ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】弁護士を目指していた頃【エッチ】

4年前に付き合っていたKちゃんは弁護士を目指している女の子でした。

大学4年時に何とはなしに受けた司法試験で、2次試験の択一に受かり、 本格的に司法の道を目指しだした、とのことでした。

付き合いだした当時、俺が28で彼女は26、5度目の試験を終えた後でした。

彼女は真面目で頑張り屋でしたが、ふとした時に「私、もしOLやってたら、今一番いい時期なのにな」と寂しそうな顔で呟いていたのを思い出します。

それでも、「私、プチひきこもりだからw」と自嘲気味に笑いながら、きゃしゃな体で過酷な戦いに向け、必死に勉強していたKちゃんを、僕は心から応援し励まし、そして尊敬もしていました。

試験が終わって10月の発表までの間の8〜9月が、僕たちが頻繁に会う時期でした。

いくら司法試験の受験生といっても、普段勉強しかしていないので「この時期に遊ばなかったら、私発狂するよw」と、会えなかった時間を取り戻すように、時間の合う限り会って、そして愛し合いました。

彼女は処女でした。

初めてそういう行為になった時、「私、今時ほんと馬鹿かもしれないけど、結婚してからじゃないと・・・なんか駄目なの。今時ほんと古風過ぎて馬鹿かもしれないけど」 と言われました。

彼女の気持ちは、彼女のおかれている環境を考えれば理解できたので、挿入はしませんでしたが、いつも彼女の股間に顔をうずめ、口と舌でしてあげてました。

不思議と挿入欲は湧いてこず、クンニをしているだけでとても愛おしく感じられ、僕も先端が濡れる位いつも感じていました。

発表が近づいたある日、僕らは横浜に旅行に行きました。

映画を見たり、ショッピングをしたり、夜景を見ながら自分たちの将来に思いを馳せたり。

ホテルでの夜、いつもと違った高揚した気持ちが火をつけ、僕はいつもよりさらにソフトに、ゆっくり、そして大胆に彼女を愛撫しました。

よつんばいにさせお尻をつき出させ、「恥ずかしい」と言う彼女に「全部預けていいんだよ」と囁き、かなり長い時間愛撫しました。いつもなら「あっ、あぁ」という声を抑え気味に


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年1月24日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】拒まれて【エッチ】

激しく抵抗する女…。それでも強引に襲いかかる男…、それが知り合いの男性なら、抵抗続ける女性もついには性本能が勝って変身して男性にからだを与えていく。あの時、俺も渡辺マサコさんに抵抗されても襲いかかるべきだったのか…。

過ぎ去ったあの日、夜明から降りだした雪は、街でも20センチは積もっていた。前日は出産直前の妻にあって安産を祈願し、その日は、市役所会議室で開催した人勧給与改定の地区説明会で集まった関係者に二時間説明し、終わって関係職員と夕食を共にする。その後、日頃から親しくしていた渡辺マサコさん宅に立ち寄って、一緒にいた竹内君と再び飲みはじめ、酔いつぶれてそこに泊まる。

渡辺マサコさんは戦争未亡人だった。

昭和十九年秋、ご主人が出征する直前に結婚し、すぐに子供を授かったが、

ご主人は南方戦線で戦死し帰らぬ人となった。その時、奥さんはまだ十八歳だった。

それから奥さんは、たばこ屋を開店しながら女一人で子供を育て、

その子も、春には高校を卒業して警察官になっていた。

酒に酔っていた俺はそのまま炬燵に潜って眠っていた。

真夜中だった。目が覚め、見ると奥さんは炬燵の向こう側で眠っていた。

そんな寝姿を見て俺は奥さんを女として意識しはじめ、変な気持ちになっていった。

当時奥さんは女盛りの三十六歳だったと思う。

その時俺は二十九歳、結婚して三年目、妻は出産直前で実家に行って俺は単身だった。

妻の肌に触れられない男の欲望が頭をもだげていった。

そんな時、奥さんは未亡人だから男が欲しいのだろうと思っていたし、

奥さんの寝姿に手を差しのべてみたいという男の性欲が騒いだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2015年1月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】〇メセクにハマった女達【エッチ】

N子と私は三日と空けずSEXするようになりました。オマンコの奥でイクN子にとって、オナニーだけの毎日は辛かったとの事。半年ぶりに味わった私のチンポでのアクメに、忽ち虜になってしまいました。

N子は離婚後は実家で暮らしていました。

会うときは事前にメールで指図します。買い与えたピンヒールを履き、太ももの上までスリットの入ったタイトスカート。

黒のガードルにストッキング、もちろんパンティなどは穿かせません。上は薄手の白のブラウスでノーブラです。恥ずかしい部分は、恥丘の上部に少しだけ毛を残したほとんどパイパン。逆に腋毛は伸ばさせています。

