ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】誰もいないと思って【体験談】

誰もいないと思って、妻が独り言を言っていました

田舎なので、誰にも聞こえないと思ったのでしょう

そこそこ大きな声でした

私は、営業で近くをまわっていたので、お昼でもと思って帰っていました

少し離れた部屋で横になっていると、何か言っている妻の声が聞こえてきました

「私、毎日T君と会ってたわよ」

「ええ、あなたの言うとおり毎日逢っていました」

「あなたなんかと違って、私のことを理解してくれたわ」

「いろんなことを聞いてもらったお礼に、オマンコを見せてあげたら喜んでくれたわ」

「Tちゃんのオマンコきれいだねって、いってくれたわ」

「見せてあげていたら、いっぱい濡れてきて、気が遠くなるくらいの快感に襲われたわよ」

「毎日毎日彼にいっぱい見てもらったわよ」

「会社でも、立ってお尻を突き出して、いっぱいついてもらったわ」

「いっぱい感じて、中にいっぱい出してって言ったの」

「あなたのじゃ感じないくらいに、いっぱい出してもらったの」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ



2014年9月1日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】自分が寝ている間に彼女が・・・【体験談】

僕が高校生の時、付き合っていた彼女のせいで女性恐怖症プラス、変態になってしまいました。

僕が17の時、初めて彼女ができました。名前はユウカ(仮名)といいます。

同じ高校でクラスも同じ、僕の方から告白し付き合うことになりました。

ユウカは顔も整っており、スタイルも抜群でした。そんな彼女ができたことを当時は自分でも信じられないくらいです。

しかし、ユウカは気が強くとてもわがままでした。反対に僕は、言いたいことを口にできないようなおとなしい性格です。

付き合いはじめの1ヶ月くらいは、お互い慣れていないこともあり、気を使い合っていたのですが、そのうちユウカはどんどん本性を現して

きました。僕は完全にユウカの尻に引かれておりました。

ユウカは自分の機嫌が悪いときは、僕のことを完全無視、逆にテストの勉強などで僕が忙しいときでも、自分の気が乗っているときは、全く

遠慮せずに強引に遊びに連れて行かれたりしていました。

ユウカは僕が初めての人ではなく、男性経験もそれなりに豊富でした。

そのせいか、ユウカは僕とのセックスには不満だったようです。最初はもちろん何も言われなかったのですが、回数を重ねるうちに不満を口

に出すようになりました。

「K(自分)って早いよね」とか、「前の人としたときはもっと気持ちよかった」など、自分にとってはひどく傷つくようなことも、平然と

言い放ちます。

たしかに、僕は早漏だし、セックスの経験もなかったので何も言い返せませんでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月31日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】風俗関係はスレ違い?【体験談】

あんまり文才ないし、2年近く前の話だからうろ覚えで皆みたいに上手く書けないけど・・・彼女スペックは

21歳

身長156

バスト85(C)

ウエスト56

ヒップ86少し茶髪の可愛い系でしょこたんに少し似てる感じ。出会からしてすでに風俗なんだけどw

仕事仲間と打ち上げでデリヘル呼ぼうぜ!ってなったから携帯で可愛いっぽい娘を適当に選んで

その子が来た。色々話をして分かったことが。

・まだ風俗初めて2ヶ月位。

・色々支払いがあるし、失恋して自暴自棄になってこの世界に足を踏み入れた。

・今はこの世界にいるし彼氏を作るつもりはない。そんなこんなで話をしてるうちに意気投合しちゃって

俺「口ではあんまりいけないんだ」

彼女「あなたとならしてもいいかな・・・」

って感じでHしちゃった(本当はデリヘルとかは本番はダメ)今思えばここで俺と本番許した時点でそういう女だった・・・

風俗で働く時点でそりゃそうだろ!って皆は思うだろうけどねw意気投合ついでにお互いの番号とメルアド交換して今度飲み行こうぜ!って約束してその日は終わった。その後仕事中に写メ送ってきたり、夜は電話で楽しく喋ったりしてどんどん距離が近づいてった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年8月31日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】やられた【体験談】

