ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】妻を常務に預けてしまった(5)【エッチ】

 妻を常務に預けてしまった(5) 妻の雅美は、旅行から戻って常務を愛しているように思えた。雅美も悩んでいた。幾ら財産が貰えるからと言って常務の子供を妊娠することに少なからず抵抗を持っていた。旅行からはピルも服用していなかった。その後のセックスは生で行い膣の中に出している。妊娠は時間の問題のように思えていた。「雅美、俺のDNAを後世に残してくれ、お願いする。癌が進行している。雅美とセックスできる期間も残されていない」

 常務が涙を零しながら雅美に訴えた。その涙には抵抗できなかった。

「私、常務の子供を産みます。妊娠させてください」

「妊娠するように頑張ろう」

 二人は、抱きあって身体を重ねていた。常務も生きて来た証を残すために最後の奮闘を御粉っていた。 私にも常務から内線があった。常務の部屋に入ると常務が土下座した。

「君には不服かもしれないが雅美が妊娠することを許してくれ。俺の残された命は僅かしかない。俺の血の繋がった子孫を後世に残して置きたい。俺が愛している雅美に産んで貰いたいのだ」

「雅美は、承知したのですか」

「雅美は、承知してくれたが主人が心配だと言っていたので—–その代り、俺の全財産を君達に相続する」

「—-常務、椅子に座ってください」「解ってくれたか—ありがとう。ありがとう—-もうすぐに弁護士が来る」

「弁護士が—-」

「俺の財産を君達に譲渡する段取りをしてくれる弁護士なのだ」 ドアがノックされた。

「高見と申します。常務、身体は大丈夫ですか」

「医師からは恐らく半年と言われた。俺はいつ死んでも良くなった。この間、話したように雅美が妊娠したら私の財産を雅美夫婦に譲渡するようにして貰いたい」

「譲渡すると譲渡の税金が50%になります。ここは雅美さんに書類上だけ離婚して貰い、妊娠、出産まで待ちます。配偶者は財産の1/2を相続する権利が発生します。無駄に税金を支払うこともないです」

「ご主人、私の話に納得して貰えますね」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年8月24日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻フェチ【エッチ】

私52歳、妻47歳 結婚25年目のごく普通の夫婦です。

私は完全なる妻フェチです。

特に妻の胸がいいんです。

それも胸と言うより、やや小ぶりの胸に

やや大きめの乳首がたまらなくそそるんです。

鼻歌を歌いながら内職をしている後ろから見下ろした時の乳首、

めがねをかけ、真剣に家計簿をつけている時の乳首など、

数えればきりがありません。

胸を大きく見せたいのか、少し大きめのブラをしています。

なので、乳首まで楽しめるんです。

色気の無い妻ですが、わざと見せてる訳じゃなく、

見えているのに気づいていないところが鈍感で、愛らしく、いやらしく、セクシーなんです。

乳首を隠す為のブラのはずが、ブラがあるおかげで、

隙間から見える乳首が、よりいっそういやらしく、セクシーに見えるという矛盾が

たまらなくそそります。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年8月24日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】憧れの彼女は今は妻【エッチ】

某有名国立大学を卒業して、大手商社の秘書課に配属された由里は男性のみならず、同僚の同性からも注目の的であった。身長も165cm、バストも当時86cm、ウエスト69cm、ヒップ90cmと出るべきところは出て、くびれるところはくびれている。はっきりとした顔立ちは天は二物を与えずという言葉は彼女には例外であった。

当然のように、周りの男性たちはそんな彼女をほっておくはずがない。あの手、この手でアタックしているが、

彼女は決して特定の男性との付き合いはしていなかった。制服の淡いピンクのツーピースに包まれた彼女の身体からはいやらしさのない清楚で汚れのない雰囲気を身体中で醸し出している。じっと観察しているとわずかに身をかがめたり、なにかのしぐさでお尻を突き出した時、パンティーのクロッチの線がわずかに浮き出して見えると気がある。たぶんそれを目撃した男性はそれをおかずに夜な夜なマスをかいているのは間違いないだろう。

