ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【姉と】バツイチの姉と過激にやってしまった!!【エッチ】

8年前結婚した姉貴に子供ができなくて、旦那や旦那の両親とこじれて離婚。

で、先月実家に帰ってきました。

こんなきれいで性格のいい姉貴と離婚するなんて!!なんてヤツラだ!とうちの両親も俺もカンカン!

でもさ、姉貴が戻ってきたのが、おれはすごくうれしかった。

ずっと好きだったし、美人で性格も抜群で自慢の姉貴だ。

今も変わらない。清楚って言葉がぴったりくる。身内褒めだけど。

もっともエッチの時の豹変ぶりにはたまげたけど・・・。そんな姉貴と先週、ふとしたことがきっかけで姉貴とエッチしてしまった!!

まじに、近親相姦するなんて思わなかった。

ふざけてただけが、本気モードに突入してしまった。

姉貴33歳。俺29歳。

姉貴は顔だけじゃなくてスタイルもバッチリなんだな・・・。オッパイはDカップ。腰はくびれてるし、ヒップは柔らかくて・・・。土曜日。

どうしても用事で両親が1泊ででかけた日だった。

戻ったばかりの姉貴を家に置いてという心配はあったが、おれがいるから大丈夫だよ!って話して。

昼間から姉貴は、TVをずっと見てた。「姉ちゃん、どっか遊びに行こうか?家にいても面白くないでしょ?」

「え?うーん・・・・。ねえ利一、ドライブに連れてって。どこでもいいからさ。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エッチ実話カテゴリー:姉との体験談

【友達と】3年前の今日【エッチ】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。

子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。

胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。

陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。

そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。

仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。

妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。

『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが

「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。

「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】侵入者【エッチ】

中学に入った年の夏休み、両親が旅行で一人で留守番することになった。

一人で過ごすのは初めてで、寂しいよりも自由になった気分だった。

でも夜はさすがに寂しくて、電気をつけたまま寝ることにした。

しかしなかなか寝付かれず、ベッドでひとりエッチしてたらいつの間にか

寝てしまった。夜中に変な感じがして目を覚ますと周りは真っ暗だった。

口をテープみたいなもので塞がれ服を着ていないことも分かった。

さらに下半身を誰かが押さえつけていた。しかもチンコを舐められてることに

気づいた。怖くて泣きながら耐えていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年1月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】どすけべコスプレイヤー調教。【エッチ】

昨日は火曜日でとても晴れたいい天気だった。。仕事の関係もあり、コスプレイヤーさんと知り合う機会が多いので

良く言われるような偏見はない。。逆に素敵な自己表現の方法だなと思う。。自分の好きなアニメやゲームの衣装を着て、普段とは違う自分になることで

本当の自分を表現できたり、キャラクターになりきってその世界観の住人になったり。。それにとてもいいストレスの発散の仕方だと思う。。私の場合はコスはしないが以前付き合ってた彼女はレイヤーをしていたので

その心理や気持ちは良く分かる。。

いろいろとお金もかかるということも…ね(^^;話は逸れたが、今日は何人かのレイヤーさんから撮影会やイベの誘いがあったが

残念なことに仕事の関係で行くことが出来なかった。。久しぶりに会う女性もいたので無理してでも行きたかったが、こればっかりはどうしようもない。。まぁ、いい機会なので少しレイヤーさんのことを書こうと思う以前付き合ってた彼女もそうだが、レイヤーさんは見られたい、見て欲しいという願望が強い。。

撮影会でも少しきわどい写真を撮ることもあるし、実際カメコの方からポーズ要求があれば割と受けてくれる。。そのため、カラダの関係になってもその性格や希望することはコスしてる時とあまり変わらない。。コスしてHしたいというのは勿論のこと、撮影会では見せないいやらしい自分を撮影して欲しいとか、中にはコスしてキャラになりきって陵辱調教されたいというコもいる。。可愛い服を着た自分を汚されたい、辱しめて欲しい…そんな願望のあるレイヤーさんはとても可愛い。。

続きと写真はこっちで・・・http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?id=69jj&cn=9&_cus=mgp2k3調教部屋はこっち

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=918歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】母娘陵辱・息子の友人たちに【エッチ】

2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)



 五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生

活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹

しく暮らしていました。

 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十

六才の高校一年生です。

 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事

務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき

ました。

 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお

かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま

した。

 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さが

どこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年12月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】工場の寮で【エッチ】