私が妻をなんかへんだと思うようになったのは、携帯電話を買ってからだった。ある

時、妻の携帯をバックから持ち出し留守電を確認した。するとその夜妻を飲みに誘

う子供の担任教師からのメッセージが入っていた。私は知らない振りをしてバック

に携帯をもどした。早めにその日帰宅してみると、妻が出かけるところだった。な

んとロングコートに隠された服装は白いタイトミニだった。確かこのミニはパンテ

ィーラインがくっきりと浮かび、まして色までわかるやつだ。私の心の中で何かが

湧き上がったが、そんな様子を見せないで送り出した。やけに長く感じられる夜だ

った。妻が帰宅したのは午前3時、私はそんな妻にコートを脱いでみろと言ったと

ころなかなか応じない。当然だった、後ろ向きにさせた妻の白いタイトミニにはく

っきりと黒いパンティーラインが浮き彫りになっていた。そして妻を問い詰めたと

ころその教師に「子供のことをよく面倒見てやるから貴女を抱かせろ」と言われた

とのことだった。私はその教師に子供だけでなく、妻の面倒まで見てもらったらし

い。どういう奴なんだと聞くとその教師は体育教師でいい体をしているとのことだ

ったが、自分からパンティーが見えるような格好で出かけたんだからどうやら妻も

最初からその教師に抱かれたかったんだろう。いろいろなやり取りの後で妻もその


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年8月30日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】妻と大学生【エッチ】

私は長野県で酒屋&コンビニをやっているたけちゃんと申します。

昔から細々と父がやっていた酒屋をコンビニにして妻と二人でやっています。

今は父も無くなり二人でコンビニを深夜はやらずに営んでおります。

私は46歳、妻は45歳、子供はおりません。私の友人からもお客さんからも、妻は高島礼子にそっくりだと言われています。男性のお客さんが「好きな人いないなら、付き合って下さい」と真剣に誘って来る人も多いと聞いています。

妻は貞淑というか堅物というか、お世辞よ と相手にしません。妻の病気の関係で子供はできなくなりましたが、夫婦仲良くやっております。

夕方から週3~4日入ってもらっている大学生のK君は静岡出身で、弓道をやっている為か非常に均整のとれた体型で好青年であったため、普段から妻ともいい子だと話し合っておりました。

いっしょに仕事をしていた時、K君の視線が妻のお尻や胸によく行くことがあったのですが、それでも若いからこんなおばさんにでも目が行っちゃうのかなと思っておりました。

その後、妻が実家の母に会いに行った時にKくんを誘い、仕事の後家で二人で食事をしていた時のことです。

二人で少し酔っぱらった時のこと、室内に干していた妻の下着にK君が何度も目をやっておりました。

私は「おい、K君!あんなおばさんのブラに興味があるのかい!」とからかい半分で言ったところ、K君はうつむいて黙り込んでしまいました。もしやと思い、色々聞き出すと、K君は本当に妻に興味があるようでした。色々聞き出すと軽く酔っているせいか色々と話し出したのです。

大きな胸の谷間を見たときから、仕事中はついつい妻に目が行ってしまうこと。

家では妻の妄想でオナニーもしているとのこと。

いつもの好青年のイメージが崩れ落ちそうな瞬間でした。

また、これまでにない興奮をしてもおりました。

私の下半身はその時勃起していたのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月30日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻を普通のマッサージから性感マッサージ【体験談】

 今から7~8年前の私と妻の初めての勇気ある体験談をお話します。

 勇気あるといっても私独りの勇気ある挑戦であったかもしれません。私が、貞淑な妻の裸を他の男性に、見せたり触らせたりてみたいという願望に駆られ、ある日、「妻を性感マッサージに」で検索したところ、自分の妻に性感マッサージを受けさせ、そのマッサージ師に、自分意外に触られたこと無いお尻どころか、大切なアソコや、もしかしたら最も人には見られたく無い小さなお尻の蕾を呈してしまったその男性の妻の体験談を見たのです。

 私も、その体験談を見て、いてもたってもいられなくなり、その体験談に出ていた、M先生(性感マッサジ師)に連絡を取り、小心者の私が、貞淑な妻を気取る妻に性感マッサージを受けさせる計画を立て実行に移したのです。

 私の勤め先の保養所が大阪にあり、M先生にその保養所に来ていただくよう事前にお願いしました。

 マッサージがしやすいように和室を予約しました。妻と食事をするときには、普段お酒を飲まない妻にお酒を進め、飲ませましたが、妻はそれほど酔いません。妻に普通のマッサージから性感マッサージを受けさせる自然な雰囲気が作りたかったのですが。

 でも、M先生には、名古屋から来てもらっていますので、なんとか性感マッサージを受けさせなければなりません。

 食事が終わる前に、妻に「今日は疲れたので、マッサージを呼ぶからな」というと、「そうなの、良いわよ、楽になったら良いね」といってくれたので、M先生との約束どおり、M先生に携帯で「OK」の連絡を入れました。

