ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】野外露出が癖になった私(追加②)【エッチ】

<廃虚のゴルフ場…>

ネットを調べていて、近場で倒産したゴルフ場がある事が分かった。私は、夜出掛けてみる事にした。ゴルフ場と言う事もあり

結構山中だった。道路は綺麗に整備されていたが、通行量は少なかった。車で20分で目的地についた。

駐車場手前でロープが張られ、入る事が出来なかった。近くに砂利の広い所が見えたので、そこに車を止め、歩いて中に入った。

位道を懐中電灯をつけて入って行くと、広々としたコースが広がっていた。整備されていない為、草は若干伸びていたが、綺麗だった。

私は、全裸になりコースを走った。誰も居ない為、気持ち良かった。一度車に戻り、オナニー道具を持ってまたコースへ向かった。

コース途中に休憩所があり、そこでオナニーを始めた。まぁ誰も居ないので、見られる感覚は無かったが、初めて来る場所にちょっと

興奮した。初めてだったので、早々に撤収する事にした。全裸でバイブをマンコに加えたまま車に戻ろうとした時、ブーン・ブーンと

激しい音が聞こえた。木の陰に隠れると、暴走族5台と車2台が駐車場入り口のロープを外し中に入って来た。私は怖くなって隠れて

いた。私の車は、手前の砂利だったので、彼らは気づいていなかった。草むらを歩き少しずつ車に向かった。

暴走族は駐車場で、車・バイクを滑らせながら走行し楽しんでいた。私は何故か見られたら何て考えて、木陰から彼らに向かって

お尻をフリフリさせた。バイブを入れたマンコを向け、オナニーをした。見つかれば、犯されるに決まっていたのに…結局、一回逝った

後に、車に戻り急いで帰った。ハラハラしたけど、凄く興奮しました。その後も何度か行ったけど、車も見つからない場所を探し

安全にオナニーできました。暴走族のお兄ちゃん達には見えない所で、私は見せながら興奮していました。

<温水プールで…>


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月22日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻を貫いた他人棒 その2【エッチ】

以前、「妻を貫いた他人棒」を投稿した者です。あれから、妻の理香との毎日は、とても細やかなものになり、2人で過ごすひとときがとても充実しているように思えるようになりました。夜の営みも、若いときほどではありませんが、前よりは頻繁になり、濃密度を増してきました。もちろん、精力回復という訳ではありませんが、思いの方向が相手の方に向き、パートナーの喜びが自分の喜びと思えるようになってきたのです。

複数の人と交わることはアレ以来しばらく遠ざかりました。あんなに凄いことを体験したのだからアレ以上のものは無いだろうって、お互い満足感でいっぱいだったのです。でも、あの時からしばらくして、再びめくるめく喜びを私にもたらしてくれる機会がある日突然に訪れました。今回は、そのときのことをお話します。

それは、桜の花が咲き誇る頃、二人でとある観光地へ旅行に行ったときのことです。この頃になると、私たちは都合をつけて二人で旅行に出かけることを慣例にしています。今回は、どこか田舎の鄙びた所でのんびりしたいと思って、民宿を選びました。2泊3日の予定です。

1日目は、市内観光でたくさんのお寺を見て歩きました。春の陽射しを浴びながら、妻と手を繋いで歩くのもまた格別なものです。長い道のりを歩いたので、民宿へたどり着いたときはとても疲れており、旅館の人の勧めで先ずお風呂に入ることにしました。脱衣場がとても狭い上、湯場も男女の別がなく、二人が入るので精一杯です。妻といっしょに入り、旅の垢を落とし、着衣し始めた時でした。突然、二人の男性客がドアを開けて入ってきました。

「アッ!ごめんなさい。女性がいるとは知らなかったものですから・・・」

二人は一瞬、妻の方へ目をやり、慌ててドアを閉めました。

「いいですよ。こんな小さなお風呂場ですから無理もありません。さあ、どうぞ。」

そそくさと私たちは身支度を急ぎながら、男性客に背を向けて着替えを済ませました。私たちが、浴室のドアを閉めたとき、後ろから小声が聞こえました。

「いいなあ−っ!あの女、あんなのとヤリてえなあ・・・」

私は、その声を後ろに聞きながら妻に、

「おい、おい・・あんなこと言ってるぞ。お前もまんざら見捨てたもんじゃないなあ。」

「うふっ、ちょっと嬉しいな。こんな昔のお姉さんでも、まだその目で見てもらえるんだ。」

一息入れているうちに夕食の時間になりました。食事は飯台を二つ連ねて、都合6人が相向かいに座りました。食卓の上には、お家の方が作ってくださった心づくしの手料理が並んでいます。席を共にすることになった相客さんは、私と同じ40代と見える方がお独り、後の3人は20代後半か30代前半のように見えました。私が、一番年配に見られたのでしょうか、妻を傍にして上座を勧められ、おまけに「旅のご縁で・・出会いを記念して・・・」と乾杯の音頭までお願いされ恐縮しました。

