ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【妹と】妹の浮気現場。続き2【エッチ】

 「んんああん・・・いい・・・・もっとぉ・・・」

 しかしすげえな、なんてエロい妹だ。わたしはあふんあふんと喘ぐ妹にギンギンに勃起してしまった。

 「ああん・・あたしもういきそう・・・だめぇ・・・・・・」

 「いきそう?」

 「うん・・いきそう・・・いっていい?」

 「うん。いっていいよ」

 「もっとぉ・・もっとぉ・・おくまでついてぇ・・・もっとつよくついてぇ・・・いいのぉ・・すごくいいのぉ・・・」

 凄い激しいピストン運動、ああベットが壊れるんじゃないか。もうそれぐらい凄い突かれかたで妹はもう声にならない喘ぎ声が。

 「いい・・いい・・・もっと・・・もっと・・・・・はぅ!!!・・・・・・・・・・・・・・・・いくっ!・・・・・・・・・・・・・・」

 うううっと男も声にならないうめき声を上げいったようだ。

 バタン!と倒れこむ音がして、二人のハアハアと激しく苦しそうな声が響く。なんて激しいセックスなんだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|

2014年2月5日 | エッチ実話カテゴリー:妹との体験談

【小中学生と】ハイレグ水泳選手【エッチ】

といっても小学生の話です。

夏の合宿が海岸近くでありました。私自身はバイトのスタッフとしての参加です。

練習後にみんな水着のまま海岸でバーベキューしてから、後片付けして宿舎に帰る途中のことでした。もう小学生はみんな宿舎に帰っていると思っていました。

途中の公衆トイレに寄って障害者用の扉を開けたら、女の子が競泳水着半脱ぎの状態で座り込んだまま

壁にもたれかかってて、その前の男の子が一人素っ裸で立っていました。要は女の子に一人Hさせていたようでした。

お互いにびっくりしましたが、更にびっくりしたのが男の子はやめようとせずに更に私の目の前で

女の子に続けさせようとしたのですが、中断させて女の子を先に帰らせました。女の子は胸もろだしで

お尻も競泳水着が食い込んだまま直そうともせず、逃げるように外に出ていきました。

男の子の方を説教して事情を聞こうとしたらこちらの予想に反して、興奮した状態で食って掛かってきた

から、結局叱るどころかなだめるにとどめて結局2人とも帰って行きました。

彼らの行為は報告はやめましたが、こんな事実を目の当たりにして驚きが隠せません。初めてではないようでしが、最近の子はこの年齢にして、大胆というか度胸というか、僕らが同じ年代の

時には考えられないことでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年2月1日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【人妻と】本当の妻【エッチ】

妻と二人で喫茶店を営んでいます。

ある日、定休日に店へ行き奥の事務所で仕事をしていると、裏口の鍵を開ける音と妻の声がした。

声をかけようとした瞬間、男の声が。

『わざわざ来てやったんだから、たっぷりサービスしろよ。』

妻の不倫現場に遭遇してしまったことに気付いた私は、とっさに事務所のカーテンに身を隠し、隙間から覗くと、そこには見たことのない妻の姿がありました。

濃い目の化粧、胸の谷間が露出した服、お尻の膨らみが見えそうなミニスカート!

男は椅子に腰掛け煙草に火をつけた。

妻は彼にアイスコーヒーを出すと、男の隣へ腰掛け男の股間に手をやった。

『コーヒー飲む間、しゃぶらせてください。』

そう言って、男のベルトを外しジーンズと下着を下ろすと、男の両脚の間に跪き、既に大きくなったモノを両手で握り愛おしそうに先端部へキスをした。

私は自分の目と耳を疑った。

私が要求しても拒んでいたフェラチオを、自分からねだっている。

時折『Yさん(その男)のチ〇ボ美味しい。』とか『Yさんの太くて大っきいチ〇ボが好き。』などと言いながら一心不乱に舐めたり咥えたりしている妻の姿はAV以上のリアリティがあり、性奴隷そのものだった。

10分?20分が経ち、呆然としている私の耳にトドメをさす言葉が入ってきた。

『ザー〇ン飲ませてください。』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月1日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【盗撮・覗き】高校生に視姦た親友の母親。【体験談】

私が中学1年生の夏休み、いわゆる自由研究の課題の為、近所の図書館で調べものをしていました。

書棚を回り、参考になりそうな本を漁っていると、ふと向こうに、見慣れた女性の姿をみつけました。

それは、小学校低学年からの付き合いがある親友のお母さん。

今思い返しても、その人は、殊更美人とかいう訳ではないでもブスではない、太ってる訳でもなく、痩せてる訳でもない、ごく

普通の主婦。年の頃なら40手前。それまでの私にとっては、ただのおばさんでした。実際私は、その人を「おばさん」と呼んでいました。

その時のおばさんは、貫頭衣みたいなワンピースの、だぼっとした服を着ていました。おばさんの髪の毛は洗いざらしで、しっとりと湿っており、さっきまで隣にあるプールにいた事をうかがわせました。おばさんは水泳が好きで、よくその公営プールで泳いでいる事くらいは、私も知っていたので、そのように思ったのです。案の定、おばさんの片手にはビニール製の大き目のバックがぶらさがっていました。

