ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】アラブの夜【エッチ】

非常に奥行きの対話

約束の公園でモナの家に行きました。 私への扉を開けると、素晴らしい美しさでしたが、ローブとピンク色を身に着けていると側に長いスロットを持つもの。 彼女の髪は黄色だったとぶらぶらと腰に背中をカバーし、香りAlparvanの香りと場所を動員する。

彼女はそこに立って、入力された、と言って:ねえ、あなたはミロの事が好きです。 それから私は彼女の花束赤いバラを与えたし、ねえ、彼女が言うには、我々はいくつかの抱擁とキスを取る。そして、我々は直接海に配置されているマンションのバルコニーに行き、彼女が立っていたところ、彼女の母親が座っていたが起きて、キス、プリンスは、ここに座ってのように私の愛を飾っ….. 私は私が私の横に座っているように座って、彼女の母親は彼女の側にあったが、このモダンな家時

母親:私は一緒に家を知っていた

私は言った:私はいくつかの人に尋ねたが、それはパワーにアクセスするために簡単だった

と母。 そして、あなたはファインO構造を下降さ

私は言った:我々は路面電車で海に近いスタンレーにフラットを持っている

母:でも、あなた自身の

私ははい私TNTを言った

その後えっ…私は話を切ると言った、Oミロは飲む

彼女は彼女と彼女の母言ったとき私は第一Ntashyモナ

私は言った:OマーシーTNTを

彼女は言った:O君が来息子私Farhana軍は他の私Mvicとモナ、私はハエがここに降りてくる希望、私たちと一緒に座ると、モナは単独では何かの代わりに、いくつかの、チュニジア、バイオリンと一緒に

私は言った:私はあなたと私の存在私のエリーTNTと非常に嬉しいです

あなたの叔父さんのパジャマはあなたの必要性に答えることを嫌いになるまで彼女は言った、我々はAaabnyバイオリン、我々は状態を持つ2つの日を意味し、夜を明るく、DE眠る、我々は第三の部屋があり、あなたに答えを開始


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年2月14日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】母のエッチ【エッチ】

私の母、はっきり言って変態かもしれません。そう思うのには理由があります。私、小学生の頃から父にやられる

母をずっと覗いてました。今思えば仲の良い両親とも言えるのですが、当時はそんな母を汚らわしく思いました。

だって、母は父の大きなおちんちんをもっと大きくしてお口でしゃぶっていたのです。

それだけではありません。何かしら白っぽい液体を厭らしそうに飲み込んでたりして気持ち悪いったらない。

それと、父はよく母を四つんばいにさせて後ろからおちんちんを母のお尻に刺してました。その時の母の乱れ様は

変態そのものでした。

そんな毎日を繰り返し、私は大きくなりました。今ではその行為の一つ一つが理解できます。

有難い事に、変態の母かも知れませんが一切浮気はしておらず、男は父ただ一人のひとでした。

尊敬しています。

しかし、私の父のおちんちんは今でも現役で母を抱きかかえては、エッチな事に励んでいます。

喜ばしいような、うざったいような・・・・

おかげで、私の男を見る目はデカマラしか眼に入りません。短小包茎など最悪です。ちなみに、私の旦那となった

人はデカマラです。気持ちいいもん。

母に感謝感謝。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年2月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】別れ話の夜の痴態【エッチ】

別れ話をした日、彼の所に泊まる予定になっていたので、そのまま同じ布団で寝た。

夜中、多分3時頃だったと思うけど、彼が私の下着の上から手を触れてきた。

別れ話をした事もあって私は眠りが浅かった為にすぐ気付いた。ドキドキしてる

私にキス。彼が舌を入れてきた。私も舌を絡ませる。そして彼の手は私の胸に。

乳首を抓まれ、すぐに声が出てしまった。

私が乳首に弱いことを知っているので、 いつも乳首は念入りに愛撫してくれた。

この日も乳首を痛いくらいに抓まれたり、 指の腹でさすられたり…。自分でもどんどん下半身が濡れてくるのを感じていた。

彼の唇は私の首筋を通って胸に降りてくる。

彼の唇が乳首に触れた途端、もう他には何も考えられなくなった。

乳房全体を手で揉みながら、歯を使って噛みながら乳首を吸われる。

もう片方の乳首も手でコリコリされ、その度に下半身が疼く。

彼は弟や友人達、全部で4人で一軒家を借りて住んでいたので、隣の部屋にいる弟達に声が聞こえないように声を出すのを我慢していたが、それでも乳首への愛撫で徐々に声が出てしまった。