「小野(仮名)と申します。今回は妻と二人でささやかな旅行を、と思ってやって来ました。」

「そうですか。私は山本(仮名)という者です。こちらで、若い者と一緒に仕事をさせていただいているのです。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月21日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】帰宅した深夜に【エッチ】

最近、妻とのセックスは遠のいていた。私が望んでも妻は拒んで応じてくれないからだ。そんなことから夫婦仲もギクシャクしていて面白くない日が続いていた。そんな時、帰るバス停で、同じ職場の美穂子にばったり出会った。彼女はまだ二十八歳。愛らしい顔、胸の膨らみ、はち切れそうなお尻と太腿が、勤務中から私の目を虜にしていた。

「お茶でも飲まない…」と誘うと、彼女は黙って頷いた。世間話をして喫茶店を出るとネオンが眩しかった。点滅するネオンが若い二人を招いているようだ。 昂ぶる胸の鼓動を押さえて、思い切って彼女に「ちょっと、よってみない…」と云うと、彼女は、恥ずかしそうに、ただ黙って、うつむいていた。ホテルでは、妻よりも十歳若い彼女の、弾けるような肌に溺れて、連続して二回も果ててホテルを後にした。、帰ったのは深夜の零時を回っていた。

寝室には豆電球がついていて、その薄明かりで妻の寝姿がぼんやりと見える。よく見ると妻は、薄い布団をお腹だけに掛け、下半身は、ネグリジェが捲れて太腿が丸出しになっていた。右足は伸ばしているが、左脚は立て膝となって、その谷間に白いパンティ−が見える。一瞬、淫らな寝相だと目を逸らした。

服を脱ぎながら再び見つめる。いったい、この乱れた妻の寝姿は何だろう…。男を挑発する寝姿なのだ…。今夜は受け入れてもいいのよ…という妻の暗黙の合図なのだろうか…。そう思うと、不思議に男の欲情が沸いてきた。たった一時間前に、浮気して果てたばかりなのに、四十男の性欲は旺盛だった。

でも、また拒まれたらどうしよう、という不安もつのる。それでも眠っている妻に触って、性欲に昂ぶる女の反応を見てみたい、と思う男の好奇心が沸く。下着だけになって、頭を妻の下半身辺りに置き、横になって滑らかな太腿を見つめると、男の欲情が激しく昂ぶってきた。太腿の付け根の白く薄いショーツが、女の膨らみを包み隠してるその姿が、さらに男の欲情を誘うのだった。

寝息が続いている。それは妻が眠っている証なのだ。その寝息を聞いて悪戯する勇気が沸いてきた。思い切って人差し指と中指先を、薄いショーツの上から恥裂に軽く触れてみた。寝息の様子を伺いながら、指先に圧を掛けたり、押したり引いたりする。妻が夢うつつの中で昂ぶる様子が見たかった。寝息は続く。恥裂の溝を上下にさすってみる。蕾あたりを円を描くように軽く触れて回転させてみる。やや太腿が拡がったような気がした。指が動かしやすくなった。

妻のからだがビクッと反応したが寝息は続いている。恥裂の溝をゆっくりと上下に揉んでいく。すると、急に妻が両方の太腿を締めつけた。両方の太腿の間に手が挟まって動かせない。それでも、手を抜くことなく恥裂を擦り続けた。恥裂を擦る手が、両方の太腿で更に強く絞り込まれた。手が動かせない。その時、妻の太腿が急に硬直した。

この時妻は、快感にまどろむ夢うつつの中で、誰とも知れぬ男性にキスをされ、彼女の恥部がその男の手でまさぐられ、強烈な刺激に堪えかね「そこはダメ…」と口走って股を萎めたのだろう。その時、快感の限界の頂点にあって我慢できずにイッタのだと思った。

