ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】偶然に【エッチ】

最近、体験したことを軽く書き込みたいと思う。

私と妻は共に41歳。結婚8年目。子供はいません。

今年に入って私は妻に以前から持っていた願望について話した。

それは混浴温泉巡り。

最初は妻はこの話にけんもほろろで取り付くしまもない。

やっとの説得で、妻の了解を得てGWに初めて混浴温泉旅行に行ったのだが

露天風呂には、周りに客がほとんどいない。

私は少しがっかりしたが最初はこのような感じで良かったかもしれない。

緊張していた妻は想像していたよりも混浴がHな感じではなく

美味しいものを食べて温泉に入れるしで旅行に満足していたから。

そして、この秋に九州に混浴温泉旅行に行くことがすんなりと決まった。

先月、九州新幹線で旅館へ。今回は少し贅沢をして高めの旅館に2泊3日宿泊した。

旅館に到着したら私は早速広い混浴露天風呂に直行した。

妻はもう少し部屋で休んでから露天風呂に来るとのこと。

この旅館は男女別の内湯から出てくる造りになっていて脱衣所も別々だった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年10月12日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】オレの仕事の方へ【エッチ】

 

ボンがどのように同期生の母親を犯していたのか、くわしく聞きたいです。  母親達は、感じていたんですか? それとも悲しんでいたのですか?  そのときの、ライブを書いてはいただけませんか?  ものすごく聞きたいと思っています。  ボンが母親を犯しているとき、あなたたちはどうしていたのか、あなたたちも、同期生の母親を犯さなかったのですか? 


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年10月11日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】堅物の妻【エッチ】

実話です。私 39歳 妻 44歳。年齢だけを見れば妻は熟女です。しかしいまはやりの美魔女。体型も若い時のまま。10歳以上若く見られています。妻を見た私の友人達は、いずれも「羨ましい」とか「抱きたい」「奥さんを想像で抱いている』とか言われるのですが、そのことを妻に伝えても、にやりともせず「フン」といって相手にしません。堅物で、貞操観念の強い女性だな といつも思っていました。寝取られ系サイトを見てる内に、自分も愛する妻を他人に抱かせてみたいという願望が湧き起こり、思いきって何度か妻にその願望を伝えてみましたが、当然の様に断られ、というよりいつもまともに聞いてももらえず終わっていました。そんな妻が、珍しく酔っぱらってかなりテンションの高い日があり、いつもは聞いてもくれない私のそんな願望の話を 真剣に耳を傾けて聞いてくれました。『貴方はどうして私にそんな事させたいの?』『私がどこの誰とも分からない人に抱かれてもいい訳?』『病気もらうかもしれないじゃない

貴方は私がエイズにかかって死んでもいい訳?』でも結果はこんな感じで、とても応じてくれる様な雰囲気はなく、諦め半分で私が妻に、サイトで探した相手とかじゃなく、知り合いの中から相手を探すというのはどうかと聞き、

例えばという感じで夫婦共有のスキー仲間の名前を何人か出し聞いてみたところ、意外にも全く聞く耳持たずという感じではありませんでした。ただその場合は友達を3Pに誘うという事は出来ないので、妻の浮気という形で単独で抱かれてくる事になり、妻が他人に抱かれてる姿をこの目で見る事は出来ません。そんな話から妻の浮気願望について正直な意見を妻に求めてみたところ、これまで全く浮気願望が無かっとは言えないと、ちょっとショッキングな本音を妻から聞きました。『やっぱり女も素敵な人を見たらトキメク時もあるよ

だからと言ってそれで即浮気に繋がらないのは、やっぱり道徳心からかな』そう言った妻に、スキー仲間の中で素敵に思う男はいるかと尋ねてみると、素敵とまではいかないけど、親切でいい人だなと思う人はいると言いました。それは誰?と妻に聞いてみると、裕也と悟のふたりを挙げました。二人とも、まだ30歳前後。妻よりも一回り以上若いです。

確かにこのふたりは前から妻に親切で、妻の事を美人だとかタイプだとかよく言ってたので、妻もそれには気を良くしていたみたいでした。

尤も、彼らに限らず、美人とかタイプだとかは親しくなった男性は皆、言って来るのですが・・・・。『このふたりと浮気してみたいって一瞬でも思った事ある?』って聞いてみると、一瞬溜めてから妻は

