ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】彼女兼妻は美人CA【エッチ】

僕は1年前ある事で悩んでた

当時僕は19で彼女は25歳で有名航空会社の添乗員をしていました。まぁ今も何ですが。

彼女は僕みたいなガキにはもったいないぐらい綺麗で胸が大きくスタイルもよく優しいので毎日甘えていました。

年齢の事もあり彼女は結婚願望が強く「いつ私を**くんのお嫁さんにしてくれるの」なんて言ってきました、嬉しいんですが、はっきり言って幸せにしてあげる自信はありませんでした。

まだガキだったし、仕事も金融会社に勤めていますがまだまだ半人前で給料も高くなかったし、でもこんないい女はいないと思って悩みました。

所が悩んでもいられなくなってしまいました。彼女から妊娠したって打ち明けられ彼女は泣きながら結婚してと言ってきたので、もう迷ってもいられねぇなと決心しました。

彼女はすごい喜んでくれましたが当の僕は内心不安で一杯でした。彼女は給料もいいし姉さん女房的存在で僕をしっかりサポートしてくれます、でもやっぱり19と言う年齢がネックだった

まぁそれでも結婚して子供が産まれ幸せに、と思ってましたがやっぱり不安が的中して、若気の至りと言うのかお客を契約の問題で殴ってしまい、そのまま責任を取って辞めました。

それからは僕がバイク便の仕事をしながら子供の面倒をみて彼女が働いてくれています。

不安どうりになってしまいましたが子供も可愛く、彼女も相変わらず美人でスタイルも変わらなく、たまに制服姿を見るとすごい綺麗でやっぱり結婚して良かったと思います。

最後に彼女との出会いを紹介させてもらうと親父の田舎に一人で行くのに飛行機に乗り、その時の添乗員が彼女で、飲み物を頼んだときに彼女が僕のズボンにこぼしてしまい拭いてもらっているうちに勃起してしまい、「もう大丈夫です」と断りトイレで抜こうと思い行くと彼女も心配して付いてきて、まぁあとは勃起に気付いた彼女にお詫びと言って口で抜いてくれました。

そのあとは僕の携帯の番号を教えて、ちょくちょく電話やメールて仲良くなり彼女と住んでいる県も近かったので遠距離恋愛の形で付き合い、僕が19になり上京して彼女のマンションで同棲し今にいたります。

まぁ初めの出会いは少し現実離れでしたが本当なので運命ってわからないものです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年9月29日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】帰郷【エッチ】

私は36歳。妻も同じで、8歳の息子がひとりいます。

今年のゴールデンウィークに実家に帰った時のことを話します。

休みが短い為、一泊だけでしたが、三人で田舎の実家に行きました。

兄貴夫婦は、実家の近くに家を建てて住んでいます。

その夜は久しぶりに家族が全部揃ったので賑やかな宴会みたいになり、

両親は早く寝てしまい、義姉さんは眠ってしまった子供を抱いて家に帰りました。

私も酔っ払って眠くなり、襖の向こうの既に息子が寝ている部屋に行って寝てしまいました。

隣から兄貴と妻の声がします。その世間話を聞きながらうとうとといつの間にか寝てしまっ

たようです。

カチカチッという音で目が覚めました。

照明のひもを引っ張って消す音だってすぐに気がつきました。

どのくらい寝ていたかは分かりませんが、隣の布団には妻はいません。

すると、隣から鼻息のようなのが聞こえてきました。

その荒い呼吸に混じって

「・・・じょうず・・・・・・・・・」妻の声です。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年9月29日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】同僚が、、、、、、【エッチ】

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くなる。ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中をうかが伺う。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ、時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「ひっ」と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。

この状況に私はひどく興奮していた。自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・ 確かに妻の肉体は敏感なほうだ。私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。

さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。

仕事も出来るし信頼も厚いのだが、女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。

そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。一たまりもあるまい・・ 同僚が顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。びくっと妻は身体をのけぞらせる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月29日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】仕組まれた温泉旅行【エッチ】

