ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】美和子物語 芳田さんとの再会【エッチ】

美和子物語 芳田さんとの再会 ・・・子供を連れて実家に戻ってきた当時のお話です。

子供が風邪気味でしたので大学病院の小児科を訪れました。

30分位して診察の順番がきました。

子供の手を引いて診察室に入ります。医師が子供の症状を観察していました、カルテに記入しながらお話をしました。

なんと、医師は高校の同級生でした。

オーケストラでご一緒していた芳田さんでした。

美和子はフルート、芳田さんはチェロでした。

毎週の練習会でお顔を見ていましたが、二人きりでお話をした事は有りませんでした。子供の病状は初期の風邪でした。

安静にして休ませておく様にとのアドバイスでした。

週末の土曜日の午後に芳田さんからお電話が有りました。子供の病状を気遣っての事でした。

経過が良好ですとお答えしました。

その後で美和子さんはあこがれの人だったと言われました。

長身の彼は美和子の後ろから見下ろして胸を見ながら・・・。夫と離別して岡山で暮らそうと思っていると打ち明けました。

翌日の土曜日はボランテア活動の日でした。集会の後ならお会いできると言いましたら、彼も承知しました。その、土曜日になって一人で出かけました。

白いスーツを着て・・・。ショーツも白でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2015年1月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】美和子物語 男性器の締め付け方を覚えました【エッチ】

美和子物語 男性器の締め付け方を覚えました先日、東京で術後の検査を受けました。

待合室で30歳過ぎの女性とお話をしました。

彼女は既婚者でした。

その他にも10年来のボーイフレンドが複数居ると言っていました。お一人は職場の上司だそうです。

勤務時間中にホテルでの逢瀬を重ねているとのことでした。

毎週、週末の金曜日に複数の銀行へ出かけて会社の預金残高確認証明書の発行依頼をしているそうです。

その帰途に、ホテルへ立ち寄ってベッドを共にしているとのことでした。その事を肯定も否定もしないでうなずいて聞いていました。

勤務先の上司は入社以来のお付き合いでも有るとのことでした・・・。

ホテルへ到着しますと携帯で連絡して彼が待つ部屋へ出かけます。

お部屋に入りますと、彼が洋服を脱がせてくれて乳房の愛撫から始まってクリへの執拗な愛撫が続くとのことでした。お互いが最初の満足感を得ますと、バスルームへ移動して彼のお腹に乗っかって乳房を愛撫されるのがコースだそうです。

彼のジュニアが元気になれば、バスルームの壁に手をついて後部から立位で合体するそうです。

彼が爆発しそうになると、運動をセーブして射精を長引かせているそうです。ベッドへ移動して、彼が上向きになって彼女が騎乗位で上下して攻めるそうです。

ここでも、彼の射精が近づくと中断です。彼女がベッドで上向きになって彼を正常位で迎えます。

彼が猛烈に運動しますとすぐに射精だそうです。その後で、彼のジュニアをお口で舐め回して引き続いて勃起を促します。

元気なジュニアを彼女自身へ受け入れて連続しての交接です。彼女は膝を立てて彼を迎えます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2015年1月19日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】恵子1【エッチ】

さほど昔の話ではないが、恵子という彼女と付き合っていた。

付き合った期間は、6年間で、彼女の処女をもらったのも俺である。

普通にデートして、もちろんセックスも自分の好みに仕上げていった。

他の男を知らないので、洗脳と言う訳ではないが、それに近い物はある。

好みに仕上げるのは、余計な情報が無い分だけ、結構簡単だった気がする。

身長154cm B:85cm(D) W:60cm H:90の体型は、好きな男なら

たまらない体型だろう 他の男を知らないなんて今考えるともったいない気がする。

性感帯もかなりあり 胸やマンコ以外は、首筋 耳 鎖骨 手足のの指の付け根

わき腹 など数十箇所以上あり全体的な感度もなかなか良いほうで、

胸は、大きいが感度は、とても良いほうだと思う

乳首にいたっては、舌先で突付くだけで体が答えるほどだ。

また愛液もかなり多く出る女で、セックスが終わるとシーツが濡れるのは、もちろん

マンコから大量の白く白濁した愛液を垂れ流す女でもある。

フェラは、八重歯が、当てるので、なかなか上手くならなかったが、

舌で舐め上げたりペニスのカリや裏筋など感じるところや強弱をつけたりする事や


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月6日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.2【エッチ】

2008年10月18日(土)

