ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【童貞・処女と】人妻Mの告白5 ~小学6年の同窓会~【エッチ】

相変わらず長いです…そして文章も下手です。

読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。

主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。

主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに

主人もほとんど求めてこなくなりました。

私としても、まったく性欲がないわけでもありません。そんな時はオナニーで済ましてしまいます。

その方が楽だったのです。そんな中、同窓会のお知らせが来ました。小学6年生の時の同窓会です。

ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵抗あり恥ずかし

いと思いましたが…

連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもは

ハゲにデブばっかりだよ(笑)」

今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」

そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に

旧友に会いたくなりました。そのことを主人に言うと「Mは気にするほどじゃないと思うよ。俺から

見たらまだまだイケてると思うけど。逆に行かせるのは心配だな」と…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【フェラチオ】人妻Mの告白6~同窓会での2回戦目~【体験談】

悲劇はこれで終わったと思っていたのに…シャワーを浴び終わる頃、いきなりドアが開きI君とT君がニヤニヤしながら

「Mちゃん!」と言いながら入ってきました。

私は無意識に腕で胸を隠し、手で下半身を隠すと、T君が「今更、なんで隠し

てるの?」と言いながら私に歩み寄り手を掴んでどかしました。私 「私出るから!」

T君「いいじゃない一緒に浴びようよ」

私 「もう終わったから出る」

I君「いやいや・・・」そう言ってI君は出入り口をふさぎ、T君は私のおっぱいを揉みながら指で乳首

を弄びながら、「Mちゃんのオッパイほんとに大きくて気持ちいいね」

そう言って私が出ようしているのを止めようとします。I君「Mちゃん、相談があるんだけど」私はにらみ付けるような顔で怒り口調のように「なに?」と言いました。I君「Tとも話したんだけどさ、俺達Mちゃんにレイプじみたことしたくないん

   だよ。俺達としてもさっきみたいなのは不本意なのさ。泣かれながらして

   もねー」充分レイプでしょ今更なに言ってるの!?と思い、また怒り口調でいいました。私 「じゃー、もう帰して!」

T君「まだ帰すわけにはいかないよ。だから相談って言ってるよねー」

私 「何?相談って!」

I君「もう色々して裸の仲なんだからさ、お互いに楽しまない?今更でしょ~」

T君「そうそう。Mちゃんも感じてたでしょ。旦那以外の味わえて良かったんじゃ


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【友達と】高校時代の女教師と会いました【エッチ】

高校時代の女教師と会いました。

高校時代に所属していた部活の試合を見に行ったら彼女も来ていました。

彼女は38才、国語の教師です。私自身直接彼女から教わったことはありませんが、

私の部活は全国的に有名な強豪校ですので、在校中はお互いに挨拶する程度は知っていました。

卒業から7〜8年経っていましたので、生徒と教師という感じではなく先輩後輩のような感じで話が出来ました。

試合中はずっと彼女と話をしていました。うちのチームが点を取ると「イエ〜イ!」とハイタッチをしたりしていい感じ。

結局試合は格下相手に逆転負けをしてしまい、OB達は「怒り心頭!」という状況になってしまったのです。

試合後、涙ぐむ選手に対してOB達は罵詈雑言を浴びせかけます。「おまえ達は伝統ある我が校に泥を塗った!」

みたいな感じで、、、僕自身も全国制覇の一歩手前で(全国三位ですた)負けてしまった為、彼らの気持ちは痛いほどよく解ります。

監督から「OB全員に謝ってこい!」と言われたらしく100名近い選手&マネージャーは目を真っ赤にして僕と彼女の前に並びました。

泣きながら「スミマセンでした!」と頭を下げる彼らの気持ちが現役時代の自分と重なってしまい不覚にも涙ぐんでしまいました。

「運が悪かったから負けた訳じゃないと思う、相手チームはうちに勝つことを目標に君たちより多く練習したんだと思うよ。

来年又来ますから、レベルアップした君たちを見せてください」みたい事を言ったら彼女も感極まったらしく涙ぐみ、僕の後ろに隠れてしまいました、僕の肩で涙を拭くような感じで。

彼らが帰ったあと彼女は涙を拭きながら「H君って優しいんだね、こんな時に怒っても意味ないと私も思う」

H君は僕のこと、彼女はM先生としましょう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月6日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】同窓会で【エッチ】

こないだ中学の同窓会があった。

同級生のみんなと会うのは卒業以来だったので少し緊張したがそこはやはり昔の友達、すぐ打ち解けることができた。

驚いたのが女子の変わり様!昔は全く可愛くなかった子も大人びて美人になっていて、みんな目移りするほどだった。(化粧の力?笑)

