ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】初めて見た美由紀の入浴姿【エッチ】

七月最終の土曜日の午後だった。帰ろうとして廊下に出ると、そこで、ばったり美由紀と出会った。美由紀は私の係にいる三十三歳独身女性だ。「帰るの…」というと彼女は「ええ、帰ります。これから、中広の伯母の家に、このウナギを届けに行きます」と云う。「それでは、外は暑いから、車で送っていって上げよう…」と云うと美由紀は「えぇ!、ほんと、うれしい…」といって微笑んだ。

車を走らせた。外は真夏の午後の太陽で車の中も相当に暑かった。私は「随分、暑いね。暑いから、涼しい所で休んでから行かない…」と誘いかけると、美由紀は黙って上目遣いで運転している私を見つめた。それは暗黙の了解…という美由紀の色濃い眼差しであった。車は吉島の「上海」の暖簾をくぐり、薄暗い駐車場に停車した。明るい昼間にこうしたホテルに入るのは初めだった。美由紀も「係長さんは、案外、勇気があるのね…」と言った。エレベータを下りて、部屋のドアを開けて中にはいると、その部屋は、上海の名にふさわしい中国風の壁や家具であった。身体が汗ばんでいた私は「シャワーを浴びて汗を流しくるよ…」といって浴室に入り、汗を流して出てきた。美由紀にもシャワーを浴びるように勧めると、美由紀は、恥じらいながらも、その言葉に応え浴室に消えていった。

私はベットに腰掛けテレビを見ていが、浴室のガラス戸には、美由紀が下着を脱ぐ様子がぼんやりと写っていた。私はそっとガラス戸に近づきドアを少し開けてみた。美由紀は下着を脱いでいた。そこには三十三歳の中肉で豊かな女の柔肌で包まれた裸体が眺められ、それは脱衣場の鏡にも映し出されていた。

その美しい全裸は浴室の中に姿を消した。私はいたたまれず、そっと浴室のドアに近寄り、耳を傾けて中の様子をうかがった。湯を浴びている音が聞こえる。私は急いで自分の下着を脱ぎ捨て、裸になって浴室のドアをそっとあけ、足を踏み入れた。美由紀はドアに背をむけ、浴槽に向って座椅子に腰掛けて体を流していた。初めて見る美由紀の全裸の後ろ姿であった。胸が激しく高鳴っていた。

美由紀はドアが開いたのに気づいて振り向いた。そこには男が裸で立って、その股間には、黒い陰毛の中に赤銅色をした肉棒が固く聳え立っている。美由紀の目は、本能的に男の股間に注がれていた。美由紀は咄嗟に「まぁ、イヤ…、恥ずかしい…、やめて…」と云って目をそらし、恥じらいの姿で前屈みにうつむいた。

私の目は、妻よりも五つも若い娘の綺麗な全裸に注がれた。湯を浴びた三十三歳女の美しい全裸の後ろ姿だった。美由紀が、生まれて初めて男に見せる全裸の肢体でもあった。私は躊躇することなく美由紀の後ろに座って、手を美由紀の肩にあてると同時に、私の硬直したものが美由紀の柔らかい尻朶にあたった。私は、美由紀の背中に触れた。妻とはまたと違う若い女の柔らかい肌だった。背中からヒップの辺りをシャワーで流し、更には後から手を胸に回し、乳房の辺りも流した。

柔らかい乳房に触れて揉んでみた。妻の乳房よりも豊満だった。私は、美しい均整のとれた三十三歳の、もっとも美しい女の肢体に酔い、快感が股間を凄く襲ってきた。いつも勤務中は、机に向かって真面目に執務をしている美由紀の姿を、裸に重ね合わせ眺め想像していたあの娘の裸身が、現実に目の前にあった。夢に見た全裸の美由紀を現実のものにした時だった。