妻の友達家族といった温泉旅行の話をします。

妻”ミユキ”は最近スイミングスクールに通い始め、誘われたのはそこで友達になったご夫婦からだそうです。

妻の話だと以前から温泉旅行は数家族で行ってるみたいで、当番制で1家族が子供達の面倒を残ってみて温泉旅行に行くのは残りの家族で夫婦水入らずというものでした。

私達家族は初参加という事でもあり、居残り組みから外され、久しぶりの夫婦旅行という事もあり参加をOKしました。

温泉に着くと早速露天風呂に向かいました。

この頃になると旦那さんたちともすっかり打ち解けて、お互いの仕事の話や妻との馴れ初めの話をするようになりました。

湯船につかりながらF氏がしきりに妻のことを褒めています。

「奥さん、美人ですよね。うらやましいなぁ」

「そんなことないですよ。もう三十路ですし、Fさんの奥さんこそ可愛いじゃないですか」

「それはないな(笑)・・・ところで話は変りますが・・」

「・・奥さん一筋なんですか?」

「そんな当たり前ですよ」

「じゃあ、奥さんは?」

「妻も浮気はしたことないと思いますよ」

F氏の突拍子もない質問の意図がわからずにキョトンとしている私にF氏はさらに話を続けました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】客の男に…【エッチ】

妻はメンズエステに勤めていたのですが(エロじゃない)、最近急に辞めてきました。その理由を話します。



痩身のコースを受けている40半ばのいかにもモテなさそうな男がいるみたいで、その男にエステ中に「おっぱい大きいね」とか「○○さんみたいな人にマッサージされて興奮しちゃうよ」などと言われ、勃起してたりもするそうです。

ちなみに妻は25歳で笑顔が可愛く、細身ながらEカップあります。



妻は毎回行われるセクハラまがいの言動にかなりのストレスを感じていたらしく、男に「そういうのは困ります」と遂に言ったのです。

すると、「○○さんがあまりにも魅力的だから悪いんですよ」と逆ギレしてきたらしいのです。

妻があっけにとられていると、

男「まだ20万近く残っていて先が長いから、このままじゃお互いに良くないですよ」

妻「じゃあどうすれば…」

男「僕も毎回勃起してますけど生理現象なので仕方がないんですよ。ただ、この勃起したモノを○○さんが一度でいいから治めてくれればこういう事にはならないと思うんです」

妻「当店はそういった行為は一切禁止なので、できません。」



男「ならまた毎回今日と同じようになりますよ?それでも耐えられます?」

妻「それは…」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】僕の妻【エッチ】

名古屋に転勤になり、ある飲み屋に仲のいい先輩と二人で入り浸っていました。その店は50歳すぎたママさんと、バイトの女の子、スリランカ人のシェフでやっている店でした。ママに温泉とかよく連れて行ってもらいました。

その後先輩が転勤し、いつか僕一人でその店に入り浸っていました。その後も店で知り合った友達を含め遊んでいました。Kちゃんは少し天然で、見た目はイマイチですが、本当にいい子で、こんな子が彼女でもいいかな?と思ったくらいで、最初は何の気もなく、飲んで店にいた時はママに「W君(僕)Kちゃん泊めてってよ」と、2回泊まってった事もありました。その時は布団の中でちょっかいは出したけど何もせず過ぎました。

しかし、ある日人生をかえる出来事がおきました。いつものようにスキーいくからという理由でKちゃんが僕の家に泊まることになりました。店は休日だったので昼は二人で買出しなんかして、僕は「今日はやっちゃうか?」と心に秘めていました。そして夜、いつものように布団でちょっかい出すと嫌がってましたが、ついに無理やりやっちゃいました。無理やりキスをし、服を脱がせ、フェラもさせ、ついにやっちゃいました。その跡はバージンのしるしの赤い血がシーツについていました。泣いていました。翌朝何もなかったようにママとkちゃんとスキーに行き、その後も普通に過ごしました。でもきちんと「だんだんKちゃんが好きになったから」と告白し付き合うようになりました。