こんにちは、尾名ルカです。

この前の続きですが、私は家庭教師をしている教え子の健児君のおもちゃにされていました。

私自身も最初はレイプ同前にされたにも関わらず、今では健児君の家に行ったと同時に全裸にされて、前戯も無しに入れられてもイキまくってしまう女になってしまいました。

いつも前戯もされてないくせにアソコはいつもビショビショで、それを言葉で責められると、もっと濡れてしまいました。

そんな関係がしばらく続くと、たまに健児君が「ハメ撮り写真撮らせろ!」と言ってくる時がありました。

もちろん私は恥ずかしいので、「無理よ、それはダメ!」と言ったのですが、「じゃあ、もう家くんな、今日で終わりな!」と言われてしまうと断れなくて、何枚か写真を撮らせた事がありました。

写真の内容は、裸で両足を広げて自分の手でアソコを広げている写真や、中に出したあとの精液が出てくる写真、あとは入れている最中に私がイっている写真などです。

撮らせたあとは後悔しましたが、結局断れないので泣き寝入りしかありませんでした。

そして、そんな写真の事は忘れかけていたある日、もう一人の教え子の靖史君の所へ行きました。

靖史君はいつもよりもさらに静かで元気が有りませんでした。

私は気にせずに勉強を始めようとすると、靖史君が話しはじめました。

靖史:「先生、ちょっとコレ見て欲しいんだけど・・・」

ルカ:「ん?何何?」

私は一瞬心臓が止まるかと思いました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月31日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.1【エッチ】

こんにちは、尾名ルカと言います。

まずは私の紹介ですが、私は昔から優等生グループだったので、性格はすごく大人しくて、見た目も地味な方です。

顔はアナウンサーの「中野○奈子」さんに似ていると言われます。

胸が小さいのがコンプレックスですが、乳首の感度がすごくイイらしくて、乳首だけでイクことが出来ます。

小学校の頃からオ○ニーをしていたんですけど、知識も無くて友達にも絶対聞けなかったので、かなりの間オ○ニーは乳首でするものだと思っていました。

学生時代はずーーーっと真面目だった私は、友達にも当時の彼氏にも言えない変態的なところがありました。

私は男の子と話すのも出来ない恥ずかしがり屋なくせに、人に体を見られたり、外でエッチな事をするのに異常な興奮を覚えます。

でも自分からは絶対に言えないので、付合った男性が変態だと、本心はメチャクチャ嬉しいです!

そんな私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。

当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。

就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。

教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。

後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。

そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなくて、オタク系の男の子でした。

私は当時彼氏もいたので、新しい出合いを期待していた訳ではありませんが、出来ればかっこイイといいな!とは思っていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年12月31日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】戸田エ○カ2【エッチ】

今日は僕が上がりの時間になり、立ち読みしていたときに来ました。

今日は女性向け雑誌を立ち読みした後、いろはすと果汁グミを買ってました。

でもタンクトップみたいな服だったので、さすがに中は見えませんでしたが、小さな谷間と見せブラと、しゃがんだ時にジーパンから少しパンツが見えました。

なんか、チャラそうな男が『戸田エ○カじゃないっすか!?マジ、ファンなんすよ!えっ、家近いんすか?俺、車なんで送って行きますよ!』って、やたらアピールしてたんですけど、『いや、いいです。』ってめちゃくちゃ無表情で帰って行きました。

どうやら軽そうな男は嫌いらしく、好感度が上がりました。

ちなみにその男は友達に電話で戸田エ○カと会ってナンパしたことを自慢気に話してました(笑)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月27日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】長身女子のエッチ1【エッチ】

ぼくの高校では”ヲタク”と”DQN”と”リア充”という基本的三つの人たちがいた。

ぼくは言うまでもないが”ヲタク”だ。さらにぼくのいる2年B組の男子はヲタクということで周りからあまりいい目では見られなかった。

2年B組は男子がヲタクというだけで女子はDQNが大半を占めている。DQNは嫌いだが、うちの高校のDQNは体つきがエロいやつばかりでよくオナネタにしていた。ある日、ぼくのクラスでは席替えをすることとなった。今の席はなかなかよかったので残念だと思いながらクジを引いた。

席を移動し周りの人を確認する。

前の席はいつもオナネタにしている「ノノ(偽名)」というDQN女子だった。ぼくはラッキーだと思いながらその日の授業を受けた。

ノノはすごく背が高く体つきが以上なくらいエロい。ぼくは前から漂ってくるノノの匂いでなんども勃起した。そんな日が何日も続き、ぼくはある作戦を決行することにした。その作戦とはノノの着替えを盗むということだ。

