ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】クラスメートが…2【エッチ】

Yが私に抱きつき、耳に口を寄せて、甘エロボイスで

「俺のチンコ見て興奮した?」

って聞いてきんです。

私は素直に頷きました。

すると

「素直だからご褒美上げるww」

とニヤつきながら言ってきます。

私はYの事が好きだったので、内心凄く嬉しかったんです。

Yは私のブラの中に手を入れて揉み揉みしてきて、

私も思わず声を出してしまいました。

Yは可愛いと言ったかと思うとパンツの中に手を入れてきました。

「もう、こんなにトロトロだよ?ww

さっきもこんなトロトロにしてオナニーしてたの?ww」

と淫乱な言葉を連続して

呟いてきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】侵入者【エッチ】

中学に入った年の夏休み、両親が旅行で一人で留守番することになった。

一人で過ごすのは初めてで、寂しいよりも自由になった気分だった。

でも夜はさすがに寂しくて、電気をつけたまま寝ることにした。

しかしなかなか寝付かれず、ベッドでひとりエッチしてたらいつの間にか

寝てしまった。夜中に変な感じがして目を覚ますと周りは真っ暗だった。

口をテープみたいなもので塞がれ服を着ていないことも分かった。

さらに下半身を誰かが押さえつけていた。しかもチンコを舐められてることに

気づいた。怖くて泣きながら耐えていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ブロンド美女からスパンキング【エッチ】

幼少からMの気がある男です

小学生の時に川原でSM本を見つけて拍車がかかりました

とくにぶたれることへの興味は大きく、中学になったころ英語の辞書で【スパンキング】という単語を知り

そこに「(罰として、子供の)尻を叩くこと」と書かれていました

こんな単語があるほど海外では一般的なのかと感動すら覚えたのですが、同時に悔しさもありました

どうして自分はそういった国の子供に産まれなかったのか

スパンキングへの強い憧れが捨てられず、僕はある行動に出てしまいます英語の授業は海外からメアリー先生という外国人教師を招いて行っていて

先生が帰国するまでの期間に必ずひとつ英語で質問をするようにと課題が言い渡されていました

先に質問をしてくれた子のおかげで先生には子供がふたりいることがわかっていたので

僕は思いきって、怒ってお尻を叩いたことがあるかどうか聞いてみようと思ったのです

ただ授業中に聞くのはどうかと思い

質問の答えを記入するプリントを持って昼休みに先生のところへ行くと

『う~ん、放課後でもいいかしら?』と職員室を出たところで追い返されてしまいました

僕の頭に悪い考えがよぎります

お尻を叩いたことがありますかなんて普通は質問しないし、他の先生に相談されたらどうしよう


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年11月1日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】俺の仕事【エッチ】

俺は、中3の時、 10人の、ヤンキーグループの頭だった。メンバーは、素行不良、成績罪悪、家庭内暴力と、家庭不破ってか、憎んでさえいる。そんなある日、学級に、大金持ちのボンボンが、

転入してきた。

早速、金をたかろうとしたが、その、ボンボンは、一筋縄なボンボンでは、無かった。

呼び出すと、百万の束を、目の前になげた。俺たちは、予期せぬ現状と大金に、思考がストップした。

ボンボン(今からは、ボンと呼ぶ)。ボンは、俺たちの頭になった。

毎夜、毎夜、俺の姉貴(もち、ヤンキー上がり)の勤める。キャバで、夜遊び。風俗は、当たり前、競馬に、パチンコ、やりたい邦題だ。

そんなある日、

ボンが、ボーナスを出すって、

(ボンは、風俗は付き合わなかった)その内容に、どよめきたった。

ボンは、熟女嗜好で、俺たちの母親を差し出せって、俺たちは、すんなりと承諾して、

次々とボーナスを手にして、母親を売った。

手口は、ボンの計画通りに行った。初めは、

睡眠薬がメインだったが。強姦してみたいと言われれば、協力し、後半は、酔い潰れたところを犯す。など要求する。内容が濃くなって行き。メンバーの母親がネタ切れして、

ボーナス増額してもらい。同期生の母親を、拉致ったり。既婚先公を、差し出し。撮影し学校に、母親たちを呼び出し、俺たちが押さえ込み。ボンが犯す。

俺たちは、年間3百万以上稼ぎ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月17日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【学校で】肛門丸出し【エッチ】

