ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】妻の貸し出し複数(Ver.2)【エッチ】

それからの日々は、Kさんが渡す愛する妻とのセックス記録を見ては、夜な夜なオナニーに耽るのが私の日課になりました。私はそれを見て、夜更けに狂おしいほどに興奮していました。Kさんがもしもまめに妻との交わりをビデオに記録して、私に渡してくれなかったら、嫉妬で妻を許せなくなっていたかもしれません。Kさんが武勇伝のひとつに加えるだけの相手として、美幸とデートをしていること、そして美幸自身も私との生活を壊すつもりはないと信じることができたからこそ、二人の関係を黙認できたのです。美幸は燃え盛る性的衝動を癒すために私の許可した相手と、最初以外は秘密にではありましたが、逢瀬をしているのだと受け止めていました。

一度、私が求めて美幸に挑みました。美幸は拒みませんでしたが、美幸の反応がビデオで見せたKさんとの時より少ない感じでした。私がKさんと妻の映像を見過ぎていたせいもあるかもしれないと思い、あまり前戯もしていないうちに正常位で挿入しました。妻のあそこはやはり、はっきり分かるほどに緩くなっていました。しかし十分に内部は潤っているようでしたので、気持ちよくなりピストン運動を繰り返しました。その時、あることに気が付いてしまいました。それは、美幸の女性自身の内部から、私のものではないオスの匂い、紛れもないKさんの精液の匂いがしてきたのです。愛液による潤いだと勘違いしたものは、Kさんが昼間の逢瀬の際に妻の胎内に残した名残のせいでした。Kさんの激しい妻への腰の動きが脳裏をかすめたとたん、あえなくいってしまいました。美幸はもちろんいってないと思います。しかし、妻が私を最後まで拒まなかったのはせめてもの私への救いでした。

次にKさんに会った時、美幸の陰部の状態が分かるようなアップの映像がほしいと御願いしました。 最初に貰った映像と比較してみたくなったのでした。具体的なことはKさんにまかせたのですが、次に渡された映像は想定を遥かに超えるものでした。

画面にはKさんの他にパンツ姿の二人の男性が映っています。一人は美幸と同じくらいの若さ、もう一人はKさんくらいの三十代後半の男です。美幸は紫のレースのパンティを身に着けただけの半裸の状態でベッドの上で手足を広げ、目を閉じて、眠ったように動きません。どうやら眠らされて意識が無いようでした。

Kさんが二人の男に説明しています。

「この方のご主人の要望で、今日はお前さんらにこの奥さんを撮影してもらおう。ご主人いいですよね。」

カメラを向いて私に呼びかけているのです。

「社長、この奥さん、社長の愛人ですよね。ご主人公認とは羨ましいな。それに、スタイル良いですね。ほんとに羨ましい。」

二十代の若い方、仮にAさんと呼びますが、しきりに羨ましがります。

Kさん

「ああ、今日はお前さんらが好きにして良いが、ビデオに撮影して、後でこのひとのご主人に渡す約束だから、しっかり興奮させる映像を撮ってほしい」

三十代の男性(仮にBさん)は

「ほんとうに大丈夫ですよね、あとでごたごたは困りますよ」

と年の功で、やや心配ぎみ。

Kさん


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年1月20日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【小中学生と】部活の先輩のおもちゃにされた5【エッチ】

 翌日、いつもの通り、部活の倉庫に行くとB、C先輩は現れませんでした。(生理みたいです)

 A先輩が一人で待っていました。

 A先輩「M君、昨日はゴメンネ!本当はあんな事したくなっかただけどC子が怖いから....」

(後に分かった事ですが、B先輩とC先輩はチョット不良ぽく問題児でした。)



 A先輩「M君、今日は何もしないから帰って良いよ!」

 憧れのA先輩と二人きりの絶好のチャンスを迎えました。今、告白すればと思い

  