会社の仕事が終わると彼女はシルバーメタリックのスポーツカータイプの2ドアの愛車に颯爽と乗ってどこかへ

消えてしまう。人伝に聞くとプールに泳ぎに行っているとのこと。その情報を聞いた男性たちの中には、同じ

プールの会員になってまで、彼女の水着姿を拝みに行っているとのこと。そこには白いワンピース姿の彼女が50mコースをまるでイルカのように水を切り泳いでいた。会社での制服姿とはうって変って、これ以上のプレゼントはないと言い切れるほどに男性たちは喉を鳴らし、なかにはいろんな妄想をして股間を膨らませていることだろう。はちきれんばかりの水着に包まれた彼女の身体は・・・両方の胸は丸く、水着の上から見てもやわらかそうで思わず、揉みたくなる衝動を抑えるのにどれだけ苦労しているか。くびれた腰、そしてそこからゆるやかに

丘を作ったお尻、その中央を分けるお尻の割れ目、前に回るとぷっくらと膨らんだ恥骨。誰もが彼女を裸にした

妄想をしているのは仕方がないことだろう。脇の下もいつ手入れをするのか綺麗に無駄毛の処理も出来、ほどよい太ももとビキニラインからも無駄毛は一本も見ることは出来ない。そんな絶賛していた当時の彼女は今、

私の妻になっている。世の中捨てたものではない。たぶん私の人生においてこのような青天の霹靂は二度とないと確証するほどだ。そんな高値の花だった彼女だから、結婚するまでキス以上の関係などもちろんなかった。というより出来なかった。とここまで書けば新婚初夜がどれだけ待ちどうしかったかは容易に想像できるだろう。

部屋に入り、一息ついて、まるで壊れモノを扱うかのごとく、彼女を抱きキスをする。決してディープキスではない。リラックスするため、先に私がお風呂に入った。そのあと、妻にお風呂を促す。長い待ち時間だった。

お風呂から出てきた彼女は淡いピンクの膝まであるレースのナイティーウエアを着ていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年8月23日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】夫と私の秘め事【エッチ】

私は、30歳になる専業主婦です。

夫とは、5年前にネットで知り合い半年程で結婚しました。

夫は10歳年上で40歳、小さいながらも会社を営んでいます。

私は、元々エッチで中学生の頃から野外オナニーやSM道具を使って家でオナニーをしていました。

夫もエッチ大好きで、特に野外露出やSMと言った事を好んで女性にする為、直ぐに別れられていた様です。

そんな時、私と出会い意気投合の末、結婚となりました。

もちろんお互い今の生活に満足している為、子供は作りませんでした。

休日は2人で、車を出し人気の無い山中で車を止めると、私は全裸になり夫は写真を撮影します。

数枚写真を撮ると、今度はロープで体を縛り散歩させられ、四つん這いのままポーズをとると、また写真を撮ります。

最後は、夫がバックから挿入し中にフィニッシュするんです。もちろん私も一緒に逝きます。

誰かに見られるんじゃないか、ハラハラしながらの野外露出は快感です。

夫は、山中に限らず、至る所でのエッチな行為もしてきます。たとえば、エレベーター内で、誰もいない時は必ず

私のスカートを捲りあげ、パンティを露わにしたり、映画館で映画を見ている時も、胸元を全開にして胸を曝け出したりします。

そんな夫が、最近他人に抱かれる私を見てみたいと言いだしたのです。しかも、大勢にSMチックに抱かれる所を見たいと

言うんです。私は流石に困りましたが、他人に抱かれるという事にも興味ありましたし、夫公認ならとOKしました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】寝取られ妄想【体験談】

寝取られ妄想です。

夫33歳、妻28歳。

夫は営業マンで外回りが多い会社員です。

妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦です。

こんなシーンから始まります。

夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいなと思っていたのですが、たまたま営業で外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見つけました。

