ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【小中学生と】マンコをペタペタ【エッチ】

これは俺が小学生の時の話です。

俺にはとても仲のいいロクさん(あだ名です)っていう友達がいて、ヤツはけっこうませてたからHの知識なんかはほとんどロクさんから仕入れていた。薬屋の外にあるスキンと書かれた小さな自販機が何なのか、そしてそのスキンとやらは何に使うものなのか。そんな話を聞いて、初めて俺はチンポをマンコに入れるという行為の存在を知りました。それを知ってからはセックスに異様に興味を持つようになりました。

ある日、仲のよかったMちゃんと遊んでいた時、飼っていた金魚の水槽を覗いているMちゃんのパンツが見えて、その日はなぜか異様に興奮し、「パンツ脱いで見せてほしい」と今考えたらストレートすぎる要望を出しました。Mちゃんは恥じらいもなく(小学5年でしたから…)パンツを脱いで、「脱いだけど何?」みたいな事を言ったはずです。

俺はロクさんに聞いたようにマンコをペタペタ触ったり、平らなおっぱいを触ったりしてましたが、Mちゃんは気持ち良さそうな素振りなど全く見せません。知識もテクもないのですから、当然でしょう。

僕は「マンコにチンポを入れさせて欲しい」とまたまたストレートな要望を出しました。しかし知識の無いMちゃんにはその意図が読めなかったようで、普通にヤダと言われて帰っていきました。

今でもMちゃんのつるつるのマンコが目に焼き付いております。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2013年7月19日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【おっぱい娘と】本当だった!!【エッチ】

二年前のちょうど今頃、このサイトに投稿されたある「体験談」があった。

それはその夏に信州の菅平の山の中の「滝壺」で目撃した少女たちの<水浴び>をしていたという話である。

(このサイト上の「検索」で「滝壺の少女たち」と入力すれば出てくる・・・)

投稿した作者が実際に目撃したという滝壺で裸で遊ぶ少女たちの「描写」が細かく良く書かれているが、「小説風」でもあるので読み終わってからそれは「創作」ではないか?と思ったほどだった。

(読んでみれば判ると思うが・・・)

だが、それは本当であった!!

僕は20代後半でドライバー専門の派遣会社で「日雇い」のドライバーをしている。

この八月の中頃にそのドライバーの仕事で長野県の「菅平」に行った。

その日の仕事は菅平で合宿をしている東京の「少年サッカーチーム」の子供たちを中型バスで迎えに行き、東京に送り届ける仕事だった!

だが、関越道、長野道とも空いており、さらには早く東京を出たこともあって「迎えの時間」の午後三時よりもかなり早い昼頃に着いてしまった。

子供たちが宿泊している「民宿」には駐車場がないので、時間まで他のところで待機してくれ!と民宿のオヤジさんに言われ待機場所を記した「手書きの地図」を渡された。

そこは菅平の民宿村から少し上がったところにある「峰の原高原駐車場」だった。

そう、ここはこのサイトに以前投稿のあった『滝壺の少女たち』の舞台になった滝のあるところだ。

菅平からの国道から「峰の原高原スキー場」へと入る「脇道」がある。

それを進んでいくと峰の原のスキー場に出るのだが、その「脇道」沿いの両側が樹木で覆われていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年7月16日 | エッチ実話カテゴリー:おっぱい娘との体験談

【人妻と】クセになる味 続き5:パラダイス【エッチ】

『じゃ〜ママと一緒に舐め舐めする?』

と聞き返すと素直に『うん』と頷いた。

そして母親の所に行き手を取ると再びチンチンの所にやって来て、今度は3人で舐め始めた。

でも上からみた光景は凄かった。

小娘が2人に母親1人がペロペロおれのチンチンに舌を絡めている。

もうダメだ!と思った瞬間!

『お願い!私のオマンコに入れて!我慢出来ない!』

と、いきなり母親が立ち上がりパンツを脱いで跨がって来たのです。

俺は思わず床に倒れ込み天を仰いだ。

母親はすかさずチンチンに手をかけ自分の中へと誘った。

もう限界だった俺のチンチンはものの1分程で母親の中に射精してしまった。

ことが終わり身支度をしていた時、もうこれ以上娘達にさせたく無かったから入れたと言っていた。

でも愛撫もしないで見てただけ、チンチンをイヤイヤ舐めていたのに女性は濡れるのか?と不思議に思った。

でもなにはともあれ、3人の女とエッチ出来たのは最高だった。

俺はとりあえず財布を取り出し、ありったけのお金を出した。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||