 「A先輩、ずっと前から好きでした。お願いがあります。先輩とSEXがしたいです。」

 A先輩「私も、M君の事が好きなちゃたみたいでアソコがムズムズするの!」

 「でも、妊娠したら怖いから…スキンも無いし。ゴメンネ!!」

 「じゃあ、外に出せば良いかな?」

 A先輩「でも、M君我慢出来なくて中に出したらマズイから」

 「外に出す練習すれば平気じゃない?ダメかな?」

 A先輩「少し考えてみる。…暫くすると、手でするから練習してみる?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年1月20日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【姉と】俺の実の姉、瑞樹ちゃん 1【エッチ】

姉がいる人はだいたい姉の事お姉ちゃんと言いますよね

でも僕は姉の事を瑞樹ちゃんと呼んでましたそんな僕の姉、瑞樹との話です

僕は姉が大好きです。もちろん理由はいくつかあります

まず見た目が可愛いと言う事が一番です。自分でいうのもあれですが、かなり可愛いです

小西真奈美とほしのあきを混ぜて猫系にした感じのルックスです

そして姉はモテます。姉が勤めていた(姉はよく仕事をかえる 笑)

ある会社では面接の時一目惚れされ告白されてその男と付き合ってました

また、姉が車を買いに行くとき車屋の上の方の人?にも口説かれていました

その人とは見た目がかっこよかったと言う事もあり、姉も好きで付き合ってたん

ですけどね結局別れましたけど

めちゃ男を乗り換えていました。決まって姉から振るんですが

なぜ僕がこんなに姉の恋愛事情を知ってるかと言うと姉は恋の悩みなどよく母に

相談してましたからね。まぁ僕は横で興味なさそうに聞いていて実は

姉のエロい姿で抜いていたんですけどね(笑)

とにかくめちゃ可愛い姉何です。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年1月20日 | エッチ実話カテゴリー:姉との体験談

【小中学生と】部活の先輩のおもちゃにされた1【エッチ】

中学に入学し陸上部に入部した夏の日のことです。

昼休みに体育館の入口で校庭の方をボンヤリ眺めていたら、部活の先輩3人がボールで遊んでいました。

 

 先輩たちは3年生で中学生にしては、胸もお尻も大きく成熟していてかなり魅力的でした。

特にA先輩は、とても可愛く大きな胸が印象的でした。

 

 先輩たちのバレーを見ていたら、スカートが捲れてパンツがチラチラ見えていました。

 ラッキーと思い気付かれない様にしばらくの間、パンチラを覗いているとB先輩が見られている事に気付いた様で

A先輩とC先輩に耳打ちしていました。

 ヤバイ、気付かれたと思い下を見てシカトしていました。

 キャーキャーと先輩たちのハシャグ声が聞こえたので気付かれない様に見ると、足を振り上げボールをキック

していて、スカートが捲れてパンツがモロ見えていました。

 これはと思い凝視してしまいました。3人ともパンツ丸見え状態で、A先輩はパンツが食い込み大陰唇がはみ出て見えてる。

B先輩も食い込み陰毛がはみ出ているのが判りました。C先輩もやはり陰毛がはみ出すくらいパンツが食い込んでいました。

 我慢できず暫く凝視していると、myチンポがギンギンになっていました。ここでオナニーは出来ないでもしたいと衝動に…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月19日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生と】興味津々【エッチ】

俺は中3の時、

とんでもない。

幸運に遭遇した。

中2の時に、小6の彼女と初Hを、済ませ、Hにはまり、彼女と会うと、周囲の目を盗み、彼方此方で、Hした。それが、嫌だったらしく、彼女から、私が好きなの?、それとも、Hが好きなの?、と詰め寄られ、

