ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜②)」【エッチ】

(①より承前)これも想像すると ヤタラに昂奮してしまうようなイメージである。ヤルことは恭しく丁寧に 敬語を使って教えるのだろうが、結局はマラの勃つ意味を教え マスタベーションまで教えるかどうかは別としても、女官は自ら裸になり マラをオメコの嵌める嵌め方から、 嵌めた後の抽送の仕方‥要するに ピストン運動の仕方まで教えるのである。

‥と云うことは 「そこは‥モット 速くお腰をお遣い遊ばして‥、さようでございます‥ ソコソコ‥そこが女が最も悦んで、泣くようなお声を上げ 叫びたくなる処でございます。」とでも‥云うのだろうか?‥。

哀れにも‥思いが残るのは 結婚前の‥この最後の入浴に際して、その男の「みそぎ」つまり筆おろしをした女官に 独身最後の入浴の相手をさせることである。

女官は男の身体を洗いながら 自分が初めて女を教え‥男にしてやった‥、生涯で最初の精通を 自分の身体の中に垂れ流させた‥「男」の身体に別れを告げるのである。

名残り‥再び一緒に風呂に這入ることも無い‥ 名残である。そのとき女官は 手塩に掛けた息子を結婚させる、母親にも似た 心境になるのでは無かろうか?‥。

初夜が目前に迫った情況では そこで媾合も出来無いだろうが、マラを勃てた男と オメコをシトド濡らした女官が、その場で 抱き合うくらいのことはあっても良い気がする。

形式に囚われてはいても 心のあるのが人間なのだから‥。

『「入浴潔斎の儀」を終えると 「初夜装束」と呼ばれる白い着物に着替える。その「初夜装束」の下には 一切下着を着け無いのが極まりである。

そこでいよいよ男女は 初夜の床入りになり、寝具の上に 並んで座ると、そこで「三箇夜餅の儀」とも呼ばれる 平安の時代から続く伝統的な儀式がある。

まず女(花嫁)の歳の数だけの 白餅を用意し、四枚の 銀盤に乗せる。これを既に 子宝に恵まれた老夫婦(大体は 子供のいる侍従上がりの人間)が、初夜の寝床に運んで 二人に供える。新婚夫婦は この餅を一つずつ食べた後、抱き合って 男女の媾合の行為に及ぶ。元々はこれを3日間‥繰り返したが 近代は初夜のみとされる。要するに 初めてのセックスで 子宝に恵まれるように霊力を与える(縁起を担ぐ)儀式である。』

まぁ‥ここいらは「縁起担ぎ」で 毒にも薬にもなら無い話である。ただ‥ジャーナリズムが報道出来るのはこの辺までで 後は公には秘事とされるのだろう。

『ここで更に特筆すべきは 以上の儀式‥一連の媾合行為の遂行に際しては、介添人(民間での仲人夫婦に当たる立場の人で 媾合行為の一部始終を見届ける役目の人)として一組の男女‥ それぞれの身分を保証された夫と妻が、部屋の一隅に控えて立ち会い 媾合行為の総てを見届ける‥と云う途方も無い形式が存在することである。

この介添人には更に 儀式が無事に最後まで終了した(性行為‥ 肉体的にマラをオメコに嵌め 射精を終えて果てた)ことを確認すると、続いてそのことを傍で待つ親族に 立ち処に知らせる、「露見」と云う お披露目を行なう役目があるのである。』

さぁ‥こうなるともう いっそ無知な、指図通りに動く お人形同然の人格の方が、心理的には 仕合せかも知れない。自我などは 邪魔以上の障害要因にしかなら無いのだ。

悲惨なのは 初めての(血の証拠を 要求されるような)媾合の初夜に、無事な媾合・射精の完遂を前提にして 親族が待ち兼ねる情況で、媾合を行う 二人の心境である。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年3月28日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜①)」【エッチ】

