ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】彼女が寝取られたから全部話しさせて浮気相手に電話させながら愛撫した【体験談】

[人物]

俺(又はK)当時25歳

E 当時28歳・某大手デパ−トにて化粧販売員・顔、瀬戸朝香(本人曰くよく言われるらしい)

 髪は薄っすら茶色でロング・身長160㎝ 胸E 体、色白細め 見た目綺麗なお姉様って感じ。

前回(結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていたエッチな体験談)の鬼畜キャバ女の後、一夜のみの女含めて4人程関係持ったが特に浮気も無く終わり久々の鬱勃起相手とのめぐり合い。

Eとは友人行き付けの小さな居酒屋で。Eも常連客で仕事帰り仕事仲間と飲みに来ていて

お店で顔見知りだった友人と俺らと急遽合コン開始。その後、Eに告白されつき合い始めた。

因みに、その居酒屋はマスターの人柄から小さいながらもいつも常連客でいっぱいで

客同士の出会いの場でもあった。結婚までいった人も何組かいて写真も飾られてた。

Eは職業柄、体すべてに手入れが行き届いている感じで綺麗。下着も良さそうなのばかり着けていて

巻き髪とマッチしていてすごくエロイ。しかも巨乳で濡れやすく積極的でいつもEのぺースだった。

つき合って3ヶ月目の夏、Eは仕事仲間と2人で一泊二日で海へ行くと言ってきた。Eは仕事熱心で

職業柄ストレスも凄い溜まっていたのも知っていたので二つ返事でOK。宿泊先のTEL番も教えてくれ

宿もどうやら2人で取ってある。で、当日の昼過ぎ仕事中に、飲んだ奴とは別の友人Tから何度も

着信があり夜仕事終わりに電話してみると


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年7月19日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫で】セフレと【エッチ】

先日、そのセフレの友達と俺の友達でコンパしてきました。

 4人いた中にすっごいかわいい子がいました。好み!と思った俺はその子の隣に座って最初は紳士的に、酔ってくるとちょっと触りながら。セフレは自分の隣に座ると思っていたのか、にらんでいました。

 気に入った子Y子の耳を撫でると、少し感じたみたいですが、「もう!」と怒るので腰に手をまわして我慢。

 店を出る時には2組がいい感じで、「じゃあね〜」と消えていきました。

 俺もY子と消えようかと思ったんですが、セフレが俺の腕に手をまわしてくるし、男2人があぶれてるし。

 仕方なく一番近い男の家に行くことになりました。

 Y子は「帰る」といったんですが「男3人で女の子一人にしたらかわいそうでしょ」と説得。部屋に着いて飲みながら騒いでいると男2人がセフレに愛撫をはじめました。(この二人は以前セフレと4Pやったんです)

 友達の目もあってか、セフレは逃げているようでしたが、下着を下ろされて指を入れられると「あ、、、あ、、、、」と声が出てきます。

 Y子は下を向いて見ないようにしていました。

 俺はY子と3人に背をむけるように座ってY子のスカートに手を入れて下着をずらすとビショビショ。

「濡れてるよ」というと、本気ではずかしがっているようです。

 指を入れてゆっくり動かすと「二人っきりになれるとこいこ」と言ってきます。

「いいよ」と言いながらズボンから勃起したものを出すと握ってきます。

「入れる?」と聞くと「あとで。どっか行きたい」と。

 セフレの声が激しくなったので振り返ると、一人に正上位で入れられて、一人のものを手でこすっています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年7月17日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【寝取られ】醜い男達【体験談】