初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わっていました。

別の部屋にはマジックミラーがあって、そこでは中の様子が見れるようになっていたのですが、けっこう美人そうでスタイルが良さそうな巨乳の女性一人に対して、男が3~4人で乱交が行われていました。

その女性は騎乗位をしながら他の男のペニスを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているような光景だったのです。しかも、唾をじゅるじゅる垂らしながら、鬼頭やカリをレロレロいやらしく舌で転がしながら、「ねえ、気持ちいい?すごいおちんちん、ビンビンねえ・・すごい大きくて固い・・すごいカリねえ・・旦那のよりも全然気持ち良さそう・・ああ・・・固くて大きいおちんちん大好き・・」と言いながら、時には自分のクリや乳首をいじったりしていて、「ああ・・気持ちいい・・・」と淫乱な姿を見せ付けていました。

その光景を見ていた夫は、段々興奮して来て自分のペニスが今までにないくらい勃起して来たのを感じました。

ただ、マジックミラーを通して、よくよく中を覗いてみると、なんとその女性は妻、綾香だったのです。

「こんなところで何やってんだよ」という怒りが込み上げて来たのですが、段々その怒りは興奮と嫉妬に変わって行きました。

妻は、自分が見ているとは知らずに、複数の男達と乱交しながら、「このおちんちんすごい気持ちいい・・すごいいい・・旦那のより全然大きい・・ああ・・・固い、すごい大きい、気持ちいい・・ああ・・すごい・・いく・・いっちゃう・・・」とだんだん絶頂に。

夫は、その姿に興奮し、気づいたら今までないくらいにペニスが勃起していて、たまらず手コキを始めました。

そして、妻は、他の男達のペニスで幾度となくイキまくり、何度も絶頂を迎えていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】7千万円【エッチ】

とんでもない借金を背負ってしまった。妻が先物取引で7千万円の穴を空けてしまった。支払い期限まで、3ヶ月を残し俺と妻は途方にくれていた。俺達の家庭は、妻と同級生で42歳、高校生と小学生の男の子2人の4人家族だ。俺の両親と義父母には、経済力はなく心底まいっていた。唯一支払いの可能性があるのが、妻の義兄(姉の旦那)だが、義姉の結婚に反対した義父母の考えで絶縁状態となっていた。義兄は不動産会社社長でほとんどヤクザのような人間で52歳、義姉は、妻より4歳年上の46歳で専業主婦。しかし、義姉の体の問題で子宝には、恵まれなかった。どうにもならない状態で俺と妻は義姉を通じて、義兄と面会することになった。見た事もないような屋敷に俺と妻は赴いた。義兄は出迎えると同時に

義兄 『どういう風の吹き回しだ。俺達とは絶縁したんじゃあねえのか?』

俺 『兄さん すみません。借金をしに来ました。』と一連の事情を説明した。

義兄 『ああっ 虫が良すぎやしねえか? 散々俺達を無視したくせに、助けてくれだって』

妻 『兄さん 私が悪いんです。お願いしますお金を貸して下さい。』妻は土下座をした。義姉は義兄に逆らえず、ただ話を聞いているだけだった。

義兄 『ふざけるんじゃあないよ。結婚して10年 何の音沙汰もなく、来たと思ったら金貸せだ~』

俺 『本当にすいません。でも兄さんしか頼る人がいないんです。お願いします。』俺も土下座をした。

しばらく、義兄は考えていたが、義姉から下話があったのだろう、とんでもない提案をしてきた。

義兄 『まあ、そうは言っても可愛い マコちゃん(妻)のためだし~ 俺の妹だからな~ 考えてやっても良いけど。』とニヤニヤして妻と義姉を交互に見る。続けて

義兄 『どうだいマコちゃん。俺達には子供がいねえ そこでだ、俺達の子供を産んでくれねえか?』

妻と俺は義兄の提案に呆気に取られていたが

義兄 『ヨシ子は子供が産めねえ体だ。しかも人工授精もできねえ。同じ姉妹だから俺とマコちゃんの子供ならほとんど変わりねえだろう?ん~ どうだ?俺の提案にのってくれたら、1億でも2億でも出してやる。俺は手前の子が欲しいんだよ。あんた達みてえにさ~。それとも四十過ぎちゃあ産めねえってか』と一方的に話し出した。