その後は僕の欲望のなすがまま、車でしたり、非常階段でしたり、車の陰でフェラさせたり、トイレでしたり、すき放題してました。休日は必ずセックスしていました。そして調教もしました。僕がはじめての男なので何でもやり放題でした。口内発射、顔射は当たり前、ノーパン・ノーブラで街をデートしたり、バイブも買ってあげ、ビデオカメラも買い、ハメ撮りもしました。とにかくものすごいプレイをしてた。毎日店に飲みにいき、閉店までいて、Kちゃんを駅まで送ってやり、地下鉄の階段の陰でフェラさせてました。もう僕の性の奴隷状態でした。

不思議なもので女は男を知ると綺麗になるんですねえ。だんだん体に締まりも出てきていい女に見えてきますから不思議です。僕もどんどんはまっていきました。Kちゃんとは名古屋にいる間ずっとそんな感じでやりまくっていました。そんなkちゃんは今僕の妻となっています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】大家に寝取られた(完結編ver.1)【エッチ】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。

私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。

 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもあるKさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。

「東京で生活するのは初めてですか」

「はい、初めてです」

Kさんの質問に私が答えると、

「田舎育ちで何もわかりませんのよ」

と妻も言います。

「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」

そういってKさんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。

「今お茶を入れますから」

どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。

「奥様はいらっしゃらないのですか」

と妻が聞くと

「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】近眼の妻は気づかずに【エッチ】

ある夏の家族旅行の時の、思いがけない体験です。

何も知らずに、とある温泉に家族で行った時の事でした。

当時妻27歳。子供1歳半。子供を連れて、いざ温泉に!入り口は分かれていたのですが、中に入ると同じ湯船・・・ ラッキー!と思ったのも束の間、妻がタオル1枚でフラフラと子供を抱えて入ってきました。

他には女性は誰もおらず、40代の男性が1人と60近い男性が1人。

視力の低い妻は混浴である事を理解していない様子。もうバタバタと暴れる子供を小さな胸の前に必至で抱えながらの入場?でした。声を掛けるに掛けられない状況(男性2人の目線が妻の方にいてしまっていて何だか反応を見ていたくなってしまったのです)

今になって考えますとココで声をかけるべきだったかもしれません。

次の瞬間・・・ 妻は前かがみにで洗い場の椅子に子供を座らせたのです。

当然、湯船に入っていた男性からはアソコが丸見えです。毛が薄い妻は、今度は立ちひざ姿で子供の体を洗いはじめました。

湯船からは、ちょっと開き気味のアソコのヒダが丸見えです。

私の方は・・・ まだ、2人の男性の目線を追ってしまいました。40台の方は一旦うしろ向きですわり直したものの、湯船の脇まで近寄っていくと、クルっと振り返り、わずか1メートル後ろから妻の下半身を横目で確認した様子。

同じ頃、60代と見られる男性は風呂を出て行きましたが、40代の方は、まだ湯船の脇に・・・。

私の心臓はバクバクです。

この男性はの次にとった行動が信じられないものだったのです。

一旦、湯船を後にしたのですが、すぐにタオルの中に何かを隠した様子で再び風呂場に舞い戻ってきたのです。

なんと、その男性は、私の方に向かって人差し指を口に当てて「シー」と合図。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】ハイエナの住む街【エッチ】

私は、33歳になる独身サラリーマン。

今まで、女性にも恵まれずチェリーボーイ。

駅前のベンチで、本を読みながら行き交う女性を物色しながら暇を潰している。

まぁ世言う、気持ち悪い中年男性と言う感じです。

数年前の出来事を書きます。

平日の昼間、私は仕事も休みで駅前のベンチで本を読んでいた。(まぁ女性を見ていたんだが)