ないよ と返事をしたので、あるんだ

と私は思いました。『このふたりのどちらかと浮気してみない?』と私が言うと、『そんな事マジで言ってるの?』と驚いた顔をして妻が私に言い、私は、俺が公認だから浮気にはならないし、平凡な人生より少しくらい刺激があった方が人生愉しいんじゃないかとそんな話をし、お前も俺ひとりで終わるより、人生愉めるなら愉しんだ方がいいんじゃないかと話すと、妻は、

どうしてそこまでして、私と他の人をエッチさせたいの?と

最後に私に聞きました。私はその答えとして妻に、刺激的な体験を一杯して、もっと魅力的な女になって欲しいからと言いました。他の人とエッチな事したら魅力的な女になるの?と聞いた妻に、今よりエッチな女になったらなれると思うと言いました。『でも浮気するって

どうやってするの?

私から誘う訳?

そんなの絶対ムリだし、かといって相手からも絶対誘ってなんか来ないよ』『それは俺が何か作戦を考えるよ』そうは言いながらそんな作戦なかなか浮かんでは来ませんでしたが、とりあえずは妻が裕也と悟とならば浮気も考える気配なのでそれが聞けただけでも私にはかなりの進展でした。

その後、私が妻とのエッチの最中に、悟や裕也の話をすると、妻は異常に興奮する様になり、終いには

早くふたりに抱かれたい


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】嫁のひそかな失態【エッチ】

嫁は32才になる。

子供もいないのに30過ぎたあたりから夜の営みも理由をつけてはスルーされることが多くなった。

この土日に我々夫婦と友達夫婦二組、合計6人で温泉旅行に行った。

土曜の夜は温泉に入った後にみんなで一部屋に集まって飲むことになった。

こうなると酒も進み話題はやはり下ネタになった。

俺達二人はそんなに得意な方ではないので適当に話を合わせている感じだった。

しばらくすると昔からやんちゃだった一組の夫婦の奥さんが

自分の旦那のあそこは大きくはないけどめちゃめちゃ硬いと言い始めた。

そして俺の嫁にパンツの上からなら触って確かめていいよと言ってきた。

嫁はいいってと断っていたが旦那の方もノリノリで

もうボクサーブリーフ一枚になって嫁の横にやってきて俺にもいいよなと聞いてきた。

俺はせっかく盛り上がっている雰囲気もあったのでそれ以上脱がないならいいんじゃないと答えた。

すると奥さんは嫁にいつもやってるみたいに旦那にもしてあげてといやらしく言ってきた。

嫁も堪忍したらしく触るだけよと言って男の正面に座って下から撫でるように触りはじめた。

途中男にはそのままパンツおろして口でしてくれてもいいよとか


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】綿密な計画【エッチ】

妻38歳

悩みました、どうすれば妻が自分の性癖を理解し、納得了承してくれるのか・・・

妻に告白・・・とんでもない! 相手にされませんし、変態扱いですよ。

エロサイトも見せました、いろんな人がいる事・・・妻も真面目ですがSEXはそれなりに好きです。

ソレが即、スワップなどには結びつけません。

私との間では開放的ではありますが、他人とのプレイについては・・・否定的です。

それで、結婚11年で少し刺激を与えたく、妻には内緒で掲示板にて相手を募集しました。

何人もの方と話しました。

妻の好みも考え、20代後半から30前半の少し筋肉質の男性・・・・

掲示板で募集し、何人かの方とお会いしましたが、皆早急に妻を抱きたいようで、妻の了承も無い上

他人とのプレイなど考えてもいない妻の事など無視した感じでした。

それから、何度か幾つかの掲示板で募集。

29歳の社会人野球を熱心にやっているAさんに出会いました。

身長182cm、体重73kgで無駄な贅肉も無く胸板の厚い男性で爽やかな感じでした。

Aさんは彼女と半年前に別れたと言い、面白半分で掲示板を見ていたそうで、まさか掲示板の書き込みをして、僕と面接、打ち合わせするなど思いもよらなかったそうです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年9月25日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】姫初め【エッチ】

今年の姫初は正月三日だった。江口洋介、松嶋菜々子主演のテレビドラマ「救命病院24時」が終わったのは午後十一時三十分。睦巳がテレビを消すと部屋は真っ暗闇となった。新年を迎えた新しい気持ちで昂ぶり、手を差し伸べると睦巳は拒まなかった。新年ともあって誘われるのを意識していたのかも知れない。睦巳の豊満な乳房をゆっくりと愛撫する。やがてその手はパジャマのズボンを脱がしにかかった。それをずらすと睦巳は腰を持ち上げて脱がし安くしてくれた。ショーツの上から股間を愛撫する。ショーツの中に手を潜らせ陰毛の丘を通り抜けると、そこは軟らかい肉襞の谷間だった。そこはまだ微かに潤んでいる程度だった。ゆっくりと時間を掛けて愛撫し続ける。

