ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】母の診察【エッチ】

昔、中学の時に、母と一緒に診療所で診察を受け、母が浣腸をしたのを思い出します。その時、母は、35歳。

あれから、33年が経ちます。今、母は、68歳、感染症による膣炎なんです。

先日、自分も一緒に病院へ行きました。婦人科です。

先生の話によると、性による感染症と言われました。母が、最近SEXしたと言う事です。その相手は、自分なんです。

先生にも、その事を言いました。膣内への射精はしていない事も。

 そして、診察です。母は、下半身裸になり、内診台に乗りました。膣内の洗浄を受け、クスコを入れ診察です。膣炎は、

薬で治るそうです。

それに、母が、下腹部の痛みを言いました。先生は、「お腹のほうですね。」

お腹も、診察してもらったら、便秘していたのです。

先生から、「便出しますね。」と一言です。看護婦さんが、用意したのが、ディポス150の浣腸でした。

母を、ベットに寝させ、先生の指が、肛門の中に入れられ、抜くと、すぐ浣腸の注入でした。

暫く、我慢して、トイレへ行きましたが、中に入っていたのです。トイレは、男女1個ずつしか無かったのです。

我慢できない母を見た、看護婦さんが、裏口から母を連れ出したのです。裏口で、排便させたのです。看護婦さんも

そばに居ました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年10月18日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】妻の悩ましい顔がみたくて【エッチ】

去年の夏の話。

私40歳、と妻38歳は車で九州に旅行に行こうと、神戸からフェリーに乗ったのです。

それがそもそもの間違いでした。ところで妻は、男性経験は私ひとりであり、

テレビのラブシーンも消してしまうような堅物で貞淑な女性です。それでもこんなことが

起きてしまい、驚きつつ妻の一面を知り今でも思い出しては興奮します。

妻の性のドロドロした深さを知ったものです。

ところで妻の容姿ですが、子供が出来ない為か、スレンダーで髪も長く

よく20代に見られて、色んな友人からも

「おまえの奥さんはいいな。

美人ですごく色気があって。一度、デートしたいなあ。」

と同じようなことをよく言われます。そういうことを聞いても、妻は笑って相手にしません。

それなのに・・・・

さて夜から乗り朝早くには九州に着くのですが、2等しか取れず、

しかも車に乗っての乗船だったので先に歩いて乗って来た人たちで一杯でした。

何とか隅のほうをキープしたものの、トラックの運転手さんたちの溜まり場になっていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年10月16日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】コインランドリーは妻の浮気?現場【エッチ】

♪:ゴゴゴ・・・

♪:あら、故障?

♪:パパぁ~、ちょっと来て

♪:どうしたんだよ。

妻に呼ばれ脱衣場へ向かう。

♪:洗濯機壊れちゃったみたいなの?

♪:どれどれ・・・確かに駄目みたいだな!

♪:このまま出来ないし・・・コイナランドリーに行って来るわ!

♪:こんな時間に!

♪:大丈夫、空いているから直ぐに終わるわ

私:36歳 妻:35歳 子供:中学1年/小学6年

共働きで、洗濯はいつも夜10時以降に風呂に入りながら妻が洗うのが日課だ。

♪:じゃ、ちょっと行って来るね

♪:そんな格好で行くのか?     ※タオル時のワンピース姿!!!まぁパジャマだけど

♪:誰も居ないんだし・・・良いんじゃない


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年10月15日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】アニキの友人【エッチ】

そのコーチは、アニキの古い友人だった。

アニキとコーチの話を、おれは横で聞いていた。

専門的な、難しい話だった。

格闘技に必要な柔軟性とか、筋肉の構造とか、

トレーニングの工夫とか、

アニキには分かるらしいが、おれはだめだった。

飽きてきた。

向いに座ってた2人の女子選手も話がわかるようだった。

目が鋭くて、みるからにスポーツウーマンだった。

コーチが「見せてやれよ」と言った。

2人は立って、ジャージを無造作に脱いで、下着だけになった。

アニキが、おいおい、いいよ遠慮するよ、と言った。

何が始まるんだろうと思った瞬間、きつい目で睨み返された。

2人ともブラを取って、

ショーツも、めくり下ろして片足立ちではずして、床に置いた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年10月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】老人ホームの妻【エッチ】

私は、老人ホームを経営しています。と言っても現在入っいる人は7人で、MAXでも10人が精一杯な小さな所です。

従業員も私の他に、妻とパート従業員(男2人)で何とかやっている状況です。

結婚5年になりますが、仕事も忙しく子供はいません。元々、妻の親が経営していたのですが、突然亡くなり私が

引き継ぐ形となったのです。

(私32歳・妻30歳・パート男25歳と27歳)

老人ホームと言うのは、非常に大変な所で、24時間体制で仕事をします。

現在は7人入居していているのですが、幸いな事にみなさん若い(65歳~75歳で、みんな男)く特に手が掛りません。

だから、夜はほとんど妻が専属で仕事に付いていて、たまに俺が変わります。

日中は若いパートの方で、補ってもらい、他の時間はほとんど、私達夫婦でカバーしています。

今は、入居者が若く手が掛らないので、これでも十分対応出来たのです。私達も、忙しくなったら従業員を増やす

計画でした。

 その日は、私が夜勤を担当する日で、夜中見回りをしていると暗闇で突然抱きつかれました。”はぁっ!どうしました?”