何かで見たが 「初夜は 合意の強姦だ」と云う言葉がある。確かに初夜には 肉体的のみならず、精神的にも当事者‥特に 花嫁の心の問題を無視して、コトが 運ばれる傾向が強い。それは時に 花婿の恣意でも無く、時の権力者とか 村やその一族の権力の維持のために行なわれる。あるいは権威の事大主義で 形式を維持・厳守したり、権威の統制力を高めたり、性的妄想を 閉鎖社会の享楽に供することもある。

それは多く 性と言う非公開の個人的な秘事に、その手続きがあることで 第三者が公然と介入する根拠にされる。つまり‥極まりだから 悪いけど‥堂々と形式を執り行わせてもらうよ‥と云う訳である。考えれば このブログで私が書いた記事の中にも「新規参入者の 一族との和合」「特殊な血統の 濃縮維持」「媾合可能年齢(初潮・精通)の 通過儀礼」「血族の俸禄継承のための 嫁姦」「夜這い対策の 女通し」等があった。

その場では 花嫁や女通しを受ける娘の側には、全くと云って良いほど 発言する余地は無い。それも‥ 肉体的に侵されるだけで無く、その行為を一般に公知することが 付帯で無く‥本来の目的のように段取られている。花嫁はその初めてその局面に遭遇し、未知だった意外な情況を 肉体的な苦痛と精神的な衝撃を克服して、とにかく消化し‥止まらずに、恥ずかしくてもそれを凌ぎ切って 先へ進まなければなら無いのである。

            

前に書いた「女通し」の場合でも 無垢で清純な生娘は、親戚の叔母が 待ち女郎になって介添してくれるとは云え、始めて会った年配の男の前で いきなり丸裸にされ、男と叔母との媾合の仕方を見せられる。そして男に抑え込まれ叔母に拘束されて 脚を割られ180度に拡げられ、これも始めて目にする巨大なマラを オメコに割り挿れられる。そしてオメコに熱い子種を浴びせ掛けられ 男と女のスル‥一通りを教え込まれるのだ。

更に娘は その余韻も覚めぬ内に、広間で酒盛りをして待つ 親戚の連中に、髪を梳き流しの(今‥ヤラれて来ましたと 言わんばかりの)姿で、股の間のマラの異物感を感じたまま、ガニ股で這い出して 報告とお礼の挨拶をさせられる。場合によってはその場に 破瓜の鮮血に染まった敷布が披露されるのである。その姿を見て 宴会は大いに盛り上がり、一同はその嗜虐的な刺激を基に 家に戻って銘々に媾合に励むのだろう。

この場合でも肉体的な破瓜と 精神的な被虐的な露出の強姦性を比べるなら、明らかに 精神的なトラウマの方が遙に大きいことが想定される。このことの連想から 私は、(恐らく そう云う形式が色濃く残っているであろう)皇室などの事情は どうなっているのか?が気になり、ネットで 調べてみた。もちろんネットで‥ 全くの真実が得られるとも思わなかったが、取り敢えず手掛かりくらいは 得られるのでは無いかと考えたのだ。

その結果‥判ったことは 果たして次のような 大変な形式に満ちた手続だった。もちろんこれは 真実であるか否かは保証の限りでは無いが、如何にもそれは 〝在りそうなこと〟である。そしてその行事の 精神的な拷問性は、生まれてからズッとそんな感覚に馴れている皇室育ちの人間よりも、新たに民間から皇室に這入った人間への 衝撃が大きく、その心中は察するに余りがあり 私などは想像しただけで昂奮してしまった。

資料は 「皇族ってセックスの知識どこで入手するの?」2006-02-08T⑩:28:05+09:00 《VIPOIR:vip板観測所(a view point of VIew Point より)》である。興味のある方には 是非とも原文のご一覧をお奨めする。以下の説明は 私が多少ともアレンジしたり、一部‥表現を 変えている処があるからである。皇族の結婚式は もちろん昼間の、宮中三殿での行事には 何の不思議も問題も無く、違和感は その後の行事である。