その夜の私には企みがあった。それは年末の忘年会で景品としてもらったペンライトで睦巳のあそこを眺めようとする企みだった。私は睦巳のアソコをあからさまに見たことがない。結婚して以来、私が睦巳を求めると、睦巳は必ず「明かりを消して…」と要求する。

貞淑な睦巳、潔癖性の強い睦巳は、けっして恥部を見せてくれることはしなかった。仕方なく暗闇でごそごそと済ませていく。そんな単純で淡泊な睦巳とのセックスが続いていた。まあ、それが多くの夫婦のセックスかも知れない。

これまでも布団に潜って睦巳のあそこに口淫することはあったが、暗闇なのでその形状や蠢く変化は想像するほかにはなかった。見たいという男の欲望は、女の性器を単に触って、その想像力だけではとうてい満足できるものではない。そんな時、忘年会の余興の景品としてもらった豆電池。それを秘かに利用することを考えた。それは布団に潜って、睦巳にわからぬようにして豆電池で照らしてみることだった。姫初の今夜はそれを実行しようと、豆電池を敷布団の下に隠して、テレビドラマが終わるのを待った。

私は横たわる睦巳の太腿に手を伸ばし、睦巳の腰を抱き寄せて足を絡ませ、薄いパンティの上から花園を柔らかくまさぐり続けた。愛撫を続けているうちに、そこは湿りかけ、潤み始めた。やがて、もう、入れてしてもよいと思われるほどに濡れてきて、睦巳も新年の性の欲情に昂ぶり、羞恥は次第に薄らいでいると感じた。

そろそろ…と思った私は、布団の中に潜り込んだ。暗闇で見えないが、睦巳の大きな太腿がやや開き加減になって仰向けに横たわったいる。あらかじめ隠しておいた豆電池を取り出して、睦巳に気づかれぬようにスイッチをひねると、そこには、豆電池の灯りに照らされた睦巳の太腿が、ピンク色に染まって見えた。

パンティの上から亀裂をなぞりながら、その薄い布を少しづつずり下げると、そこには、黒い陰毛に覆われた恥部が顕れ、灯りに照らされたそこは、ピンク色に艶濃く浮かび上がってきた。

パンティを睦巳の両脚から抜き取った。

女の秘部が赤くピンク色に染まり、潤みに輝く秘部が鮮明に照らし出された。

四十二歳の睦巳のあそこが、はっきりと明瞭に映し出された。

初めて睦巳の恥部を鮮明に見た瞬間だった。

この歳になって、初めて、女の秘部の全部を、はっきりと眺めることができたのである。

そこは赤貝が閉じているようにピタリと閉じていた

初めて豆電池の灯りで見る女の性器、何か黒ずんでいたが、

愛撫に刺激された睦巳のその周辺一帯は、赤みを帯びて充血していた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年9月20日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】悪友の奴隷となった私達夫婦【エッチ】

私達家族(祐次52歳・由佳45歳・娘19歳)はどこにでもいる普通の幸せな家族でした。

娘は大学進学と同時に通学のため一人暮らしになっていました。

妻・由佳は専業主婦で、155センチ・86・60・88のスタイルに対して可愛い感じの顔だちです。

新婚いらいの二人だけの暮らしになって、夜の生活も妻と楽しもうと思うのですが、毎日、会社からの帰りが10時過ぎになり、週末も仕事の疲れが溜まって2~3ヶ月に一度がいいとこです。

妻とのセックスは時間も短く、挿入して私が逝って終わりのセックスですが、妻は処女で私と結婚し、セックスはこんなものだと思っていたそうです。

そんな、妻が淫乱な人妻になってしまったのは私の性癖を悪友に教えられたのが原因です。

私の学生時代の友人Tに偶然、通勤の電車で出会ったのが事の始まりでした。

卒業いらいでしたが、お互い気付いてほんの数分の会話と名刺交換をしました。

会社に着いて仕事の準備をしていると早速、Tから電話があり後日の再会の約束をしたのです。

数日後、二人は居酒屋で再会を祝して飲み、お互いの仕事話や家族の話で盛り上がりました。

居酒屋を出た後も、学生時代に二人でよく行った『銭湯に行こう』と言う話になりスーパー銭湯に向かいました。

二人で湯船に浸かり、思い出話は続きます

サウナに入っている時にTが

「最近、奥さんと夜の生活はどうなの?」

と聞いてきます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年9月20日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】大学生の甥と妻【エッチ】