胸を揉まれながらキス。彼の舌が私の口を割って入り込んでくる。

私も舌を絡めて答える。

胸への愛撫はいつもよりしつこく、私は、今自分に与えられている快楽だけで生きている気がしていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年2月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】妻帯者のある男性と過ごしたゴールデンウイーク【エッチ】

彼は単身赴任をしている43歳です。私は独身で24歳。5日の夕方家族と別れて赴任先に帰ると言って夕方彼と待ち合わせをして3か月ぶりに彼とホテルで過ごしました。3日から5日まで自宅に帰っていましたからそれを思うととても寂しくて、会うなり「奥さんと仲良くしたでしょう?」と意地悪な質問をすると彼は「仕方ないよ。妻だって俺とは3か月振りだから、3日の夜だけエッチした」と。ホテルに入るなり、一緒にシャワーを浴び、お互いの身体を洗いあいました。彼も我慢できなかったみたいで、お風呂の洗い場でエッチしてしまいました。

彼「1回目は口の中に射精したいから飲んでくれる?」と言われ、沢山の白濁液を飲みました。お風呂から上がると彼からのプレゼントが、包装紙を開けるとそこには、五色で赤、黄、緑、黒、パープルのビキニの透け透けパンティーが、そのうち黒はTバックでした。黒のTバックを穿いてみてくれと言われ、穿くと隠れるところはほとんどありません。本当に線だけのよう。陰毛もまる見えでしたし、それを彼は前も後ろも腰の方に引っ張り上げるとあそこに食い込んでしまいました。彼一度射精したのにもうピンピンに勃起して上下に動いてお腹につきそうでした。彼の要求でそのTバックを穿いたまま四つんばにさされ、うしろから挿入されました。

その晩は朝までお互い全裸のままうとうとしたり、目が覚めたらまた愛し合いました。朝になって少し熱めのお風呂に入っていると「幅2cm位でまるで縦筋かと思う位のみ陰毛を残して剃られてしまいました。彼はその陰毛を大事にティッシュに包んで「俺の宝物にすると。それだけではありませんでした。一人住まいですから仕方がないのかも判りませんが、私の全裸写真を写させてくれ。それを見ながらスルからと哀願されてしまいました。都合前からの全身姿、後ろからの全身姿、あおむけに寝て両足をM字に開いた股間の部分、よつんばになったお尻の全身、と4枚撮られました。撮った後二人で見ました。すごく恥ずかしいんですが彼とても喜んでいました。代わりにと私が手でしごいて勃起したあそこの写真を撮り単身赴任先からメールで私のPCに送ってくれるので、PCの背景にしてくれと言われました。正直、彼とお付き合いをするようになって、彼のことを思いながらオナニーをする頻度も多くなっています。彼とは結婚など出来ませんが、家族の人には悪いと思っていますが、

これから先もこの関係を続けて行きたいと思っています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年2月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】性描写【エッチ】

確かに大真面目になれば吐き気のするものが性描写には多い。たとえばSMと呼ばれるものとかショーパブとかで小唇口が丸見えになるほどおおっぴろげに広げた姿とか潮吹きフルコースだとかまるで高級レストランや高級懐石料理店で謳っている○○フルコースのパクリのような商品名を付けていることにもひどく吐き気がするしほかには思い出すと気がおかしくなりそうなほど酸性の強い描写ばかりだから思い出すのをやめておく。そのようななかで少しは中性と思えるものにだけに絞ってみれば


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年1月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】小学生の前で…【エッチ】

私の名前は、さえりです。

ある日のこと、公園に行くと小○二年生ぐらいの男の子が5人ぐらいで、遊んでいました。

私は、カバンからかみそりを出すと、男の子の前で、ま○こをパイパンにしました。

すると、男の子は気づいてくれたようで、『おい、あそこ見ろよ』と言って男の子が近づいて来ました。

幸い、上半身は服を着ていたのでお○ぱいは、見られませんでした。

けど、横に置いていたパ○ツを盗られました。

日付が変わったのでこの辺で…では続きを…

その後家に帰りました。(*д*)