 妻と部屋に帰ったときには、私は、部屋でシャワーを浴び、浴衣姿、妻は、いかにマッサージ師とはいえ初対面の男性が来るという事で、浴衣姿ではなく、旅行の延長の服装をしていた。

 そうして、妻とくつろいでいるとき、部屋のインターホンが鳴った。当然の事であるものの、私の胸の鼓動は、これから起こる展開に、鼓動が大きく高鳴ったのです。

 M先生は、ごく自然な形で、私のマッサージを始めました。そして、事前の打ち合わせどおり、「さあ、次は奥さんですね」というと、妻が、「え、私はお願いをしていませんけど」というではありませんか。私は、そこで、「ああ、お前に言ってなかったけど、お前も疲れていると思って、夫婦二人だと割安になると聞いていたので、お願いをしていたんだよ。お前もしてもらえば良い」というと、「私はそんなに疲れてないから良いですよ」というので、ここで、妻に断られたら、これまでの計画が台無しなると思い「このマッサージの先生は、その予定で来てくださっているのに、予定が狂ってしまうじゃないか。やってもらえば良いよ。こんな上手な先生にはなかなかやってもらえないよ」というと、妻の「まあ、そしたらせっかくだからやってもらおうかな」というので、M先生が、そしたら、「浴衣に着替えてください。そして、できるだけ身体を締め付けるようなものははずしてください」と。

 私と、先生が、たばこをすって待っていると、妻が、風呂場から、浴衣に着替えて出てきました。私は思いました。妻は、浴衣を脱がされる事になるがどんな下着を着けているのかな。と。

 M先生は、妻をうつぶせに寝させて、背中から下半身、そして、ごく自然に妻のお尻もさりげなくマッサージをしていきます。

 そして、先生は、妻に、「奥さん、どうですか。痛くありませんか」と聞くと、「ええ、気持ちよくて、寝てしまいそうです」と、お世辞か本気か、応えています。

 すると、先生は、「奥さん、今日は、特別に通常料金で、オイルマッサージをさせていただけますが、どうされますか。」と、聞かれたたので、妻は「どうしよう、そんな気持ちの準備もしていないし。オイルマッサージがどんなものかも分からないし」と、私に聴くように言うので、「せっかくの機会だし、お前もオイルマッサージなんて経験が無いだろうしやってもらったら」というと、「そうね、せっかくだからお願いしようかな」と言って、やってもらうことになりました。

 私は内心、旅の中で、開放的な気分になっているとはいえ、性感マッサージ+オイルマッサージがどんなものか分かっているのかと思いましたが、この成り行きにさらに期待は膨らみました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年8月30日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】亜希とつき合ってた終わりの頃、亜希の浮気が発覚したのよ。【体験談】

彼女=亜希とつき合ってた終わりの頃、亜希の浮気が発覚したのよ。

実はオレも前に浮気がバレて平謝りしたこともあったんで、まあブチ切れはしなかった。

とゆーか驚いた。亜希が浮気とかしそうにないタイプだと思ってたんで。

まあ最近セクースの間隔も空いてたしな、とか思った。

亜希について説明すると、当時21才で、ルックスは贔屓目抜きでも多分並より上。

結構ファンが多かったんで可愛いほうだったんじゃないかと。

服のセンスが良くって、体形は細身。本人はCカップだと言っていた。

首都圏の大学の英文科3年。まじめにちゃんと学校通ってました。

このスレ読んでて、外見がイメージできる方が萌えるんで一応 (w

ちなみにオレは二つ上です。

で、一応それなりに怒った後、オレは相手の顔が見てみたいと思い、

そいつ=田中を亜希に呼びださせたわけです。

それまでに色々あったんだけどここでウダウダ書いても退屈なんで省略。

ファミレスで田中を待つ間、亜希との会話。

「しかしなー亜希が浮気するってのはやっぱ信じられんな、なんか」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年8月29日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】マサル【体験談】