嫁の明子とは結婚して20年経つ。俺が25歳で嫁が22歳の時に、いわゆるできちゃった婚で一緒になった。

今時は、授かり婚などと呼ぶらしいが、その言い方は違和感があって嫌いだ。出会いは、俺が彼女のバイト先のカフェによく行っていたことがきっかけで、アナウンサーの田中みな実によく似た嫁に、俺が一目惚れして色々頑張った結果、何とか結婚まで行けた。子供が出来たことでそれまで以上に頑張って、弁理士の試験にも合格し、就職、独立と順調に来た。

嫁は、少し天然なところがあるが、いつもニコニコとしていて、息子に対しても愛情を持って接していた。

そんな感じで、何一つ文句のない生活が、長く続いていた。

しかし、息子が高校を卒業して留学することになり、広い家に急に二人きりになってしまった。

俺は43歳になっていて、バリバリ仕事をする毎日で、嫁は40歳になり、ガーデニングや家庭菜園、マラソンなどを趣味にして日々過ごしていた。

休日は、いろいろなところに旅行に行って、二人もいいなと思い始めていたが、やはりどこか寂しさはぬぐえなかった。

そんな日々が半年ほど過ぎたある日、俺の弟から電話があった。内容は甥のタクミ君のことで、受験で上京するので面倒を見て欲しいとのものだった。

息子と歳も近く、一緒にキャンプに行ったり、旅行にも行ったりしたことがあり、夏休みなどはよく泊まりに来ていた。共働きの弟夫婦の家で育ったからか、やたらと嫁になついて甘えてくるタクミ君を、俺も嫁も可愛いと思っていた。小学生の頃などは、泊まりに来ると嫁と一緒に風呂に入ったり、一緒に寝たりしていた。

そんなことを懐かしく思い出しながら承諾し、嫁にもそのことを話すと、

「懐かしいねぇ。 タクちゃん大きくなったんだろうね。 楽しみだね。」

そんなことをニコニコしながら言った。

そして、あっという間にその日が来て、大きなバッグを担いだタクミ君が家に来た。

久しぶりに見たタクミ君は、ますます弟の嫁に似てきていて、綺麗な顔のイケメンに育っていた。

少し長めの髪も抜群に似合っていて、タレント事務所に行けば良いのにと思うほどだった。タクミ君は、少し恥ずかしそうに


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月19日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻のパンツ【エッチ】

私、市役所勤めの47歳。

妻、有紀は46歳で、今春から調剤薬局でパートをしています。

子供は男の子二人で、共に大学生で家を出ています。

セックスレス4年くらい?

寝室も最近別。

私なりには、外で少しは刺激のある生活をしているつもりですが、何しろ我が家には色気がない。

薬剤師の妻は、何しろ清潔好き。

私は女好き。

子供たちが家を出て、気付いたのが色気のない妻の下着。

子供たちがいなくなり、物干しには私と妻の物だけ。

妻のショーツなど、ベージュ色でショーツというよりデカパンと言った方がいいくらい。

ここのサイトを見ていると、奥様が浮気をすると下着に変化があるとか。

我が家は、全くの期待なし。なんて思っていた矢先、少し変化が。

8月の初め頃から、白いショーツが物干しに。

Tバックじゃないけど、少し小さめ、それに少しお飾りのレースが。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年9月9日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】同級生の母親【エッチ】

初めて投稿します。

俺は十八歳の高校生です。親父は地方で、ヤクザの組長をやってます。

母親は、小さいときに死にました。

そんな事もあって親父は、俺には優しく何でもいう事を聞いてくれたり、

買ってくれました。

去年の夏、俺の誕生日に、親父が「何かほしいものあるか?なんでもええ

よ。」と言ったので

俺は、「女。」と言いました。親父は、ちょっとビックリしてたけど、

「ふ~ん、女かぁ。ソープでも行きたいんか?」

と言うので、俺は、「違う、違う 同級生の母親や。」と言いました。

去年の春に転校してきた男子の母親で、そいつとは、結構、遊んだりしてま

した。

と言うより俺のことが怖くて俺に合わせてたと言ったほうがいいかも知れな

い。

授業参観でそいつ(悟と言います。)の母親を見たら水野真紀にそっくりの


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月9日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