すると、某高校(当時、かなり有名な不良学校)の生徒が5人現れ駅の出口にたむろっていたんです。

見るからにガラが悪く、関わりたくない感じでした。

彼らは人目を気にする事無く煙草を吸い、その辺に吸い殻を投げると言う常識知らずの行為を繰り返していました。

もちろん、行き交う人は皆関わりを持ちたくないので、見て見ぬフリで素通りして行きました。

ちょっと、若い女性が通ると”姉ちゃん!遊ばない!!”と声を掛けていました。

彼らが、来てから30分が経とうとした時です。駅のホームから30代の綺麗な女性が歩いて来るのが、

見えました。たぶん主婦と言った感じで、私好みの女性でした。

女性は、彼らに気づくと遠ざける様に、歩いて自転車置き場の方へ向かったのです。

男達の中で、一番番長っぽい男が何か喋ると、男達は立ち上がり女性の後を追いかける様に歩いて行きました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】俺の妻は男経験豊富【エッチ】

妻は俺と知り合った時は38歳で既にバツ2でした。俺の妻への第一印象はとても大柄で、大きな胸の半分位は見えるかと思うような服で、両方の乳首はくっきりと浮いて見えました。又ローライズのジーンズを穿いていてしゃがんだり、腰を突き出すようにするとお尻の割れめも判りました。とても鮮烈な印象でした。

2〜3ことばかりしか話をしていなかったんですが、その日の夜マスの置かずにしたものでした。それから2か月位して又街でばったり会い、そこでコーヒーに誘うとOKしてくれ、メールアドレスの交換をしました。それからのオレはエッチな妄想が次々に生まれ、マスの回数はどんどん増えて行きました。我慢できズ、俺はメールを打ちました。すぐに帰ってくることはなく、諦めていた時夜遅く携帯に電話が入りました。「なにしているの?

一人でオナニーでもしてるの?」と衝撃的な言葉が。「今夜一緒に過ごす?おめこさせてあげてもいいよ」と。

酔っぱらった口調で話していました。「これから、あんたのところへ行くよ。場所を教えて?」と。デンワを切った後、1時間位して俺の部屋に来ました。立っているのがやっとでふらふらとした足取りでした。来るや「ちょっと、汗かいちゃったからシャワー使わせてよ」と一方的な言葉。俺はお酒を飲みながら待っていると、なんと彼女はバスタオルを巻いただけで、大きな胸をお尻が半分見え隠れしていました。実は俺はその時まで女性との経験はなく童貞でした。俺がじろじろ見ていると「見たい、私のヌードが?」というやぱらりとバスタオルを取ると豊満な肉体は想像以上のものでした。何よりもびっくりしたのは彼女には陰毛が全くなくツルツルでした。彼女は「やはり、びっくりしたのね。もう4か月位前から、ここはツルツルなのよ。前の彼がきれいに剃ってくれたの。クン二する時毛があると邪魔だからって・・」。それより、さっき電話で言ったようにおめこする?遠慮しなくていいわよ。私ももう3か月位、チンポ味わっていないから。しようよ。どうせ、もうちんぽピンピンに立っているんでしょう?脱ぎなさいよ。と彼女は俺のペニスを握り、咥え、手でしごいてくれて会えなく、一回目の射精は彼女の喉の奥に出した。初めての体験を彼女は見逃さなかった。「あんた、女性との経験はないのね。めずらしいわね。じゃあ私が筆おろしをしてあげると、両方を脚を開き仰向けになった。俺は彼女の上に乗り、ちんぽを彼女の股間に持っていった。彼女は俺のペニスを握り自分の秘部にあてがった。腰を突き出すと、なんの抵抗もなく根元まで吸い込まれるように俺の勃起したペニスは見事に埋まってしまった。夢中でこそを動かすと、あっというまに2度目の射精をしてしまった。それから彼女は俺と住むようになった。あけっぴろげな妻は二人きりの生活なので、誰にかばかることなく、セックスした夜などは翌日布団を出る昼ころまでお互い全裸のままで愛欲を貪り合っている。実はそれから俺の陰毛も全くなく、妻がきれいに剃りあげてくれている。フェラをするのに毛が口に入らなくていいからと。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