ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【浮気・不倫で】二番でも良いと言って結婚した嫁と【エッチ】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。

麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。

でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。

ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。

僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、

『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』

と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。

そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、

『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』

と、泣きながら言ってくれた。

「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」

僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、

『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』

と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。

そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【童貞・処女と】人妻Mの告白5 ~小学6年の同窓会~【エッチ】

相変わらず長いです…そして文章も下手です。

読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。

主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。

主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに

主人もほとんど求めてこなくなりました。

私としても、まったく性欲がないわけでもありません。そんな時はオナニーで済ましてしまいます。

その方が楽だったのです。そんな中、同窓会のお知らせが来ました。小学6年生の時の同窓会です。

ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵抗あり恥ずかし

いと思いましたが…

連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもは

ハゲにデブばっかりだよ(笑)」

今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」

そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に

旧友に会いたくなりました。そのことを主人に言うと「Mは気にするほどじゃないと思うよ。俺から

見たらまだまだイケてると思うけど。逆に行かせるのは心配だな」と…


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エッチ実話カテゴリー:童貞・処女との体験談

【フェラチオ】美和子物語 佐藤さんの来宅 キッチンで・・・【体験談】

美和子物語 佐藤さんの来宅 キッチンで・・・先週の水曜日に佐藤さんから電話がありました。

夕方に岡山に来られるのでお会いしたいとのことでした。

昼過ぎにエステに出かけて、その後で髪のセットにも出かけました。岡山駅で待ち合わせて、軽い夕食をいたしました。

美和子のお家へ伺いたいとのことでしたから、車を駅の駐車場に預けて自宅まで歩いてご案内しました。

飲み物をお出ししようと思いお尋ねしましたら、ブランデーをご希望でした。

レモンをスライスしようと思って調理台に向かっていましたら、背後から胸を抱きかかえられました。

乳房をもまれてブラの下から直接の攻撃を受けました。

ダメですよ・・・。佐藤さんは聞いてくださいません。

スカートをめくりあげてショーツをずり下げて美和子の大事な場所へアタックされて・・・。

クリが硬くなっていたみたいでした。

背後から両手が美和子のベビーへイタズラです・・・。

赤ちゃんが泣きながら耐えています。佐藤さんがパンツを脱ぎ捨ててブリーフも・・・。

美和子のお尻に当たってきました。

美和子に前かがみになってと言われてそのようにしました。

数回のお稽古で坊やが美和子の中に入ってきました・・・。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2017年12月24日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【フェラチオ】人妻Mの告白6~同窓会での2回戦目~【体験談】

悲劇はこれで終わったと思っていたのに…シャワーを浴び終わる頃、いきなりドアが開きI君とT君がニヤニヤしながら

「Mちゃん!」と言いながら入ってきました。

私は無意識に腕で胸を隠し、手で下半身を隠すと、T君が「今更、なんで隠し

てるの?」と言いながら私に歩み寄り手を掴んでどかしました。私 「私出るから!」

T君「いいじゃない一緒に浴びようよ」

私 「もう終わったから出る」

I君「いやいや・・・」そう言ってI君は出入り口をふさぎ、T君は私のおっぱいを揉みながら指で乳首

を弄びながら、「Mちゃんのオッパイほんとに大きくて気持ちいいね」

そう言って私が出ようしているのを止めようとします。I君「Mちゃん、相談があるんだけど」私はにらみ付けるような顔で怒り口調のように「なに?」と言いました。I君「Tとも話したんだけどさ、俺達Mちゃんにレイプじみたことしたくないん

