ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】母ちゃんと職人【エッチ】

私が未だ小学3年生ぐらいの時、家に帰ると母親の姿がなかった。居ない事に特に何も思わずランドセルを置くと友達と遊ぶべく家を出ようとした。

仕事場の脇を通り抜けようとした時に、何となく人の気配に気づき足を止め、そっちの方を見てみた、物に見え隠れするのは母親だった。

こんな所で何をしてるんだろう?

私は不思議に思い、母ちゃん!と声を掛けそうになった時に、姿は見えないが男の人の声が聞こえた。

出そうになった声を押し戻し、息を飲んだ。「厭らしい子だねぇ、早く出しちゃいなさい」

母親の声、私は何を言ってるのか理解が出来ないまま、声もかけられず立ち尽くした。

「女将さん!」

「駄目よ!これで終わりなさい」

状況が分からず私は無意識に母親の様子を見ようと場所を替えた。色んな物が立て掛けてある隙間から覗くと母親の行為が最初は理解出来なかったが、次第に状況が私にも呑み込めて来た。

母親の片手は若い職人のズボンから飛び出している性器を握り、しきりに握った手を動かしている、職人は苦し気な表情を浮かべ母親の方に腕を伸ばして来るが母親は、その手を押し返し、ひたすら握った手を動かし続ける。

「あぁ女将さん!出てしまう!」

「厭らしい子!毎日、毎日こんなに硬くして」

手を動かす母親の表情も普段とは別人の様な表情を浮かべていた。「あぁ、女将さんの中で!」

「はぁ、無理よ今日は駄目、あぁ凄い!硬いわ‥」

職人が呻き声を上げるのに合わせるように母親は、もう一方の手を重ねて行った。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年2月8日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】家族連れ【エッチ】

私は先月、とある地方の大型レジャー施設に行ってきました。

ここは大きなプールと数種類の温泉が一度に楽しめるところで、

6月末まで入館料が1日1000円のサービスをやっており、

とても混雑していました。普通は家族連れが多いのですが、

この時期は気軽に父親が娘を連れてくるといったケースも多く、

男湯に女の子が入ってくることも珍しくありません。

その中でも、父親+兄+妹で来た家族のことを書きます。

この父親、来るのが初めてだったらしく、

ここの温泉は水着混浴だと思っていたようです。

最初は3人共水着のままで入ってきましたが、中を見て

「ここは水着を脱ぐんだ」ということになり、

まず父親が脱ぎ二人にも脱ぐように言いました。

中学生と思われる兄のほうは躊躇なく脱いだのですが、

さすがに妹のほうはためらっていました。

多分小学5〜6年生くらいでしょう、水着の上からでも胸が膨らみ


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2015年2月8日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】クラスメートが…2【エッチ】

Yが私に抱きつき、耳に口を寄せて、甘エロボイスで

「俺のチンコ見て興奮した?」

って聞いてきんです。

私は素直に頷きました。

すると

「素直だからご褒美上げるww」

とニヤつきながら言ってきます。

私はYの事が好きだったので、内心凄く嬉しかったんです。

Yは私のブラの中に手を入れて揉み揉みしてきて、

私も思わず声を出してしまいました。

Yは可愛いと言ったかと思うとパンツの中に手を入れてきました。

「もう、こんなにトロトロだよ?ww

さっきもこんなトロトロにしてオナニーしてたの?ww」

と淫乱な言葉を連続して

呟いてきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】22才の女子大生【エッチ】

カミさんの妹が就職活動のため上京。家に泊まっている。

昨日、家のお風呂から出たところで貧血を起こしたらしく

ものすごい音ともにぶっ倒れた。

その音にびっくりしてカミさんが飛んでいったが、意識がなく

動転したカミさんが俺を呼びに来た。

おれも、そりゃ大変!と風呂場に向かったが、当然、全裸の

義妹が倒れている。カミさんは動転して妹の裸を隠すどころで

はなく、「○○ちゃん、○○ちゃん。大丈夫」と声をかけて

いる。22才の女子大生の裸を目の前にして呆然とする俺。

よくよく考えると間抜けだが、実際、そういう場になると、

何をしていいかわからない。

義妹はすぐ意識を取り戻し、結局、たいしたこともなかった。

俺はすばやく退散したので、義妹は俺に裸をさらしたことは気づいていないようす。

あとでカミさんに、小声で「見たでしょ」と睨まれたが、

当然、そりゃしょうがないでしょって・・・。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年1月25日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】罪悪感と美味しい思い【エッチ】

俺は、走り屋だ。ドリフトの練習で、朝早くに峠に行く。道が空いてるからだ。ある夏の朝、峠を攻めて、帰宅途中に、

何だ?何かが目にチラって、入った。車をバックさせて良く見ると、人が丸まってる様だ。車を降りて、近づくと、全裸で、泥まみれの女の子だ。ピンときた。

輪わされて、捨てられたんだな。

車に戻り、トランクから、タオルケットを取りだし。女の子に巻き付け、優しい言葉をかけて、車に乗せた嫌がるかとも、思ったが、この状況じゃぁ、選択肢は乗るしかないよな。君の名前は、

無言だ。下だけで良いよ。ルリ子、家まで送るね。

小声で、親がいるし。だよね(苦笑)俺の家に来る?