義兄 『まあ無理にとは言わねえが、考えてみてくれ。ヨシ子とは話済みだから』俺と妻は顔を見合わせて考えたが、考える余地など最早無い所まで追い詰められていた。妻が俺を見て頷き

妻 『わかりました。産ませて頂きます。その代わり人工授精でお願いします。』と泣きながら答えた。

義兄 『馬鹿言っちゃあいけないよ。7千万貸して、その上まだ金出せってか~ いくら掛かると思ってんだ~ あ~ 俺が種付けして孕ませるほうが、金掛からなくていいじゃあねえか~ あ~』と怒りに満ちた表情で俺達を睨んだ。さっきまでは、1億でも2億でもと言っていたくせに、心変わりが激しい奴だ。しかし、何度も言うようにその時は、選択の余地がなかったのだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻を同僚と二人で【エッチ】

同じ会社に付き合いも10年以上になるA君って友達が居ます。

何でも話せるしお互いの家にも遊びに行ってた。

Aは年下だけど会社では自分より先に入社し先輩になる。

ある土曜の昼間にAが遊びに来る事になった。

その日は子供は友達の家に遊びに行ってて妻と二人だった。

当時私40才妻35才。

妻は白い木綿の長袖のワイシャツにミニスカートで。

Aが着く頃になって急に妻にブラを外してと頼んだけど断られた。

でも構わずにワイシャツの下から手を入れてホックを外し肩紐は袖の中を上手に通して両方手首から抜いてブラを一気に下に引っ張り出した。

少し怒ったけど

「バレないから」

と何度も言ったら

「じゃーノーブラのままでいいよ」

とオッケーしてくれた。

ワイシャツは胸を張ると少し乳首が透ける程度。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年8月22日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻の青春時代の…ver2【エッチ】

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。

妻は、私と出会う以前、大学時代に3年程交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。

妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外な程に簡単にヌルリと中まで入った。

ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかでなんだか緩く感じた。

私は、ひょっとして…という一抹の不安が頭をよぎった私も童貞では無い行き付けの風俗店の女の子と何度か本番はしている経験は有った…

所謂素人童貞では有るが…しかも妻のオマンコの感触は其の風俗嬢のオマンコよりも緩く感じた。

妻は昔、他の男と交際していたとはいえ、体までは許していないだろうというかすかな甘い期待を抱いていた。

しかし、終わった後、妻が発した言葉に私は一瞬思考が停止した。「なんかアソコが変な感じ。久しぶりにHしたからかも」

妻はやはり処女ではなかった…元彼と肉体関係を結んでいたのだ、股を開いて太いペニスを入れられ、男の背中に手を廻し悶えていたのだ。

しかし、元彼とのセックスのことは妻はそれ以上は語らなかった…私も3年間も交際した元彼と何故別れたか理由を聞く勇気も無かった。

その後、偶然、妻の大学時代の女友達と話す機会があり、妻が当時交際していた男のことをそれとなく聞いてみた。

妻はその友達には当時の彼とのSEXの様子を色々話していたらしい。

それによると、大学時代、妻とその友達と元彼は同じサークルに入っていて、元彼は○○大学の1年先輩だった。

妻が大学2年生のときに交際が始まり、まもなく妻は彼の下宿を訪れるようになった。

そして、何度目かの訪問のとき、二人は初めて結ばれたそうである。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻を常務に預けてしまった(3)【エッチ】