実家の前まで車で迎えに行くとN子にメール。近所の目が気になるみたいで、素早く車に乗り込みます。少し車を移動し人通りの少ない場所でチェックをします。

〝タイトを捲り上げ股を広げな!”ハイ・・・

もうN子は私の(チンポの)言いなりです。ダッシュボードに大きく広げた両足を乗せ、スカートをお尻まで捲り上げます。自分でオマンコを広げ〝如何ですか?”と聞きます。スリムな割には濡れやすいN子・・・。

オマンコの下部からアナルに掛けて、透明な液体がヌラヌラと光っています。はじめの内は控えめの化粧をしていたN子。今では私と会うときは、別人と見紛うほどの濃い化粧をさせています。

スリムで上品な顔立ちのN子には、少し下品なくらいの濃い目の化粧が似合います。年こそ30を過ぎていますが、まるでクラビアから飛び出てきたモデル。

そんな女が卑猥な服装で、オマンコをヌラヌラ光らせているのですから最高です。

私はN子のオマンコに口を付け、愛液を啜ってやります。

N子の愛液は粘度が低く量が多い・・・。軽く唇を当て吸うと〝ズズッ・・・”と音を立て口に中に薄い塩味が広がります。〝ああっ・・・”私は啜り上げたN子の愛液を、口移しでN子に味あわせてやります。N子と舌を絡ませると、N子の愛液が潤滑剤になり、お互いの舌先がヌルヌルと絡まり合います。

私がN子のオマンコに指を当てると、二本の指を簡単に呑み込んで行きます。アン・・・んんんっ・・・。そのままGスポを擦ってやると、N子は私の首ににしがみ付き、〝ああっ・・・イッ・・・感じますぅ・・・”指を少し上に向け奥まで抉ってやります。子宮頚部を通り過ぎ、N子の好きな奥の突き当りを指先でたたいてやります。はああっっっ…アン、アン、アン、あっ・・・っ、あっ!”私の指の動きに合わせ、N子の腰が前後にうねり出します。そのまま奥をたたいてやると、入口が締ってきました。

まるで、オマンコが私の指を食い締めて行くみたいです。同時に本気汁が溢れてきて、どんどん滑りが良くなって行きます。指の動きのピッチを早くしていきます。

N子はシートから腰を浮かせ、より感じようと当たる位置を調整しています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年1月10日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】入院して就職【エッチ】

バイク事故で、入院して、夜勤看護婦を何人かヤって楽しい入院性活を送っていた。

手コキやフェラで誘い出されて、

大体はリネン室で、腰をふってる。

そんな中、無職の俺が永久就職先を、見つけたんだ。

看護婦たちは、

婦長を嫌っていたインテリで、クソ真面目な、お局様婦長は、口うるさくて、嫌味な独身五十女で、看護婦たちは、絶対に処女だって、うわさしていた。顔はまぁまぁで、胸はぺちゃんこ、小太り、

俺はヤりとも看護婦に話を持ち掛けた。婦長をレイプしてやるから協力しろって、看護婦たちは、話に乗ってきて、わざと夜勤を休み婦長を夜勤に入れた。巡回して来た看護婦から合図を受けて、

ナースステーションに出向いたら、婦長は病室に戻りなさいを連呼する中、リネン室に強引に連れ込み、予め準備していた、テープや拘束具で口を塞ぎ手を拘束した。

足をバタバタして抵抗する中、ハサミでナース服を切り刻みブラを切り小ぶりな乳をもみ舐め乳首を吸い寄せストッキングを引き裂き白パンの上から愛撫したら、直ぐに濡れだしたギンギンのチンコを見せると、

目を白黒させて、おとなしくなったから口のテープを剥ぎ取り、チンコを近づけたら、

どうすれば良いのって聞いてきた。手をほどき、抱き寄せたら、

私なんかでって、下を向いたから、愛してるってキスしたら、鼻息を荒げて力が抜けた。

小刻みに震える、婦長の足を持上げ挿入したら、

それが、中々具合が良い。

マンコの中に舌が有るんじゃないかと思うくらいチンコにまとわりついてくる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月8日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】千恵子の事【エッチ】

千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96

お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。

独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。

背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの

後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。

顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?

まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。

当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、

女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。

そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。

彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、

喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。

彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ

上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。

彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】まりこのもの【エッチ】

また投稿させてもらって嬉しいです。真理子がM君と同居することになりました。いきなりのお伝えで申し訳ないのですが、嬉しくて伝えたかったので書きました。お相手はM君なのですが、M君は大学に進むので、結婚届けは出さないのですが一緒に住むことになりました。M君の両親はなかなか許してくれませんでしたが、そういうことならM君が大学卒業したら、結婚してよいということでした。M君と真理子は本当にうれしそうで幸せそうでした。真理子は高校とセックス・ラブを辞め、主婦として頑張ることにしました。真理子は本当に料理が上手でおいしいのです。真理子は近くのレストランでアルバイトをしています。たまに 君と真理子の家にいきますが、真理子はてきぱきと仕事を終わらせいつもの真理子より輝いて見えました。私もいつかS君と、真理子のようになりたいと思います。これで私の投稿はい終わらせていただきます。またいつかこのブログで会えることを楽しみにしてます。皆さん短い間でしたが読んでくださってありがとうございました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月26日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】まゆ【エッチ】

毎年4月に雇用されるアルバイトの中に激カワの子がいました。中央大学の2年で栃木出身。府中で一人暮らしをしてて、飲み会やイベントごとには必ず参加する明るい子です。何度も誘って、家まで送ったりしながら、何とかある程度の関係になりましたが、彼女には大学に彼氏がいて、電話しても全く出ない日があったり、メールの返信も何日も遅れてくる状況でした。僕の勤めている店に彼女がバイトにこないと会うことができず、モヤモヤした毎日でしたが、ある日、やっと家に送ったついでに部屋にあげてもらいました。彼女がトイレにいったとき、ベッドを探ると案の定、枕下にコンドームが8個位おいてあり、日常的にSEXを経験してるようでした。僕もその日、やれました。クンニされたことがなかったようで、年上の人って感じですね・・・と後日、その日の感想をあらためて言ってくれました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月18日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】たった7kでピンサロで生本番した上に嬢をお持ち帰りしました【エッチ】

一年前の話なのですが今はもう潰れてしまったピンサロでのできごとでした。

その日私は金額的に余裕が出来たのと溜まっていたので行きつけのピンサロに行くことにしました、その店は氏名制度が無いのでフリーしかないのですが女の子は比較的に若い子ばかりで高くても三十台前半くらいなのもでした。

顔見知りの店長にお金を払い店の中へ、中には自分以外に二人の客がすでに嬢からサービスを受けている真っ最中でした。

数分待つこと嬢が登場、暗めの部屋だったのでよく見えなかったのですが黒髪のロングの清楚そうな二十台前半くらいの女の子でした。スタイルはスレンダーな感じでしたがスレンダー好きな自分にはストライクな子でした。

まずは軽く挨拶。

「蛍(仮)で~す。よろしくお願いしまーす」

ちゃんと挨拶も出来ているので好感を持てる子でした。それからトークタイムに入る、今日は暑いですねとかよくこういうところ来るんですか?とか話をしていく間に自分は蛍ちゃんの体を愛撫していきます、彼女はそれを嫌がろうともせずに受け、むしろ私の手を胸などに持っていったり私の股間を撫で回します、この時点でこの子は好き物なのだなと確信しました。

短いトークタイムも終わりサービスに入る彼女は私のズボンを下ろしてペニスを取り出しお絞りで拭いていく。で、一通り拭き終えた後はペニスを咥えフェラが始まりました。ペニスが滑りのある生暖かい感触に包まれて私はすぐに勃起しました。

彼女はがフェラをしている間は私は彼女の陰部を愛撫します、小柄だっため手は届きやすく私は必要にそこを攻めました。すると彼女はあえぎ声を上げました演技かな?と思いましたが、秘部はすでにぐっしょりと濡れていたため本当に感じていたんだと思います。

それが数分続くと急に彼女はフェラを止めました、どうしたの?と聞くと。

「ねぇ、入れていい?」

と言ってきたのです。驚きました、想像で言われてみたと思っていましたがまさか本当に言われたのは初めてでした。

すぐでも頷きたかったのですが、表にいる店長の顔はどう見てもヤクザなのでバレたらどうなるかという恐怖で中々頷けませんでした。すると彼女は。

「大丈夫だよ、店長はお客さんがいる時はいつも外にいるし入ってきたら音で分かるもん。それに今は私たちしかいないからチャンスだよ」

と言われ何か変な自信が付いたのか私はすると頷きました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月13日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】妻の悩ましい顔がみたくて【エッチ】