えっ!!、風呂入ったほうが良いし、服もあるからさ。うん。帰宅したが通勤時間だったから、先に部屋に戻り、スエットを、渡し、風呂に入れ簡単な朝食を用意した。満腹感と体が清潔になったので、安心したのか、俺の胸で泣き出した。しばらく胸を貸したら。抱いてって、そんなつもりで助けた訳じゃぁ。汚い私じゃ嫌(泣顔)そんな事ないよ。じゃぁ遠慮なくと。いただきました。

ルリ子は、綺麗にして、あなたが、綺麗にしてって、言いながら、抱かれた。

夏の間、車には、特大のタオルケットとスエットを、常備した。

かなり役にたった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2015年1月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】至福のホームレス【エッチ】

今朝、福岡の中洲でホスト帰りと思わしき綺麗系のキャバ嬢風の女の子が泥酔して荒れてました

荒れていた原因はお気に入りのホスト君に冷たくあしらわれたみたいで携帯で友達に何やら愚痴ってました

フラフラと千鳥足で泣いたり声を荒げたりしながら

あるビルの一画に辿り着き、わりかし人目に付かない所にへたり込みました

着ていたデニムのミニから太股はおろかお尻が半分くらいはみ出し頭はもたげたまま携帯で延々と喋ってます

やがて静かになったと思ったらゲロを吐き出して後ろに回り込むと

赤いTバックからマ〇毛と肛門が半分くらい見えているのが確認出来ました

ゲロを吐く嗚咽を繰り返す度に肛門の皺がヒクヒクと伸縮していて触りたい衝動に駆立てられましたが

零細企業に務める自分は出勤前に厄介事は避けたいので

ぐっと堪えて善人を装い介抱する為、とりあえず水かお茶でも飲ませようと思い自販機を見付けましたが

小銭を持っておらず、おまけに入れた千円札も何度も戻ってきます

仕方なくコンビニで水を買って女の子がうずくまっていたビルに戻る時に

ホームレスのおっさん二人がニヤニヤというより恍惚としながら女の子がいるビルの方から出て来ました

おっさんの片割れが手を相方のおっさんに嗅がせてましたので悪い予感はしたのですが

案の定、女の子に近付くと、たぶんさっきのホームレスにパンツを横にズラされていて


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2015年1月5日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】母親が外国人教師とできてた【エッチ】

1月の冬季合宿から帰ってくると、母親が学校の外国人英語教師ミーズゥ(仮)とセックスしているのを目撃してしまいました。

そのとき、既に自分には彼女がいて、セックスも経験していましたが何かまったく別なものを見ているような感覚でした。

ミーズゥのあそこは、AVでしか見たことも無いような大きさでした。

その大きさと外国人の溢れるスタミナで母はメロメロでした。俺が帰ってきたことに気づかないほど熱中していたのです。

母は生まれたままの姿でダイニングの机の上で四つん這いになり、ミーズゥのものを受け入れていました。

母の結合部からはバチュッ!バチュゥッ!といういやらしい音とともに、くぐもった嗚咽が漏れてきました。

「ミカコサン、ほんとにスバラシイネ。こんなキモチイイのはじめてデスヨ」

と片言の日本語で母に話しかけながらも、母の乳房を弄び、大きなチンポで蹂躙していました。

「あぁぁ、あなたも素敵よ。こんな立派なチンポ私も始めてよ。」

二人はドロドロと溶け合うチョコレートのようにお互いのものを求め合い、2〜3時間ほどその行為を繰り返していました。

二人のセックスはとても興奮しました。

翌日学校に行き、ミーズゥに目撃したことを話すと顔面蒼白になり、泣きつくように黙っていてくれといってきました。そこで、俺は名案を思いつき、ミーズゥに母を誘って3泊4日の温泉旅行に行くことを進めました。

まぁ、当然二人はセックスをするのだからそれをビデオに撮ってあとで見せることを条件に母と付き合ってもいいと認めました。

ミーズゥは渋々了解して、先日から母と温泉旅行に行っています。

今日帰ってきて、明日約束の物を受け取りに行って来ます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2015年1月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】大好きな女の子が他の男子と・・・ (修学旅行での体験談)【エッチ】

私の高校の時の悲しい体験を聞いてください。

いや、勝手にお話させていただきます。

もう昔の話です。

私が高校2年生の時のことですが、

当時私にはとても好きな女の子がいました。

同じクラスの美咲(仮名)ちゃん。

スラッとしたスタイルと、

面長にパッチリとした目、スッとした鼻、

薄いんだけどいつもニッコリと口角が上がった口。

美人と可愛いの間をいく感じ(?)でした。

ベタですが、軟式テニス部に所属していて、

小麦色に焼けていました。

何よりも性格が明るく、

クラスの女子の中でも中心的な存在で、

結構モテていたのを覚えています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ベンチが空いてラッキー【エッチ】

健康ランドの自販機で、いつもの飲み物を買った。

座ってゆっくり飲みたかったが、その日は混んでた。

むこうのベンチの男性が2人、急に立ってどこかに行った。

ラッキー、急いで座った。

その瞬間、なにか見慣れない物が目にはいった。

‥‥2、3秒くらいで、やっとわかった‥‥

正面のベンチで寝てる女性の、下半身が丸みえだった。

肉付きのいい中年女性だった。

こちらに足を向けて、片膝を立てたまま眠りこんで、

館内用ムームーの裾が、腰までめくれ上がってた。

陰毛の下の浅黒いわれめが閉じて、縦のすじになってた。

どこかの爺さんが近づいてきて、無遠慮にじっと見下ろしてた。

女性スタッフがすぐに飛んできて、

裾を直して、その女性をゆり起こした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月20日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ダメな接客、ダメな客part74より。【エッチ】

<>164 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2011/06/04(土) 13:47:20.90 ID:pEqtx+6/<>

ノートPCコーナーでまだスペックとか見る前に女店員が話しかけてきたから

「これsandy bridgeのやつ?」

って聞いたらちょっと考えたあと

「いえサンディーはあちらです」

って言って3DのPCコーナーに連れて行かれた

コイツ3Dのことサンディーって言ってるよwwwって感じでニヤニヤしやがって


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
3 / 2912345...1020...最後 »

このページの先頭へ