ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【浮気・不倫で】コタツの中でイカされて  【エッチ】

初めて主人以外の男性と肌を合わせてしまいました。

 私は2年前に勤めていた会社の取引先の営業マンに一目ぼれし、猛アタックの末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの25歳の新妻です。

 ちなみに私は女優の吉本多香子さんを少しふっくらさせた感じとよく言われます。身長164、B88、W60、H89とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩でした。私から好きになり結ばれましたが、初体験は苦痛だけでこんなものかとがっかりした記憶があります。

 夫が2人目でしたが、お互い深く愛し合い、またセックスがとても上手で、夫によって女としての悦びを教わりました。

 結婚前は時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸せを感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。

 あの出来事以来、自分の中に埋もれていた淫乱な一面を思い知らされました。

 この体験はハワイへの新婚旅行を終え、仲人の夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。

 上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、夕食をごちそうになり、その後はお酒を頂くことになりました。夜は冷え込み、ゆっくりくつげるようにとコタツまで用意していただきました。2人共お酒は強くない方でしたが、お世話なった上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらも楽しい時間が過ぎました。

 ところがしばらくすると夫は酒に酔い居眠りを始めたのです。

 部長さんも「少し休ませてあげなさい」と夫をそのまま寝かせてしまい、私もほろ酔い気分で旅行の土産話などに花を咲かせていましたがそのうち、膝のあたりにしきりに部長さんの手が当たるのに気づきました。

 気のせいだと思いそのままにしていましたが、その手が除々に膝から太腿にかけてゆっくり撫で始めたのです。

(いやだわ、部長さんったら、酔っていらっしゃるのかしら?)

 私は、この時不覚にもスリットの入った白いタイトなミニスカートをはいていたのです。夫の上司でもあり、また奥さんにの手前気づかれないようじっと我慢をしながら耐えていましたが、それをいいことに部長さんのいやらしい指が太腿の付根の奥の敏感な部分に触れてきました。

(ああっ いやっ 止めてください!)

 私は何度か部長さんを睨みつけ手を払いのけましたが、しつこく太腿の奥を愛撫し続けます。するとすばやい動きでパンストを膝のあたりまでずり下げてしまったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2014年8月11日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【人妻と】見られる事に興奮する私 続き【エッチ】

毎日彼らの視線に酔いしれていると、欲求は増していきました。

昼食時以外でも、彼らに見られたくなり私は、彼らが近くを通るタイミングを見計らい

ワザと通路側に椅子を回転させ、軽く股を開いた状態で机横のキャビネットを開くんです。

彼らは、私の股間に目が行くと何気なくその場で立ち止まり、靴を履き直したり、手荷物を落として

時間を稼ぐんです。何だかアイドル気分と言うか!勘違いしちゃうんです。

それだけでは無く、彼らが来る時に通路のプリンターに紙を設置しに行き、しゃがみ込んでパンチラを

見せたり、階段でワザと下から見える位置に立って見たりします。

決まって彼らは、私の真下でパンチラを見ていて、かなりの興奮に襲われています。

もう、辞められません!彼らに廻されてもいい・・・そんな思いがする位です。

そんなある日の事です。私は近くのスーパーで買い物をしていると、会社の彼(佐々木君)と会ったんです。

全く面識が無かったんですが、思い切って挨拶してみました。

すると、彼も笑顔で挨拶して来て、しかも色々話しかけて来るんです。

彼は35歳(独身!バツイチ)結構イケメンで、話上手。私は彼の話に夢中で気づけば30分は話をしていました。

正直、近くのスーパーを舐めていました。ジャージ姿で彼に会うなんて・・・ちょっと反省と恥ずかしさが込み上げて

来て、その日以来、私は外に出る時はきちんと着替える事にしたんです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年8月11日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】見られる事に興奮する私【エッチ】

