ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優2/8【体験談】

妻はしばらく固まっていましたが、やがて下を向きながらもゆっくり手を動かし始めました。

すると男優はすごく気持ちよさそうな声をだして

「ああ、奥さんの手マジで気持いいよー、マジでいい」

と言っています。

百戦錬磨のAV男優に気持ちいいと連呼されたら、妻が勘違いして気分良くなって、サービス精神が出てしまわないか心配でした。

するとやはり妻はさっきよりも丁寧にシゴくようになっていました。



「奥さん、ちょっともう一回唾たらして」

「え?はい」

「あー、気持ちいい、女優なんかよりずっと気持ちいいよ、奥さんの手はすごいよマジで」

「・・・そんなことないですよ・・・普通ですよ・・・」



妻は時々腕が疲れてしまうのか、反対の手で交代してシゴいていました。

僕は撮影してるわけではないんだから、疲れたならやめればいいのにと思っていたのですが、妻は何故かわがままを言わずにやっていました。

そしていつの間にか両手でアソコを掴んで、一生懸命シゴくようになりました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2014年8月7日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫で】嫁と友達の嫁さんと【エッチ】

友人、治とは中学、高校といつも一緒に遊んでいた、色んな事をして遊んでいたがここの事を考えるとやっぱりHな事を書くべきかな?

勿論そんな事ばかりしてた訳じゃあないけれど、中学の頃自分の家の親の引き出しの中などごそごそ探すと、コンドームだとかペッサリー

なんて物があって、コンドームは判ったが、ペッサリーと言う物はそれが一体何なのか?随分後になってやっと判った。

ある時、治のお姉さんが、旅行をするのに、家を空けるので留守番をして欲しい、と頼まれたと言って僕に一緒にその家で

留守番をして、と言ったので勿論断る事もないので一緒に留守番と言うのか二日ほどその家で泊まる事になった。

その姉さんとご主人とは両方中学の先生をしており、結婚して、まだ子供もいなかった頃だったと思う。

学校から帰りその家でまあ宿題や、後はテレビを見てる位だったが、治はなんか面白い物でもないかな?と言って、戸棚や引き出しなど

探し始めた。僕にすれば他人の家なのでへりから見てるだけだったが、自分の家の何処に何が隠してあるか何となく知っていたので

何かあるならここじゃあないかな?なんて言ってたら、性生活の友なんて本や、大人のおもちゃみたいな物や後でわかったがずいきと言うのか輪っかになった物や棒状になった物や面白そうな物がぞろぞろ出てきた。

そして何より、白黒写真の男と女がセックスしている写真が沢山出てきて二人でむさぼるようにそれを見たが、

へえ、あのお姉さんがこんな物を見たり、使ったりしてるんだなとエロっぽい思いはしましたが、

今思い出してもそれでチンコが立ったり、マスを掻いたりした覚えはない?多分にまだ子供だったのだろうとおもう?

その後同じ高校を卒業しお互い就職し、僕は早々と彼女を作ったりしてセックスなどとっくに経験していたが治は何かそっちにうとく

二十歳を過ぎても、友達仲間で、あいつは結婚は一番後だろうな、などと言っていたら結局治が友達仲間の中で一番早く結婚してしまった

いつの間に何処でその相手を見つけたかと皆思ったが、まあそうこうする内に友人の誰も次々結婚して行き私も1年も経たず嫁を貰った。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2014年8月7日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【友達と】風呂覗き【エッチ】

私は、25歳のOLです。二ヶ月ほど前に職を替えたので、収入は激減。

そのため、知り合いの家に下宿させてもらっています。

その家に、中学生の男の子がいるんだけれど、

私がどうも私のいないすきに、部屋に入り込んで、下着

などを触っているみたいなのです。

それから、私がお風呂に入っていると決まって脱衣所に現われて

洗面を使うんです。たぶん、すりガラス越しに私のシルエットを見ているんだと

思います。

私は別に見られてもどうということはないし、そんなに私のことが気に

なるんだったら、裸ぐらい見せたっていいと思っていました。

そんなことを繰り返していたある日曜日、私が一人でいるとその子が

部活から帰って来ました。汗まみれで真っ黒なのですぐに風呂を沸かして

入って行きました。私はふと、いつも私の下着や風呂場を覗こうと

しているのでからかってやろうと思い、風呂場の外から声をかけました。

「ねえ、いつも私が風呂に入っているとここからシルエットを見てるでしょ、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年8月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】母親【エッチ】