   だよ。俺達としてもさっきみたいなのは不本意なのさ。泣かれながらして

   もねー」充分レイプでしょ今更なに言ってるの!?と思い、また怒り口調でいいました。私 「じゃー、もう帰して!」

T君「まだ帰すわけにはいかないよ。だから相談って言ってるよねー」

私 「何?相談って!」

I君「もう色々して裸の仲なんだからさ、お互いに楽しまない?今更でしょ~」

T君「そうそう。Mちゃんも感じてたでしょ。旦那以外の味わえて良かったんじゃ


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【風俗で】放流(3)【エッチ】

「なあ、ほんまによかったん?」

くしゃくしゃの掛布団から顔だけ出して、サクラが訊く。

「なにが?」

「あたしとこんなことして・・・」

成り行きとはいえ、ほめられたことではないよな。

「ええやんか」

笑って、俺はサクラのほほを手のひらで撫でた。

「ふふ。カイジってお醤油顔やね」

「どっちか言うたらそうやろな」

「奥さんもそんなとこに惹かれたんやな。ええ顔してるよ。悪い人やない顔や」

占い師みたいなことを言った。

「サクラだって、あんなに飲まへんかったらかわいいのに」

「あたし?あたしは、かわいないよ。えげつない女やて言われるし」

「確かに、えげつないとこはあるかもね。でもやっぱり悪い人やないな。どっちか言うたら寂しい人なんやろな」

「ううっ。ありがとっ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:風俗での体験談

【フェラチオ】v【体験談】

美和子物語 吉井さんのお願い 聞いてあげました



週末、いつものように四国へ出かけました。

土曜日に早めの夕食を済ませてから瀬戸大橋を通りました。



車の中で吉井さんの右手が美和子のスカートの上から触れてきました。

美和子はお好みのソングのショーツでしたが、その上からはショートガードルを穿いていました。

彼の指先がショーツの中に侵入できません。



パーキング場所で停車して、ガードルを少し引き下げて右指をリードして美和子のクリにふれていただきました。

久しぶりでしたからとても興奮されて、僕のも触って・・・。

素直な美和子は彼の希望をかなえてあげました。

パンツの上から触れましたらジュニアは固くなっています。

前のファスナーが引き下げられて、美和子の指先がトランクスの中に誘導されました。

固くなったペニス様でした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:フェラチオ体験談

【友達と】3年前の今日【エッチ】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。

子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。

胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。

陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。

そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。

仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。

妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。

『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが

「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。

「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】悦子日記 吉川さん クスコで観察していただいて・・・【エッチ】

悦子日記 吉川さん クスコで観察していただいて・・・ある朝の事でした。

お部屋の掃除をしていましたら、吉川さんから電話が有りました。

この時間帯は夫が出勤していますから誰に気兼ねする事もなくお話が出来ます。

新婚当時ですから子供もいませんでしたし・・・。夫は明日から東海村の原発へ出張しますとお教えしましたら、広島へ出かけていくから会いたいとのお話でした。

悦子もお会いしたいとご返事をしました。

その後は他愛のないお話で電話を切りました。翌日、夕方に吉川さんからホテルへ到着したとの電話が有りました。

社宅から近くのダイヤモンドホテルでした。

出かける前に身体にコロンを吹き付けておきました。

昨夜の残り香を消そうと思って・・・。お聞きしていたお部屋の扉をノックしましたら彼が現れました。

お部屋の中に入ると、両肩を抱きかかえられてのキスでした。

お口の中に彼の舌が差し込まれてからめ合って・・・。

悦子もお返しです・・・。キスをしたままで、上着・ブラウス・スカートを脱がされました。

デイトの為に彼の気持ちをそそるような紫色の新しいショーツをはいていました。

キスをしたままで彼のズボン・パンツを脱がせるのは悦子のお仕事です。悦子はすべてを脱がされて裸です。

ベッドへ倒れ込んだら、悦子の両足を広げられますからそれに従います。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月23日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】マンションの隣にチンピラ風の人が 続き【エッチ】

私は自分で恥ずかしいぐらいアソコを広げて、小さい娘がオシッコさせられるような格好で、ソファーに座って足も広げていました。

男は膝を床について、私のアソコに固くなった大きなアレの先を当てました。

もちろんコンドームなんてしていません。

私は小さい声で「あのっ、コンドーっ」と言いかけると、男は先を「ブチュッ」と入れてきました。

私は「あうっ」と声がでてしまい、ゆがんだ顔で、もう一度男に「お願いですコンドームを」と言いました。

でも男は私の目をジッと見つめたまま、ゆっくりアレを押し込んできました。



私は必死で「お願い、あんっ、ああああ、ハァハァ、ゴムっ、お願いします、ああああ」と言いましたけど、男は無視して、半分ぐらい入れてしまいました。

もう気持ち良過ぎてどうでもよくなってしまいました。

半分しか入ってないのに、主人や元カレの何倍も存在感があって、何倍も気持ちイイです・・・

もっと奥まで欲しくなって、彼の顔を見つめました。



すると男は「スポンッ」とアレを抜いてしまいました!

私はびっくりして「あんっ、え?」と言ってしまいました。

すると彼は「ゴムないからやめるか?」と言いました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年10月12日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】痴漢に指で【エッチ】

結婚して3年目の26歳になる主婦です。

デパートの洋服売り場での出来事です。

その日は白いマイクロミニをはいて服をみていた時のことです。

歳のころは18ぐらいの子が私のお尻をさわってきたんです。

もうその時はびっくりで声もでませんでした。

周りにだれもいなくその子の顔をみるだけで精一杯でした。

洋服売り場は周りから上半身しか見えません。

それをいいことに彼はだんだんエスカレートしてくるんです。

スカートの中に手を入れてきてパンティの上からあそこを執拗に撫で回すんです。

自分でもあそこがだんだん濡れてきてるのがわかりました。

だって、主人とはしばらくごぶさただったんです。

そのあと彼のされるままにパンティに手を突っ込まれあそこに指を入れられ激しくかき回されました。

とっても気持ちよくて口で手を押さえて声が出るのを我慢していました。

はっと我に返り急に怖くなって彼の手を振りほどきその場から逃げました。

そのあとトイレに行ってびっくり、パンティがびっしょり濡れていました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年10月11日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談
1 / 5512345...102030...最後 »

このページの先頭へ