美由紀を浴槽に浸からせた。美由紀は乳房をタオルで隠して湯に浸かった。均整のとれた両足が伸び、太股のつけ根には黒々とした陰毛が湯になびいていた。この日、生まれて初めて男に見せた浴室での美由紀の全裸で、湯を浴びた三十三歳の女の美しい肌であった。

私はこの均整のとれた美しい脂のった三十三歳女の肢体にみとれながら、やがて、この柔肌を硬く聳え立った男塊で、男を知らない女の肉襞に貫き通し、美由紀を男が授ける快感の波に泳がせ、彷徨わせ、愉悦の底に誘い込んでいった土曜昼下がりの情事だった。その興奮は夜になっても納まらず、三十八歳の私はその夜、妻の着ているすべてを脱がせて全裸にして、くまなく眺め、再び妻のるつぼにのめり込んでいった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年6月29日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】想い出す大晦日【エッチ】

結婚して初めての大晦日は、睦巳の実家で迎えた。

紅白歌合戦を聞き終えて睦巳より一足先に居間の寝床に横たわっていると、

まもなくして睦巳も布団に潜り込んできた。

布団に潜り込睦巳の動作で女の柔肌が少し触れただけで男は昂ぶる。

田舎の家のこと…、襖一枚隔てた隣の部屋には義父母が寝ていた

そんな環境の中でいかに男が昂ぶったとはいえ、睦巳を抱くわけにはいかない。

そう思って暗闇に目を瞑っていたが、昂ぶった男の性欲はもう我慢ができない。

それに今夜は結婚初めての大晦日だし、新年を迎えたのだ。

その節目に何としても睦巳を抱きたい。

隣部屋の義父母を意識しながら静かに睦巳の稜線に手を差し伸べた。

睦巳は囁く声で「イヤ…、今夜はダメ…、隣に父と母が…」と拒むが、それを無視する。

弾む女の柔肌、敏感な女の恥丘、恥裂を男の指が這い回る。

襖の向こうには両親が居るという環境だけに、

睦巳は仕方なく動かずに、されるままにジットしていた。

布団が擦れる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年6月29日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】社宅物語「深夜の強姦前編」【エッチ】

結局、私は直樹さんと共にベッドインしていました。隣のベッドでは

浩二君が由美さんを抱いていました。今回のショーは浩二君の初体験の

舞台でもありました。私が彼の初めての相手をして、仕上げは由美さんに

なっていました。

ぎこちない浩二君のセックスも回数を重ねる度に少しずつ上手になり

何度も由美さんの中に射精を繰り返しても若いペニスは元気でした。



直樹さんは私を抱きしめてキスを繰り返し、乳房を愛撫しながら

弟のセックスを見守っていました。時折、アドバイスとして

見本を見せたり、由美さんに命令をしてエロチックなポーズを

取らせたり、もっと声を出させたりしていました。

私の知る限りでは、由美さんは宏さんに献上された女‥SAランクの

人なのに、宏さんの友達である直樹さんに欲しいままに身体を自由に

されたり、また由美さんを他の人にセックスの強要をさせることができる

直樹さんの存在は理解できませんでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年6月26日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】借金のカタに (Ver1)【エッチ】

 狭い階段を上って雑居ビルの3階にある会社の事務所に行くと、部屋の中から女の呻き声が聞こえてきました。あれは妻の声に違いありません。急いで部屋に入ると、入り口にはあの男が立っていました。口髭にサングラス、黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザです。私を見るとニヤニヤと笑います。部屋の奥を見ると、なんと妻が別の男に背後から犯されているのでした。机の上に両手をつかされ、仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、パンストもパンティーも無残に破られてむき出しになった妻の尻に、下半身裸になった格闘家のような体格の男が、背後から腰を激しく打ち付けているのでした。