2013年7月16日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】クセになる味 続き4:パラダイス【エッチ】

『あんた下手だよ』

と、母親に告げました。そして2人の子供達に母親の代わりにチンチンを舐めるように言いました。

しかし母親は嫌だったのか、チンチンから離れようとはしなかったんです。

意地でも自分で終わらせようとして、激しく扱き、舌を絡めて来ました。

もう我慢の限界って所で何とか止めさせ、再び母親を入口付近に立たせました。

二人にの少女は少し泣いていたのか鼻声で『ママ』とだけ言いました。

『じゃ〜始めようか?』

おもむろに2人を足元に座らせました。

『さっきママがしてたの見てたでしょ?お口でオチンチンを舐めるとおじさん気持ちよくなるから舐めてみようか?』

すると少女達はイヤイヤながらチンチンに手を伸ばして来ました。『じゃ〜まずはさとみちゃんからどうぞ』

『…はい』

『おじさんの言う通りにしてね。まず、チンチンにKissしてみてね。』

『はい』

チュッ!って可愛らしい音がなりました。

『じゃ〜次は舌を出していっぱい色んな所を舐めてみて』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||

2013年7月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】クセになる味 続き③:パラダイス【エッチ】

俺はまず、さとみから責める事にして、とりあえず良子を母親の元へやりました。

さとみは少しうろたえた感じでしたが、そんな事も許さず愛撫を開始しました。

まずは乳首を軽く舌で舐め反応を見てみると、さっきとは違い意外に切なそうな顔をしています。

目は閉じ、口もギュッと閉じていましたが、頬は赤く染まり、何か自分のツボを探しているような感じ(表現が品祖ですんません)

で、時より『んっ』って感じている声も出てきました。

俺は我慢できず、下の方へ手を伸ばしました。

さとみは触るのを少し拒みましたが、母親の顔をちらっと見て、足を開け体を預けてきました。

それでクリトリスを中心にさわり、時よりマンコの方へ指を移動させていると、軽くですが濡れてるのが分かりました。

それではと思い、少女の割れ目を舐めてみる事にしたんです。

さとみを洋式便器に座らせ、クンニ開始…

その時悪臭が…

少女でしかも風呂に入ってなかったのか、かなり臭かった。

仕方無いので、少女を再び便器に座らせウォシュレットで洗浄してみる事にしました。

その間もさとみは、敏感になったクリトリスに水が当たる度に切なそうな声を出していました。

洗い終わり、乱暴にトイレットペーパーを取り拭きました。それでも不安だったので、水道の水で最度洗い、再びクンニ開始!


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2013年7月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】クセになる味 続き:パラダイス【エッチ】

するとトイレの方から2人の少女がこっちに向かって歩いて来ました。

その少女達は迷わず、その女性の所にやって来て、ベンチに座り『ママお腹すいた』って言うじゃ無いですか…

『あれ?出てきたのって一人じゃなかったんですか?』

『はい…』

俺は思わず心の中でガッツポーズをし、ポケットから手を抜きながらこう言い始めました。

『さっきの話ですが、やっぱりお断りします』

女性は覚悟したのか、コチラを見て、それからうなだれました。

『やっぱりダメですか?』

『はい。やっぱり同年代の方に援交をするのはどうかなって思うし、子供達となら…』

と、少し最後の部分はごもりながら言いました。

『えっ?子供達がなんですか?』

と、聞き返して来たので、期待しつつ今度はハッキリと言いました。

『子供達とエッチな事をさせてくれたら考えますよ』

女性は鬼畜でも見る目でコチラを睨んで来ました。

『無理ですよね?じゃこれから用があるので帰ります』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2013年7月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】クセになる味【エッチ】

昨日の夜思いがけない出来事に遭遇したので書き込みしたいと思います。

過去にも何度かロリ体験はあったんですが、こんな経験は初めてでした…

昨夜飲み会があり、10時頃に2次会に行くものと、仕事があり帰るものに別れ、俺は次に日仕事が早かったのもあり、帰る事にしました。

飲み会の場所から家に帰るのにはたいして距離も離れてないので、歩いて帰ることにしました。

これが幸運への第一歩だったんだなぁ〜って思います。

そんな事はさておき、歩いて帰る道中、急に尿意が迫って来て、近所の公衆トイレに立ち寄る事にしました。

夜で人もいないのでちょぴり怖かったですが、男子トイレに入って行きました。

それでオシッコも終わり、手を洗い外に出ようとしたところ、男子トイレの入口に一人の女の人がたちってました。

俺は少しビックリしつつ、横を歩いて外にでました。

するとその女性が後ろを付いてきます。

俺は怖くなり少し小走りで逃げて行きましたが、やっぱり小走りで付いてきました。

でもこのまま付いてこられるのも嫌なので、公園の出口の辺りで俺は意を決して振り返る事にしました。

そして振り返ると、その女性も驚いた様に立ち止まり下を向いています。

『何か用ですか?』

と、聞いても何も答えないので、再び今度は強めに


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2013年7月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【オナニー】ネットカフェなう。【体験談】

ネットカフェなう。

個室ばかり並んでいた!