 妻を常務に預けてしまった(3)    龍 晃一 私の失敗したことを棚に上げて妻を責めようとしていた。妻は私の失敗をカバーする為に常務に仕方なく身を捧げたのである。女は常に受身なのだ。私よりも太くて逞しいペニスで何度も逝かされ、失神してしまうと常務に惚れてしまうものである。媚びを売っているのではない。肉体の満足感が自然に常務を愛する身体になって行ったと思われる。雅美の好きなものをプレゼントされると女心は靡いてしまうものである。 このことを感覚としては理解しているが陰毛を剃られ、キス マークの残る肉体を診ると激しく嫉妬し妬みを抱いてしまう。頭では雅美に済まないと詫びるが言葉では言えなかった。常務に奪われた雅美の肉体を俺のものだと俺の精液を膣に注ぎ、口に飲ませることが唯一の憂さ晴らしであった。常務に犯され続けた沙織を戻って来ても犯し続けた。 携帯で聞いたような悶絶する絶叫を聞くことはなかった。妻の肉体は、常務のテクニックに疼いていた。私のペニスでは妻を失神させることができないもどかしさがあった。「あなた無理しないでもいいのに—-」

「俺は、雅美を常務の爺に奪われたことが悔しい—-」

 幾ら悔しいと言っても雅美の肉体は反応しなかった。疲れ果てていつの間にか眠っていた。 そんなことの繰り返しが毎週続いていた。

 雅美の肉体を逝かせることができなくなって、4週間が過ぎてしまった。俺の辛さを和らげようといつも笑顔で家庭内を明るくしてくれている。雅美に感謝しなければならなかったが出来なかった。 雅美と常務が結婚式を挙げるためにグァム島に行く日が近づいてきた。出発の前日に常務から呼ばれた。常務の部屋に入ると笑顔で迎えてくれた

「雅美が妊娠してくれると君を部長にしてやる。君が望んでいた資材部の部長の椅子を準備している」

 会社で昇格することは何よりも嬉しいことである。

「ありがとうございます」

「明日から3泊4日でグァムに行ってくる。妊娠させたい」

「頑張ってください」 以前のように反発心が失せていた。淡々としていた。

「妊娠するかしないかは神が決めること」

 と思うと心も安らいでいた。

 私がミスした10億円の損失を如何に解決したのか知らなかった。会社では表立っていなかった。 常務と相手の会社の社長が大学の同期であることは聞いていた。常務の剛腕さと巧みな話術で大きな問題にならなかったことは雅美の功績なのであった。 そのように考えると雅美の本心は知らないが気持ちよく送り出すことにした。グァムで着るビキニの水着もドレスも常務が準備してくれたと聞いた。

「雅美、嬉しい—-」

「恥ずかしいわ」

「何で—–」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月22日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻を常務に預けてしまった(2)【エッチ】

 妻を常務に預けてしまった(2)      龍 晃一 妻から携帯にメールがあったのは夕方になっていた。

「〇〇デパートの駐車場に18時頃に来てほしい」

 雅子とパートの地下駐車場に車を停めて、メールした。 すぐに携帯が鳴った。

「6階フロアーで待っています。荷物があるので来てくれない」

 6階のブランド品の売り場のベンチで大きな荷物を抱えきれないくらい持って待っていた。 雅子が、

「ママ、迎えに来たよ」

「ありがとう。パパとお利口さんしていた」

 常務が雅美を気に入ったことでエルメスのバックや洋服と下着セットや宝石まで買ってくれた。「1日で200万円も使わせてしまった」

 と笑顔があった。

 その意味は、私に魅力があったからと言いたげである。荷物を抱えて駐車場に降りた。雅子がいるので変な質問も出来なかった。 荷物を車に積み込み、デパートの18階の食堂街で食事をして家に戻った。

 雅子は昼間の疲れもあり、ママがいると言うことで安心して眠ってしまった。 私が寝室で待っていると雅美がバスタオルを巻いたままで寝室に戻ってきた。化粧台に座り化粧水と乳液を付けるとバスタオルをのけてベッドに滑り込んだ。

「パパ、嫉妬した」

「嫉妬していた」

 キスを交わしながら乳房を触り、下腹部に手やると茂みが無くなっていた。 ベッドライトを少し明るくして、布団を剝いだ。

「そんなに見ないで——」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月21日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