妻が学生時代にオタク達の性欲処理として使われていた。

このことを思い出すと悔しさと興奮が混じった、

言葉では表せない気持ちになります。

妻(Y子)は一つ年下、155センチの細身な体で

胸はBカップと小さいのですが形がよく、

また整った顔立ちで年齢よりかなり幼くみえます。

美人というか可愛い感じで、喋り方が特徴があります。

昔から危機感がないのかガードが甘く、

いつも胸元が開いた服を着ており前屈みになると

その可愛い乳首が見えるのではないか?とハラハラしますが、

本人は「誰も私のおっぱいなんて見ないよ~」

なんていいながら顔を赤らめています。

出会いは大学時代でした。

自分と同じ下宿の後輩達と妻はゼミ関係でよくつるんでおり、

私達は時々廊下で話したりするうちに仲良くなり、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月16日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【学校で】同級生の服でオナニー【エッチ】

私はT大学の研究室に所属している大学院生です。

大学構内の一室で飲み会が開かれた夜、少し早めに会場を抜けた私は、同じ建物内にあるラボに戻ってきました。

帰り支度をして、上着をコート掛けから取ろうと顔を寄せたとき、すこし鼻を突く、甘い匂いに気づきました。

頭を突っ込んで嗅ぐと、隣に掛かっていた、トレンチコートがその源のようでした。

ハンガーからは外さずに、服の裏地に鼻を近づけると、牝臭い芳香で息が詰まるほどでした。

どうやら、同級生の女の子、Tさんの着衣のようです。コートは脱いで、本人はまだ会場で飲んでいるのでしょう。

Tさんとは、ラボが一緒になって以来、2年ほどの付き合いです。

顔立ちが整っていてスタイルも悪くないので、研究室の男性の間では人気があり、性的な会話では格好の標的にもなっていました。

私自身、一時は本気になりかけたのですが、Tさんに常に彼氏がいることと、彼女の勝気な性格から尻込みし、近くを通った時の甘い匂いや、偶然の接触をおかずにして、いやらしい妄想をするばかりでした。

特に匂いは、研究で徹夜した翌日などにはかなり強く、また香水は付けていないようで、獣じみた甘い体臭が漂ってくるようなことが何度かありました(これがなかなかに下半身にクる匂いで、大抵はトイレに直行する羽目になります)。

結局Tさんとは、友人のひとりとしての交友はあっても、それ以上はありえない関係でした。

さて、酔っていたためでしょうか、急にムラムラして、収まりがつかなくなってしまいました。

時間はさほど遅くなかったのですが、皆飲み会にいっているようで、ラボには私一人でした。

それを確認した上で、照明を全て落としてから、鼻息荒くコートの匂いを嗅ぎ続けました。

肌には直接触れないコートでありながら、Tさんが洗わずに着続けてきたらしい上着は、強く匂いました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年7月14日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】彼女の本性【体験談】

2年前インターネットであるサイトを見つけた。

『あなたの彼女の本性暴きます』

何だろうと検索していくと、自分の彼女が浮気しないか試しませんかというような内容だった。

自分としてはすごく気になる内容、自分は少し緊張しながらも掲載されていたメールアドレス

にメールを送った。

数時間後返信。

「お問い合わせありがとうございます。こちらはあなた様の彼女、大事な方があなた様への

裏切り行為をしないか調査するサイトでございます。(中省略)以下の内容にご同意して

頂ける方のみ応募下さいますようお願い致します」

1.彼女様の情報を虚偽なく提供して頂きます。

2.彼氏様のご協力(一部)をお願いします。

3.彼女様とのやりとりは全て報告させて頂きます。

4.この調査によってお二人の関係など、何が起きても責任は取りません。

5.彼女様の同意があった場合のみ、性行為を行う可能性があります。

6.途中で計画の中止、阻止はお受けしません。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年7月13日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫で】隣で【エッチ】