『皇族の初夜の儀式は 「入浴潔斎の儀」から始まる。昼間の儀式は 宮中三殿の賢所で行う「賢所大前の儀」や、親と子の杯を交わす「朝見の儀」など、正式な束帯と十二単の衣装を纏うのが 大変だが、間違え無いように 試行も行なうだろうし、間違えたら付き添いが直してくれるから 問題は無い。』

まぁ‥ここまでは 肉体的な疲労ぐらいで、馴れてい無いと 地髪を鬢付け油で固めるのが‥固めるのも落とすのも 大変だと云うくらいいの事である。

『それらの一連の結婚の儀を 滞り無く終えると、いよいよ初夜を迎えるための 準備の行事になるが その最初が「入浴潔斎の儀」である。簡単に云えば 風呂に這入って身を清めるのだが、その入浴たるや 昼の疲れを洗い流す‥ようなものでは無い。

それはその日 結婚の式を終えたばかりの男女が、その意志に関わらず 執り行われる、神聖な初夜を迎えるための 儀式を超えた‥実質的には検証の入浴なのだ。

女‥花嫁は 巫女と呼ばれる女官(正式には 神社の処女の娘とされるが、実際に行われるのは 大概‥皇族に仕える中高年の女性だと云う。(そりゃぁそうだろう‥ 未通の処女では、これから入浴を兼ねて行う‥ 女が処女か?媾合に耐え得るか?の検査など‥出来はし無いのだから‥)

巫女は 女(花嫁)と一緒に入浴する。浴室に入ると女は (少し‥股が透き弛むくらいの 足の間隔で)仁王立ちに立たされ、それからはそのままの形で、一切‥自分では 自分の身体に手を触れてはなら無いのだと云う。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】狙われた彼女8【体験談】

先輩達にされたことで、私と会いにくいのは分かってました。でも、始めは、レイプされたとしても、私が発見してからは、明らかに、不陰気に流され、感じていた。先輩達も、明らかに、計画的だった。色々考えているともう一度確かめたくなりました。そして、私の家は、夜まで誰も居ないので、紗織と先輩達を呼ぶことにした。紗織には、無理言って、来てもらいました。まず、先輩達が、来ました。先輩2「ちょうど暇してたんだよ」と先輩3と二階の私の部屋でバカ話をしてると、ピンポンと紗織がきました。そして、無理して、いつも通りの、明るさを見せているのが、私には丸見えでした。そして、部屋に入り、「なにか、飲み物とってくるね」と伝え、部屋を出て、ドアに耳をあてると、しばらく先輩達の話し声のあと「や・・やめてください」先輩3「静かにしないと、彼氏に聞こえるよ」紗織「あ・んっ・・やだ」先輩3「大きくて柔らかいな」私は、拒否している紗織に、やっぱりレイプだった?そして、飲み物をとって、二階に上がり、部屋に入ると、普通の状態でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年3月27日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】「初夜 Ⅱ‥(媾合の初夜②)」【エッチ】

(①より承前)

そのときの感動は 忘れられません。それは彼女の 30年近い処女を、二人で協力して破り 結合した共感でした。少し落ち着てから 「動いても イイィ?‥」「ウン…」と抽送し始めますが、どうも絡んだ足が邪魔で うまく動けません。もう一度「足を閉じて‥」と頼み 膝を外側に衝き直すと、女房は両手で私の腰を シッカリと抱き直します。(続く)

(承前)抽送を始めても 女房の痛みが心配で、とても忙しくシコシコとは 腰を使う気にはなれません。ソロソロと確かめるように 大分潤って来た膣汁を頼りに、ジュルジュルと 初めての女体をジックリと味わいます。その温もりと柔らかさ 肉襞に包まれた抵抗感は、マスでは味わえ無い‥全身がズブッと 濡れ浸ったような感覚が堪りません。