最近、平凡な生活に溜め息が出る。

子供も高校生になり、全くと言っていい程、手が掛らない。

小さい頃からスポ少とか、部活の応援にと忙しい休日を送っていたが、

今では、親の出番無・・・。

夫は仕事人間で、休日も会社に行く事が多く、夜の営みは随分前に無くなっていました。

私は、今年40歳になります。

顔は、普通・スタイルは最近ちょっと下半身が太くなり始め、ムチムチです。胸はEカップ程

あり、男性から見ればエッチな体に見えるかも知れません。

そんな私も、最近ちょっと目覚めた事があるんです。

もう、20年務める会社(けっこう大手、従業員500人程)で事務職をしています。

昼休みには、食堂は多くの人で賑わいます。

私は、昔ながらのメンバーといつもの決まった席に着き昼食を楽しみます。

前は、何も気にする事は無かったんですが、平凡な生活に飽きが来ていた事と、夫との冷めた生活で

欲求が溜まっていたのかも知れませんが、数人の男性社員の目線が気になりました。

男性達は、ちょこちょこ私の方を見ている様に感じたんです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年8月10日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫で】美和子物語 竹下さん お別れの原因 【エッチ】

美和子物語 竹下さん お別れの原因 竹下さんの事をカキコしましたが、これらは昔のことです。

離別して岡山へ帰ってきてから15年以上もお付き合いをしてきました。

同居しないだけで、週に2回から3回の仲良し会をしていました。

会えば身体を重ねて若い竹下さんのエネルギーを受け入れていました。美和子の身体は竹下さんと共に成長してきました。

彼が別のお友達から学んだ体位を試みたり・・・。

美和子も同じようにして、複数のお友達から仕入れたテクニックを彼に教えたり・・・。会えば最初の満足感を得るまで激しくむさぼります。

2回目は繋がった侭で長時間の愛情交換でした。

彼が自宅へ戻る前には美和子のラビアにキスして流れるジュースを飲み干していました。

夕方から早朝までに、3回程度の射精が私達の基準でした。

繋がった侭での執拗な愛撫が二人の別れを許しませんでした。ラビアにつけたピアスを引っ張られると美和子は夢遊病者になりました・・・。

ラビアガ異常に大きくなったのは竹下さんの愛の技が原因でした。竹下さんは美和子の前では優しく振る舞っていました。

ある時に、『できあがった刀を持っていると人様を斬りたくなりそうだ・・・』と、聞かされた時に危険と隣り合わせだと悟ったのでした。彼との別離を考えて決断する時期を待っていました。

頻繁にエッチの会をしていましたから、男性なしでは生きられない様な体質になっていたと思います。

美和子が独身だと思っている友人たちは、気の毒だと同情してくれましたが多情な生活の事はお話しませんでしたか。

彼らのエッチが週末だけだと聞かされてお気の毒様と感じていました。美和子は、妊娠しても出産できない立場でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月8日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【浮気・不倫で】悦子日記 江波さんとのたわむれ・・・【エッチ】

悦子日記 江波さんとのたわむれ・・・結婚前の事です。ちょっとした冒険で・・・会社の取引先役員の江波さんとお話をしていましたら、ボーリングゲームに連れて行って下さる事になりました。

同僚の人たち3人で出かけました。ボーリング場が混んでいましたから予約をお願いして、それまでの間、食事をすることになりました。

4人でテーブルを囲んでビールで乾杯です。少し酔いましたがボーリングをするには問題のない程度でした。

二人ずつに分かれて2レーンで楽しみました。それが終わって数軒のバーやクラブへ案内していただきました。

その当時は飲酒運転の規制が少ない時代でした。自宅の方向が同じでしたので江波さんの車に便乗して送っていただく事になりました。

悦子は車中で少し眠くなって軽く眠っていました。

何回も自宅まで送っていただいていましたから江波さんは悦子の自宅をご存じですから安心していましたら・・・。気がつきましたらモーテルのベッドでした。勧められるままにビールをいただきました。

