ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻と】職場の妻【エッチ】

妻は30歳、短大を出てすぐに会計事務所に就職しました。

妻は奥手で短大の卒業式の日に始めての男性経験を持ちました。

その相手が私なので、妻は男性を私しか知りません。

妻がその会計事務所に勤めて7年ほどが経っていますが、

一年ほど前に私の大学のときからの親友が偶然その会計事務所に就職したのです。

ある日、その親友から電話があり

「おまえの奥さんと会ったよ」というのです。

「どこで?」

「俺、転職したんだけど、今度の勤め先に行ったら奥さんがいて驚いた」

という内容でした。

まあ、そんな偶然も、どこにでもあることだろうとそれほど気にもせずにいました。

その電話から一ヶ月ほどたった頃、またその親友から電話があり、お茶でもしないかと誘われ

久しぶりに会うことになりました。

親友は事務所での妻の仕事の話を始めました。

まず、その事務所は女性スタッフが妻だけということ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年9月30日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】仕事が出来ない同僚【エッチ】

最近の不景気で、私の会社も人員整理が行なわれている。

そんな中、1人の男が私の部署に配属されてきた。まぁそんなに大きな会社ではないので、見た事はあったし

ちょっと有名な人物だった。彼は、35歳でちょっとデブな不衛生な感じ。しかも仕事も出来ないみたいで、いつも

怒られていた。

実際、一緒に仕事した事も無かったので、噂話で聞く程度だった。(彼の名は、阿部)



阿部「今日から、こちらに配属なりました。阿部です。ヨロシクお願いします」  かなりスローテンポな話しっぷり・・

課長「そんな訳だから、みんなヨロシク頼むよ。教育は佐藤さんヨロシク!」  佐藤は私です。

私 「私ですか!え~」

課長「そんな事、言わず頼むよ」

阿部「佐藤さん、よろしくお願いします」



そんな訳で、彼と一緒に仕事をする事となった。初日早々、噂どうりの人だった。何と言っても、仕事が遅い!

普通10分で終わる仕事も30分はかかる。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||

2014年9月23日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【エッチ】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月22日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】マッサージをする家内【エッチ】

街外れに温泉施設が出来た。

施設内には、風呂が3種類とサウナ・マッサージ・ゲームコーナ・憩の場が設置されている。

客は、家族連れやご老人が多く見られた。

開店当時は賑わっていたが、最近は人気が少なく特に平日は老人の溜まり場だそうだ。

長年勤めた会社も不景気になり、家内は会社を辞めた。

私42歳、家内38歳

子供もまだ、中学生と高校生とお金が掛る年頃で、家のローンもあるので私1人の収入では

厳しい状況だ。

家内も仕事を探したが、こんな御時世正社員など中々見つからず、半年が過ぎていた。

そんな時、友人の勧めもあり、温泉施設で働く事になった。

自給も他より良く、家内の友人も働いていると言う事で、安心していた。

仕事初日、妻はリビングのソファーに座っていた。

私 「どうだった仕事」

家内「思ったより大変!」

私 「内容は?」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年9月22日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】青春の思い出2【エッチ】

8年前の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合った、パート社員の美人な人妻さん34歳に一目惚れしてしまいました。その奥さんは優しい人で仕事を教えてくれたり色々お世話をしてくれたり悩み事を聞いてくれたりしました。会社でも人気者の女性で、皆が奥さんを狙っているような感じがします。

奥さんは気さくな感じで良いキャラです、会社の中で新人で一番若い僕と話している時は何時も自分の事を「オバチャンは…と言います」顔は黒木瞳に似ていますが身長は165cm有り、巨乳で少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。体全体から色っぽいオーラを出していました。

 入社して半年位経ちました、ある日奥さんが顔を腫らして暗い顔で職場に来ました。僕が心配して「顔はれてるよ…何か有ったの?と話しかけると」奥さんは「これは何でも無いの…オバチャン大丈夫だから…」と言いました。僕は絶対家庭内で何か有ったと心配でした。

 定時日だったので奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので、僕は奥さんを食事に誘いました、居酒屋でお酒を飲みながら奥さんの不満や、旦那の暴力やEDで最近SEXレスで旦那に対する奥さんの不満話を真剣に聞いてあげました。

 話の始めの方は奥さんの顔ばかり見ていて気に成りませんでしたが、話を聞いているうちに段々と僕の目線は奥さんの胸の膨らみや白い綺麗な脚ばかり見てしまっていました。若い僕は溜まら無くなり、お酒の力も手伝い…自分の今の気持を正直に奥さんに告白しました。

 奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど…オバチャン…人妻だからゴメンネ…」と言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが、居酒屋を出た前の歩道の所で僕は溜まらず「好きだ~」と言いながら奥さんを後ろから「 ギュ~ッ」と抱きしめてしまいました。我に返り「僕は何て事をしてしまったんだ今、断られたばかりなのにどうしよう?」と心で叫びました。思わず体が勝手に動いてしまいました。