「ああっ・・ああっ・・・あああっ・・」と苦しそうに呻く妻。

「やめろよ」

私はその男を止めるために近づこうとしたのですが、入り口の男が私の腹に膝蹴りをして、あまりの痛さに床に倒れてしまいました。

「おっさん。金返せよ」

男は吐き捨てるように言います。

妻は苦しげな表情で私の方を見ましたが、犯している男が妻の顎を手で自分の顔に向けると、太い舌を妻の口に入れました。妻の小さな舌がチラチラと奥に見えました。なすすべもなく倒れたままその光景を呆然と見つめる私。すべて私のつくった借金のせいです。街金に手を出すまでに経営が悪化した私の会社のせいなのです。倒れた位置からは男が妻の女陰に出し入れするペニスが丸見えでした。あんな大きなペニスを出し入れされたら、妻は痛いに違いありません。

「あうっ・・あううっ・・・いやっ・・・」

振り向く妻は眉間に深いしわを寄せ、眉を八の字にして苦しげな表情です。

妻は27歳で、まだ子供を産んだこともありませんでした。5年前に結婚する以前のことはよく知りませんが、奥手の妻は私の平均サイズのペニス以外には、あまり男を知らないはずですので、格闘家のような男の、鍛えられたような硬くて太いペニスで突かれたら、子宮の奥まで痛むのではないでしょうか。

しかし・・・少し冷静になってよく見ると、妻の脚には幾条もの液が流れています。その源はまぎれもなく男のペニスが深く差し込まれた女陰なのでした。

男は背後から妻のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーも脱がせて、妻のFカップの白いお椀のような胸をもみます。時々乳首をつまんだりもします。そこは妻の性感帯なので、妻は一瞬ボッとした表情になりました。

「おっさんの嫁さん、感じてるんじゃないか」

入り口の男がからかうように言います。妻と私は20歳以上も年が離れているので、おっさんと呼ばれてもしかたありません。犯している男は仕事机の上の物を全部手で床に落とすと、今度は妻を机の上に仰向けに寝かせ、両脚を抱え込んで挿入しました。挿入の瞬間、妻が机の上で声を出しのけぞりました。男が腰を激しく振り続けると、妻の両足の指は親指だけが反り返り、ほかの4本の指は内側に強く屈曲するようになりました。男も極まってきたのか、さらにペニスを出し入れする速さを増してきました。男の全身から玉のような汗が出てきました。突然妻が

「ああああっつ、いっちゃう」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年6月24日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】小4女子 * オナニー【エッチ】

私は、小学4年生の10歳です。

名前は、仮に澪としておきます。

私は、何故か成長が人より早く…

胸はそこまで大きくありませんが、

性毛は小学3年生の頃から、もう既に生え始めていました。

腋毛も、陰毛もです。

そして、とてつもなく私はHで、

小4になると、アダルト動画((ジャンル様々))を観始め…

SEXやオナニー、フェラやクンニ等の、

色々なHな言葉もたくさん覚えています。

そんな私の、初オナニーの話です。



*********************************

ある日のこと。

いつものように、私は動画を観ていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年6月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】借金のカタに(その3)【エッチ】

 金山の講習が終わった後、ナミエという女性を紹介されました。去年からここで働いている女性で、プロとしてやっていくためのスキルをいろいろと妻に教えてくれるとのこと。近くのラブホテルに場所を移して、金持ち相手のプロとしてやっていくための講習をするというのです。30歳くらいの和服の似合いそうな気品のある美しい女性でしたので、その講習に妻と同伴することは気が引けて、近くの喫茶店で私は一人時間を潰すことにしました。