懐かしさもあり一次会でみんなかなりのペースで飲んで、いい感じに酔った所で側で話てたTに少し触れてみた。

Tは昔はパッとしない女子だったが、今ではギャル系で可愛くなってたので飲み始めたときから気になっていた。肩に手を回して胸を揉んだ。小さいが柔らかい…向こうはノリノリだからあんま気にしてないようだった。(笑)

他のみんなもいるしその場ではそれ以上できずに2次会カラオケへ。

パーティルームでかなり広く、薄暗くていい感じ!早速Tの隣に座り、話を盛り上げる。T狙いのヤツが何人かいたみたいで隣キープするの大変だった(笑)話ながら軽く太股触るとスベスベ…少し股の方へ手を寄せて行くとスッと足を他へ向けられましたが(笑)

そんなおさわりでムラムラしてきた時のこと。

Tが曲を入れるため、机の遠くにあったデンモクを取ろうと前へ乗り出した。

するとミニスカのため後ろからピンクのテカパンが丸見えにコレがもうたまらず、酔いもあったので勢いでその股間に顔を押し付け、クンニしちゃったのです。

いきなりの事でTはビクンと身をのけぞらせて「あっン!!」とか思わずアエギ声をだしてしまいました。

近くに座ってたヤツらも最初は驚いてこっちを見てましたが、Tのアエギに興奮したのか、俺に便上してTに群がりました。そっからみんなにも気付かれ、部屋は一気にエロエロな雰囲気に(笑)

パンツの上からクンニしてると溢れる溢れる。すぐパンツがビチャビチャになりましたがそのまま脱がさず攻める。その間も複数の男がTの体を撫でまわす。Tは場所を忘れてアエギまくってました。他の女子はドンビキで隅っこで見てましたね(笑)

そしてパンツを横にずらし、バックで挿入。だいぶ遊んでるらしくビラビラがはみ出たエロマンで、かなり締まって気持ちよかった。

そのうちTの口に入ってたチンポがブルンッと飛び出したかと思うと、「オシリにも入れてぇ」だって。このヤリマン…(笑)そんなこんなで乱交で更に絆の深まった同窓会となりました。また次回が楽しみですw


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年10月11日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】同期会でアタック食らっちゃった!【エッチ】

今年の正月、高校の同期会が東京でありました。

私は30で初めての参加でした。

大学も歯大で一緒の友達同士で盛り上がっていると、一人の女性がその輪に入ってきました。

驚いた事に、マドンナJでした。

友達がJに粉をかけてたのを知っていたので、私は遠慮してちょっとキスする位で抑えていたのですが。

昔、彼女から強烈なラブレターを貰ってから、腰が引けていたのが正直な所です。

友達が半ば強姦する形で体の関係をもった彼女は、大学卒業と同時にその友達と結婚しました。

そして今はその友達と離婚、と波瀾万丈です。

子供は彼女と暮らしているらしいです。

彼女は私が出席するのを知って、札幌から駆けつけたのだと他の女性が耳打ちしてくれました。

昔貰ったラブレターを無視した負い目があって、彼女のリクエストには従わなければならない雰囲気に押されていました。

ドライブに連れて行ってよ!!と酔った彼女が仕掛けたきた時、私は遠慮する言葉が出ませんでした。

翌朝ホテルへ迎えに行くと、学生の頃と同じジーンズ姿で10歳は若く見えました。

新春の箱根から伊豆へぬけ修善寺についたら、一緒に温泉に入ろうかって誘ってきました。

私も彼女も独身同士なんで、関係が深まろうが何の問題も無いので、ブレークが掛かりにくかったのも事実です。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年9月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】中2男の子【エッチ】

【学校で】飲み会【エッチ】

高校を卒業して2年経つけど仲が良かった6人で飲み会をすることにした。

飲み会といっても俺の家に集まって飲み食いするだけなんだけど、それじゃ面白くないから

当時の部活のユニフォームをジャージの下に着て来るという条件を出したんだ。

メンバーは男が俺(陸上部)、A(サッカー)、B(野球)の3人で

女が幸恵(バレーボール)、薫(テニス)、裕子(テニス)の3人なんだけど

Bの野郎が仕事で出張ということで来れなくなっちまった。まあ、こいつは太ったから

野球部のユニフォームは着れないだろうな。

Aは俺の一番の友達で高校の時は真面目だったけど卒業してから遊ぶようになっちまった。

女の子は幸恵はバレーボール部だけあって背が高くキリッとした顔立ち。

薫は背が低いけどなかなか可愛い子で

裕子はテニス部のキャプテンで背が高くスタイルも良さそうだ。

この飲み会を計画したのはAの野郎で、どうせくだらん事でも考えているんだろう。

俺の家に続々とメンバーが集まってきて飲み会の開始だ。



まあ普通の女の子ならユニフォームを着て来いなんていう条件を飲むはずがないんだけど


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月31日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【学校で】妄想の果てに-を読んで【エッチ】