数日後、またその公園に行くと…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】3年前の今日【エッチ】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。

子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。

胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。

陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。

そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。

仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。

妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。

『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが

「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。

「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】二度目の、本当の処女喪失【エッチ】

中学2年の時、部活でバレー部はいつも一番遅くまで練習をやっていた。そ

の日は、私と美紀が後片付けの当番で、ネットを体育用具室にしまったりし

てから、体育館の脇にある女子更衣室へ入った。下着だけになった時、バス

ケ部の、大翔と龍太が入ってきた。大翔と美紀は噂の二人だった。でも、龍

太は?と思っていたら、龍太に抱きすくめられた。「何すんのよ! いやぁ

っ!」って叫んでも、体育館には誰も残っていない。

美紀は大翔に裸にされても抵抗せずに、そのうち椅子に座った大翔の上に美

紀がまたがった。大翔の大きなチンチンが美紀の黒い股毛の中に納まってゆ

くのがショックだった。龍太は「気持ちいいぞぉーっ」とか言いながら、私

のお股を撫でている。私も美紀が身体を上下させながら、気持ちよさそうな

声を出しているのを見ていると、オシッコが漏れそうな感じがして力が抜け

た。「濡れた!濡れた!」って言う龍太の声で諦めた。パンティーを脱がさ

れると、龍太は「すげえ、いい匂い」とか言って、私を更衣棚に手をかけさ

せて、お尻を突き出す格好にさせた。お股の激痛で処女をなくしたんだ、っ

てことがわかって泣けた。出血はなかったけど太股を精液が伝って気持ち悪


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年1月27日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】38歳未亡人マサコさん【エッチ】

少し長編ですが…、若かったあの時を思い出して書いてみます。多少の脚色もありますが、ほとんどが実際の… 、過ぎ去った遙か昔のことです。

その時マサコさんは、戦争未亡人で三十八歳でした。マサコさんとは、私が妻と結婚する前、恋愛中に襲いかかる二人の悩みを聞いて、

私と彼女との仲を取り持ってくれた実質の仲人で、それだけ私たち夫婦には恩恵の深い人だったし、姉のように慕っていた人でした。

その時妻は、出産のため実家にいて、予定日直前の日曜日に妻に会って励まし、その帰りにマサコさん宅を訪れたのです。酒を飲みながら二人で話しているうちに、最終列車に乗り遅れ、やむを得ず泊まって、翌朝一番列車で会社に出勤することにしました。

居間は一部屋しかなかったのですが、私を信じ込んでいたマサコさんは不安もなく、二人は炬燵に丸まって眠ることにしました。どのくらいたったのでしょう…、目が覚めると、部屋には豆球がついていて時計を見ると午前一時、炬燵の反対側にはマサコさんが丸くなって眠っていました。

その寝姿を見て、妻の肌から遠のいていた男の肉は昂ぶった

女の柔肌が欲しい…

妻よりも十歳多い三十八歳の女の肌はどうなんだろう…

その肌は妻と比べてどうなんだろうか…

どんな反応を示すだろうか…

など思うと好奇心で鼓動が早くなる

そんな事は道徳に反することで、いけないことだとは思いつつも、

迷いに迷ったあげく、ついに男の本能が勝った。

忍び足でそっとマサコさんの寝姿に近づいた

マサコさんは丸くなって軽い寝息をかいて眠っていた


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ヘタレな俺の初体験【エッチ】

俺は極度のアガリ症(精神的にヘタレw)

だからいつもセクースのとき、挿入一歩手前で

緊張して意識しちゃって萎えてしまう。

ちなみに俺童貞、年下の彼女は経験済みで

男の悲しいプライド感じちゃって余計プレッシャー…

彼女は「気にしなくていいよ」と言ってくれたけど

なんとか成功させたくて、色々頑張った。

そして数日後のある日。

今日こそは、と決心して服を脱がしていく。

落ち着いて、落ち着いて、適度に興奮して…

「よし、調子いいぞ」と思っていても、やっぱり

挿入前には最初の頃の勢いはなくなってる。

俺ショボーン。そしたら彼女、何も言わずに下の方へ…

彼女は俺のパンツを下ろしてフェラを始めた。

もちろん俺フェラ初体験。頭まっちろ。アソコびんびん。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年1月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