ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【痴漢】狙ってる隣の奥さんが痴漢されて犯された【体験談】

おれは、引っ越しして来て隣部屋へ挨拶に行きました。出て来たのは、ショートカットの永作博美に似ている二十歳後半の人妻です。身長は、低くいので頭を下げたときに。胸元の空いている服から乳首まで見えた。そんなこともあり、奥さんをものにしたいと思いました。この前、駅のホームで奥さんを見かけたので近づくと、旦那と一緒にいます。飲み会の後なのか、旦那はふらふらしていて奥さんがささえている状態で、電車が来ると旦那と電車に乗ったので、おれも後につづき奥さんの後ろにキープしました。おれは、今日の奥さんの恰好が、ミニスカートに生足なのでチャンスがあれば、痴漢をするつもりです。電車が動き出すと旦那をささえており両手が使えない状態なので、痴漢のチャンスなのだ。奥さんは、おれに対して後ろ姿なのでミニスカート越しに触ろうとしたときに、俺の横のオヤジが奥さんのおしりを触り始めたのです。おれは、様子を見守りながら興奮しました。オヤジの手は、ミニスカート越しに奥さんのおしりをなでたり揉んだりして、ミニスカートをたくし上げました。奥さんのパンティが見えてきて赤のレースでTバックが、いやらしく見えます。もう、おれのチンポは勃起してしまって奥さんの痴漢されるのをじっくり見ました。奥さんのパンティは、横にずらされてマンコに指が入ってたとき「あはぁ~~ん」と小さい声が漏れてきました。オヤジの指の出し入れは、二本で早くしたり遅くしたりねじ回したりでエロくて奥さんの口からも「はぁぁぁ~んふぅ~~ん」と漏れて感じている。奥さんのシャツもたくし上げられ赤いブラジャーもたくし上げられ生乳が見え乳首も立っていてオヤジから揉まれいます。オヤジが、おれに目で合図し首を振りました。たぶん、ヤレの合図と思い奥さんのマンコに指を入れるとめちゃめちゃに濡れていて生乳も揉みました。いつかわは、奥さんを犯したいと思っていましたが、奥さんのマンコと生乳を俺の手が屈辱しています、最寄りの駅に着くとオヤジは、痴漢をやめて一緒に降りて、旦那を連れて帰るのに困っている奥さんにオヤジが声をかけました。「大丈夫ですかーどちらまで帰られるんですか―」 「〇〇まで戻ります。主人が酔い潰れたら起きないもので大変です」「奥さん、わたしは、〇〇まで行きますので車でお送りしましょう」 「えーうれしいですが大丈夫です」「大丈夫ですよ、通り道ですから」と会話をかわし旦那を駐車場の方にかるっていきました。おれは、痴漢をしたのがこのオヤジだと、奥さんは、気付いていないと思い後を追いました。行くと、オヤジは、駐車場のベンチに旦那を置き、奥さんを障害者用トイレに連れ込みました。おれは、中に入ることが出来ず声だけを聴いていました。「奥さん静かにしてさっきの痴漢の続きをやろか、痛くなるより気持ちがいいことをやろうか」「おねがいです、やめてください」「いいのか、痴漢されて感じてたことを旦那を起こして言う度ど、いいのかなー」「おねがいします・・・・  ゆるしてください   あ  いや~ん」奥さんが犯され始めたのが分かりました。後は、奥さんがフェラしている音とかバックで犯されているパコーンパコーンって聞こえてぁぁあ~ンとか聞こえる。奥さんをオヤジは、一時間くらい犯して去っていきました。奥さんは、タクシーに乗って旦那を連れて帰りました。おれは、今日のネタで奥さんを犯す予定なので結果をいつか投稿します。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月3日 | エッチ実話カテゴリー:痴漢体験談

【近親相姦】嫁母に泥酔を介護され・・・【体験談】

俺 智31才,妻美可26才,嫁母育江51才の3人家族。

美可は妊娠4カ月で安定期に入っている。

美可の親友が長野で結婚式,身重の為に大事をとって長野一泊で行く事になった。

嫁母の育江は決して飛びきりの美人ではないが色白で痩せ形で俺は育江に欲望している。

痩せ形の身体だがお尻は大きく,オッパイも人波に大きい事は判っている。

なにしろ女っぽい仕草が堪らないのだ!