やがて両脚の力は緩んだが寝息は続いていた。寝たふりをしているのだろうか…。いや…妻はもう気が付いている。触って悪戯しているのが夫とわかって、その愛撫に愉悦を感じ、寝たふりをしているのだ…と思った。

私は、思い切ってショ−ツのゴムに手を掛け、指を滑り込ませた。柔らかく生い茂る陰毛をまさぐり、更に指が滑り込むと、柔らかい恥裂に達した。そこは潤んでいた。恥裂を上下に、蕾を円を描くようにまさぐると、微かに太腿が拡がって蠢いているようだった。恥裂が濡れて指が動きやすくなった。さらに揉み続けていると、またも、太腿を強く絞り込んできた。指が動かせない。それでも指は恥裂から離さなかった。その時妻は、再び、二度目の絶頂を迎えたのだと思った。

既に妻は気がついて目は覚め、寝たふりをしているのだ。思い切ってショ−ツのゴムに手を掛けてづらせると、その動きに妻は腰を浮かしてくれた。ショ−ツを両足から抜き取り、脚を拡げさせ、薄闇だったが、いつもお世話になる観音様を眺めた。

そこは赤貝が閉じているようにピタリと閉じていた。そのまま恥裂の沿って上下になぞった。その時、妻の身体が、またしてもビクって反応した。更に指先で突起当たりを擦り続ける。すると、閉ざされいたあの部分の肉襞が、少しづつ開いてきて、ピンクの肉襞が見えてきた。その辺りはぐっしょりと濡れていた。

そこの肉襞を指で擦り、舌を尖らせて蕾を擦った。からだがビクッと反応した。もう妻は、寝たふりを続ける我慢の限界を超えていた。その強烈な刺激から逃れようと、両手で私の頭が押さえられたが、私はそれを拒み、なおも蕾を吸い続けた。その強烈な刺激から逃れようと、下半身が凄く乱れ、下半身が震えていた。再び頂点に達したと思った。

その反応を見た私は、恥部から舌を離し、両脚を拡げて、硬く聳え立った男塊が妻の肉襞を貫いた。真上から快感に歪む妻の顔の表情を見つめながら律動を繰り返す。妻が凄く快感に歪む顔の表情を見て男の至福を感じた。ついに男も我慢の限界に達し、白濁を妻のからだの中に注ぎ込んで果てた。

結局、今夜の妻は、三回もイッてくれた。妻が恥じらいもなく大の字になって恥部を曝しているいる肢体を見つめて思った。確かにこれまでの妻とのセックスは、雰囲気も醸し出さずに、おざなりの愛撫で、まだ十分潤まないにのに挿入して、五〜六回腰を振ったかと思うと、すぐに果ててしまうのが常だった。これでは女は、満足のいく性感は得られなかったのだろうし、それが夫の欲求を拒む理由の一つだったかも知れない。妻を昂ぶらせるのが男の役割なのか、と思いながら、満足感に浸って吐息している妻の寝顔を見つめていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年7月21日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】野外露出が癖になった私(後篇)【エッチ】

<浜辺で…>

私は夏に1人、車で20分位の街外れにある浜辺に向かいました。もちろん新地開拓です。薄手のワンピース1枚に下着は付けて

いません。小さな漁港に付くと車を止め、堤防近くの岩場に行きました。そこには地元の子供達が数人遊んでいました。

年は小学2年か3年位だと思います。”何してるの?”と聞くと”カニを捕まえてるんだ!”と答えてくれました。

”お家はこの辺なの?”と聞くと”うん!”と答えた。素直な感じの良い子だった。すると”一緒にカニ取ろうよ”と言われたので、

私も仲間に加わった。岩を除けると、カニが現れ手で捕まえるるんです。私も夢中で取っていると、1人の子供の視線を感じました。

視線の先を見ると、間違い無く私の股間でした。ワンピース姿(短め)でしゃがみ込めば前からはマンコが丸見えです。

男の子が余りにジッと見つめるので、何だか変な気になって、濡れ始めるのが分かりました。エロ液が滴る頃、男の子が近寄って来て

”何か出ているよ”と言うのです。私は”そう?何だろう?”と言うと”見てあげる”と近くから覗き出しました。その事に気付いた周りの子

も集まって来て(3人)”どうしたの?”と聞いて来た。”何でもないよ”と言うと、ジッと見ていた子が”下から何か出ているんだ!何かな?”

