんまり興味もなく、3時間の講演を聴いて終了!!と思ったら研究室の助教授から、○○先生今から研究室であはなしするから一緒に2人もきなさいといわれ、愛ちゃんと2人で研究室へいくことになりました。

 そこから話は思わぬ方向へ進んでいきました

 せっかくだから、Nさん(←愛ちゃんのこと)エコーをあててみてもらいなさい。うちでは乳腺エコーの実習をする機会がないから学んできなさい。と教授がいいました。最初、愛ちゃんまた帰るの遅くなってドンマイだなーと思っていると、

愛ちゃんが、「うち一人でいくんですよね?」

と聞くと、教授は「せっかくだからTくん(←僕のこと)一緒に勉強してきなさい」

といいました。

「そんなの恥ずかしいし無理です」と愛ちゃん。

5分ほど必死に反対していましたが、教授はせっかく遠くからきていただいてるんだからやってきなさい!とききません。

 愛ちゃんは諦めたかのように「はい」と小さくうなずきました。

 研究室の廊下を歩いてエコー室にいくまでの間、愛ちゃんは顔色一つかえずに平然としていました。僕は、愛ちゃんってガードは堅いけど、意外とこうゆうの平気なんだなと思っていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年9月12日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【学校で】爛れた夏【エッチ】

俺たちは祥子を四人がかりで食べ始めた。

キャミソールからは張りのあるおっぱいが引きずり出され

左右から違う男に好き勝手に揉まれていた。

「す・・ごいねっ・・あんたたち・・激しすぎ」

「でも、お前もエロイな」

「もしかして、前からこうなりたかった?w」

「なんとなく願望はあったよぉ」

「へ~、勉強できて賢いのに、淫乱女だったとはね」

「俺も祥子は言うだけで、実際は淡泊だと思ってた」

「もぉ・・・でも、今日は好きなことさせてあげるw」

「いやいや、もうやってるしww」

「んじゃ、祥子ちょっとしゃぶってくれる?」

「うん、いーよ」

「唇厚いからエロイよな」

「フェラ顔最高っす」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月11日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【友達と】双子ちゃんと【エッチ】

はじめまして。

私は田舎に住む18才の女子高生です。

この前体験した事を書きます。

私の父の同僚の子供、兄大樹、弟勇樹(小6)とは昔から遊んでいました。ただ私も最近大学進学の準備でバタバタしていて一年ぶりに双子の家に遊びに行きました。

「久しぶりだね!二人共元気だった?」

私は双子とゲームをしてました。途中お通じがしたくなったのでトイレに行き、パンツを下ろし便座に座った時、トイレを双子が覗きに来た事に気付きました。

この家のトイレは建て付けが悪くドアに少し隙間が開いていてそこから私を覗いてました。

私は気付かないフリをして心の中で「この子達ももう女の子の体に興味がある年頃なんだぁ」と思い、お尻を拭き始めると二人はリビングに戻りました。

私はトイレを出て二人に

「ねぇ私二人の部屋に入るよ。」双子「いいよ。僕達もゲーム終わったら行くから」

私は双子の部屋に入りHな本等がないか探しました。

すると、ベッドの下に本がありました。ペラペラ見てみると、ほとんど女子高生やお姉さん系の物ばかりでした。さらにベッドの奥落ちていた数枚の写真がありました。全部私の顔を貼り付けたHな写真でした。

普通の人ならキモいとかヒクと思いますが、私は結構痴女っぽい所があったので、正直嬉しかったです。

本を戻し、写真をポケットにしまいマンガを読んで双子が来るのを待ちました。

双子が入って来て、話しをし始め、恋話になり


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月10日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】妻のパンツ【エッチ】

私、市役所勤めの47歳。

妻、有紀は46歳で、今春から調剤薬局でパートをしています。

子供は男の子二人で、共に大学生で家を出ています。

セックスレス4年くらい?