「あら、遠慮なさらなくてもよろしいのに・・」

ナミエさんは悪戯っぽく笑いながら言いましたが、やはり初対面の女性ですし、じゃまになってはいけないと思い遠慮しました。2時間ほど喫茶店で時間を潰していると、妻が明るい顔で戻ってきました。聞くと客との連絡の取り方や、マナーとともに、裸になって床の中での様々なテクを実演しながら教わったとのこと。ローションやバイブを使ったプレイの仕方も教わったそうで、思わず生唾の出る話に、妻についてホテルに行かなかったことを、私はひどく後悔したのでした。その夜は初めて女を抱く高校生のように、震えながら夢中で妻を抱きました。明日はナミエさんについて、青山のブティックに服を揃えに言った後、髪をカットに行くとのことでした。金山からその費用も預かっているとのことですが、いずれ妻の報酬から返さねばならぬとの約束でした。借金の返済のために始めた仕事のために、更に借金が増えるのには抵抗がありますが、致し方のないことでした。翌日外出から大きな紙袋を持って帰ると、妻の髪はショートカットのヘアスタイルになっていました。ナミエさんのアドバイスでそうしたようですが、とてもキュートでいい感じです。ちょっと吉瀬美智子に似ています。青山のブティックで買ってきた服を着ると、どこから見てもセレブでキュートなレディーになりました。昔はミスキャンパスに選ばれたくらいですから素材は良いのですが、最近は生活苦ですっかり華も色気も無くなっていましたので、別人に見える程の変身でした。妻は意外とファッションには執着しないほうなので、この仕事とナミエさんのアドバイスのおかげで妻が美しくなるのは、幾分嬉しくもありました。

妻には赤い携帯と内村典子という偽名が金山から与えられました。

次の日は土曜日でしたが、その夕方に最初の仕事が入りました。都内の某有名ホテル、東京へ出張に来た地方の議員らしい40代の男性です。ホテルの部屋を終えられ、夜8時の待ち合わせです。妻が出かけたあと、私はテレビを見ながら酒を飲みましたが、バラエティー番組を見ても笑えず、酒に酔うこともできずに、ひたすら妻の帰りを待ちました。深夜の3時に妻はタクシーに乗せられ帰ってきました。お帰り、としか言えずに黙っていると、

「心配した?」

と、結構明るい表情で言います。

「そりゃ・・・」

「わたし、けっこう楽しかったよ」

「・・ほんとに・・・」

真顔で聞いたので、妻は

「冗談よォ」

愛しているわ、と言って妻からキスをしてきます。冷蔵庫のビールを飲みながら話を聞くと、男性は九州からの出張中とのことでした。ホテルでのHのあと、ホテルの近くの鮨屋で食事をして、またホテルに帰ってHをしたとのことです。セックスはゴムを付けたオーソドックスなものだったようです。私は新しい大学ノートを買ってきていましたので、妻の話すお客の情報を書き綴りました。少しでも妻の仕事を手伝いたかったのと、妻の「お仕事」の記録を残しておきたかったからです。

次の日は昼過ぎに都内の企業重役と指定のホテルで接客、夜は中堅企業社長との夜のお相手でした。驚くことに報酬は一回10万~20万になりました。世の中には有るところには有るものです。また、お客にしても、それだけ払うのだから秘密と性病の心配はしなくてよいという暗黙の保証を期待しているのでした。実際にもその通りで、妻は婦人科に毎月かかって性病の検査をして、その結果を病院の先生に手帳に記載してもらい、いつもハンドバッグに入れて持っていました。

それから日に1~2件のリクエストがあり、生理の日以外は休みなく仕事か来ました。日に日に妻は美しく、艶っぽく、Hで逞しい女になってゆきました。私とのセックスの時も、27歳の妻は獣のように激しく乱れて汗を流し、一回に出る愛液の量も増えました。大学ノートが半分ほど埋まったある夜、妻は暗い顔で帰ってきました。今日のお客は詐欺で大金を稼いでいるらしく、ドンペリを飲まされたあと、バイブレーターでのプレイや潮吹きをさせられ、最後は生で中だしをされたのでした。帰りに50万を渡されましたが、それは昼間に誰かから騙し取った500万の一部のようでした。金山には斡旋料と借金の返済の1日10万円を払いますので、残りが妻の取り分でしたから、今回は良い金にはなったのですが、後味の悪い思いでした。私は妻に、今度呼ばれたらシャワーを浴びている隙に名前を免許証などで確認して、警察に密告してやろうと言いました。中だしされたことについては、こんな時のために買っておいたクスコで妻のマンコを拡げ、急須に入れたぬるま湯で中を洗ってやりました。子宮の入り口まで白い水糊のような精液がべっとりとくっ付いているのをきれいに洗い流し、後でたっぷりと私が中だしをしておきました。ピルをのんでいるので、妊娠の心配は少なかったのですが。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年6月21日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】マイケル・ジャクソンのJapanツアーの陰で【エッチ】

