ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達と】少女の花びら ⑬【エッチ】

『 最終章 財閥令嬢の膣内破損 』



我小学校の新体操部は予選落ちして俺にしてみれば一日だけの楽園だった

新体操の”美雪”と言う獲物を捕らえる事が出来て今後楽しみだ

それに購入難の小学生児童による新体操DVDの修正製作が楽しみだ

数日後 性奴隷化された裕子をマンションに呼び出した

♪〜ピンポン・・「おっ裕子姫が来たな」と玄関の扉を開けると

腹巻のような服と白色の短パンと言う露出全開の衣装がたまらない

リビングの方へ歩きながら「裕子ちゃん その 腹巻いいね」

「腹巻っぷっはは これはねチューブトップと言うの腹巻だってふふっ」

「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」

裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら

「それがね不思議なの落ちるではなく上がるのよ 何か他の事を

期待しているの」

裕子が屈むとチューブトップの胸の隙間から発達した乳房の谷間が見え


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月7日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】ご希望に、答えて、俺の仕事(詳細編)【エッチ】

始めに覚えていて、もらいたいのは、ボンは、わがままで独占欲が強く、男女問わず、征服欲が強いって事

俺たちの、母親を喰うときは、初めは、眠らせてた、から、母親たちは、目が覚めた、朝漏れでた精子で、パンツが汚れてるのを、不思議に思ってたんじゃないかな(笑)。

プレイ的には、

眠ってる女をヤるのは、独りじゃ

難しいから、

例えば、(必ず)、自分の母親のレイプを手伝わせる。

マンコを舐める時、両足を持たせる。(正常位も)。

バックの時は、腰を持たせる。

確かに母親を、

憎んではいたけど目の前で、見るのは、少し忍びがたかった。俺たちの表情を見て、興奮

二週目は、撮影させる。ボンはセックスのテクニックは、劣るけど、外人並みのチンポは、必見だったが、母親は眠ってたからね。威力は、未知数だった。

女教師の時に、思い知ったな、

俺たちが、押さえつけて、ボンが、服を切り裂いて、極太を喉の奥まで、突っ込んで、

女教師は、放心状態。間髪いれず、乾いたマンコに、狂った様に腰を打ち付ける。この時、女は、全裸より、引き裂かれた服が若干残ってるほうが興奮する。

ボンは、中出ししたら、俺たちに、輪姦させたが、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年10月7日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】熟妻に乱交させて【エッチ】

妻の裸体をネットにUPした所、凄い反響!

多くの男性に絶賛された。

”凄く素敵な奥様ですね!私も抱いてみたいです”

”彼女の淫らな姿を見てみたいです”

”ぽっちゃり体系最高!大好きです”  

”もっと一杯写真UPして下さい!楽しみにしています”  など

多くのコメントが届いた。

妻47歳!私52歳と熟年夫婦、数年前から始めた野外露出!

妻も見られる事に興奮するタイプで、野外でのエッチに燃えていた。

そんな2人の趣味を、とあるサイトに載せて見たんです。

まさかの反響に、驚き妻の元に向かったんです。

”見ろよ!お前の事素敵だってコメントいっぱいだぞ!”

”ウソ!え~こんなに一杯の人に見られているの?恥ずかしいわね”

”また、載せてみるか?”

”ん~”こんな年になって、こんなにも興奮したのは初めてでした。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【人妻と】堅物の妻【エッチ】

実話です。私 39歳 妻 44歳。年齢だけを見れば妻は熟女です。しかしいまはやりの美魔女。体型も若い時のまま。10歳以上若く見られています。妻を見た私の友人達は、いずれも「羨ましい」とか「抱きたい」「奥さんを想像で抱いている』とか言われるのですが、そのことを妻に伝えても、にやりともせず「フン」といって相手にしません。堅物で、貞操観念の強い女性だな といつも思っていました。寝取られ系サイトを見てる内に、自分も愛する妻を他人に抱かせてみたいという願望が湧き起こり、思いきって何度か妻にその願望を伝えてみましたが、当然の様に断られ、というよりいつもまともに聞いてももらえず終わっていました。そんな妻が、珍しく酔っぱらってかなりテンションの高い日があり、いつもは聞いてもくれない私のそんな願望の話を 真剣に耳を傾けて聞いてくれました。『貴方はどうして私にそんな事させたいの?』『私がどこの誰とも分からない人に抱かれてもいい訳?』『病気もらうかもしれないじゃない