何となく挨拶しそびれて、そのまま私は館内をうろついているうち、またおばさんを目にました。

おばさんは書棚の前に立って、熱心に本を読んでいます。

その横には、不自然なほど近く、高校生くらいの男しゃがみ、本を読んでいます。

何となくその男の挙動に不信感を持った私は、やや離れて見ていると、高校生は、慣れた手つきでポケットから小さな手鏡を取り出すと、おばさんの足元に差出しました。

「あ、おばさん、パンティー見られてる!!」

そんな事をする人が居ると言うのを知ったと同時に、自分の良く知る女性が見ず知らずの高校生の性欲に晒されている情景を見て、私は衝撃を受けました。

高校生は、巧みに鏡を操り、おばさんの後から前から、おばさんを下から覗き見ております。

おばさんが、本に満足してその場を離れるまでの十数分、高校生も執拗に、じっくりと、おばさんを堪能したようです。

そしておばさんは帰り際に私を見つけ、「あら、〇〇クン。こんにちは」と、声をかけてきましたが、私はどぎまぎしてしまいました。本人はまるで気付いていませんが、おばさんは今の今まで、自分の子供の様な年齢の男に下半身を覗かれ見られていたのですから。私がどぎまぎしたのはそれだけの理由ではなく、もう一つ訳がありました。それは、おばさんの、そう大きくはないが柔らかそうに脹らんだ乳房の頂上に、ポチっと乳首が浮き上がっていたから。おばさんは、ノーブラだったのです。私の目は、その突起に吸い寄せられて離れませんでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | エッチ実話カテゴリー:盗撮・覗き体験談

【妹と】みんなで海水浴【エッチ】

 この前の週末、私の家族と妹夫婦家族、妹の会社同僚家族の三家族で海辺のコテージに一泊二日のキャンプの行った。

 妹の会社同僚がなかなか可愛くて年齢は妹と同じ32歳、私は行く前からワクワクしていた。 夫婦三組、子供5人の総勢合わせて11人のコテージ泊まり。

 みんなで海で遊んでいた。 わたしは忘れ物を取りに一人コテージに戻った。 

 コテージに入り忘れ物を捜していると、ふと妹の同僚家族の持ち物が。 私は人の物を開けて見るなんてと罪悪感を感じたが、ここに下着が入っていると会話で聞いていたのだ。

 ドキドキしながらカバンを開ける。子供の下着などが入っていたが、 あった! 妹の同僚S香の下着が・・・・

 黒とピンクのちょっといやらしくも可愛ブラジャー・・一緒に同じ柄のショーツも・・・ 

 私はドキドキしながら周りを見わたし、それを手に取った。  すごい・・S香のブラだ・・たまらん・・・ショーツのアソコにあたる部分を見る。 ベロンベロンと舐めまわした。 チンポがあっという間に大きくなる。それをしごく、舐めながらしごく。

 ガチャガチャ、 やばい! 誰か来た! 慌てて持っていた下着をバックに戻した。

 誰だ来たのは? そーと見て見ると、私の妹と同僚S香の夫。 うん?ふたりが何しにと思ったら、ふたりはいきなりキスを始めた。

 え!え!えー! 妹とS香の夫はできていたのか! なんと! 

 ふたりは長い長いキスしている。ときどき舌を絡めたり、いやらしいキス。 妹は水着のまんまで、S香夫も海パンにTシャツ姿。

 ふたりはそのままソファーに座り、胸を揉んだりキスをしたりしている。私がここにいるなんて思いもしないだろう。

 「ああん・・・ねぇ・・はやく戻んないとみんなに怪しまれちゃうよ・・」

 「うん・・わかってるよ・・」

 「はぁはぁ・・ああん・・あんあんあん・・」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:妹との体験談