酔いが進んで苦しくなって来ましたのでベッドで横になりましたら・・・。夢うつつの中で洋服を脱がされて下着も・・・。

悦子の乳房は江波さんがお口が愛撫されています。

もうろうとしている間にクリにキスされました。

ここでようやく目が覚めて、恥ずかしいから止めて下さいとお願いしましたが止めていただけません

逆に悦子さんの大事な所は涙を出して喜んでいるよと言って止めません。それまでの、男性経験は数人でしたが若い人ばかりです。

正常位で挿入されて射精がいつものパターンでした。この時の江波さんは悦子が充分に濡れているのを見てから、シックスナインの体位へ変わりました。

江波さんのオチンポ様は小さなままでした。悦子のクリが責められていますから、お返しは彼のジュニアを大きくしてあげる事だと・・・。

でも、かれのシンボルは依然として大きくなりません。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月3日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【人妻と】コンパニオン【エッチ】

私27歳 、夫28歳

私はコンパニオンをしています。

以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。

色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。結婚して直ぐに家を購入し

月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎだった。

コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。

最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた旅館は今もOKなんです。

普通は、一緒に飲んで、話をしたり聞いたりワイワイ楽しく終わるのですが、おじさんはエロいから

話をしている時も、胸に手を入れてきたり、スカートの中を覗かれたり、中にはパンツの中にも

手を入れる人もいます。

私は、職場の中でも年配クラスになるので、リーダーになる事が多く、若い人を監視します。

場合によっては、行き過ぎのお客さんに中断してもらう様に説得します。

最近あった、旦那にも言えない状況があったのです。

その日のお客さんは、若い人達で(20歳前後)仲間内の飲み会風でした。

その中には、チンピラ風の方も数人いて、ちょっと怖い感じもしました。私達3人とお客さん7人での


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年8月2日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】女は道具【エッチ】

俺は25の時に、

インフルエンザをこじらせて、入院しました。高熱が1週間続きました、先生から子種を調べたほうが良いと言われ調べたら子供は諦めたほうが良いと言われた。

それからは、

大して好きでは無い彼女と安心して中出しセックスの日々を送ってました。結婚願望の強い歳上女で、たまたま付き合いだしただけなのに、中出しを結婚の合図と、勘違いしてる。

確かに30女にしては、良い女だし、見た目は20代だけどさ。

そんな中、

職場に新卒の新人が入社して1人を指導する事になったが、どうにも要領が悪く覚えも悪い。どうやら失敗を、色気で乗り切るタイプらしく、確かに可愛いけど、なびかずに、小言をや叱責をする俺に、最終手段を仕掛けて来た。

そう、身体を差し出して来たので、躊躇うこと無く、いただいき。

逆に利用した。

仕事中に度々、

人気の無い所で、しゃぶらせ写メを撮りまくり、

奴隷化していた。バーコード部長が、飲みの席で、新人を気に入った素振りを見せたので、写メを見せたら、大興奮して、

ワシも味わいたいなぁって、

秘書にしたらって話して、新人を説得して、部長の愛人けん秘書にした。それからは、

社の女性社員を根こそぎナンパしては、写メで脅し


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2014年7月30日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】1、モテない後輩に妻を抱かせた【エッチ】

私は、某企業で営業を担当しています。

入社15年で、中堅社員といった感じでしょうか?

1年前、同じ部署に新入社員が配属され、私が教育担当になりました。

彼は、某大学を卒業し真面目で、一生懸命仕事に励む感じのいい青年でした。

入社3ヶ月もすると、彼もだんだん職場に慣れ、色々話す様になったんですが、

人生27年、一度も女性と付き合った事も、SEXをした事も無いと言うのです。

今時、そんな人いるのか?疑問に感じましたが、彼の真面目さからも何となくマジだと感じました。

確かに、彼は真面目でとてもいい青年でしたが、容姿はイマイチで女性にモテるタイプでは無く

おまけに、小太りなんです。

私、38歳 妻35歳(恵理子) 子供16歳  彼28歳(一樹)

