ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【乱交・王様ゲームで】近所の夫婦と夫婦交換【エッチ】

私35歳 妻33歳 子供なし私の妻は、結婚前に2~3人の男と付き合いが有り処女ではありませんでした。セックスも、それなりのテクニックもあり夫婦生活も上手く行っています。

(2番目の彼氏にはプチSMやアナルも開発されたと妻から告白されました)この間の日曜日、妻が仲の良い近所の夫婦と、今度の土曜日に私たちの家で焼き肉パーティーをしたいと妻が言いました。私はそこの奥さんの姿を見ると、奥さんを頭の上から足の先まで食い入る様に見て

「こんな女と一発できたら幸せだな…それにあの尻たまらないな~]いつも目で犯していました。妻「あなた、聞いているの」

私「ああ~そうだね いつも奥さんにお世話になっているお礼もしなくてはね」

妻「え~何いつものて?」

私「いや いつもお前がお世話になっているからだよ」と私が言うと、

妻「OKね じゃ後で奥さんに言いに行くからね」そして、土曜日になり招待した時間にご主人と奥さんが来られました。私はご主人とは、挨拶する程度のお付き合いしかしてません。妻と奥さんは親友同士で、ショッピングとか食事によく行く仲です。妻「あなた 私と奥さんで支度するからご主人のお相手してくださいね。それとお世話になっているからお礼も言ってくださいよ」言ったので

私「いつも家内が奥さんにお世話になっています」とお礼の言葉を言いました。

すると、ご主人は、「いいえ、こちらこそ奥さんには色々とお世話になっています」と

ニャッとした顔で挨拶されました。私はその時のご主人の言った言葉が気になりましたがすぐに忘れてしまいました。その時妻が「パーティーの用意ができましたよ」と言ったので庭の方に移動しました。ご主人は「凄いご馳走ですね!家ではこんなお肉食べれませんよ」と言い椅子に座りました。私はご主人にビールを進め、2時間ぐらい世間話しをしました。妻も奥さんもビールがまわり4人で次第にHな話になり盛り上がってきた時、

ご主人が「旦那さんいい奥さんですね、いつもこんな綺麗でセクシーな奥さんを抱けるなんてうらやましいですよ」と言われました。私も「いや~旦那さんの奥さんもセクシーで魅力的で、それにあのお尻なんか最高ですよ。家内とは大違いですよ」と言いました。妻たちは「二人で何こそこそ話ししいてるの?私たちに聞かれたらまずいことなの」すると

ご主人は妻に「こんないい体の奥さんを抱ける旦那さんさんがうらやましいです」と奥さんの前で妻に言いました。すると奥さんは「あなた、どうせ私の体は奥さんと比べたら月とスッポンね」私も「どうして 奥さんの体もセクシーで私好みですよ。できたらお相手したいくらいです」

妻は「何言ってるの奥さんが困っているじゃ無いですか」

ご主人が「それじゃ 旦那さんに抱いてもらったら」

妻「ご冗談でしょう そんなこと出来るわけないでしょう…ねえ奥さん」と言いました。4人ともその場で笑いました。でも4人の頭の中の考えは同じだったと思います。それからの展開は4人の…いや私を除いた3人の筋書き通りに運んで行きました。知らぬは私だけ…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エッチ実話カテゴリー:乱交・王様ゲームでの体験談