育江は妻と嫁に行った次女の女ばかりの育ち,自分も女だけの姉妹育ちの為,男の俺に

興味津々で俺と話す時なぞは真直ぐ潤んだ目で見つめで頬を赤くする事がある。

3人で出かけた時,妻の目が届かない時に足場の悪い道を育江の手を握り支えてあげた。

育江は俺の手を強く握ってきて,なかなか離そうとしなかった。

その時も頬を赤くしとても可愛かった,チャンスがあれば抱けるかも知れないと思った。

それからは家ですれ違う狭い廊下や台所では,なるべく身体が触る様にわざと押し付けながら通る。

無言で反応が無い素振りをするが,毎回触る事を嫌がってなく意識しているようだ。

嫁が長野一泊の金曜日の夜 いろいろ作戦を練ったが良い案が浮かばず,強姦すれば後が

気まずいし・・ と思っていたら部長から一杯やろうと誘われた。 


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2018年1月1日 | エッチ実話カテゴリー:近親相姦体験談

【乱交・王様ゲームで】妻が友人妻から1日限りのコンパニオンを頼まれた【エッチ】

妻が初めてコンパニオンの仕事をした話です。事の発端は、近所に住む妻の友人妻(リエさん:33歳)からのお願いだった。

彼女と知り合った当時からコンパニオンの仕事をしている事は知っていました。

小学生の子供と強面の旦那!(挨拶程度のお付き合い)

まぁそれぞれ事情があるんでしょうから、何故コンパニオンの仕事を・・・何て聞く事も

ありませんでした。

子供が同級生だった事もあり、何度か顔を合わせる内にリエさんの人柄の良さに

妻も私も仲良くなった感じです。そんなある日、妻にリエさんから電話が掛って来たんです。

 「え~でも、やった事無いし・・・」

明らかに何かを頼まれている感じの会話で、妻が私をチラチラ見る事もありました。

電話を切った妻が

 「りえさん!」

 「どうしたんだ!」

 「明日の夜、仕事手伝って貰えないかって・・・」

 「手伝うって・・・コンパニオン?」

 「ん~やった事無いから出来ないって言ったんだけど・・・他に頼める人居ないって」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2018年1月1日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【出会い系で】3人のJC5人のJKをモノにしています 【エッチ】

JCと援○したときの話です。

最初に居酒屋へ行き、付き合ってもらいました。彼女は意外に酒を飲み慣れており、焼酎を私より飲みぐでんぐでんに酔って泥酔状態になりました。



その後ラブホへ行き、彼女は風呂に入りました。私は彼女の後少ししか入ってない水のペットボトルに媚薬を入れました。



最初は一回分でいいかと思いましたがせっかくゲットしたJCなので、どうなるか試してみたくなり3回分も入れました。説明文には強力なので一度に1本までにしてくださいと書いてありましたが無視です。(笑)



彼女が風呂からあがり、残っていた水を飲み干して、開始です。条件はゴム有りで他はあり・・



彼女は愛撫開始5分くらいで頭がくらくらする、と言い感じる部分を舐められたり触られたりすると、体を異常にビクビクさせます。そしてついに彼女のマンコに私のチンポを挿入。



しばらくピストンすると…『ああああーー』彼女はのたうちまわり、マンコからは愛液が溢れます。そして1時間後、体位を変え立ちバック。



彼女は足をガクガクさせてなんとか立っている状態でした。私が絶頂を迎えようと、高速で突いているといきなり彼女が床に倒れ込みました。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:出会い系での体験談

【友達と】バイト先のいい肉付きした短大ブスとやった 【エッチ】

2013/03/08at11:03AM



性欲に負けてブスとやった人いる?スレより





<>794:えっちな18禁さん:2013/03/01(金)02:13:21.91ID:/guPNcY+0<>



学生の時にバイト先のいい肉付きした短大ブスとやった。

温泉街にあるカフェで観光客相手に夜12時まで開けてた。

たまに酔っ払った客も居て、ブス美を口説く客も居たが

内心こんなブスよく口説く気になるなぁと思ってた。

ある時、泥酔した客が店内でゲロった。

俺は何だよ!と思ってどう片付けようか思っていると

ブス美はサッサと素手で塵取りに入れ片付け始めた。

「俺が汚いよ。」と言うと「後で洗えばいいんだから」と


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年7月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【体験談】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【泥酔状態で】密かに育まれた命 【エッチ】