高校卒業後ずっと海外に行っていたので母親とは5年ぶりぐらいに会った。

控えめでおとなしい母親だったが久々に会うと少してれくさい。なんか美人

になった気がした。白いスーツを着て、少し香水の匂いもした。昔はそんな

格好しなかったと思ったけど・・・・まさか彼氏でもいるのか? もう40

後半のおばさんだからだれも相手にしないと思うが・・・・

以前とちがった印象の母親に嫉妬を覚えながらちゃかした。「どうしたん、

おかん、なんか綺麗になったなー」そういって俺はおしりをポンとたたい

た。「こらっ!エッチー」と赤い顔をしたところはオバはんだ!。

この日はめずらしくフランス料理がいいと言って、ワインも1本空けてしま

った。

以前では考えられない。母も息子に会えてうれしそうだったが俺は妙に遠い

存在に感じた。母は帰りのタクシーで寝ていた。少しめくれたスカートから

のぞく母の白い太腿を見て ゾクゾクっとした。まずい・・・今までにない

感情が・・・そうこうしていると家に着いた。

家で母の携帯を覗き見した。やはり若い男が・・・・ショックだった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年8月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】妻と若い男の情事(歳の差16歳)【エッチ】

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が数年前から湧き上がってきていて、昨年の1回だけですが一応成功しました。

凛太郎(仮名・21)という男の子がいて、彼は私たち夫婦が住む某市内の簿記専門学校に通うために、2年ほどに隣県から来て一人暮らししています。

市が定期的に開催する市民交流の場で、1年半ほど前に私たちと知り合い、それからはそこでよく出会うようになりました。

妻(37)は短大生時代に取得した簿記1級を活かし今でもOLをしていますが、凛太郎が簿記合格を目指しているということで、たまに夕食を兼ねて自宅に呼んでは簿記の問題を解いて教えたりもしていました。

凛太郎も解らない箇所があれば直ぐに電話してくるようになりました。

解らなければ学校で講師に聞けば?そのために学校に通ってるんじゃないの?なんて思ったりもしましたが、凛太郎もまんざら妻に会いたかったのだと思います。

妻は妻で、自分に頼ってくる今風の可愛いカッコいい凛太郎がとってもお気に入りでした。

「そんな先生の教え方じゃダメよ、あたしに聞いてね!!」なんてよく言ってましたので。

その甲斐あってか、まずは2級に合格しました。

ある日、凛太郎が、「お世話になってるし、合格もしたのでお二人にお礼がしたいです。」と言ってきたので、自分はこれを利用出来るかも!!とすぐに考えました。

自分は、妻に内緒で、先に男同士でお祝いだと凛太郎を誘い居酒屋へ行き、彼を結構酔わせて胸の内を聞き出すと、案の定、妻が気になって仕方ない、結婚するなら奥さんみたいな女性がいいです、などと勝手に熱く語り始めました。

「妻みたいな女性か・・・。例えばだけど、シテみたいとか思ったことある?」と聞くと、照れながら「奥さんとですか!?う~ん、無いと言ったらウソになりますけど…少し思いましたよ、だって美人だし大人の女性の色気があるから…アハッ」と誘導尋問に段々と引っ掛かってきました。

そこでズバリ、「口説いてみる?もし嫁がOKしたら一晩限りということで。」と切り出し、「奥さんに叱られそうだし、嫌われそうだけど…、好きって言われて嫌な女性はいないですかね!!」と無理やり言わせました。

そして、あらかじめ紙にメモっておいた手順をバッグから出して凛太郎に見せました。

◎お礼したいと2人を食事に誘うが、自分は直前に出張で行けなくなる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月6日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】美帆の寝取られメモリーPart.3【体験談】

幼稚園の上司の「マツタケのような極太マラ」に寝取られ

そし初めて、て、園児のパパの「とうもろこし級の長いマラ」に酔わされ・・・

それをオカズに燃える美帆と俺とのセックスは興奮度を増した。



春に幼稚園を退職すれば結婚する秋まで遠距離恋愛になる。

俺は父親の家業引き継ぎの修行、美帆も花嫁修業だ。



幼稚園の上司久保との一件のあった後、秋のある日

隣の部屋に越してきたカップルが挨拶に来た。



男の俺から見ても惚れ惚れするイケメン君と

ギャルっぽいがスタイル抜群の美人の彼女だった。



美帆と会えない日はボイスレコーダーを再生して

久保に寝取られる美帆の声をオカズに毎晩オナニーをしていた頃だ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月6日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻と】初めて妻と入った混浴で・・・【エッチ】