初めての投稿になります。

 大学四年生の春、もう三年くらい飲み友達として付き合っていた仲のいい女の子ユイ(仮名)と、一晩限りのエッチを楽しみました。

 それも、ユイの彼氏が寝ているその隣でです。

 ユイは、胸は小さいですがスレンダーで、足がとても綺麗でした。そのことを自分でも知っているんでしょう、大抵はミニスカ生足です。さばけた性格のいい女なのですが、あくまでもただの友達でした。ちなみに、その彼とは付き合い始めたばかりだったんです。僕に対する紹介(自慢?)みたいな気持ちもあったのでしょう。三人で四時間ほど居酒屋で飲みました。その彼は人当たりがよく、僕とも話が合いました。三人とも、適量を明らかに越えてしまいました。ユイも僕も酒は強かったのですが、調子に乗りすぎです。

 その後カラオケに行き朝まで飲みながら歌い——、結局僕のアパートに泊まることになったんです。

 彼はベッドで熟睡し、僕とユキは床で横になったのですが、酒が回っていたユイは、ミニスカであるにもかかわらず、あまりに無防備な姿で寝息を立て始めました。

 パンツは丸見え、ストレッチのシャツからも、胸元が覗いています。

 そんな状態でつい‐酒のせいにはしたくありませんが‐手を出してしまったんです。

 スカートの中に手を入れ、パンツの上から性器を刺激しました。近くで見るとユイの足は、染みひとつない滑らかなもので、生唾をのんでしまいます。

 しばらく変化のなかったユイですが、パンツの横から指を入れ直接刺激すると、息を乱し始めました。驚くほど濡れています。顔を見ると、瞳がうっすらと開き、僕の目を覗き込んできます。

 僕は、指を動かしながらユキの顔に自分の顔を近づけました。「いいよ」という声を聞くと同時に唇を奪い、指の数を二本、三本と増やします。

 友達でしかなかったユイの乱れた姿に興奮し、落ち着くように自分に言い聞かせながら、彼女のパンツを脱がしました。

 シャツの裾から手を入れると、そちらは嫌がります。理由を聞くと、「胸は小さいから、ごめんね」。

 なんて可愛らしい奴なんだと嬉しくなりました。

 僕はズボンを脱ぎ捨て、ユイの顔にペニスを差し出しました。もちろん、彼氏の存在は承知しています。こちらに背中を向けたまま、彼は熟睡しているようです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年7月13日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【寝取られ】頼むから・・・。【体験談】

私40歳 会社員 同棲中の彼女も40歳。何となく結婚話が無いまま同棲もほぼ10年近い。

彼女は頭も良く、凄い美人でスタイルも良く(道を歩いていると誰もが振り向きます)、以前はそれなりに定期的な体の関係もあったのですが、近頃はご無沙汰です。でも拒否はされません。求めればする訳です。

ここ2年ぐらい前から彼女が急速にセクシーになってきました。そのフェロモンには圧倒されるほどです。

同棲して見慣れなければ凄まじい色気でしょう。

綺麗になる彼女を見て、悪い気はしませんので何とも思っておりませんでしたが、ある土曜日で仕事が休みで私は自宅に居りました。

彼女は友人とお出かけするといって午前中に出かけて行きました。ところがです!

一緒に出かけるハズの彼女の幼馴染の友人が、自宅を訪ねてきたのです。

まさか自宅で待ち合わせとは知らなかったため、彼女が勘違いして出かけてしまったと伝えると、わざとらしい返答。

実は会う約束はしてなかったのでは無いですか?と聴くと、友人はそんなことは無いと言い去っていきました。

それまでは何とも思っておりませんでしたが、恋人の行動が気になるようになりました。

確かに私も土日が休みのときは、土曜だけでも男同士の友人と遊びに出かける事も多いので、彼女も彼女で同性の友人は多いし、実際 そういう友人たちと良く出かけたり、カラオケに行ったりしているので、彼女の土曜日の行動には正直に今まで何の疑いも持ちませんでした。

でも今回は違います。不安がよぎります。

いまどこ?とメールしたら返事が返ってきません。

2〜3時間後の午後2時近くになって、友人とランチを終えてこれからショッピングをしますというメールが帰ってきました。気がつかなかったのでメールが遅くなってゴメンとも書いてありました。いつも通りの彼女のメールです。