思わず、Hって答えて、ブチ切られて、別れた。

今、妹麻衣子小5のグループ4人が、家で、お泊まり会をよくする。

元カノの妹も、グループの1人だから、気まずい。(俺だけ思ってるかもな)、夜長まで、ガヤガヤうるさい、隣の部屋の俺には、大迷惑だ。

しかも、ゲームソフトや漫画を、俺の部屋に、ノックもせず。ズカズカ出入りするから、オナニ-もろくにできない、母親は、麻衣子に超アマアマで、苦情を言うと、今は、そう言う年頃なのよって、冗談じゃない。AVも見れやしない。ある日、帰宅すると、もう、集まり、ワイワイしてる。部屋にこもると、何やら違和感を感じる。はっとして、

ベットの下を覗く。H関係の隠し場所だ。1、2、3、、、、AVが1枚足らない、しかも、ノーカットだ。麻衣子の部屋のドアに、耳をあて、様子を伺うと、どうやら見てる様だ。

心頭で、部屋に入り。AVを回収して、部屋に戻り。隠し場所を変えて、妹とその仲間、特に元カノの妹に、Hコレクションを見られた。恥ずかしさと、性癖を知られた恥ずかしさが、入り交じり。忘れる為に、親父の缶酎ハイを拝借し、酒の力を借りて、爆睡した。すると夜中に、コソコソ話し声が聞こえた。

うっすら目を開けると、俺の下半身を覗きこみ、つついたり、擦ったりしている。麻衣子たちが!。………俺は、様子をみる事にして、聞き耳をたてた。

ねぇねぇ。柔らかいよ?。

触れば、固くなるのかなぁ?。

(手加減なしで、触っている)。

少し痛いから、半たちだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月17日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【姉と】まさか、姉が…(2)【エッチ】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。

家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。

なので気持ちはけっこう余裕がある。

姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、

のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。

そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。

見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。

それが何の話か解ったのは、

祖母の入院から2週間経った頃。

祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、

退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。

単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。

ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。

なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。

そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月15日 | エッチ実話カテゴリー:姉との体験談

【姉と】まさか、姉が…(1)【エッチ】

たぶん、長くなります…

ボクが幼稚園の頃、父親は他界した。交通事故だった。

家に残されたのは母親と祖母、ボクとボクの姉。

まだ幼かったボクは、住み込みで働き始める母についていくことになった。

姉のユキは、実家で祖母と暮らすことになった。

ボクが小学校2年生になってからは、

夏休みや冬休み、春休みなど学校が長い休みになると、

その期間だけ実家に戻ることになった。

ユキねえと呼んでいたボクの姉は、 ボクより3歳年上。

5年生のユキねえは、ボクの宿題を見てくれて、

宿題がよく出来ると、ユキねえはちゅうしてくれた。

「まこと(ボク)、すごいねー!ちゅっ」

それが嬉しくて、宿題も頑張った。

ボクが3年生になっても、同じような休みを過ごしたけど、

6年生になった姉は自分の勉強に一生懸命になっていたので、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年1月15日 | エッチ実話カテゴリー:姉との体験談

【小中学生と】ブラザーコンプレックス 1【エッチ】

中1の夏の出来事何だけど、

絶対に後悔は、

していない。



俺には、小学5年 の妹、美希がいる

美希は、とにかく俺から、離れない下校時も、校門で俺を出待ちする。彼女が、出来たらデートにも、

ついて来る始末、

母子家庭で、

美希が小さな頃に父は他界したから

俺が父親代わり、見たいな感じも、手伝ってか、

愛情がハンパない

二段ベッドの

上から覗き込んで俺が寝るまで、

話し掛けてくるし

風呂も一緒に入りたがる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年1月15日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【職場で】陽子のおもいで 最終章 今もいまとて・・・【エッチ】

陽子は完全に綾子の存在を受け入れたようです。

邪魔者にするより一緒に楽しもうという姿勢です。

ぼくも2匹のメスも部屋にいるときは素っ裸です。

いつでも交尾が出来るようにとのことです。

この体験記を書いている今も、机の下で陽子は2匹のメスが僕のチンポをしゃぶりながら互いのオマンコを余った方の手でベトベトにしながら弄ってお互いの体に快感を送り込んでいるのです。