毎日一樹と営業回りをし、帰りには酒を飲み愚痴を聞きながらお互いの信頼も深くなっていました。

一樹も今では、一人前で営業成績も良く職場内でもトップクラスになっていました。

いつも外で飲むのは金銭的にもキツイし、息子も離れた高校に入学したので、下宿をしていて

家には妻しかいない事もあって、我が家で飲む事になりました。

家に入ると、ミニスカートにタンクトップ、その上にシャツを着た妻が待っていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月27日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】プラトニック【エッチ】

うちの職場にカップルがいる。社内恋愛が規制されてるわけでもないんで、それだけなら何てことない。ところが、一方が既婚者だったりする。

これだと倫理的に問題はあるが、周りがとやかく言うのも野暮だよね。

子供じゃないんだから、面倒が起きたら自分で責任取れよって感じか。ただこのカップル、何となく腑に落ちないんだわ。

気にするほどのこともないんだが、茶飲み話のつもりでチラ裏。

男(A君)は私(♀)の同期で20代後半。

不愉快な外見じゃないが、イケメンってほどでもない。つまりフツメン。

背はやや高くて中肉。特にお洒落でもないが、まあ清潔感はある。

頭は良いし仕事もできる方だと思うが、同期のエースってわけでもない。

口数はそれほど多くなくて、どっちかと言えば草食系っぽいフツーの人だ。ただ、人柄はムチャクチャ良い。優しいだけじゃなく懐が深いって感じがする。

上司や同僚、先輩や後輩からも好かれてる。女性陣からの評価もおおむね高い。

といってモテモテでもなく、女同士で「A君っていい人だよね」と話す程度。

それ以上のイケメンとかヤリチンは別にいるしな。私も互いに新人の頃から知ってて「いい奴だよな」とは思うが、

惚れたり、ましてや付き合ったりしたわけじゃない。

「おまえはそもそも論外の外見だろ」という失礼な憶測は遠慮していただきたい。

女(Bさん)は30代半ばの先輩。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年7月26日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】陽子のおもいで 第20章 あなたのモノになる・・・【エッチ】

夏休みが済んで、通常の勤務に戻ると、ぼくには東京への短期出張が待っていた。2泊3日の出張である。

そのことを昼食にザーメンをチンポから直飲みしている陽子に話すと、3日も合えないのはいやだと駄々をこねた。

「寂しすぎる・・・そんなの、いや!・・・じゃあ、わたしは休みにして、いっしょに東京について行く。」

「大丈夫かな?会社のほうは?」

「大丈夫よ、それに東京に行ったらしたいことも有ったし・・・」

「それなら、陽子の好きにしなよ。いっしょに東京に行くか!」

「やったー、うれしい!」

それから2日が経って東京への出張の日、新大阪の新幹線改札口で午前9時に陽子と待ち合わせをして、東京に向かった。

車中ではまるで新婚さんの旅行のようにベタベタと引っ付いてくる陽子だった。

そんな陽子に尋ねてみた。

「東京に行ったらしたかった事って何なの?」

「それはね~・・・あなたが私のそばに居ないときでも寂しがらなくても済んで、しかも、完璧にあなたのものになるための処置ョ・・・」

「なに・・・それ・・、今でも充分ぼくの陽子だと思ってるけど・・・ぼくは・・・」

「だって、どんなに頑張っても、24時間いっしょに居られる訳じゃないでしょ、あなたのチンポが欲しいときにあなたが居ないと陽子の性欲を満たすことが出来ないでしょ・・・そんな淫乱で貪欲な陽子の身体を少しでも寂しさから紛らわせてあなたのチンポが私の中に居てくれているような快感で満たされているように感じられて、24時間あなたの女でいられるための処置をしてもらうのよ。」

・・・と言いながら、陽子は一冊の本を紙袋から出して見せた。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月21日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