【友達と】混浴温泉で全裸オープン【エッチ】

だいぶ前のことだが、親友のA子、私、それと付き合っていた男性2人と、混浴の大ジャングル温泉に行った。今はその温泉、混浴ではなくなったと聞いたがそれから行ってないのでよくは知らない。私とA子は普通のタオルを腰に巻いて横で結び、両腕で胸を隠しながら多くの湯船をまわった。湯に入る時と、お湯が流れている滑り台があり、滑ってみた。急な傾斜ではなかったが、バランスを崩し、へんな格好になり、タオルが外れてお乳もヘアもまるだしになって下に滑り降りた。A子が「なまじ隠そうとするからいけないのよ。はじめから隠さなければいいのよ」と言ってタオルを私に渡し、スッポンポンで滑り台の上に上り、そのまま滑ってきた。私も連れ合いの男性にタオルを渡し、同じようにお乳もヘアも丸出しで滑ってみた。連れ合いの男性はタオルを腰に着けたまま上手に滑っていた。私とA子二人がスッポンポンで何度も滑るのを楽しんでいたらいつの間にか大勢の男性が集まってきた。私達の連れ合いの男性は照れくさくまた恥ずかしくなったのか、少し離れた所に立って見ていた。私とA子も他の多くの男性に見詰められ、また小中学生のような子供も混じっていたのでこれはいけないと思い、滑るのをやめた。タオルは連れ合いの男性に渡してあった。集まってきた男性の前を、何も隠さず全裸オープンで、連れ合いのところまでゆっくり歩いて、タオルを受け取り腰に巻いた。滑っている時のみでなく、連れの男性の所へ行く間も大勢の男の人に私達の全裸ヘアヌードを観賞させてしまった。男性にヌードを見られるのは恥ずかしいけれどいやではなくちょっと楽しいと思った。この連れの男性が私達の今の夫で、今も混浴仲間で、4人であちこちの混浴温泉めぐりをしている。ヘアをちらりと見せたときの男性客の反応が面白い。でも湯からあがる時は何も隠さないスッポンポンの全裸ヘアヌードをお見せしている。私は混浴温泉で他の男子のおちんちんを見ることにはあまり興味が無いが、A子は他の男性のおちんちんを見るのも好きだそうだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2015年1月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】どすけべコスプレイヤー調教。【エッチ】

昨日は火曜日でとても晴れたいい天気だった。。仕事の関係もあり、コスプレイヤーさんと知り合う機会が多いので

良く言われるような偏見はない。。逆に素敵な自己表現の方法だなと思う。。自分の好きなアニメやゲームの衣装を着て、普段とは違う自分になることで

本当の自分を表現できたり、キャラクターになりきってその世界観の住人になったり。。それにとてもいいストレスの発散の仕方だと思う。。私の場合はコスはしないが以前付き合ってた彼女はレイヤーをしていたので

その心理や気持ちは良く分かる。。

いろいろとお金もかかるということも…ね(^^;話は逸れたが、今日は何人かのレイヤーさんから撮影会やイベの誘いがあったが

残念なことに仕事の関係で行くことが出来なかった。。久しぶりに会う女性もいたので無理してでも行きたかったが、こればっかりはどうしようもない。。まぁ、いい機会なので少しレイヤーさんのことを書こうと思う以前付き合ってた彼女もそうだが、レイヤーさんは見られたい、見て欲しいという願望が強い。。

撮影会でも少しきわどい写真を撮ることもあるし、実際カメコの方からポーズ要求があれば割と受けてくれる。。そのため、カラダの関係になってもその性格や希望することはコスしてる時とあまり変わらない。。コスしてHしたいというのは勿論のこと、撮影会では見せないいやらしい自分を撮影して欲しいとか、中にはコスしてキャラになりきって陵辱調教されたいというコもいる。。可愛い服を着た自分を汚されたい、辱しめて欲しい…そんな願望のあるレイヤーさんはとても可愛い。。

続きと写真はこっちで・・・http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?id=69jj&cn=9&_cus=mgp2k3調教部屋はこっち

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=918歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】W不倫の果て⑨もう止らない・・・【エッチ】

祥子と二人で待ち合わせ場所に行くと、可愛らしい男の子がいました。

高校一年生・・・中学を出たばかりです。

私は少し良心が痛みましたが、おどおどして満足に会話も出来ない子を、祥子がどのように弄ぶのか見たい気持が勝っていました。

車に乗せ三人でホテルに直行、その子にとってラブホテルに入る事さえも初体験です。

”ねえ、二人でシャワー浴びてきていい?”

言うが早いか祥子はその子の手を取り”おいで!”と言って風呂場に行きます。

私は手持ち無沙汰なのでアダルトビデオを見ていましたが、祥子とその子はなかなか出てきません。

30分ほど過ぎてからでしょうか、その子の手を引きながら祥子が出て来ました。

“もう、一回抜いちゃった!”悪魔的な微笑で浮かべる祥子。

二人一緒にシャワーを浴び、ボデイソープで体を洗ってあげるとビンビンに起って来たそうで、

カリを包む皮を剥き、綺麗に洗ってからフェラすると、呆気なく祥子の口の中で果てたとの事でした。

”青臭くて一杯で、美味しかったよォ!”

”じゅん君、ベットにおいで!”