今夜は久しぶりに二人でお寿司を食べに行く事にしていたし、それをとても楽しみにしてくれていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年7月13日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】実父に妻を寝取られる。【エッチ】

真偽の判断は皆様にお任せします。

私は37歳のサラリーマンで、妻は32歳の専業主婦でした。子供はいません。

賃貸マンション暮らしをしていましたが、突然の単身赴任で九州に2年ほど出向することになり、

昨年春に赴任しました。

妻の元へは月に1度ほど戻り、その夜は互いにむさぼるように身体を求めていたのでしたが、

半年ほど過ぎた辺りから「生理だ。」とか「風邪気味で体調がよくない。」とかとセックスを

拒否されるようになり、私はなにげなく「浮気でもしているのか?」と聞いてみましたが、

軽くいなされ、悶々とした夜を過ごしたものでした。

今年の二月、出向先の子会社の経営が先行き不透明になりだしました。

二月某日、いつものように出勤すると本社から急ぎ関係書類を持って戻れとの社命があり、数時間後には

羽田空港に降り立っていました。

タクシーで本社に向かうさなか、某歓楽街ちかくにあるラブホテルに入ろうとしていた初老の男と

若い女性が目に入りました。

彼らの近くまで来た刹那、それが私の父と妻であることがわかり、強い衝撃を受けました。

足早にホテルの中に入り込む二人を唖然と眺めているだけでしたが、強い動機と信じられない光景に


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年7月10日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】友人の母の秘密【エッチ】

最近、私は動物好きな家族を持つ人と友達になった。

彼とは偶然一緒のクラスになり席も隣だった。

ちょっと変わった人と言う噂は聞いていたが、話をしてみると普通だった。

彼に誘われ、彼の家に行った。彼の家は、街外れにあり庭が広かった。

門をくぐると、動物の声が沢山聞こえた。

「俺ん家、動物多いからうるさいんだ!」

「俺動物好きだから大丈夫」

「俺も好きなんだ!気が合うね」

でも、俺の想像を遥かに超えていた。

犬・猫・鳥は当たり前で、アヒルや豚、家の中にはモルモットやウサギ

・爬虫類も多く居た。

「驚いたよ!いっぱい居るんだね」

「親父が動物関係の仕事してるから、色々貰ってくるんだよ」

「でも、凄いね」

驚きながら、彼の部屋に入った。部屋の中には流石に動物は居なかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年7月8日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫で】出会い大会で【エッチ】

友達(Yすけ)とその彼女(S美)が 俺に女を紹介してくれるということになり、Yすけの家で飲み会になった。

Yすけは、中学、高校と仲がよく、大学は別々だが、よくコンパなどに呼んでくれる旧友だった。

ルックスがよく、やさしく、しかも男気があり、更に不思議な魅力がある男だ。

S美とはコンパで出会った。そのコンパには俺もいて、一目で気に入り、告白したのだが、「好きな人がいるの」と断られた。

見た目は 奥菜めぐみに激似で、背は低めだが、スラっとしている。

性格もやさしく男の一歩後ろを歩くようなところがあり、おっとりしたしゃべりかたで、

悪気のない天然の子で、男女共に人気のあるタイプだ。

告白したことを知っているのは 俺とS美だけ。

この日のS美は、Yすけの家に待機していたせいか、ラフな短パンにTシャツだったが、きれいな足が魅力的だった。

二人が紹介してくれたのは、Yすけのテニスサークルの一つ下の後輩(K子)

K子は 小倉優子風の純情そうな感じだった。

けっこう勝負服って感じで、キャミにひざ上のフレアスカートで、こちらもかわいかった。

俺のためというよりは、Yすけのためだろう。

K子とS美はとYすけを通じて知り合ったせいか、微妙な関係のようだった。

K子とYすけが仲良くしてても、控えめなS美は何も言わなかった。それが見ていた心苦しかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年7月6日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

このページの先頭へ