さっそくその日の体育の時間保健室に行くフリをして女子更衣室に忍び込んだ。

入った瞬間女子の匂いが漂ってきてくらっとなった。

すごいどきどき感のなか、ノノの着替えを探した。

数分後、とうとう見つけた。黒いストッキングに制服と靴下があった。ぼくはストッキングを盗んだ。家に帰りさっそくオナった。ストッキングはすごくいい感触ですぐイってしまいそうになった。次の日この作戦が学校問題になっていたことはまた今度の機会にお話しよう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月24日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】職務質問2【エッチ】

さっき巡回してたら友達の車を見つけてふざけて止まらせたら違う車でした。

中から出てきたのは女の子で、ショートヘアの長沢まさみ似でした。

疚しいことがあるのかキョドっていて、免許証を提示しろって言ったら「ごめんなさい!見逃して下さい!」と言った。

話を聞くと、まだ高2で無免許運転だった。

酔っ払った友達の代わりに運転していたらしい。

俺はいつものように脅してヤるのもいいけど、前回のペットみたくなつかれるのも気持ちの良いものだったので、「じゃあ代わりに僕が運転してあげるから後ろに乗って」と言って、バイクを駐車場に停めて送ることにした。

女の子は驚いていたけど、「内緒だよ」って優しく微笑むとハニカミながらうつむいて「はい…」と言った。

その友達の家まで言って友達を下ろし、その娘を送ってる途中は質問責めだった。

「彼女はいるんですか?」「どこに住んでるんですか?」

「どんな娘が好みですか?」

「…私はダメですか?」

最後の質問には無言でキスをして答えた。

女の子はすごく嬉しそうに僕に抱き着いて、携帯を聞いてきた。

車の鍵は明日渡すことにして女の子を送って車でバイクのところに戻り、そして今に至ります。

さっき、お休みメールとキス顔写メを送ってきました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】精力は遺伝する?(1)【エッチ】

僕は6人兄弟の末っ子です。

小さい頃はそういう風に考えた事はなかったのですが、自分がセックルをするようになってから思うことがあります。

それは「精力絶倫は遺伝する?」ということです。

一番上の姉とは18年程離れていて、僕は父が40歳で母が38の時の子です。

僕が高校に入ってからですからすでに父は55を過ぎていたと思うのですが、両親のそれを目撃した事があります。

その日は放課後補習が入っていたのですが、先生の急用で中止になり、予定よりも2時間程早く帰宅しました。

自分のカギで玄関に入って戸を閉めると1階の奥の両親の寝室からなにやら変な声が。

どうやら母の声のようですが、いつものトーンではありません。玄関でそのまま聴き耳を立てると低い父の声もします。

さすがにその頃には男女が愛するという意味も知っていますから、すぐに気がつきました。

『見てはいけない』という良心もありましたが、好奇心の方が勝りました。

そっと靴を脱ぐと廊下を歩き、リビングを通り抜け、キッチンの向こうの襖の傍に。

隙間からそっと覗くと、見えました!

畳の上にちゃんと布団を引き母が全裸で仰向けになり股を開いています。

母の尻の下にはバスタオルが敷いてありました。

その上に父が覆いかぶさり母の足の間に腰を打ちつけています。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年12月15日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】車内で女子高生が2【エッチ】

をそらしました。

外を眺めてると

「やっ・・」

と、微かな声が聞こえた。

振り返ろうとしても、やっぱり、外人が、こっちを見ていたが、気になり、チラっと見ると、外人が、女子高生の胸を、服の上から揉んでいた。

え?ヤバイ?と思った瞬間、私の反対側の外人が、ナイフを出し、鼻に指を一本あて、「黙ってろ」と言わんばかりの、ジェスチャーをしていた。

何とも言えない恐怖と何が起こるのか?という好奇心で、一杯だった。

そして、しばらくたつと、駅に着いたが、誰も乗って来なかった。その時、何気なしに見ると、女子高生は、隣りの外人に、服の下から手を入れられ、直に揉まれいて、前にいる外人には、スカートの中に手を入れられていた。

女子高生は、怯えた表情で、俯いていた。

そして、外人は、女子高生を連れて、車両に付いているトイレに入って行った。

それから、一人出たら、一人入るという感じだった。

まさか、トイレの中でレイプ?そして、二つ目の駅に着いた時には、外人は降りて行き、その次の駅に着いた時には、女子高生が降りて行き、少し服装が乱れていた。

結局、何があったかは、分からないが、多分、トイレで、イヤラシイことをされたのだろう。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年12月12日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