その子の名前はじゅん君、祥子はじゅん君をベットに仰向けに寝かせると、じゅん君に軽いキス、

やがて祥子の舌はじゅん君の口を割り中に入っていきます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】中2男の子【エッチ】

【寝取られ】ナンパ成功~友達のセックス~ 寝取られ【体験談】

友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。

それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、

部屋が一つしか空いてなかった。

そこでその部屋を借りて4人で入ることに。

俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし

友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。

実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。

デカいし上手いって。

4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。

俺の相手がリカでY雄がアキ。

シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。

シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。

アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、

Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。

アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月8日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【友達と】勿体無いほど美形の人妻 変貌【エッチ】

その頃からS子は変わって行きました。相互観賞クラブの事をS子が知ったのは“裏モノジャパン”と言う雑誌です。マンションの一室などにカップルで集まり、お互いのSEXを見せ合いながら楽しむ・・・確かに刺激的です。その頃はネットもなく調べる手段がありませんでした。昼食を外食で済ませていたとき、スポーツ新聞のアダルトコーナーのコラムに目が留まりました。相互観賞クラブの宣伝が乗っていたのです。

私たちの住む町から50キロほど離れた隣県の県庁所在地。

さっそく電話してみると着信音はなりますが、誰も出ません。

夜八時を過ぎ、もう一度かけてみると若そうな男性が出ました。

とりあえずシステムなど詳しい説明を聞いてみます。市街地のマンションの一室。

利用料金はカップルで5000円。

その男性はマンションのオーナー。とりあえず見るだけでも構いませんので来てみませんか?とのこと。“参加するかどうかは自由です”というオーナーの言葉に少し気が楽になりました。翌日S子に話してみると否やは有りません。

夕食を軽目で済ませ、夜九時にマンションを訪問しました。チャイムを鳴らすとドアが開き、部屋の中は真っ暗です。〝すみません、カップルさんたちがプレーしてますので静かに願います”との事。〝料金は後で構いませんのでこちらでシャワーを使って下さい。”とバスタオルとガウンを二枚渡されました。S子とシャワーを浴び、ドアを開けて隣の部屋に入ると女性の喘ぎ声が聞こえてきました。居間の隣室12畳ほどの部屋に真っ赤なカーペットが敷かれ、ライトは下品なくらいのピンク。その明りに照らされて45歳ほどの男性が一人、30歳前後の女性が一人に25歳ほどの女性が二人絡み合っています。4人とも全裸でした。男にとっては天国みたいな景色です。男性は25歳くらいの女性にフェラをさせ、四つん這いになった30歳女性のオマンコに指を出し入れしています。

喘ぎ声はその女性でした。30歳女性は、もう一人の25歳女性のオマンコを舐めています。私とS子はライトを消したリビングの椅子に座り、まるでAVの世界みたいな目の前の光景を、呆気にとられながら見ていました。

〝彼女さんおきれいですね。”オーナーが缶ビールや缶ジュースをテーブルの上に置きながら声をかけてきました。〝すみません、まだ時間が早いのか今夜は一カップルしかいらっしゃっていません。”私が25歳くらいの女性2人の事を尋ねると〝自分の女達です”と・・・〝参加も自由ですよ。ただ一つだけルールがあります。相手の了解を得ることです。”〝ゆっくり過ごされて下さいね。”オーナーはそういうと、リビングに隣接する台所の椅子に腰かけ、目の前のプレーを見学していました。

大画面のテレビでは無修正のアダルト映像が流れていましたが、目の前の光景は現実です。隣のS子に目をやると、S子の目は現実のいやらしい光景にクギ付け。

既に目も潤んでいます。

ビンビンにそそり立つチンポを〝グチャグチャ”音を立てながら夢中でしゃぶる女性。

オマンコをグチャグチャ言わせながらオマンコを舐める30歳・・・S子が私の肩にしな垂れかかってきました。

横目で見るとガウンの中に左手を入れ、自分で胸を弄りながら右手ではクリを・・・私がガウンの中に手を入れオマンコをチェックすると、驚くほどに濡れていました。既に息も荒くなっています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年9月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】勿体無いほど美形の人妻 童貞狩り【エッチ】