と老人(仮名:新さん)に聞くと、”あ・間違!・何でもないよ!寝ぼけたのかな?”と言い部屋に戻っていきました。

”どうしたんだろう!新さんボケていない筈なのに?”そう思ったのですが、数時間して今度は別(仮名:栄さん)の

部屋に入ると、お尻を触られ”どうした栄さん”と言うとビックリした形相で”何でもない!”と言うのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】嫁のひそかな失態【エッチ】

嫁は32才になる。

子供もいないのに30過ぎたあたりから夜の営みも理由をつけてはスルーされることが多くなった。

この土日に我々夫婦と友達夫婦二組、合計6人で温泉旅行に行った。

土曜の夜は温泉に入った後にみんなで一部屋に集まって飲むことになった。

こうなると酒も進み話題はやはり下ネタになった。

俺達二人はそんなに得意な方ではないので適当に話を合わせている感じだった。

しばらくすると昔からやんちゃだった一組の夫婦の奥さんが

自分の旦那のあそこは大きくはないけどめちゃめちゃ硬いと言い始めた。

そして俺の嫁にパンツの上からなら触って確かめていいよと言ってきた。

嫁はいいってと断っていたが旦那の方もノリノリで

もうボクサーブリーフ一枚になって嫁の横にやってきて俺にもいいよなと聞いてきた。

俺はせっかく盛り上がっている雰囲気もあったのでそれ以上脱がないならいいんじゃないと答えた。

すると奥さんは嫁にいつもやってるみたいに旦那にもしてあげてといやらしく言ってきた。

嫁も堪忍したらしく触るだけよと言って男の正面に座って下から撫でるように触りはじめた。

途中男にはそのままパンツおろして口でしてくれてもいいよとか


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】信用したことが・・【エッチ】

妻と大学に受かったため、隣県で過ごしている娘に会いに行きました。

車で二時間かけて、娘の住むマンションへ着き、久し振りの家族で、ドライブがてらに森林公園に行く途中に事は起きました。

山道を運転してると、急にパンクしてしまい、左端の広い所に寄りました。

タイヤ交換しようにも、ナットが固くて回りません。業者に連絡しようにも、携帯は圏外です。

困っていると、二台のワンボックスが私の前に止まり、助かったと思いました。

50代くらいの優しそうな男二人が出て来て、パンク修理してくれるとの事でした。

修理の間、男の車に、「妻と娘に乗ってなさい」と言われ、甘えて乗る様に言いました。その時、娘がトイレに行きたいと言い出し、男が、トイレまで連れて行ってあげると言われ、何から何まで甘えました。

娘だけでは、不安なので、妻も行くことになり、三人で行きました。

男は、二人になると、「さっきの車に道具がのってた。取って来るから待っててくれ」

と言うと、出て行きました。

あとになれば、トイレだけだから、すぐ戻って来るのに、と思いますが、その時は、親切な人なので、何も疑ってませんでした。

それから、10分たっても、帰って来きませんでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年9月30日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】同僚が、、、、、、【エッチ】

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くなる。ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中をうかが伺う。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ、時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「ひっ」と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。

この状況に私はひどく興奮していた。自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・ 確かに妻の肉体は敏感なほうだ。私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。

さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。

仕事も出来るし信頼も厚いのだが、女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。

そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。一たまりもあるまい・・ 同僚が顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。びくっと妻は身体をのけぞらせる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月29日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】1/3の年齢の子に負けた【エッチ】

自分は真性包茎です。でもそんな事33年間、些細な事と気にも留めていなかったのですが、先日、仕事先から直帰りを許され何時もよりも早い時間帯に銭湯に行く事が出来たのですが…そこで驚くモノを目撃した…小学生高学年位の子のチンチンが完全な剥けチンだった!しかもその子の平常時のサイズが自分の勃起したサイズと遜色が無かった。この時初めて自分のチンチンを“恥ずかしモノ”と認識した。その事を自覚した時、入浴客がいる浴場で勃起してしまい慌てて勃起してしまったチンチンを隠す様に身体を洗った。身体を洗いながら勃起したチンチンが静まるのを待っていると剥けチン少年とその友達の会話から彼らが小学五年生と知る。自分のチンチンは1/3のしか生きていない子供に劣っている事を知り恥ずかしくて堪らなくなり湯船に浸かる事無く銭湯を後にした。童貞歴33年…下手したら件の少年の方が先に童貞喪失するので?っと色々と危機感を覚え包茎手術やソープランドのサイトで色々調べています。…ソープは別としても包茎手術だけでも真剣に考えた方が良いのでしょうか。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年9月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】ハイエナの住む街【エッチ】

私は、33歳になる独身サラリーマン。

今まで、女性にも恵まれずチェリーボーイ。

駅前のベンチで、本を読みながら行き交う女性を物色しながら暇を潰している。

まぁ世言う、気持ち悪い中年男性と言う感じです。

数年前の出来事を書きます。

平日の昼間、私は仕事も休みで駅前のベンチで本を読んでいた。(まぁ女性を見ていたんだが)

すると、某高校(当時、かなり有名な不良学校)の生徒が5人現れ駅の出口にたむろっていたんです。

見るからにガラが悪く、関わりたくない感じでした。

彼らは人目を気にする事無く煙草を吸い、その辺に吸い殻を投げると言う常識知らずの行為を繰り返していました。

もちろん、行き交う人は皆関わりを持ちたくないので、見て見ぬフリで素通りして行きました。

ちょっと、若い女性が通ると”姉ちゃん!遊ばない!!”と声を掛けていました。

彼らが、来てから30分が経とうとした時です。駅のホームから30代の綺麗な女性が歩いて来るのが、

見えました。たぶん主婦と言った感じで、私好みの女性でした。

女性は、彼らに気づくと遠ざける様に、歩いて自転車置き場の方へ向かったのです。

男達の中で、一番番長っぽい男が何か喋ると、男達は立ち上がり女性の後を追いかける様に歩いて行きました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年9月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