もうかれこれ20年近く前になるだろうか

当時、日本いや世界を席巻してたマイケル・ジャクソンのJAPANツアーが決まった頃

大学生だった俺はサークル内に友里というものすごく好きな子がいた。

“マイケル.ジャクソン見たい”友里のその一言で俺はありとあらゆる伝手をたどりプラチナチケットを探していた。

会場は横浜スタジアム、アリーナのそれも前の方でなければマイケル・ジャクソンだか誰だか判別がつかない。

今もそうだが、発売日の電話予約なんていつまでも繋がりやしない。

その時バイトしてた先に誰もが憧れる智美ってアイドル的な女の子がいた。

誰もが美人として認め、何人もの男が彼女のことを狙っていた。

俺にとってはあまりにも高嶺の花すぎて、恋愛感情とかそんなものはなく

ホント素の自分をさらけ出してバイトのシフトが同じ日は友達のように談笑してた。

心の中では“誰かがそのうちこの子の彼氏になるんだろうなぁ

やっぱりジャニ系顔の裕也が本命だろうな、誰が見ても理想のカップルだし”なんて思いながら…

ある日智美に俺がサークルに好きな人がいること、マイケル・ジャクソンのコンサートを見たがってること、そんな話をした。

そしたら、思いも寄らぬ言葉が…

“私、電通に知り合いいるからもしかしたらチケット取れるかもよ”


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年6月20日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】浮気して帰った妻と【エッチ】

その頃の妻は、よく、夕食の時や寝床の中で、妻と同じ職場の上司、下川克己のことを口にしていた。その話を聞く度に私は、結婚七年目のマンネリ化した夫婦生活が、妻を他の男に目を向かせるようになったのかと思って嫉妬もし、その反面、妻が他の男に目を向けるのは、自分が妻を優しく愛していないことにも原因があるのではないか…とも思っていた。

下川克己は妻の職場の上席であって、仕事以外の深いつき合いはないとは思ってはいたが、それでも男の嫉妬心は芽生えていた。土曜日の午後だった。私は妻の勤務が終わる正午過ぎに、妻の職場の前に潜んで妻が出るのを待った。十二時半だった。妻は下川と並んで出てきた。一見、仲の良い二人に見えた。私はその後をつけてた。二人は西川駅前の路地に入って行った。そこは飲食店が並び、もう一歩路地を入ると、昼でも入りやすいラブホテルも並んでいた。多分、食事か喫茶か、と思って、その帰りを家で待った。

妻か帰ってきたのは午後四時過ぎだった。「ただいま…」と云って帰ってきたその仕草には何の後ろめたい様子もなく、普段と変わりない妻の態度だったが、それでも私は嫉妬していた。時間的に見ると、昼食を済ませた後からでも、これまでたっぷり二時間の余裕はある。これだけの時間があれば、ホテルで一回や二回の愛を繋ぐことは出来る…と思った。その間に妻は、下川の愛撫を受け、男の液を身体の中に注ぎ込まれて帰ったのではないか…と家事をする妻を見ながら、そのからだの中に、そんな淫らな血が流れているのに、夫の前で何食わぬ顔をして平然と振る舞っているのではないか…という不信感がつのった。

夜になって、横たわってテレビを見ていた。やがて浴室から出た妻は、前が総開きの薄いネグリジェまとって私の横に横たわった。明るく照らす照明の下で妻は、布団の上に仰向けに寝てテレビを視ている。その何でもない妻の仕草が実に艶濃く映り、その艶っぽい肢体に私の男が勃起した。その妻に、私はそれとなしに話しかけた。

