ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【マニア】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【体験談】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。

それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。

由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。

どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、

ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。

録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。

こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。

”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”

松田の声が響く。

”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”

”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”

”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。

本当に、ただのビッチがいる感じがする。

”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”

いきなり真剣に口調で言う松田。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:マニア体験談

【出会い系で】元モデルの女をゲットできたんだけど 【エッチ】

今年4月の話。某サイトで知合う。メールで10回程やり取り・電話3回。写メ交換は楽しみが減るので、したくないとのこと。



俺も、同意。電話すればだいたい分かる。俺の経験だと、中は絶対にあると確信。大阪は梅田で待ち合わせ。



おいおい…あんた光ってるよ。。。背が高い。顔は10点中7.5かな。。

マジモデル経験ありってのはホンマっぽい。



めちゃめちゃナイスバディだ。。。釈由美子みたいだった。。

俺のメールと電話でのトークマジックか。。初めて会うらしい。ホンマか?



ジャズと生ピアノの演奏流れる雰囲気のいいお店に連れて行く。

さすが高校卒業したばっかだ。感動しまくって、雰囲気に酔っていた。



お酒にもあまり慣れていない模様…

目がとろりとしてきた。俺の膝の上に手を置いてくる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年12月26日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【体験談】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。

正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。



俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。





俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。



でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。

俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。





加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。

彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2015年6月7日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる完 【体験談】

『欲しい……です……』

さとみは、とうとうこらえきれずに言ってしまった。夫のために、他の男性に抱かれようとしているさとみ……。

でも、女性経験豊富な雅治の焦らしのテクニックに、さとみは根を上げてしまった。



夫の直之に、さとみはすべてを捧げてきた。ファーストキスも、処女も捧げた。そんな、夫しか知らないさとみなので、愛のない他の男性に何をされても感じるはずがないと思っていた。そんな、乙女のような幻想を持っていた。



でも、さとみは自分の子宮の奥が、キュンキュンとうずくのを自覚していた。それだけではなく、繰り返される亀頭部分だけの短い焦らしのストロークの前に、奥まで欲しいと言ってしまった。





欲しいと言った次の瞬間、さとみは深い後悔の念を抱いた。でも、すぐに雅治が腰を突き入れてきたことで、そんな後悔は霧散した。

『はぁあぁぁっんっ! うぅぁぁっ!』

一気に奥まで突き入れられて、さとみは声を抑えることが出来なかった。さとみは、一瞬で頭が真っ白になった。

(こ、こんな……私、もしかして今イッたの? そんなはずない……)

さとみは、パニックになりながら、そんなことを考えた。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2015年4月14日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【友達と】障害のある従妹【エッチ】

去年の事からはじまるんですが

父方の、姉の娘が留学先から一時帰国していて

泊めたんです。

前からちょっとかわいいなと思ってたのですが

一緒にエロビ見ても嫌がる様子もなく

逆に他にないの?という感じで

今しかないと思って胸触ってみたんです。

最初は嫌がって抵抗してたのですが

ちょっと強引に揉みにいきました。

最初は服の上から、徐々にブラの上から、ふいをついて生乳を。

その勢いで自分の気持ちを押さえられなくなって

いつのまにか大好きになってた従姉妹のあそこを

パンツの上から触ってました。

そこまでは普通の男女のような流れだったのですが

従姉妹は産まれつき下腹部に障害を持っていて


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年2月4日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】★ 32歳の処女【エッチ】

2年前から付き合っている女性との事です。

彼女は私の部下で、32歳 独身。

ある時彼女から退職したいとの申入れがあり、会議室で話を聞きました。

要約すると、体の調子が思わしくないので、田舎に帰りたいとの事

でした、彼女は155cmぐらいで小柄で細身のスタイルなんですが

胸だけは異様に大きく、男から見るとヨダレが出そうなスタイル

なんですが……

顔がちょっとなのと、性格 及び 見た目が暗いため、彼氏が出来そうな

感じじゃ無い子なんです。

男性社員が飲み会なんかで、一度は抱きたいと皆云ってるぐらい

なんです。

仕事も忙しく、彼女自身も仕事が出来るため何とか説得しようと

その夜、外で話そうと彼女を連れ出し食事に誘いました。

飲みながら色々聞いているうちに、話も弾み出しました。

『寿退社じゃなければ、もう少し辛抱して欲しいんだけど』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年1月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】世はおしなべて事もなし【エッチ】

<>401名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:14:32.78ID:Kgac48BI0[1/18]<>

友達ってわけでもないが、まあこのスレが一番近いかなと思ってココで書く。



去年の盆に高校の同期会をやったんだが、その準備を一昨年の秋くらいからしてた。

まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて10人で準備し始めたんだが、

積極的にやってたのは5人くらいでそのなかに俺と、2年のときに同じクラスだった美佐がいた。



高校は県下でも有数の進学校で、美佐も弁理士の資格を持っていて、主婦ながら子供が学校に

行ってる間は実家の法律事務所を手伝ったりしてるらしい。

ちなみにダンナはフツーのサラリーマンなんだが、毎日通うには少し離れたところに単身赴任中で

週末や週中にたまに帰ってくるくらい。

まあ、あとでその旦那の浮気が元でこのスレに書くような事になるんだけど。



<>402名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:16:15.20ID:Kgac48BI0[2/18]<>

会合は初めは月イチで夜7時くらいからファミレスに集まって、1時間くらい話して終了。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月18日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら6 【体験談】