私は32歳になる妻(美奈)と5歳の子供(衣月)の父親です。

最近私達は、旅行に出かけ温泉宿に宿泊したんです。

夕方旅館に到着し、部屋で旅館案内の広告を見ていると、混浴露天と言う文字を

見つけました。

”お~この旅館に混浴があるんだなぁ!行って見ようか?”

”珍しいわね!でも恥ずかしくない”

”折角だし!タオルで隠して入るんだから・・・大丈夫でしょ”

”ん~、いっちゃん大丈夫かな!最近うるさいし・・・”

”僕もお風呂行きた~い・・・僕大人しくするよ”

”本当?うるさくすると怒られるんだよ”

”大丈夫だもん”

”じゃ、夕食前に入りに行こうか”

”そうね!ちょっと汗かいたし・・・”

そんな訳で、私達は風呂の準備を済ませ部屋を出ようとしていた時、私の携帯が鳴ったんです。

”先行ってて、後で行くから”


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻が私の父としていた…【体験談】

私の父は62歳で認知症になった。

母(55歳)は病気で亡くなり、父は1人になりました。

それでも、仕事をしている時は元気でバリバリ働いていたんですが、60歳で定年を迎えると

1人淋しさの影響なのか?1日ボ〜っとする事が多くなった様です。

その頃からでしょうか?父の言葉に”んっ”と言う事が度々起きて(ごはん食べたのに、まだか?と聞いて来る)

孫(12歳)と同レベルの事を始める始末。

病院へ連れて行くと、認知症の初期と言われました。



そんな訳で妻(美沙35歳)に父の面倒をお願いする事にしたんです。



認知症と言われ、数週間が過ぎた頃には父と妻の仲は良くなり、いつも2人で行動するようになっていました。

子供も”ママ最近おじいちゃんとベッタリなんだ”と言われる始末。

でも父の症状は日々良くなって行く様にも感じられたんです。

それでも何だか気になり、ある日ビデオカメラをリビングの隅に設置し、録画ボタンを押したまま会社に行く事にしました。

(ビデオはHDDなので、長時間録画できます)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年8月4日 | エッチ実話カテゴリー:寝取られ体験談

【学校で】ちょっと似てるよね【エッチ】

俺の中二の夏の話。ちょうどオナニーを覚えたてだった頃に体育の

プールシーズンが重なり大変な事に・・・。

まぁ端的に言うと女子のスクール水着姿見るとどうしても勃起しちゃうわけで・・・

しかもうちの学校のスクール女子用水着は誰が考案したのか斜めに白いラインが

あるの。それが丁度乳首のところに重なるんだけど薄っすら乳首が透けて

見えるんだよね。俺の発育が早かっただけなのかもしれんが、どうして

他の男子は起たないのか不思議だった。まぁでもみんな「透けてるよな」

とかコソコソ言ってたけどね。もう中二だと発育早い子は巨乳ちゃんとか

いてもうこれがたまらないわけ。ここで活字にしちゃうと笑い話なんだけど

実際には水泳の時間に俺の海パンだけ前が膨らんでたら相当やばい。特に中二って

性的目覚めてる奴と目覚めてない奴の分岐点的成長期だから微妙で

少しでも前がモッコリしてると目ざとく「お前何立ってんだよ」とかからかわれてしまう。

とりあえず俺はトイレにいくふりして勃起が治まるのを待った。

が、治まっても結局女子見ちゃうとまた起ってしまう・・・。

結局性的に初めて目覚めた記念すべき最初の水泳の授業は殆どトイレで過ごす事に…orz


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談

【レイプ】パート従業員 菜生 【体験談】

私は秘書を派遣するような自営の仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。

募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。

面接の際には、やはり

「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」

と思い、そういう観点から選考を進めました。

まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。

3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「菜生さん」と言う34歳のロングヘアの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。



最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。

特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。

「プロのモデルさんを頼まないといけないな」

と思っていたところ、彼女が

「私でできることなら協力しますけど・・」

といってくれたのです。

別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチ実話カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