僕の視線の先には、密かに育まれた命が一生懸命生きようとしている。

堕落しきった僕とはまるで、正反対の世界にいる君。

君がそこにいる事がわかったのは、本当に偶然なんだ。

君のママ「もう半年も来てないんだよね~♪生理不順まじサイコ~♪」

モブ「妊娠したとか?」

君のママ「いや、あたし処女だし」

モブ達「うっそ?このご時世に遅れまくりまくび~♪」

君のお母さんは顔と胸に栄養をとられ過ぎて、こんな感じのおバカさんなんだ。

正直、こんなのが君のママになるなんて…。

そうそう、君がそこにいる理由を話さなきゃね♪

あれは…。



ある日、君のママのグループが僕の秘密基地であるログハウスに無断侵入してきたときだったね。

あの時、僕は君のママの写真を見ながら至福の時を過ごしていたのに

窓ガラスが割れたと思ったら、君のママのグループがやってきたんだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年5月31日 | エッチ実話カテゴリー:泥酔状態での体験談

【泥酔状態で】セフレとの体験談 【エッチ】

コピー財布商品

コピー財布商品

世界一流ブランドコピー財布、スーパーコピー商品、激安ブランドコピー。

ヴィトンコピー、ミョウミョウコピー、シャネルコピー、エル

メスコピー品格安通販。商品は全て最高な材料と優れた技術で造られて、

正規と比べて、品質が無差別です!人気ブランド..

経営方針:品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。

主要取扱商品バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!

スーパーコピーブランド通販専門店!京都スーパーコピー販売通販、ヴィトンコピー、

グッチコピーシャネルコピー腕時計コピーヴィトンコピー偽物を通販している専門サイトです。

ブランド財布コピー

ブランドコピー財布

ルイヴィトン財布コピー






このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ



2015年5月10日 | エッチ実話カテゴリー:泥酔状態での体験談

【寝取られ】同期一の美女を落とす 【体験談】

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。

同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、

隣に座る貞森から「おぉ〜」という歓声が聞こえた。

貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。

他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、

ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。

可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。

いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。

気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、

スリムな体型にはリクルートスーツがとても良く似合っていた。



入社式も終わらぬうちから大規模な争奪戦が始まり、

何人もの男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いた。

当然、この俺も当たって砕けろの精神で何度となく声をかけたが、

一度として誘いに乗っては貰えなかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||

2015年5月3日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【泥酔状態で】セクロスの種は、日常のあらゆる場所にある! 【エッチ】

お仕事が終わってから朝の5時頃横断歩道で信号待ちをしてたら、青になっても30代のお兄さんが信号を渡らなかったから「青ですよ〜」って話しかけたら「あ〜。教えてくれてありがとうございます」って言われた。

「どういたしまして」って言ったら「どこに行きよん?」って聞かれたから、「駅まで行ってから始発で帰ります」って言ったあと、「駅まで一緒に行きます〜?」って聞いたら、



「一緒、行こうか〜。ってか、めっちゃかわいいね〜」



って言われた。

「かわいくないですし・・・それより吐きそうやし、気分が悪い」って言ったら「おいちゃんがコンビニで水かお茶か買っちゃるよ〜」って言われたから、「本当ですか〜?ってか、おいちゃんやないでしょ?34歳ぐらいでしょ?」って言ったら、「ま〜。近いけど」って言われて結局自販機で桃の天然水を買ってもらった。

そのあと駅まで手を繋いで歩いてたら、人通りの少ないところで「ギュッしていい?」って言われたから「いいですよ〜」って言ったら、ギュッだけやなくてチューもされてしまって…。



っで、また「めっちゃ、かわいいよね〜。何歳なん?」って聞かれたから「何歳に見えますか〜?」って言ったら、「23〜24歳やろ?」って言われた。

隠してもしょうがないので「28歳ですね」って言ったら、次は「胸も大きいし、彼氏おるやろ〜?」って言われたから「まぁ〜、一応いますかね」って言った。

そのうちにお腹がすいてきて、



「静香、お腹すいた〜。なんかご飯おごってください。昨日の夕方からなんもご飯食べてなくて…」




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ



2015年5月2日 | エッチ実話カテゴリー:泥酔状態での体験談
1 / 10112345...102030...最後 »

このページの先頭へ