嫁の希との、過激すぎる体験はこうして終わった。



みっちゃん夫妻と軽く絡む程度を考えていたのに、結局希は一晩にして6人も経験人数を増やしてしまった……。

その上、謎だった希の過去の事も、そしてまさかの浮気の話も聞いてしまった。



でも、僕に怒りはなかった。ただただ嫉妬と興奮で、カップル喫茶を出た今も心臓がドキドキしている。



希は、僕の方をチラチラ見ながら、黙って僕と一緒に歩く。僕も、なんと声をかければいいのかわからず、黙ったまま歩く。本当は、聞きたいことが山のようにある。とくに、浮気の話は結婚後の話なので、気になってしかたない。でも、浮気が発覚したからと言って、離婚する気もないし、それを責め立てるような気持ちもない。



ただ、知りたいだけだ。何があったのか……希は、本当にイキまくってしまったのか、それ以後、本当に先輩達とは会っていないのか……。

そして、さっきは結局答えなかったが、妊娠した経験があるのかどうか……。



頭の中でそんな堂々巡りをしていると、希がそっと手を繋いできた。僕はその手を握りかえし、希の方を見た。

『怒ってる? 本当に、ゴメンなさい……やりすぎだよね……』

泣きそうな顔で僕を見て言う希。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年1月13日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【友達と】〇メセクにハマった女達【エッチ】

N子と私は三日と空けずSEXするようになりました。オマンコの奥でイクN子にとって、オナニーだけの毎日は辛かったとの事。半年ぶりに味わった私のチンポでのアクメに、忽ち虜になってしまいました。

N子は離婚後は実家で暮らしていました。

会うときは事前にメールで指図します。買い与えたピンヒールを履き、太ももの上までスリットの入ったタイトスカート。

黒のガードルにストッキング、もちろんパンティなどは穿かせません。上は薄手の白のブラウスでノーブラです。恥ずかしい部分は、恥丘の上部に少しだけ毛を残したほとんどパイパン。逆に腋毛は伸ばさせています。

実家の前まで車で迎えに行くとN子にメール。近所の目が気になるみたいで、素早く車に乗り込みます。少し車を移動し人通りの少ない場所でチェックをします。

〝タイトを捲り上げ股を広げな!”ハイ・・・

もうN子は私の(チンポの)言いなりです。ダッシュボードに大きく広げた両足を乗せ、スカートをお尻まで捲り上げます。自分でオマンコを広げ〝如何ですか?”と聞きます。スリムな割には濡れやすいN子・・・。

オマンコの下部からアナルに掛けて、透明な液体がヌラヌラと光っています。はじめの内は控えめの化粧をしていたN子。今では私と会うときは、別人と見紛うほどの濃い化粧をさせています。

スリムで上品な顔立ちのN子には、少し下品なくらいの濃い目の化粧が似合います。年こそ30を過ぎていますが、まるでクラビアから飛び出てきたモデル。

そんな女が卑猥な服装で、オマンコをヌラヌラ光らせているのですから最高です。

私はN子のオマンコに口を付け、愛液を啜ってやります。

N子の愛液は粘度が低く量が多い・・・。軽く唇を当て吸うと〝ズズッ・・・”と音を立て口に中に薄い塩味が広がります。〝ああっ・・・”私は啜り上げたN子の愛液を、口移しでN子に味あわせてやります。N子と舌を絡ませると、N子の愛液が潤滑剤になり、お互いの舌先がヌルヌルと絡まり合います。

私がN子のオマンコに指を当てると、二本の指を簡単に呑み込んで行きます。アン・・・んんんっ・・・。そのままGスポを擦ってやると、N子は私の首ににしがみ付き、〝ああっ・・・イッ・・・感じますぅ・・・”指を少し上に向け奥まで抉ってやります。子宮頚部を通り過ぎ、N子の好きな奥の突き当りを指先でたたいてやります。はああっっっ…アン、アン、アン、あっ・・・っ、あっ!”私の指の動きに合わせ、N子の腰が前後にうねり出します。そのまま奥をたたいてやると、入口が締ってきました。

まるで、オマンコが私の指を食い締めて行くみたいです。同時に本気汁が溢れてきて、どんどん滑りが良くなって行きます。指の動きのピッチを早くしていきます。

N子はシートから腰を浮かせ、より感じようと当たる位置を調整しています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年1月10日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】二番でも良いと言って結婚した嫁と完 【体験談】

妻の麻衣には、忘れられない人がいた。僕と付き合う前に付き合っていた大学の先輩だ。

拓先輩は、誰がみてもイケメンと呼ばれるルックスで、性格も良く、非の打ち所がない先輩だった。

それが、事情はわからないが、卒業と同時にアメリカに行ってしまった。

僕は、先輩に捨てられた麻衣に必死で食い下がり、なんとか結婚まで行くことが出来た。



結婚して二年が経ち、麻衣の心から先輩が消えたと思っていた頃、偶然街で先輩に再会した。

そして色々あって、先輩の奧さんのアリーさんを含めた、4人での共同生活が始まった。









キッチンで、アリーさんと麻衣が楽しそうに朝食を準備している。最近、休日はこんな風に始まる。

アリーさんも麻衣も、裸にエプロンだけを着けて料理を作っている。巨乳のアリーさんは胸が凄く盛り上がってるし、妊娠している麻衣は、お腹が盛り上がっている。






このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月4日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 2112345...1020...最後 »

このページの先頭へ