寝室も最近別。

私なりには、外で少しは刺激のある生活をしているつもりですが、何しろ我が家には色気がない。

薬剤師の妻は、何しろ清潔好き。

私は女好き。

子供たちが家を出て、気付いたのが色気のない妻の下着。

子供たちがいなくなり、物干しには私と妻の物だけ。

妻のショーツなど、ベージュ色でショーツというよりデカパンと言った方がいいくらい。

ここのサイトを見ていると、奥様が浮気をすると下着に変化があるとか。

我が家は、全くの期待なし。なんて思っていた矢先、少し変化が。

8月の初め頃から、白いショーツが物干しに。

Tバックじゃないけど、少し小さめ、それに少しお飾りのレースが。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年9月9日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【学校で】友達の胸が丸見えに【エッチ】

僕はとある大学に通う学生です。

僕の通っている大学はそんなに大きい大学ではないのですが、田舎の医療系の大学です。僕の通う大学の校舎のすぐ裏に、同じ部活の仲のよい女の子が住んでいます。彼女の家は学校から裏の小さな道へぬける出口の目の前みあります。彼女の家には何回か行ったことがあるのですが、家は2階で、学校の裏の路地にむかって大きな窓があり、その窓の前に洗面所があります。その洗面所の隣にお風呂場、そして扉をはさんでむこうに10畳くらいの部屋があります。

女の子はかなちゃんという名前で身長は162センチ、やや細身の女の子で、髪は黒髪の明るい女の子です。顔はかわいいのですが、高校は女子高らしく、大学1年の時は今までは付き合ったことはないといっていました。

大学2年の夏休み、友達とかなちゃんの家の前を歩いていると、友達が「かなちゃんの家の窓のとこに下着ほしてあるの見えるぞ」と言いました。それを聞いてかなちゃん家の窓に目を向けると、いつもは閉まっているカーテンが開いていて、かなちゃんのものと思われる白いブラが2つ干してあるのが見えました。友達とちょっとテンションが上がって「今度から学校帰りチェックだな」と言っていました。

その日からかなちゃんの家の窓には毎日注目していました。

けっこうカーテンが開いている日もあり、下着を見ることができました。下着は白が圧倒的に多く、ときたまピンクの下着も干してありました。

そして、2ヶ月くらいたった日でしょうか…学校が遅くなって帰るのが夜11時くらいになった日がありました。僕はいつも通りかなちゃんの家の前を通って家に帰ろうとしました。するとかなちゃんの家の窓には電気がついています。カーテンはあけっぱなし。珍しいなと思ってみていると、かなちゃんが窓の方へやってくるのが見えます。

そして次の瞬間、予想だにしないことが起こりました。

かなちゃんは洗面所の鏡があると思われる方をむいて何やらやっていましたが、次の瞬間白いTシャツを脱ぎだしました。僕はびっくりして何が起こっているのかわかりませんでしたが、目の前には上半身白いブラだけのかなちゃんがいます。

思わず周りを見回しましたが、誰もいないみたいです。僕はさらに凝視し続けました。

かなちゃんの胸は思っていたよりもかなり大きいみたいです。普段はだぼっとしたTシャツなどをきていることが多いので、胸はないと思っていました。意外とというよりかなりのふくらみに息を呑みました。

かなちゃんは背中に手をまわします。

僕はつばをのみながら固まっていました。

横から見てブラがはずれたのがわかります。

そしてついにかなちゃんの胸があらわになりました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年9月6日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【友達と】母さん…【エッチ】

母と絡まっていたのは僕の友人のKでした。Kは何度となく僕の家に泊まりに来ていました。あの日、僕とKはゼミの打合せの予定でしたが、直前にKはキャンセル…以前、「お前の知っている熟女のマ○コ…」意味深に笑い数枚の画像を僕にくれました。充血した肉壁に粘液が絡みついていて…僕は何度もその画像で自分を慰めました。「餓えているんだ 彼女! いつも中だし ゴムを嫌がるし!」ゼミに行かず、家に戻ってみると、リビングから母のすすり泣くような声…リビングのドアの隙間から覗き見れば、脱ぎ散らかされた衣服の中でKに跨り腰をくねらせ、彼に突き上げられる度に弓なりになり甲高い声で喘ぎ悶える母でした…覗き見たのは数分でした。後は逃げるようにその場を後にしました。数時間後、Kから数枚の画像が届きました。「キャンセルしたお詫び…」母のマ○コに突っ込まるたKのマラ…僕は母のマ○コの画像を見ながらシゴいています!気が狂いそうです。母としたい!おやじは当分居ません!僕のマラの方がKより気持ち良いよ!母さん!母さん!母さん!誰か僕を止めて…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年9月6日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