 奥さんが「ビックリ」した様子で正面を向いた所で僕はもう一度「ギュッ」と強く抱きしめました…奥さんも僕の背中に手を廻してくれました。僕は奥さんの目を見つめました。何時の間にか二人は唇を重ねていました。舌と舌を絡め合いお互いの体液を交換しあう様な激しくて長いキスでした。

 通行人も皆見ていましたがそんな事気にしないで、歩道の上で舌を「レロ.レロ」し合い「ペチャ.ピチャ…」音を立て人目も気にせず舌を絡ませ合いました…完全に其の場は2人の世界に嵌まりました。

僕は勇気を出して奥さんの手を握り締めました奥さんも握り返してくれました。其の後2人は近所のホテルに行きお互いを貪る様に愛し合いました…

 部屋の中に入ると奥さんは何も言わずに急に服を脱ぎ始めました。

僕は「うわっ…奥さんスケベ?行き成り脱いでる…」とドキドキしました。

奥さんが「ほら見て…このオバチャンのだらしない体…もう胸も垂れてるでしょ?人妻だし…若くないのよ」と言いながら恥ずかしそうに僕に全裸を見せてくれます。

 僕は「奥さんの体綺麗です…僕は奥さんが大好きなんです」と言いました。奥さんの裸体は確かに年相応に胸が少し垂れ気味でしたが白い肌が綺麗で、何とも言えない様な熟女らしい妖艶さが有りました。奥さんの体は少しだけポチャですが、脚も長くて綺麗ですし腰のクビレも見事です。裸体を見ているだけで僕のチンポは「ビンビン」に硬く成ってしまいました。

 僕は奥さん入れてもまだ2人しか女性経験が有りませんのでSEXテクニックは殆ど皆無でした。とりあえず2人で一緒にお風呂に入りました。お風呂の中で再び抱きしめ合い貪る様な「体液交換とも言える」キスをしました。其の後奥さんが自分の事を話し始めました。今までの男性経験人数や処女喪失年齢まで教えてくれました。奥さんの男性経験は旦那を入れて10人位だそうです。初体験は高校時代の17歳の時と僕に告白してくれました。旦那との間に子供はまだいないそうです。

 26歳位の時に旦那と知り合い27歳で結婚したと聞きました。旦那と知り合う前に交際していた元彼に、散々肉体をもて遊ばれて性奴隷にされて妊娠が発覚すると彼の態度が急変し…最後は捨てられて…元彼の子供を2度も堕した事が有ると言う事まで僕に話してくれました…旦那も知らない秘密まで奥さんは僕に話してくれました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年9月18日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・【エッチ】

美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・

美和子の自宅は岡山駅の近くです。

自宅の隣接地に町内会が管理する駐車場が有ります。

自宅へは市道から共有地の私道を経て出入りします。数ヶ月前ですが所属するボランテア団体の事務局職員のお方から不名誉な噂話が耳に入りました。

隣家の老夫婦がニュースの発信元だと分かりました。美和子の家の裏庭では野菜畑や果樹が数本有ります。

父が健在時には手入れをしていましたが父母が亡くなってからは耕作しないで隣家のご夫婦にお貸ししていました。竹下さんは週末にお越しになっていましたから、事前に彼の自動車が駐車できるように共有の私道をあけて居ました。

そのときは、美和子の赤いHONNDAは町内会の駐車場へ移動していました。隣家の老人夫妻は竹下さんが来宅の事はご存じないと思っていましたら・・・。

週末に美和子さんのボーイフレンドが来られる時にはご自分の車を駐車場へ移動して来客用に私道をあけておられる・・・。

との事でした。週末にはボーイフレンドがお泊まりになっている。

早朝にお帰りになることも有るが、お昼頃までおられる事も多いと・・・。

玄関横の潜り戸を通れば畑へ行けるので隣人が自由に利用されていました。

常識的な老人夫妻でしたから他人の事を詮索されるなんて予想もしませんでした。

畑で野菜類が収穫出来れば半分は頂いて居ましたから・・

夜に仲良し会をして、朝からも交わるのが常でした。

美和子が騎乗位になって、激しく燃えているときには通路にお声が漏れていたみたいでした・・・。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月14日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】妻の告白(ツアーガイド)【エッチ】

数日前、妻から衝撃な告白をされた。

今から10年前、妻は某旅行会社に勤めた。

人と接する仕事がしたいと、ツアーガイドになった。

現に私も、会社の旅行で妻と知り合ったのだ。

10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。

偶然、私も出張で県外に行く事になりました。

仕事も終わり、打ち上げと宿泊を兼ねて大きな温泉旅館に向かっていた。

私の他には、同僚2人と現地の会社の従業員5人の8人で2部屋に分かれて泊まる事になった。

宴会場は個人まりとした小さな部屋だったが、食事の内容も豪勢で満足していた。

酒も進み、大分盛り上がった頃、私達の隣には団体客が居たらしく、そちらも大盛り上がりだった。

トイレに行きたくなった私は、部屋を出てトイレ目指して歩いていた。

隣は大きな大広間で、襖が開いていて中が見えたが、30人からの団体だった。

トイレに入ると、混んでいたので大きい方に入った。

少しすると、団体客だろうか?話声が聞えた。

「あのツアコン最高だな!パンチラ全開だよ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月9日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】女性向き風俗【エッチ】