派遣会社から紹介された工場で働いてた。

2交代制で月の半分は夜勤のきつい仕事だった。

寮は一応個室だったが古い建物で冬は寒く、田舎でコンビニ

も近くにない最悪の場所。

さらに責任者以外はほとんど派遣で、僕が一番若くて

(当時21)あとはおっさんばかりだった。

その中で50代のおっさんがホモみたいで、

夜勤で働いていると、すれ違う時にチンコタッチされたり

トイレでわざと横に立ってチンコを覗かれたりした。1月の寒い日だった。夜勤明けの日で布団に包まって爆睡していると

下半身に違和感を感じて目を覚ましたら、おっさんが

パンツに手を入れて、チンコを触っていた。

びっくりで起き上がろうとしたら、口に手を当て手首を握られ

「いいから、溜まってるんだろ、出してあげるから」と迫ってきた。

そのままベッドに入り込まれ、耳や首筋を舐めてきた。

力が入らずされるままだった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年12月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】夫の海外転勤で1人になった熟女が愛犬家の会で【エッチ】

1年前夫(48歳)が海外勤務を言い渡されました。

子供も就職し、県外へ。

私(42歳)と一匹のわんこ、名前はサブ♂(土佐犬)だけになってしまいました。

サブは、子供が家を出て淋しいだろうと、夫が友人から貰ってきた犬でした。

大型犬のサブでしたが、体格はやや小ぶりで気が優しく大人しい犬でした。ある日、私はサブを連れ夫とよく出かけていたドックランの設備のある施設へ向かいました。

その日は、愛犬家の姿も少なく、私を含め3組だけです。

サブを思いっきり走らせ、日頃のストレス発散をさせていました。

やがて、サブの毛を整えていると、1人の女性が話しかけて来たんです。

「良い毛並ね!土佐犬なんて珍しいわね」

彼女は50代でしょうか?綺麗な顔立ちにちょっとマダムな雰囲気が漂っていました。

「そうですか?確かに土佐犬はあまり見ないですね」

「良かったら、あっちで話しませんか?」

感じの良い女性に私は彼女の後を付いて行きました。

「奥さん一人ですか?」

「えぇ、旦那が海外勤務で・・・今は1人なんです」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年11月2日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】親友の彼女に(そののち・・・)【エッチ】

前回、親友である草津の彼女、仮称(大堀)の寝姿で射精した翌朝、草津の別れ際の

「意味ありげな笑み」が引っかかっていた2日後、草津からメールが来た。

五月一日、17時43分着のメールだ。

「今日仕事? 終わったら俺んちで飲まん?」というものだ。

奴から飲みの誘いメールが来る事自体はさほど珍しくもないのだが、なぜに「奴の家で?」

というなぞが湧き出してきたと同時に嫌な予感みたいなものもあった。

「やはり、草津に見られたのかも」という思いに駆られ、誘いを断ろうかと迷っていたが、

足は草津の家に向いていた。

会社から草津の家までは、電車で2駅。かなり近い。

草津の家には19時頃に着いた。

道々、草津への言い訳の構想などを練っては見たが、名案は湧かない。

草津に正直に謝るしかなさそうだとブルーな展開を想像して奴の家のドアたたくが、意に反して、「おお!すまんすまん!まぁ、駆けつけにこいつでも飲めよ」と満面の笑みで缶ビールを

手渡された。

出鼻をくじかれたのと草津の満面の笑みがかえって怖かった。

「この前はおつかれ、OO(大堀の本名)も喜んでいたよ。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】S大学同期の妻【エッチ】

妻と出会ってからもう20年近い歳月が過ぎた。

S大学の某学部の同期で、一浪した私より1歳年下ではあったが、出会いの時から私は妻が好きで、オナペットにし

ていたほどだった。

私と妻そして私の予備校からの友達HとIの4人は、そろって同じサークルに所属した。

男3人に女1人の友達関係が、恋愛関係になるのに時間はさほどかからなかった。

Iと妻が付き合いだしたとHから聞いたときは、正直ショックのあまりアパートに帰って泣いたほどだった。

Iは口も達者な奴で、女に好かれるつぼをよく心得た奴だったので、妻を取られそうな気は早くからしていたのだが、

それが現実のものとなるとやはり辛いものがあった。

私は(当時の)妻を愛しているという事をHやIに隠していたので、Iは妻とのセックスの詳細を男だけの酒席時によ

く話してくれた。

妻の性感帯やIのモノを咥える時のしぐさ、口癖や絶頂時の叫び声など、その場では周囲にあわせ、エロ談義に加わり、

妻を「エロ女」扱いしてはいたのだが、心中は穏やかならないものがあった。

しかしながら、夜布団に包まるとその談義の内容を思い返しては、一人妻の写真を見ながらオナニーに興じてしまう

のでした。

Iと妻が二人で軽井沢に出かけた時なども「今頃Iとセックスしているのか!」と嫉妬ともつかない激しい感情の波に


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年10月17日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻は銀行員【エッチ】

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。

厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、

おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。

私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地

よく感じています。

昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので

あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて

気楽でいいのですが。

私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。

結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行く

と言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。妻はそう

いう公私混同に近いことが嫌いな性格でしたから、当然断られると思っていた

のですが、案に相違して

「うん、来れば?」

と気軽な返事が返ってきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年10月13日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