今から 30年前の中学3年のときでした。 検便(大便)を提出するのですが どうしてもでなくて(めんどくさいとも思った)そのままにしていたら 5日程してから、体育の先生が 「未だ提出していない 4人(男2人 女2人)は保健所に行って 検査するように」 と 言うので私を含めた4人が 保健所に行きました。 まあそのときは 授業をさぼれる位に思ってました。

 さて 保健所につくと、診察室のような所へ通され、「男はズボンを脱いで 女はスカ−トをはいたままで、パンツを脱いで」といわれたので そのとおりにして 待っていたところ 白衣を着たおじさんとおばさんが 「まず 男から 一人ずつ ベッドに四つんばいになって」と言われたので 一人目に男子 (私は二番目)が ベッドに上がりました。 そして おばさん(今思うと 看護婦?) が ついたてを立てたので ベッドの様子は わかりませんでした。ただ

「ああ..」という悲鳴のような声が聞こえました。 次は 私の番です。 四つんばいになると、おばさんは 私のパンツをするりと脱がして 肛門を指?で拡げられました。 そして 何か冷たいものがお尻に入ってきました。何回かごそごそ動かしてから すっと抜いていきました。そのときは ただ 恥ずかしいのと 痛いのとで とても辛かったです。

 次は 女子の番です。 私は ついたての後ろでズボンをはいていたのですが ついたての隙間から スカ−トを捲りあげられ 肛門を拡げられて ピンセットの大きな金属製の器具を突っ込まれているのを まじまじと見てしまったのです。器具を肛門から抜くと 先には 便が付いていました。その女の子も 「いや–」と悲鳴をあげていました。その女の子は かわいくて好みの女の子だったので 肛門を見れて 複雑な気持ちでいっぱいでした


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年9月15日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【学校で】同級生の乳首【エッチ】

小6の時に村上琴音って子がいた。その子、胸ちょっと膨らんでて、服をちょっと押し上げてるぐらいの大きさなのにブラをしていなかった。だから、乳首は透けていないけど、胸の膨らみとかはわかるぐらいだった。

僕には座って腰を捻って鳴らす技があった。

ある放課後、腰を鳴らして音を鳴らしていた、琴音ちゃんがやり方を教えてと、聞かれた。やり方を教えたけど、琴音ちゃんの腰は鳴らなかった。仕方なく、琴音ちゃんを前に座らせて、両手を頭の後ろに組ませて、腋に両手を回して、両手の甲を鎖骨あたり当てる体制になった。この時、近くで琴音ちゃんを見ると結構可愛いんだなと初めて思った。まず体を左右に軽く捻らせる。段々と強くしていって、最後に強く捻る。しかし、音はならなかった。また、何回も捻らしていると、手をあげているから、服が胸に張り付き、しかも、服の生地に乳首が擦れているからか、服の上からでもわかるほどツンと乳首が勃ってしまっていた。上から覗くと、膨らみかけの胸に乳首がビン勃ち、服が役割を果たしていないほどに形が丸わかりでした。更に強く腰捻らせると服が張る為、乳首の形は勿論、胸の形まで丸わかりになっていた。腰を鳴らそうとしていたが、琴音ちゃんの乳首ばかりみていた。どうしても鳴らないので、琴音ちゃんを羽交い締めのような体制にして、腰を伸ばさせた。これでもかと言うほど服が張り、乳首と胸の形が完全に透けていた。そして小さいがゴキゴキと琴音ちゃんの腰が確かに鳴った。琴音ちゃんは笑っていた。それから家の方向が一緒だったので一緒に帰ったが、琴音ちゃんの乳首は五分ぐらい透けっぱなしだった。

中1の時、部活で琴音ちゃんと体育倉庫で一緒になった。琴音ちゃんは暑いのかジャージのファスナーをブラが見えるほど下ろしてた。これくらいは私の中学では普通だったら探し物しながら琴音ちゃんを見たら、前屈みで胸元がダルダルだったのでおっぱいが丸見えだった。しかもブラしてないから胸全体が見えてしまってた。生で見る琴音ちゃんのおっぱい、あのツンツンの乳首は色素の薄いピンク色だった。手伝うふりして見まくった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年9月13日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【人妻と】誕生日に【エッチ】

俺が中3の頃、当時付き合っていたロリ系の美少女がいました。

彼女の誕生日にプレゼント(何か忘れた)をあげたら、ものすごく喜んでくれた。

で、俺の誕生日に彼女に

「お前とSEXしたい」

と、言ったら、OKしてくれた。

学校のトイレで初めにキスして、そのままディープキスすると彼女はいやらしい声を出しました。

そして制服を脱がしてまんこを舐めてそのまま勃起したちんこを挿入して、そのまま出しました。

その後は、ほぼ毎日のようにSEXをしていました。

今ではその彼女と結婚して、2人の子を持ってます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月12日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【学校で】双子の姉妹を性的にいじめ その5【エッチ】