と、周りの子に教えたのでみんなでマンコを見始めた。私は相手が子供なのに興奮し、”ちょっと触ってみて”と言ってしまった。

子供達は手を伸ばしマンコを撫で始めた。最高に気持ち良かった!”何かヌルヌルするよ”と言い”おばちゃん大丈夫?”と言われた。

中には臭いを嗅いでいる子もいた。”ヌルヌル取って?奥まで手を入れて”と言うと、”取れば治るかな?”と素直な言葉が帰ってきた。

”お願い”と言うと、子供達はマンコに手を入れ始め、中からヌルヌルを出していた。小さい手はすっかりマンコの中に入り、中で

クネクネ動くから、遂には逝かされた。その事に気づかない子供達は、何度も出し入れを繰り返し、私は数回逝ってしまった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月20日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】夫は知らない私の2重生活【エッチ】

私には夫に言えない隠し事があります。

夫は45歳で、食品会社の営業課長と言う事もあり海外出張も多く、家を空ける事が多いんです。

43歳で、課長に昇進すると夫の生活はガラリと変化し始め、会社の日は帰りが23時を過ぎる事が多く、

休日もほとんどありません。夫婦の会話も減り、夜の営みも無くなりました。私は32歳、やりたい盛りで欲求不満でした。

夫とは13歳差の夫婦。私は父を早くに亡くし、その影響か?年上の男性でないと魅力を感じないんです。

元上司の夫に憧れ、私から言い寄って結婚しました。

初めは、夫の帰りも早く夕食も一緒でしたし、夜の営みも週2回程あり満足していました。

休日も毎回2人でいろんな所に出掛け、本当に幸せでした。

(当時、夫が子供嫌いだったので子作りも諦めたんです)そんな生活も、課長昇進と共に崩れ始めたんです。ある日、私は買い物で時間を潰そうと歩いて駅に向かっていました。

何を買おうか?特に目的も無く、虚しさでいっぱいになっている時、公園が見えました。

砂場やブランコには小さな子供達とその母親が楽しそうに遊んでいたんです。

そんな光景を見ていると、1人で居る自分がとても寂しく感じて来て、更に奥にある池の方へ歩いて行きました。

長椅子に座ってボーっと池を眺めている時、池で洗い物をする一人の男性を見かけたんです。

汚れた服装で、髪もボサボサ、ホームレスだと直ぐに分かりました。

年は50代でしょうか?彼を見ている内に何だか父親がカブって来て、凄く可愛そうに見えました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年7月20日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】花火に夢中で妻の異変に気付かなかった私【エッチ】

夏も近づき、店先には花火をよく見かける。

何か夏って感じがして、私はとてもワクワクする。

毎年、妻と大量の花火を購入し、プチ花火大会と称し楽しんでいた。

最近、近くのホームセンターで大量の花火を購入し、今年はどんな感じで打ち上げるか

自分なりに考え、家近くの河川敷に妻と向かった。

妻にはちょっと離れた所にある土管に座って待っててもらった。

その間に私は、打ち上げ準備を始めワクワクしながら打ち上げる順番に花火を並べた。

空はもうすっかり暗くなり、恒例行事に気づいた子供達(小学生から中学生)が数人集まって来ていた。

”よ~し、始めるか”そう思い、一発目の花火に火を放った。

”ヒュ~ン・・・・バ~ン”大きな打ち上げ花火から始まった。

”お~綺麗!”子供達が叫んだ!

次々と休む事無く打ち上げを繰り返し、子供達は夢中で私の方を見つめていた。

夢中で花火に火を付け、”どうだ!”と言わんばかりに演出した。

そろそろ、終わりと言う頃、妻の方を見たが居ない?