お盆休みの終盤、俺とまみは俺の部屋でマッタリと過ごしていた。

夕方くらいに3年ぶりくらいにマサルから電話があった。東京から地元に戻ってきて、今実家にいるから、遊ばないか?との事。

俺はゆみも連れてマサルと三人で居酒屋に行く事にした。待ち合わせの場所に行くと、浅黒く日焼けをしたマサルが居た。

俺はまみをマサルに紹介した。

マサルは少し人見知りなところがあるので、照れくさそうに挨拶をしていた。

まみはニッコリと笑っていた。居酒屋につくと、壁際のとても狭いテーブルに案内され、左利きの俺は隣に誰かが居ると

とても居心地が悪かった。

最初は彼女をマサルの隣に座らせるわけにはいかないと思ったので、我慢していた。

でも、酒が入っていくうちに気が大きくなり、冗談っぽく

「まみ!今はフリーで寂しいマサル君の隣に行きなさい!腕があたって邪魔だ!ww」と言った。

まみは「ええー!何それ?じゃあマサル君の横に座っちゃおっと」と、すんなりとマサルの隣に座った。

マサルは「マジかよー!何か照れるなww」と言いながらも、視線はまみの胸のほうに行っていた。そういえば、以前に俺はマサルにまみが巨乳だという事を教えて、マサルが大興奮していた事を思い出した。

そして、まみにマサルのモノがめちゃくちゃデカいという事も教えていた事も思い出した。

その時はまだまみとは付き合ってなかったが、セックスはしていた。

まみが「うそぉー?そんなに大きいの?紹介してよwwウソウソww」と言った時に何ともいえない


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年8月29日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】浮気している妻を思い・・・【体験談】

つきなみですが、パートをはじめた妻がそこの社員と不倫しています。

探偵を雇い、妻の素行調査を始めて数ヶ月目に不倫相手とホテルに入る現場写真を

撮影、その他様々な探偵からの調査報告で、妻の不倫はほぼ確実となりました。

離婚の訴訟を起こす証拠固めまで一応しておき、あとはその機会を待つのみの日々ですが、

私としては離婚する気も無いので、しばらくはこのまま「楽しもう」という気持ちでいっぱいです。

探偵の撮影したホテルに入る妻の写真を見ながら、けっして私とのセックスでは着けたことの無い

セクシーなパンティが衣装ケースの奥に隠されていたので、それを持ち出し、自ら身に付け、パート

先の社員と淫らな会話をしながらセックスしているであろう妻を思いながらのオナニーは格別です。

性感帯の首筋や脚部をなめられ、さわられすると身悶えて愛液を流す妻に不倫相手の男はどう対応

したのでしょう?

不倫相手とのセックスを終え、帰宅した後何食わぬ顔で家事にいそしむ妻のスカート姿をみて、

ポケットに手を入れながらオナニーする快感・・・。

このスカートをめくり上げ、パンストとパンティをずりさげると不倫相手に汚された妻のアソコが

あるのかと思うと興奮が収まりません。

セックスを求めても「疲れたから・・・」と言われ、拒否されます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年8月28日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】理奈に裏切られて【体験談】

俺は19歳の時大好きな彼女がいた。名前は理奈にしとく。

理奈は背が小さく、胸はちょっとしかなかったが可愛い子だった。

顔は料理番組で「星三つ」とか言ってるじじいの横に居る子に似てる。 確か「こばやしまお」だと思う。

軽く馴れ初めを書いとく。理奈は中学の先輩の妹で俺の1つ下。

先輩の家に遊びに行った時に俺に会って、まだ小6の理奈が俺に一目惚れしたと後で教えてくれた。

なんとなく気付いていたがさすがに妹の様にしか思えずその頃は気付かないふりしてた。

でも理奈が成長するにつれ段々理奈に惹かれていった。でも先輩の妹だし俺は気持ちを押さえ込んだ。

そのまま理奈への気持ちをごまかしてるうちに俺は中学の卒業式を迎えた。

式も終わり帰る時に理奈が正門の前で待っていた。照れ臭そうに告白する理奈に俺も好きだと伝え付き合う事にした。

春休み中に童貞も卒業した。理奈も初めてだった。その後は俺の方が理奈に夢中になって時は過ぎ俺は19歳になった。

先輩の部屋は12畳くらいあるでかいプレハブで親も留守がちなせいかいつも友達が集まって遊んでて

理奈も一緒に遊ぶ事が多かった。理奈の部屋は家の二階でプレハブと違い良い匂いがしてた。

ある日先輩は仕事場の友達kを連れてきた。kは話が面白くてカッコよく、遊び人風だった。

その日の内に俺も理奈も打ち解けて、その後はkも交えて遊ぶ事が多くなっていった。

毎日の様に遊んでいるとその内に理奈が少し変わった気がした。何がと言われると旨く言えないが何かおかしかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年8月28日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