入口が150センチ程度なので、中が

しっかりと見える。2人に1人は、

なんとオナニーをしていた。

細い奴、太いけど包茎、太く長い奴。

いろんな奴がいた。

なんと一番奥には、なんと、

女がいた。

全裸で、まんこびしょびしょ。100

センチはあろう巨乳。最高だった。

見つめていたら分かってしまい、、

ベット付き部屋に。

やりたいだけやってしまった。

でも、女は、まだまだと、二回戦。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月30日 | エッチ実話カテゴリー:オナニー体験談

【大学生と】卒業旅行の引率【エッチ】

以前大学生の時に塾講師をしていた時、中3の女の子達(3人組)から卒業旅行に行きたいので親を説得するためにも引率役をしてくれと頼まれた。一泊位で行けそうな所という事で近めの所を選び、費用を浮かすために俺の車で行くことになった。行ったのは只のキャンプ地で近くに何があるというわけでも無かったのだが、話の成り行きで夜に温泉に行きたいという事になった。

で地図を見ながら車で数10キロ離れた温泉まで行く事にしたのだが、途中道に迷ったせいもあり、着いたのは0時を少しまわった位になってしまった。平日でしかも地元の人間位しか来なさそうな所でもあり、そこの露天風呂には誰もいなかった。しかしいざ入ろうと近づいた時、そこで初めて大事な事に気が付いた。そう、そこは混浴だったのである。

当然俺は生徒達だけで入ってくるように言ったのだが、暗くて怖いからついてきてよ、などとしきりに手を引っ張りながら哀願してくる。恥ずかしくないのか?とか聞いてみても先生なら別にいい、との事。思いっきり悩んだが(実は内心では嬉しかったりしたのだが…)、せっかく苦労してここまで来たのだからと、結局一緒に入ることにした。

早速男女別に別れている脱衣所に行き、タオルを下半身に巻きつけつついざ出陣。(この時はさすがに心臓バクバク!)湯船に浸かってしばらくすると連中も脱衣所から出てきた。恥ずかしそうにでもするのかと思っていたが、結構あっけらかんと出てきたのには拍子抜け。湯船に入るときもタオルを岩のところに置いて、3人とも堂々と素っ裸で入ってきたので、もうこっちは頭がのぼせたみたいにクラクラしてきた。(この時は彼女もまだいなかったので、生で女の子の裸を見たのは実は生まれて初めて!)

普段やかましいだけのガキだとしか思ってなかっただけに、いきなり大人の女と変わらないような裸を、それも3人分一気に見せられてショックというか、頭の中はもう大パニック状態だった。(所詮こちらも19のガキだったもんで…)

さすがに4Pとかは無かったよ。

先生オッパイ触ってみる?とかあそこ見せて、とかやってて、めちゃくちゃ変な雰囲気にはなったけどね。(私の形って変?とか陥没乳首がどうのとか聞かれても、正直良くわからなかったので、その辺は適当に誤魔化したりしてたんだけどね…)

普段できないようなエロ話をいっぱいしたなぁ。でも中学生の女の子があれだけエッチなことに興味があるってのは、当時の俺にとってはかなりの驚きだった、話してても逆にこっちが生徒になったみたいな感覚もあったし。

その後なぜかみんなで洗いっこしてた、もちろん俺も混じって。(w

(忘れ物らしき石鹸があったけど、みんなタオル一つしかなかったので、ダイレクトハンドで洗いっこ♪)

それにしても顔見知りの子の裸ってのは、また全然違うもんだなぁと実感。特に1年間も付き合ってきた連中なだけに、その非日常的というか異次元感覚というか、うまく説明できないけど、とにかく生涯で最高の興奮・快感をいっぺんに味わったみたいな。(3人もの女子中学生の裸を見るだけでなく、直接触りまくったせいもあるんだろうな)

特に3人の中の一人を集中攻撃した時は、おしっこでそうだからもうやめて!ってすっごく色っぽい声で言われて、思わず襲っちゃいそうになったりして…。裸こそ大人に近い感じだけど、中身は完全にガキだったからねぇ。でも3人の内2人はカワイイといっても良かったと思う。特にその内の一人は良く告られるとか言ってたはずだから、俺以外から見てもそうなんだろう。あとの一人も普通よりちょっとカワイイ位かな?体の成熟度でいったらその普通位のが一番だったと思う。(単にぽちゃ一歩手前というだけだったかもしれんが…)もっともオッパイは良く告られると言ってた奴が一番大きかった。(矛盾してるって言われるかも知れないけど、大きくても子供っぽいオッパイってあるよね?)