似たような境遇だと思いますので投稿者の方の気持ちよくわかります。

私の方が10歳ほど若いと思いますが子供は男の子ばかり3人います。

3人目を出産してからは夜のほうも少なくなり今はもう数年ありません。

主人は私を「おい」と呼び家政婦さんとしか思っていません。

息子たちには「ばばぁ!」と呼ばれる毎日です。

早くに結婚し子育てに追われ友達たちが青春しているのを風の便りに聞き過ごしてきました。

私も同窓会で男性たちと意気投合して二次会、三次会と回りました。

同窓会の件は主人にも相談したのですが「勝手に行ったら」みたいな言い方をされ私のことはどうでもいいんやとあらためて実感しました。

誘ってくれた友人も不幸ごとがありドタキャンでしたが、おかげで男性たちと遅くまで遊べたのと際どい貴重な体験もできました。

家では家政婦でババァ扱いですが彼らは女性として見てくれました。

実際には性の対象としか思っていなかったのだと思いますが、その時は本当に酔った勢いもあり嬉しくて浮かれてしまいハメを外し過ぎました。

最初は服の上から胸を触る程度でしたが、だんだんエスカレートして強引にチュニックの胸元や下から数本の手が入りブラをずらせておっぱいを揉んだり乳首を引っ張ったりとむちゃくちゃされました。

「やめて!」と叫ぶと唇に吸い付いてきて舌まで入れられました。

半分は嫌でしたが本当は半分嬉しかった気がします。

さすがにジーンズを脱がせにきたときは必死に抵抗して防ぎました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年8月28日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【人妻と】人妻になった同級生元カノ【エッチ】

10年ぶりの同窓会に参加したら

「お久しぶりですね お元気そうで」と突然元カノ良子が声を掛けてきた。

女盛りの体型で付き合っていた頃より美味しそうに見えた。

2次会でお互いの近況など酔いに任せて聞き出した。

旦那と知り合った経緯や今の夫婦関係などそして再会を約して別れた。「旦那には何て言って出てきたの」

「大学の時の友達に会うと言ってきたわ」

同窓会での近況話では夫婦関係は冷めていると言う人妻元カノ良子とドライブと

美味しい食事そして会話を楽しんだ後当然のようにラブホに入った。

緊張しているようだったが抱き寄せキスすると力が抜けたように素直に抱きついてきた。

ベッドで待つとバスタオルを巻いた良子が横に滑り込んできた。

「会いたかったよ」

「そんなこと言わないで 今日は少し危ないのよ」

「大丈夫さ」

実はカットしているが良子にはまだ言っていない。

「暗くして お願い」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年8月3日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】深まる愛情と、快楽の極地【エッチ】

私には35歳になる妻がいる、妻とは高校からの付き合いでお互い大学を卒業して

社会人になり結婚をした。 もう10年の結婚生活になるが子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。

妻は堅物で私しか経験のない真面目な女だ、そう、この文章を読んでるあなたの奥様のように

私も浮気はしないが、妻に関しては絶対にあり得ないと思っていた

それほど愛されてる自身があり、妻に興味を抱く男もそうはいないだろうと決め付けていた。

夫婦生活はいたってノーマル、たまに過激な事を要求すると恥じらい拒否されていた、

しかし感度はとてもよく一度の営みで大きな声をだし何度もイッテいた

フェラも上手になり私を満足させてくれる。

しかし子供がまだ小さいためなのか最近は拒まれるようになってきた、出産経験のある方は解ると思うが

女性は一時性欲が薄れるらしい。 私はストレスを感じながらも妻をいたわり我慢していた

妻の一日を思うと納得できたからだ、食事を作り,家事をこなし、幼い子供の世話に追われていた。

禁欲が続いたある夜、激しい性欲にかられた私は妻をもとめた。。。

「ごめん、疲れてる。。。」

妻の言葉に一瞬なえたが私は続けた

「わがままだな〜する気になれないよ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月9日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談
1 / 41234

このページの先頭へ