【妹と】妹の浮気現場・続き【エッチ】

 妹はゆっくりとKのチンポを咥えフェラしはじめた。

 突然わたしの携帯がけたたましく鳴り響く。 わたしは慌ててその携帯を放り投げ、ベッドの下に潜り込んだ。

 妹たちもびっくりしたのだろう、わたしがいた寝室に来て「なにーこれ兄貴の携帯だよー。びっくりさせるなぁ」と妹が騒ぐ。

 「Y兄さん携帯ここに置き忘れたんだね」 とわたしがここにいることに二人とも気が付かない。



 「ふーっ」とわたしは大きく深呼吸した。 早く二人とも出て行ってくれこんなとこに俺がいるなんてわかったら。

 わたしの願いとは裏腹に二人はベットにのってさっきの続きをしはじめた。



 「びっくりしたね。また舐めて」

 「うん。」

 ベットの下に潜っているのでわからないが妹がまたフェラしはじめた。どこか触られてるらしく、あふあふ言いながら舐めているようだ。

 「・・いれてぇ・・・ねぇ・・」

 「いれてほしい?」

 「うん・・いれて・・はやくぅ・・・・」




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:妹との体験談

【学校で】去年のデッサン会【エッチ】

私が去年デッサン会をした時の体験を書きます。

去年、都内某所、男性のヌードデッサンをしました。

初めて男性のヌードを見ました。

とてもきれいな体で色白で背の高い男性でした。

しかし、驚いたことに包茎でした。

しかも、お尻に蒙湖畔がありました。とても可愛かったです。

人数は男性が三人、女性が私を入れて二人いました。

初めてのモデルだったそうでとても緊張してました。

初めは五分で休憩をしての繰り返し。

慣れてきて十五分で休憩の繰り返しでした。

途中で驚いたことがおきました。

モデルが座るポーズをしててなんとアソコが立ってきたのです。

モデルさんはすごく恥ずかしそうでした。

顔が真っ赤になって耳も真っ赤っかでした。

すると徐々にアソコの皮が剥けてきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年1月27日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【人妻と】ちょっとー!【エッチ】

今年のゴールデンウイークにオレの嫁さんと子供2人(男×2)、

それに嫁さんのアニキ夫婦と子供2人(男・女)の4人で旅行に

行った。道が混むので夜中にクルマを走らせて旅館に向かった。

旅館に着いたのは朝の4時過ぎ。

運転疲れでオレとアニキ(義理)は大浴場に入りたいと言ってみたら、

24時間OKですよ。と言われ喜んでいたら子供も目を覚ましたので

結局みんなで大浴場に向かった。

大浴場は男湯・女湯と当然分かれており、オレとアニキ(義理)とが

2人で男湯に入り、子供4人はまだ小さいのでママさん2人と女湯に

入ることになっていた。

しばらくすると、うちのチビ(男・3歳)の声が壁の向こうで響いている。

それに続けとばかりに残りの3人もキャアキャア騒ぎ出し、随分と

女湯は賑やかな雰囲気のようだ。

オレとアニキ(義理)は交代で運転したせいもあり、ただボーッと湯に浸かっていた。

それでもチビさんたちの大合唱は止まず、パタパタと走る音も聞こえる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年1月26日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】とある中国地方の温泉での話【エッチ】

とある中国地方の温泉での話。

そこの温泉宿は男女別の室内風呂と混浴の露天風呂が二つあった。

あとから知ったんだけどその露天風呂は基本的に混浴なんだけど、中から鍵がかけられて

家族風呂に出来るつくりになっていた。

そうとは知らずにそこの露天風呂に一人で入りにいくと、脱衣所は電気がついてるんだけど

湯船の方がなぜか電気がなく、もうもうとした湯気でほとんど視界がないくらいだった。

そこにほけーっと一人で入っていると、いきなりきゃっきゃっ言いながら、大学生らしき女の子

二人組みが脱衣所の中に入ってくるじゃないですか!

その二人はちらっと湯船の方を見たんだけど、湯気と真っ暗なおかげでまったくこっちに気づ

いていない!僕が脱いだ服も偶然死角になる棚に入れていたせいか、こちらも気づかれていない!

二人は内側から鍵をかけると、リラックスしてぺちゃくちゃしゃべりながら、着ていた浴衣を脱ぎ

はじめました!



向こうからは暗くて見えないのに、こちらからは明かりで煌煌と照らされた脱衣所の中は

ばっちり見えています。ちょうど膝の上くらいからガラス張りになっているので、もう二人の


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年1月25日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【職場で】プール【エッチ】

僕は自分が気になっていた女の子が他の誰かと関係をもったとかその類の話を聞いた瞬間、いつも気分がすごく悪くなって吐きそうになる体質です。何か信じたくない、信じられない、ショックが大きすぎて何もできなくなってしまいます。これから書き込むのは大学生の時の話です。ショックなことがありました。僕は一年中室内で営業しているプールでバイトしているのですが、つい先日に高校生の女の子が一人、新人で入ってきました。2こ下でした。体型はいかにも水泳やってましたって感じの女の子で、超ハイレグは競泳水着がとてもムラムラさせられます。何ヶ月かたったある日の朝早番でした。男子更衣室の使われていないロッカーの中に彼女がいつも着ていた競泳水着がくるまったようになってあるのを見つけました。最初見たとき、男の競パンかなって思ったけど、手にとってびっくりしました。もう一人の朝晩の奴になんでだろうって聞いてみました。嫌な予感がして気持ちの悪い緊張感というか、もしかして・・でもそうであって欲しくない事実を聞かされました。監視中も、その子の噂話とかちらっとほかの奴がしている会話も耳にします。昨日もあの後仕込んだのか? とか、たまったら抜いてもらえるんだろ?とか仕事中気になって仕方がない、手につかないのでいっそのこと仕事をやめてしまいたいです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年1月24日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