2匹の求めてくるモノはぼくの精液に留まらなくなってきています。

ぼくの身体そのものはもちろんのこと、ぼくの身体から出るモノ全てを欲しがるように成ったのです。

特に陽子の変貌ぶりには目を見張ります。

精液を飲むことには本来まったく抵抗はなかった、と言うよりオマンコに受け取るより口で受け止め飲み干す方が好きでした。

そしてション便も精液のついでに飲むことは躊躇しませんでしたが、クソを食らうことだけはしたがらなかったのですが、綾子の影響で口にするようになって、今では食べているところをぼくがじっと見ていても平気で、美味しそうに飲み込んで何も口の中に残っていない様子を見せてくれます。

綾子はもう一つ上手を行っていて、ぼくのクソを顔や胸に素手で塗りたくりウンコパックだといってトイレや風呂場で遊びます。

ですから、ション便がしたくなってもウンコが出そうになってもぼくはトイレに行く必要も有りません。

「ション」というとチンポを、「クソ」というと肛門に、その時一番近くにいるメスの変態女が飛びついて美味しそうに飲んだり食ったりしてくれます。

ソファーに座っているときなどは、ソファーの上に足を上げて背もたれの方を向いてウンコ座りをすれば、拡げた股の下にどちらかのメスの顔が必ずやった来て上を向いて口を開け今か今かとション便やクソが落ちてくるのを待ちかまえています。

クソも肛門から出た直後のものはあんまり臭くないんだそうで、綾子は特に最近お代わりをねだってきます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月14日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【職場で】陽子のおもいで  第22章 2人はつねにあなたのモノ・・・【エッチ】

急行の止まらないその駅で降りて商店街を通り綾子の住むマンションへと向かった。

流石にこの辺に来ると土曜日でも会社に向かって通勤する人の姿がちらほらと見えるので、陽子の綾子も変なことをしないでおとなしく歩いていた。

途中コンビニに立ち寄り、食料をやたらと買い込んだ。おそらく2人の計画では、一端部屋に入って事を始めたら夜まで、いや明日まで・・・もしかしたら明後日の朝、会社に行くまで変態で淫靡でとことん淫乱な3人の世界を繰り広げるつもりなのだろうと思った。

その証拠に、マンションに着く前だというのに陽子はオマンコがビチョビチョになってしまったと訴えてくるし、綾子はピアスがクリトリスを擦って逝ってしまいそうと歩いている途中で民家の壁に手を付いて片手でスカートの中に手を入れてピアスの位置をずらす行為をしだす始末で、マンションの部屋まで待てないと訴えかけてきた。

歩きながら辺りを見ると公園があり、公衆便所が設置してあるのが目に入ったので、そこで体勢をを整えるように促して2人を送り込み、外のベンチで待つことにした。

5分ほど経ったころでしょうか、なかなか二人が出てこないので様子を見に行くことにしました。

入り口を入ると左が男性用、右が女性用となっていました。綾子のもだえるような声が聞こえてきます。

やっぱりだ、と思ってその声のする方を見てみると、男子トイレの方から聞こえています。

「なんで・・・」と思いながら男子トイレの中を覗いてみると、小便器が五台大便用の個室が三室並んでいるのですが、その一番奥の個室から綾子の声が漏れてきています。

ぼくはその個室の前に立ち、中の様子を伺いながら喘ぎ声が途切れたのを確認してからノックしてみた。陽子の声がした「・・・雅之なの?・・・」小さな声が帰ってきた。

「2人とも中に居るんだろ?・・・大丈夫なのか?」

「綾子が大変なの・・・」「入って良いかい?ぼくも・・・」

「入ってきて早く・・・」こんどは綾子の声だ。

そして「カチッ」という音がして、鍵が開いたのがわかったのでドアノブを押した。

ぼくの目に飛び込んで来たのは、綾子のむき出しになったお尻と肛門そしてその下でマンコ汁に光って腫れ上がった様に捲れあがった蜜壺とその周囲をピアスが蠢いていた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月14日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