2年の冬。この日は私らと双子で街へ遊びに行った。

今日は双子には服装の指定をしていない。

ただ、普通に遊びに行くから気合い入れておしゃれしてくるようにだけ言った。

待ち合わせ場所の駅前に姉弟が来る。いつもより明るい表情だ。

お揃いの丈の長いコートを着ている。

普段学校に着てくるのとは違う、おしゃれでデザインのいいコートだ。

お揃いのデザインなのは、性別が分からないようにするために私らが選んだからだ。

姉はうっすらと化粧していて、弟とそっくりな顔なのにより女らしい。

私らは駅の広い障害者用トイレに全員で入ると、姉弟に着替えするから服を全部脱ぐように言った。

弟は「今日は普通に遊びに行くんじゃないんですか?どうして服を脱ぐんですか?」と珍しく口答えをしたが、

ビンタして「いいから脱ぎなさい」と叱りつけた。姉弟は不思議そうな顔をしながらも服を脱いでいく。

姉弟が服を脱ぐたびに私らが受け取る。この日は生意気にも下着までつけていた。

姉の下着は彼氏とのデートに着て行くような勝負用と言うかかなり気合の入った大人っぽい下着。

「やだあ、普通に遊びに行くだけなのにこんなの着けて。あんた男でも誘うつもりだったの?」と冷やかす。

弟はTシャツとトランクス。「女のくせに色気がないね。男の下着着てちゃだめでしょ」と馬鹿にする。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月11日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【学校で】気の弱い先輩にやりたい放題してた話【エッチ】

俺が中学の頃の話、俺の通う中学はなんか厳しくて

塾や学校外での習い事など家庭の問題など特別な場合を除き

絶対に部活に入らないといけないルールがあった。

4月ごろは新入生への勧誘もしつこくて先輩が1年の教室の前で出待ちしてるくらい熱心

そういうのが面倒臭い俺は事前にゆるくて楽そうな文化部に入ることにした

最初に見学したのは吹奏楽部、しかしこれが飛んだ文化部の皮を被った体育会系

体力作りにランニングもやるし練習はキツイし女だらけで性格もキツイ奴が多い

ドラマの大奥みたいな雰囲気というか、妙にドロドロしてて派閥があって

とにかく上下関係がすごいくて挨拶も声が出てないとドヤされるようなノリ

そこで次に行ったのは美術部、ここも女だらけだが皆大人しい

しかし、今でいう腐女子ってやつだろうか

言ってることが半分もわからないし、なんかスケッチブックに絵を書きながら

「デュフフ・・」とか笑ってて違う意味で怖かったのでここもアウト

次にパソコン部に行ったが、パソコンなんてこの時期の俺は

キーボードをそれっぽくカタカタやるハッカーのモノマネくらいしか


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月10日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【人妻と】幼少時代【エッチ】

今から数十年前の話ですが、私の父の実家は凄く田舎で、辺りには家が見当たらない位山中にありました。

家の近くには綺麗な川も流れていて、いつもそこで遊んでいた記憶があります。

お盆になると必ず家族で父の実家に帰省しました。実家には、じいちゃんとばあちゃん、そして父の兄夫婦が

いたんですが、兄夫婦には子供が居ませんでした。だから、私が行くととても可愛がられ、特におばちゃんは

自分の息子の様に接してくれました。

家で暇をしていると”ヒロ君、川に行こうか?”と誘ってくれるんです。

私は、おばちゃんが大好きで一緒に付いて行くのです。

そんな感じで、私も中学生になっていました。おばちゃんは相変わらず、私を可愛がってくれ、しかも子供時期と

同様の接し方でした。多分、その頃おばちゃんは38歳位だと思います。

そんなある日、両親と祖父母が病院に行くと言うので、実家には私とおばちゃんだけになりました。

おばちゃんは嬉しそうな顔で、川行って泳ごうか?と言うので”うん”と返事をしました。

川に付くと、私は海水パンツ一枚になり泳ぎだしたんですが、おばちゃんはワンピース姿のまま、川に入って来ました。

始めは、いいのかなぁ・・・と思っていましたが、おばちゃんは気にする事無く一緒に泳ぎだしたんです。

そして、川から上がると、水辺で何かを探している様子でした。

”何かいるの?”と聞くと、”魚・ここにいたの?”と岩陰を探していました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年9月10日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