去年の夏の話。

私40歳、と妻38歳は車で九州に旅行に行こうと、神戸からフェリーに乗ったのです。

それがそもそもの間違いでした。ところで妻は、男性経験は私ひとりであり、

テレビのラブシーンも消してしまうような堅物で貞淑な女性です。それでもこんなことが

起きてしまい、驚きつつ妻の一面を知り今でも思い出しては興奮します。

妻の性のドロドロした深さを知ったものです。

ところで妻の容姿ですが、子供が出来ない為か、スレンダーで髪も長く

よく20代に見られて、色んな友人からも

「おまえの奥さんはいいな。

美人ですごく色気があって。一度、デートしたいなあ。」

と同じようなことをよく言われます。そういうことを聞いても、妻は笑って相手にしません。

それなのに・・・・

さて夜から乗り朝早くには九州に着くのですが、2等しか取れず、

しかも車に乗っての乗船だったので先に歩いて乗って来た人たちで一杯でした。

何とか隅のほうをキープしたものの、トラックの運転手さんたちの溜まり場になっていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年10月16日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】山中にて【エッチ】

人けの無い山中を仲間とドライブ中のところ車が一台故障しているようでとまっておりました。見ると清楚なスーツを着た女性がボンネットを開けて車を調べておりました。

通りすがりに車を停車させどうしましたか、と聞き車がとまってしまってとの回答。ちょっと見てみましょうと仲間が言いより

なりに点検を始めました。僕は常に覗き用鏡をポケットに入っていますので、仲間と女性が点検中何気に女性の後ろにまわりスカートの中を覗きました。女性はガードルをつけずピンクのパンティに薄めの茶系パンティストッキングを履いていました。

腿の付け根の切り返しに真中にある縦線など僕のフェチ心をくすぐりペニスが反応してきました。途中仲間にも同様のことをさせて女性のパンティーを覗かせました。

車内を見るととある銀行の行員さんのようでパンフレット等載せていました。お話では峠越えの顧客に資料を届ける途中の様でした。

僕らは女性を車に乗せて中で待っていてくださいと言い、二人で点検するふりしてレイプの準備をすすめました。たまたま車内にあった眠剤をジュースに混ぜこれでも飲んでと渡して点検しました。ちらちら車内を観察するとジュースを飲みほしたようで

数十分後には後部座席で眠っていました。

女性を僕らの車にのせ女性の車を路肩に寄せて停車させ数十分離れた所にあるとある小屋に連れて行きました。

少々汚い布団に寝かせ二人で目を合わせ唾を飲み込み、さぁやるぞと女性をレイプしはじめました。

服を着せたまま全身の匂いを嗅ぎパンプスを脱がせ足もとからたっぷり舐めまわしていきます。スーツのボタンに手を掛け

ひとつずつ外していきます。上げお揃いの色のピンクのブラジャーが顔を出しました。すでに二人ともズボンがテント状態です。眠っていても若干の反応もあり唇を重ねると自然に口が開き舌に歯茎に歯などしゃぶりつきました。上着を脱がせスカートのホックに手をやりゆっくり下げていきました。徐々にパンスト越しのパンティーが見えてきて大興奮です。パンティーはパンスト越しに一部透けて陰毛が見えるいやらしいものでした。足をM字に開かせパンストの上から陰部の匂いを嗅ぎました。たまらない女の匂いです。下着が濡れるくらいスト上から舐めまくりました。

ゆっくり片足からストを脱がせ同時にパンティーも脱がせました。再びM字にしたときには陰部から透明な汁が出てきてました。僕は舌でその汁を吸い込み飲み干しました。ブラジャーにも手を掛け上にまくりあげピンク色の乳首を堪能し唾液まみれにしました。口元に硬直した肉棒をあてがい強制的にフェラをしました。途中ほっぺが膨らみしぼみ出入りしているのがわかりました。亀頭に少々チンカスがありましたがお口できれいにしてもらいました。女性の唾液でヌルヌルしたところでゆっくり割れ目にあてがい上下に亀頭をこすりつけゆっくり腰をおろしていきました。

数回ピストン運動をするとまわりが白い粘々した液体で覆われものすごく気持ちよくなってきました。音もクチャクチャしていやらしいです。中は暖かく亀頭のカリも子宮にあたったり襞に覆われたりで久々に生で入れた陰部の感触を存分に味わいました。正常位でひたすらピストンを繰り返し射精感に達してきたので口づけを開始し舌でベロベロキスをしまくり数秒後にたっぷり子宮口をめがけて大量に射精しました。射精後数十秒間陰部の感触を堪能しゆっくりペニスを引き抜きました。抜いたとたん

大量の精子が割れ目の中からあふれてきたので指で割れ目を塞ぎ指で奥へ奥へ戻しました。

続いて仲間も自分の嗜好でたっぷり堪能し射精しました。そのシーンはすべて撮影しておきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年10月14日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
3 / 2912345...1020...最後 »

このページの先頭へ