「今日の午後、下川さんと二人で居るところを見たよ…」

「うそ…、」

「ほんとうだよ…」

「どこで見たの…」

「西川の駅前だったよ…。楽しそうに店に入っていったよ。食事でもしたの…」

「まぁ、いや…、何でもないの。昼食して、それから仕事の話をしていたの…、いろいろ教えてもらっていたの…」

「それにしては時間が長かったな…」

私はさりげなく妻の太腿に手を載せ、太腿ををさすりながら話した。私は、妻と下川が男女の仲になっているとは思ってはいなかったが、はっきりとした確証もないままに妻に話題を投げかると、妻の顔の表情が、一瞬、変わるのを私は感じ取った。妻は気が咎めたのだろう…。

話しながらもネグリジェの裾を少しづつ捲り上げる。妻は、後ろめたい痛いところを突かれた…と思ったのか、黙ってジッとしている。私はテレビを見ている妻のネグリジェの裾をさらに捲り上げた。滑らかに弾けるような太腿が、蛍光灯の明かりに照らされて露わになった。三十二歳女の肌は、はち切れんばかりに艶々としていた。

妻は私に裾を捲られ触られているのに、不思議に、素知らぬふりして、その誘いに何の抵抗もなく、その目はテレビに向けられていた。下川との交際を云われたことに後めいた詫びの印だろうか…。妻は、私にされるままに身を任せ、素知らぬ振りして、からだを投げ出している。その投げ出した肢体が無性に艶っぽく男の昂ぶりを誘った。妻は、元来、潔癖性が強く、私との性行為にはあまり燃えず、いつも消極的な慎ましく淑やかな性行為をする女で、このような彼女にしては、今このように羞恥を示すことなく身を任せるのは珍しいことなのだ。私は更にネグリジェの裾を、さらに捲り拡げた。

ネグリジェのボタンを下から順に外していった。明るい電気の下に三十二歳女の豊満な太腿と薄い布が見えてきた。妻はじっとしている。更にネグリジェを拡げ、妻の下半身を丸出しにした。弾けるような滑らかな双つの太腿と、白く薄い布に包まれた膨らむ女の丘が、私の目の前に投げ出されている。妻のしなやかな太腿には弾けるような柔らかい肉がついていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年6月20日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】少女の花びら ⑨【エッチ】

『 第九章 無孔処女膜の美少女 』



舞子悪戯計画の土曜日 ♪〜カランコロンと下校のチャイムが鳴り響く

「お〜す 先生ぇ〜居るか」と元気な声でパソコン室に入ってくる裕子と舞子

舞子は俺と視線を合わさず恥ずかしそうに”モジモジ”している

純白シャツにスカートから伸びる長い肩掛け紐が印象的な小学生専用の制服だ

ロリファンは喉から手が出るくらい欲しい小学専用制服だが自由服に押されて

徐々に無くなる制服でもある

俺は裕子と舞子の背中を押しながら「じゃあ 先生のマンションに行こうか」

裕子は腹を押さえて「先生ぇ お腹減ったよ おごって おごって」

俺は微笑み返しながら「じゃあ 帰り道にバーガー屋に寄るか」

裕子と舞子は「やったぁ」と先を争うようにバーガー屋に入って行った

テーブルを囲むように座ると発達途中の裕子と舞子はハンバーガーを良く食べる

食べ終わると我がマンションに向かった 俺と裕子は並んで歩くが舞子は今から

始まる初体験に不安なのか一歩引いて下を向いたままで付いて来る


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年6月17日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】大家に寝取られた(Ver.0.9)【体験談】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ち

の私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社

には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たち

で賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、

造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのです

が、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い

出費でした。私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。

私は30歳、妻は28歳です。妻とは学生時代からの付き合い

です。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて

、美形だと思います。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ち

だったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。

 

 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの

近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもある

Kさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月14日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