静かにユックリと マラを抽送しながら掌を肘に衝き直します。両手を空けて 乳房を掴み指先で固く勃った乳首を揉み様子を伺うと、女房は痛みも少ないらしく 少しノッテ一緒に身体を揺らしています。誰から教わった訳でも無いのに 女房は既に、嵌め繋がったマラとオメコの触れ合いを確かめ それを味わい増やすように身悶えしているのです。

やがて女房は身体を揺らしながら 私の衝いた肘の外側からスッポリと、肩ごと 私を抱いて呉れます。唇を合わせ絡めた舌が ベロッと女房の口に吸い込まれたとき、女房がグイと私の腰を抱いて 「足ィ…」と云い、自分の足を抜いて 跨った私の膝裏に外側からに掛けました。そして片足を膝裏から尻の方に掛け直し 全身で絞り上げて来ます。

私はもう‥全身が女房の子宮にくるまれた思いで、「アァ…全身が今 女房の中に‥」‥と目くるめく感覚に襲われ、その瞬間! 私は果てました。これも初めての 経験でした。抽送で射精感が込み上げて ダクダクとイクので無く、全身が蕩け出し 液状化してオメコの中に吸い込まれるのです。頭が真っ白になり 意識だけがそれを見ていました。

私が女房の中で果てて 呆然としていると、女房が「お腹の中が‥ 熱い‥」と云います。女房は精液‥子種を 子宮に感じたのです。そして 「もう‥娘じゃぁ‥無いのねぇ‥」と云いました。処女膜を破られ 子宮に子種を掛けられて、血を交ぜられた女房はもう‥ 二度と生娘には戻れ無い、私と云う‥唯一人の男との 特殊な関係に這入ったのです。

その夜はそのままでは終らず 暫くして私はもう一度‥女房に覆い被さり、今度は正常位に組んで シッカリ抽送してタップリと子種を仕込みました。女房はイヤとも云わず M字開脚で挿れさせ、抽送の時は脚を揃えて 無言で二度の精液の洗礼を受け止め、コトが済むと甲斐々々しく ティッシュで私のマラの淫汁を拭い、オメコを拭いていました。

私は後始末を 総て女房にを任せ‥もう天国でした。マスを掻いた後の‥あの後ろめたい 自己嫌悪の気持ちは全く起こらず、伸び々々と マラから睾丸まで拭いてもらいました。女房は ネグリジェから宿の浴衣に着換えましたが、見るとネグリジェは血と淫汁に塗れて 無惨に皺だらけでした。女房はそれを 丁寧に畳んでカバンに仕舞いました。

私は肉体の初夜に 女房に快感があったかどうか心配でした。私が勝手に一方的にイッて 女房を置き去りにしたのでは無いかと不安でした。後で女房に聞くと やはり多少出血があって、そのときは痛くて夢中だったが、私のマラを身体の奥に深く感じ 子宮に熱い精液を掛けられたのは、初めての不思議な感じで 気持ちがヨカッタと云いました。

また‥女房は 二三日前まで他人だった男が、マラを硬く勃て これまで親兄弟にも見せ無かったオメコに嵌めるなんて、考えられ無かった‥ と云っていました。更にマラを挿れるのもショックだけど 私がお尻をイヤらしく動かす姿が、人間って皆コンナことをスルのかと 今までロマンチックに夢見た結婚が 急に腥く醒めたものになったそうです。

初媾合の翌日は 屈斜路湖の和琴半島の遊び、美幌峠を経て 旭川から層雲峡に這入りました。美幌峠での屈斜路湖の景観の素晴らしさに 女房は「菊田一夫が 君の名はで使いたくなった訳ねぇ‥」と感嘆していました。美幌駅前の食堂で 熱い鍋焼うどんを美味しく食べ、乗った列車には珍しい 石炭を焚くダルマストーブが据えてありました。

層雲峡のホテルでは相客も少なく 女房と始めて家族風呂に這入りました。風呂では‥裸の胡坐の膝に女房を横抱きにし 全身を‥オメコの膣の中まで洗ってやりました。その後‥膝を緩めさせ クリを弄り回していたら女房は軽くイキました。気が付くまで 湯冷めし無いようにシャワーで温めてやり、気が付いてから 対向の座位で媾合しました。