トイレ?そう思いながら、残りの花火に火を付けていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年7月20日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】愛妻を淫乱な女に・・・5【エッチ】

日曜の夜、私と直樹はビールを飲みながら妻を待っていた。昼間、智ちゃんと食事に出かけた妻の話しを聞くためだ。母屋での家事を済ませた妻が私達が待つ離れに帰ってきた。

「私もビールをいただくわ」

ビールに口をつけた妻が話し出した。

「今日ね。智ちゃんと食事をして、直樹さんの家でお茶をしてきたの・・・私もなかなか話しを切り出しにくかったけど、レスについて智ちゃんに聞いてみたの・・・直樹さんにとってショックかもしれないけど・・・お正月過ぎに、生理があまりにも不順だし、体調も悪かったので産婦人科に行ったんだって・・・検査をした結果、智ちゃんは妊娠しにくい身体だと分かったんだって・・・妊娠する確率はゼロに近いって・・・智ちゃんもかなりショックだったらしいわ。子供を欲しがってる直樹さんに言えなくて、セックスを避けてたんだって・・・」

いつものリビングに重い空気が流れていた。

「俺、帰るよ。帰って、智子と話し合ってくる」

「そうしろよ。一人で大丈夫か?愛も行かそうか?」

「いや、二人で話し合うよ。二人で解決する問題なんだから・・・明日、電話する」

直樹は帰って行った。相変わらず重い空気が流れていた。その空気を撥ね返すように冗談を言ってみた。

「直樹、今日は愛を抱かなかったなぁ?」

「当たり前でしょう」

笑顔の妻を見て、一気に空気が入れ替わった気がした。

「この間、直樹と岡本君で遊んだ4Pは凄かったな。愛はどうだった?」

「言わないで・・・恥かしいから・・・3Pは2度経験してるけど、4Pは初めてだったから・・・」

「当分、直樹は遊びに来れないかもな。新しい遊びを考えようか?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年7月19日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】〔サレ夫〕37才茄子嫁〔離婚〕【エッチ】

921 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/08/30(木) 14:04:19

ソフトバンクの910Tのメールの自動転送ってどう設定するんですか?

ぐぐってもよくわからん。

なんか動揺してる。



922 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/08/30(木) 14:12:42

>>921

携帯電話板で聞いた方が良いよ



923 921 sage 2007/08/30(木) 14:13:52

>>922

誘導サンクス



927 ヤジセルリアン sage 2007/08/30(木) 18:59:23

ソフトバンク、、、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年7月19日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】浮気してたけど、昨日きっぱり別れて来た!【エッチ】

<>133 名前: 恋人は名無しさん [sage] 投稿日: 2007/11/11(日) 07:11:08 ID:JM31yOgj0<>

早朝にナサケナスな俺の話。

俺A29歳

彼女B28歳

彼女の家に結婚の挨拶に行き、OKしてもらった直後に

彼女祖母が有名な占い師とやらに相談して二人にとって一番いい入籍の日を調べてきた。

そしたらそれが来週だという。

まあ慌しいけど、おばあちゃんがそう言うならまず籍だけ入れるか、となり結婚。

籍は入れても、突然だったので当然別居。

それから新居を探して、式は約8ヵ月後にと言う事になった。

2ヶ月ほどたった後、いいアパートが見つかり、来月の引越しに備えて家の掃除なんかを始めた頃、

彼女から浮気を告白された。

それはそれは清々しく…

彼女が言うには「浮気してたけど、昨日きっぱり別れて来た!

やっときれいな体になった!


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年7月19日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】愛妻を淫乱な女に・・・4【エッチ】

シャワーを済ませ、リビングのソファーでビールを飲んでいると、私と入れ替わりに浴室を使っていた妻が入ってきました。

「一緒にどうだい?」

「少し、いただこうかな?」

キッチンからビールとグラスを持ってきて、隣に座りました。

「2週続けて、お疲れさんだったね」

妻に3Pを強要させた、翌週末も私と直樹に責められた妻は、

「・・・恥ずかしいわ・・・直樹さんに裸を見られるのも恥ずかしいけど、あなたに乱れていく私を見られるのが一番恥ずかしいわ・・・」

「俺は、直樹に犯されてる、愛が愛しくてたまらないけど・・・もっと、違った経験をしてみたくない?」

「嫌よ。私はあなたに愛されるだけでいいの。それより、直樹さんと智子さんたちレスだって事のほうが心配だわ」

「それは俺も気になってる。一度、智ちゃんをランチにでも誘って、話しを聞いてあげたら?」

「明日にでも、電話して誘ってみるわ」

「うん。頼むな。・・・それより、愛。今も、昼間にテレホンセックスしてる?」

「してないわよ。あなたと直樹さんに虐められてる事を思い出す時はあるけど、誰か家族がいたりして・・・」

「今すればいいやん。俺はもう少しビールを飲みたいし・・・」

「してみようかな?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月18日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