俺は、風俗嬢ならぬ風俗坊だった。切っ掛けは、SMバーのM男だったんだけど、オーナーが新しいスタイルを考えた。

M男ショーの客層は、年輩の女性とゲイのおっさんで、女王様ならぬ、お姫さまプレーの風俗だ。客層は、述べた通り、年輩の女性で、個室に入り、客が満足するまで、犬の様にアソコを舐める。本番はせずに、バイブとローターと指と主に舌を使う。40オーバーの客層のアソコは、加齢臭にもにた、香りを放つ、俺たちに選択権は、無いから、美味しくいただくふりをする。たまに、30代の客も当たるけど、ブスかデブが関の山だ。大抵の客は、本番を要求するけど、絶対しない。だって客は、プレーで、興奮してるけど、俺は、勃起しないよ。金のためってね。

でも皆、基本は、M男だから、命令口調と、情けない姿の自分をって、考えたら、ある程度は勃起する。いわゆる半立だね。他の面子は、結局チップ貰えれば、本番するらしい。自分は、性感帯の殆どがアナルだから、客がフェラチオして、勃起させられても、断ってる。一様、店の禁止行為だしね。

だから、客からクレームがくる。

オーナーは、禁止ってのは、建前だって、事情を話すと、ならって、違う客層を斡旋してきた、そう・・・ゲイの客だ。

オーナーとの約束で、俺からのフェラチオは、無しでって事で、了承した、しかしね。

それが、たまんないんだよな。

アナル好きなら、失神する程の気持ち良さなんだよ。

今、俺のアナルは、ゲイの893親分さん専用で、月に小遣い100万円と、マンションを、買ってもらったよ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月9日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】ワールドカップの観戦中の出来事 (親善試合)【エッチ】

最近の出来事になります。妻・千夏33歳は、サッカー好きで地元Jリーグのサポーターでもあった。

 <妻のプロフィール>

  ・小さな工場の事務員。顔は童顔だが美人!色白肌に体毛は薄い(マン気は剃っています)

   身長161cm 体重50k? B88W62H93って所でムッチりボディだと思います。

   M系で、酒が入ると特にエッチ度が増します。(飲み会は注意が必要なんです)

   サッカー観戦中は夢中なので、多少の悪戯も気にする事はありません。

   (いつも自宅観戦中は後ろに回り、胸やマンコを触るのが日課です。夢中で見ていますが、濡れます)5/30 ブルガリアとの親善試合。

その日、職場はサッカー好きが集まり親善試合の話で盛り上がっていました。

2つ年下の竹下は、根っからのサッカー好き!地元Jリーグのサポーターでもあり、妻とも面識が

あり一緒に自宅で観戦する事もしばしばでした。

「先輩!今日親善試合見ますよね。俺!遊びに行っても良いですか?」

「良いけど・・・」

「1人で見てるより、大勢の方が楽しいし・・・」

「そうだな!じゃ帰りに寄ってくれ」

「は~い」就業時間を終えると、サッカー好きはいつもより帰宅が早く職場は静まり返っていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年9月8日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】人妻を喰らう。1つの方法。【エッチ】

俺の、ナンパテクを、紹介する。

俺は、人妻専門のナンパしかしない。遊ぶ女は、人妻にかぎる。後腐れないしな。飲みに、連れ出せば、ほぼ100%落とす。

やり方は、単純だ相談を持ちかける。こんな風にね。

俺…あのさぁ、

相談が、有るんだけど……。

人妻…何なの?。(焦らしながら)。俺…アレが、ダメ何だよ………。

人妻…アレって、まさか。

俺…そう。勃起しないんだよ。

人妻…インポって事?。俺…まぁね人妻…全然ダメなの?。俺…嫌っ、DVDは、立つんだ。人妻…何時から。俺…3年前から。人妻…何があったの?。俺…君だから話すんだよ。人妻…秘密にするから、俺…3年前に、結婚を意識した彼女に、裏切られたんだ。人妻…そう。どんな裏切なの。俺…あの女は、女友達に、

俺は、チンポが小さいし、セックスが下手だけど、貯金が有るから結婚するってね。人妻…酷い女ね。俺…自分でも、大きさもテクも普通だと思うけど……。人妻…元気だしなよ。俺…それからは、女の裸を前にしたら、また言われるってさ。人妻…大丈夫よ、自信持って。俺…どうやったらいいのかな?。

これでほぼ、帰りは、ホテルINだね。 試してあげるって人妻から、誘ってくる。

勃起させない様にするのが、大変だが、セックスが終ると人妻建ちは、治したと、大満足して、一回肌を重ねたら、次を誘うのは、簡単だし。秘密をバラせば、またインポになると、秘密は、漏らさないし。家庭を崩さない為に、黙るからね。注意点は、

余り人妻を喜ばせては、いけない。あくまでも、ある程度喜ばせる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年9月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