                 

風呂場の鏡に 裸で媾合する二人の姿が映っているので、「見て‥ご覧‥」と言って 腰を使って見せてやりました。ヘコヘコと尻を動かしながら 「ホラ…お父さんやお母さんも‥ お兄さんや弟達も、みんなコンナことをヤルんだよ‥」と云ってやったら、「イヤーン‥」と身悶えし 赤い顔をして齧り付いて来たので 私は夢中で腰を使い イキました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年3月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【学校で】~day1~【エッチ】

私には、小6の時から付き合っている彼氏(以後、あだ名であるのっちとする)がいる。



のっちとは小学校・塾・中学校が一緒で、中学校は電車通学だったから喋ったり遊んだりと、のっちといた時間は常時楽しかった。(因みに、付き合い始めたのは小6の時)

ある日、私とのっちはいつも通り駅で待ち合わせをして電車に乗ると、いきなりのっちが

「お、俺、最近ムズムズすんだよ……。」

と言ってきて、ビックリした私はのっちの顔を見たらまっかっかに。

何が、なんて何となくはわかっていたが、一応聞いてみた。

「ん?何が?花粉症?ティッシュあげようか?」

すると

「ちげぇよ!!だから、その、なんつうの?一番わかりやすくいえば、オスが目覚めた、みたいな…」

と言った。その後もそんな感じの話をした。

のっちは、実は小5の時にはもうオナニーを覚えていたこと、結構な知識は持っていること、強烈なドMだって事、色々教えてくれた。

「お前は?」

と聞かれたから、私は

「ごめんね、私、のっちほどそういうこと詳しくないんだ~。」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年3月27日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】狙われた彼女7【体験談】

だんだん早くなり、「逝くぞー」そして、ペニスを抜くと、紗織の尻に出した。先輩3「ハァハァ、やっぱり、眼を付けただけはあるな」先輩2「よし、交代だ」紗織の口から抜くと、今度は、先輩2が、挿入した。そして、先輩3は「きれいに掃除するんだ」紗織の口にいれた。紗織は、されるままで、前からチュチュと、いやらしい音をたてながら、後ろからは、パンパンとペニスを叩き付けていた。先輩2も、背中に出し、先輩3「彼氏にばらされたくなかったら、誰にも言わずにいろよ」先輩2「次はもっと気持ち良くしてやるから」と言うと、先輩達は、こっちに向って来たので、私は、思わず隠れた。先輩3「やっぱり、餅肌で気持ち良かったな」言いながら、去って行きました。紗織は、少しの間、座り込んだまま泣いてましたが、単パンをはくと、フラフラと、帰って行きました。私は、帰って「大丈夫?」とメールを打ちましたが、帰ってきませんでした。次の日、日曜は、デートの約束してたので、電話しましたが、「ごめん。まだ体調が・・・」と言うので「分かった」というしかありませんでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年3月27日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】狙われた彼女6【体験談】

一気に指をピストンする。「あん・・あっ・あ・あ・あー」紗織は力が抜けたように、沈みかけたが、先輩3が下半身を、支えている為、崩れなかった。「どうだ?これが逝くって言うんだ」紗織「ハァハァハァ」私は、初めて紗織の逝く姿を見て、興奮していた。そして、先輩2は、紗織の前に行き、紗織の頭を優しく上げると、自分のペニスを、紗織に近付けた。紗織は、ペニスを、口に含んだ。その瞬間、先輩達が、目を合わせ、ニャっと笑った。先輩2は、紗織の口内目掛け優しく腰を動かした。そして、先輩3は、紗織の腰を持つと、「紗織ちゃん、俺たちから離れられなくなるよ」ペニスを紗織の大事な部分にあてると、少しづつ挿入した。「さすがにキツいな、まだ、亀頭までしか入ってないのに、絡み付いてくる」そして、奥までいくと、「よーし、紗織ちゃん、動かすよ」と動き出した。「ん・・ん・・ん」と後ろに合わせて声を出す紗織。先輩2「どうだ?締まりは」先輩3「思ってた通りキツいぜ」先輩2「こっちの方は、まだまだ仕込まないとな」先輩3「あー、徐々に、仕込んでいけばいいさ、早く完成したら、勿体ないからな」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年3月26日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫で】淫乱な奥さん会2【エッチ】