2番目にかわいかったのは完全に幼児体型と言い切ってもいいくらい。背も低いし、毛もまだ完全には生え揃ってない感じ。(もしかしたら生理もまだだったかも?)ただおっぱいも小さいには小さいんだけど、プクッと盛り上がってて、普通に言う平たい小さいおっぱいとは違う感じがして、すっごくかわいかった。(個人的には結構お気に入りのおっぱいだった♪)

ただ連中の知識にはちょっと驚かされた。

人差し指と親指を使ってしごくという事を普通に知っていて、「こうすると気持ち良いんでしょう?」とか言いながら実際に俺のをしごきだすもんだから、たまったもんじゃなかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2013年6月17日 | エッチ実話カテゴリー:大学生との体験談

【盗撮・覗き】秘密の関係【体験談】

3年前に盗撮目的でビデオカメラを購入しました。12歳〜30歳ぐらいの女性を見付けては自宅まで追跡し、風呂場や部屋を盗撮してました。

若い女の子が無防備に服を脱ぎ、下着を外しおっぱいポロリ、陰毛もバッチリ拝ませて貰った時は「やったー!!」と叫びたい気持ちだった。盗撮したビデオは自宅に持ち帰りDVD録画して編集した。俺の趣味はエロビデオ撮影、最近は盗撮よりも凄い事を始めてみた。夏休みで我が家に泊まりに来た嫁さんの妹(中3)を夜這いした。気持ち良さそうに寝てる義理の妹の全体を舐めるようにビデオ撮影してみる。起きる気配なし、俺の嫁さんにバレたら大変だし義理の妹(本名:みか)に大声出されたら大変だ…俺は中学生(みか)になかなか手を出せないでいた。(みか)の上着胸元を少し摘んで服の隙間から胸を覗いてみる。

(みか)の柔らかそうな乳房と白いブラジャーが見えた♪触りたい…揉みたい…ムラムラする…俺のチンポが勃起してきた。寝てる(みか)の頭をそっと持ち上げ…俺は足を広げ股枕させてみた。股枕で寝てる(みか)の寝顔前で俺の股間がムクムク動いている。

ビデオ撮影しながら俺はたまらずズボンのチャックを下ろしす…勃起したチンポが(みか)の寝顔前でビクビク脈打っている。亀頭から透明な汁がいやらしく垂れていた。俺は勃起したチンポを寝顔前で手コキしてみた。すると…(みか)の手が俺のチンポを掴んだ!!

俺「えっ!?あっ…ごめん…」俺はビックリして謝ってしまった。(みか)は勃起チンポを握ったまま顔を伏せていた。(みか)の耳が真っ赤になっている。相当恥ずかしいのだろう…。

みか『痛くないの?』

俺「痛くないよ。気持ちいいから手動かして。」みか『うん…こうかな?凄く硬いよ…。』そう言って手コキしていた。

俺「みか…おチンチン見ながらやってみて…」

みか『えっ…うん…何でビデオ持ってるの?恥ずかしいよ…。』

俺「(みか)可愛いからビデオ撮影していい?誰にも見せないから…」

みか『誰にも見せちゃ駄目だよ。私ね…初めてだけど…』(みか)がフェラを始めた!!小さな口をいっぱい使ってチンポを頬張ってモコモコと動いていた。凄くエロい!!

嫁さんのフェラより興奮する…とても粘り気のある唾液が気持ち良い。

みか『何かしょっぱい物が出てる…気持ちいいの?』(みか)は我慢汁を吸い取って舐めている。俺はフェラ撮影しながら腰がゾクゾクして抜けそうになった。(みか)のぎこちないフェラで電流が走る感じがした。

俺「みか!!もっとやって…もっと激しく!!ぐちょぐちょにしてくれ!!」

俺は腰をクネクネ動かしながらフェラさせた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年6月16日 | エッチ実話カテゴリー:盗撮・覗き体験談
88 / 88« 先頭...102030...8485868788

このページの先頭へ