私とS子は相互観賞クラブにも飽きました。来店するメンバーの中には不快な方も居ますし・・・

ある日S子が言い出します。

〝童貞とHしてみたい・・・”確かに面白いかも・・・そう思いましたが、童貞なんてどうやって探すかな?です。

そこでS子と私が知り合うきっかけになったツーショットと伝言ダイヤルを使う事にしました。

こんなこと書くのは気が引けますが、狙うのは高校生の男子でした。出来れば18歳未満・・・法律違反です。その頃の出会い系は年齢確認など無く、男はお金さえ払えば誰でも利用できます。S子は毎日のように伝言とツーショットに掛けまくります。

一月くらいたったある日、〝候補者が決まったよ。”とS子。

一人は専門学校の生徒で17歳、もう一人は公立高校生の16歳でした。

私とS子は日曜日の午前中と午後に分け、彼らを面接(?)することに・・・。指定のマックに来た高校生16歳M君。

あどけない顔をして話もろくにできません。〝したい?”とS子が聞きました。

〝・・・・ハイ・・・”俯いて蚊の鳴くような声で返事する彼。〝今からでも大丈夫?”とS子。〝ハイ・・・大丈夫です。”午後からの面接はどうするのか?と聞きましたが〝ドタキャンでいいやん!”と・・・

私達は車に乗り込みそのままラブホへ直行しました。

M君にとっては初めてのラブホ・・・緊張してカチコチになっています。

S子は気分が高揚しているのか、少し紅潮していました。

〝S子、お前がリードしてやらないと・・・”

〝うん!分かった!”


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月2日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】山奥にある小さな温泉にて【エッチ】

私は、山奥にある小さな温泉に来ていました。

ここは、休日でも貸切状態なんてことがしょっちゅうあります。

そんな状態を今日も楽しんでいると、ガララララ…と扉が開き、一人入ってきました。

オッサンでした。タオルを持たず、ブラブラと大きなちんぽを揺らし、洗い場へ。

まあこんなとこ来るのなんてオッサンだけですよねーとなりながらくつろいでいると…

ガララララ…とまた扉が。中高生と思われる若い子が入ってきました。

こちらもタオルを持たず。身長と不釣合いなプルプルと小さなちんちんを揺らし、先程入ってきたオッサンのところへ。

若い子が「お父さん、先入っておくよ。」と言うと、オッサンが頷いた。どうやら父親と息子だったようだ。

そのとき両足でちんちんを挟んで話すのを見た。父親に見られたくないからだろう。

彼がいくつか気になった。中学生に見えないし、大学生にも見えない。高校生くらい…かな?

彼はかけ湯をし、急いで私の入っている風呂に浸かってきました。

毛もしっかり生えてる。けどアソコはまだ幼い。ん~気になる!私はとうとう聞きました。

「ボク、何歳?高校生?」

あ、遅くなったけど言っておくね。私は30過ぎたオッサンだから。

「あ、高1です」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年8月31日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】今までにない興奮【エッチ】

先日このサイトで知り合ったTさん(37歳)と鑑賞だけという約束で大阪府内某ホテルでお会いしました。

その日の妻は朝から緊張ぎみで(私も)口数も少なめでしたが、念入りに化粧をして下着も新しい物を着けていました。

「絶対にみられるだけだからね」と何度も私に言うので

「分かってるよ、ただTさんは俺たちのSEXをみながらオナニーをさして欲しいといってたよ、それぐらいいいだろ?」

「いいけど‥‥」

ホテルには私たちが先にチェックインしてプレイ中にTさんが部屋に入ってくる段取りになっています。

いつTさんが入ってきたか妻に分からないように部屋の中では音楽を大きめの音量で流し、照明も暗めにしています。

早速部屋に入り妻を落ち着かせながら私は唇を重ねると、妻はいつもより激しく舌を絡ませてきます。

愛撫をしながら服を脱がしブラをはずしてパンティー1枚の姿にして乳首を舐めているとドアの方向からかすかに「カチッ」という音が聞こえました。

Tさんが入ってきたのでしょう。妻は気づいた様子はありません。

私は裸になり妻の口元に完全に勃起したペニスをもっていきました。

今までにない興奮を感じており先走り汁がしたたってましたが妻は丁寧に舐め取り唇をかぶせて来ました。

その時、音を立てながら激しくピストンする妻の後方(応接セット)の椅子に全裸で腰掛けているTさんが目に入りました。

軽くお互いにおじぎをして挨拶を交わすと‘いよいよ’という感じです。

Tさんは妻の体を舐め回すように眺めており、見えやすいように私は照明を少し明るくしました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年8月20日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