今しがた、奥さん会の一人とセックスしてきた。

私は営業職のため外回りで殆ど会社には居ない。

今日も営業先へ出向き、用事が早めに済んだので近くのコーヒーショップに立ち寄った。

そこに例の奥さん会の1人が本を読みながらお茶をしていた。

私が近くに行き「どうも」と話しかけると、「ああ、どうも」と驚いた様子なので、

「仕事の合間の息抜きです」と説明すると、「じゃあ、一緒にお茶しましょ」ということで

同じ机の向かい側に座った。

最初の5分程たわいもない話をしていたのだが、例の話になり、「最近、私はお相手してもらってないな」と

甘えて言ってくるので、私はコーヒーを飲みながら何食わぬ顔で机の下の太ももや陰部を弄ってやった。

負けじと向こうもコーヒーを飲みながら何食わぬ顔で耐えている。

そんな状況にどうにも我慢が効かなくなり、ホテルに誘った。

近くのホテルに移動し、部屋に入るなり激しくキスをした。

そのまま首胸お腹と順に舐め回していくと「先にシャワーを」と言ってきた。

しかし、次の営業先へのアポもあったので、無視してスカートをまくり上げパンティーの隙間から陰部を舐め始めた。

暑かったせいか、少し汗も混ざって味は塩っぱくヌルヌルがすごかった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年3月26日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【寝取られ】狙われた彼女5【体験談】

私は、あまりにも、この光景に・・・先輩3は、優しく胸を揉んだ、時に、乳首の付近を回すように、「んっ・・あっ・んーっ」次第に紗織に変化が?一瞬開いた口の中に先輩3は、舌をいれた。「あっ・・んあ・・・あ」ピチャピチャと卑劣な音がした。長いキスだった。ようやく、口から離すと、首筋を舐める。「あっ・・いや・・んっあ」紗織はムードに流されていく。こんな時なのに、まだ見たいという自分がいた。先輩3の手は、単パンの大事な部分を撫で「かわいいよ」と同時に、再びディープキス。今度は、単パンの中に手を入れ「あん・・んっ・・あ・あん」私の紗織が徐々に。先輩3によって感じてきた。クチュクチュと音がしてきた。キスをやめ、手を抜き、紗織に見せた。「気持ちいいだろ?すごい濡れてるよ」紗織「・・・違う」先輩3「素直になったほうがいいよ、彼氏の時より気持ちいいだろ?」と言いながら、また、手を戻して・・・「そんなこ・・と・あん・・あっ」そして、先輩2がさり気なく、二人の反対側に行き、Tシャツを脱がした。そして、先輩3は立ち上がり、紗織を四つん這いにして、後ろに周り、単パンを脱がすと指を入れた。「あっ・・」先輩3「イカされたことないだろ?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年3月26日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【妹と】お兄ちゃんと……【エッチ】

私は、桃((仮))です。

私には、お兄ちゃんが2人います。その内の1人と、

イケナイことをしてしまいました。



———————————

ガチャッ

バタンッ

「隼人兄!帰ってたの?」

「うん。一応30分前に帰ってたけど、

 腹痛でダウンしたから、トイレ入ってた。」

私がイケナイことをしたのは、隼人兄の方で、

瞬兄の方ではない。

いつもと同じ会話をしていた。

当然、このときは、あんなことをすることになるなんて、

知っている筈もありませんでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年3月26日 | エッチ実話カテゴリー:妹との体験談

このページの先頭へ