貴方は私がエイズにかかって死んでもいい訳?』でも結果はこんな感じで、とても応じてくれる様な雰囲気はなく、諦め半分で私が妻に、サイトで探した相手とかじゃなく、知り合いの中から相手を探すというのはどうかと聞き、

例えばという感じで夫婦共有のスキー仲間の名前を何人か出し聞いてみたところ、意外にも全く聞く耳持たずという感じではありませんでした。ただその場合は友達を3Pに誘うという事は出来ないので、妻の浮気という形で単独で抱かれてくる事になり、妻が他人に抱かれてる姿をこの目で見る事は出来ません。そんな話から妻の浮気願望について正直な意見を妻に求めてみたところ、これまで全く浮気願望が無かっとは言えないと、ちょっとショッキングな本音を妻から聞きました。『やっぱり女も素敵な人を見たらトキメク時もあるよ

だからと言ってそれで即浮気に繋がらないのは、やっぱり道徳心からかな』そう言った妻に、スキー仲間の中で素敵に思う男はいるかと尋ねてみると、素敵とまではいかないけど、親切でいい人だなと思う人はいると言いました。それは誰?と妻に聞いてみると、裕也と悟のふたりを挙げました。二人とも、まだ30歳前後。妻よりも一回り以上若いです。

確かにこのふたりは前から妻に親切で、妻の事を美人だとかタイプだとかよく言ってたので、妻もそれには気を良くしていたみたいでした。

尤も、彼らに限らず、美人とかタイプだとかは親しくなった男性は皆、言って来るのですが・・・・。『このふたりと浮気してみたいって一瞬でも思った事ある?』って聞いてみると、一瞬溜めてから妻は

ないよ と返事をしたので、あるんだ

と私は思いました。『このふたりのどちらかと浮気してみない?』と私が言うと、『そんな事マジで言ってるの?』と驚いた顔をして妻が私に言い、私は、俺が公認だから浮気にはならないし、平凡な人生より少しくらい刺激があった方が人生愉しいんじゃないかとそんな話をし、お前も俺ひとりで終わるより、人生愉めるなら愉しんだ方がいいんじゃないかと話すと、妻は、

どうしてそこまでして、私と他の人をエッチさせたいの?と

最後に私に聞きました。私はその答えとして妻に、刺激的な体験を一杯して、もっと魅力的な女になって欲しいからと言いました。他の人とエッチな事したら魅力的な女になるの?と聞いた妻に、今よりエッチな女になったらなれると思うと言いました。『でも浮気するって

どうやってするの?

私から誘う訳?

そんなの絶対ムリだし、かといって相手からも絶対誘ってなんか来ないよ』『それは俺が何か作戦を考えるよ』そうは言いながらそんな作戦なかなか浮かんでは来ませんでしたが、とりあえずは妻が裕也と悟とならば浮気も考える気配なのでそれが聞けただけでも私にはかなりの進展でした。

その後、私が妻とのエッチの最中に、悟や裕也の話をすると、妻は異常に興奮する様になり、終いには

早くふたりに抱かれたい


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】隣の天女 2【エッチ】

食後お茶を飲んでいると聞かれた。

「犬や子供が寄ってきません?」

「なぜ分るんですか?」

「この子そういう人しか近づかないので」

僕は礼を言って部屋を出た。

翌日用事で遅くなり部屋に帰るとマナが飛び出して来た。

昨日と同じ格好だ。

部屋に入るとついて来る。

マナは膝を抱えて座りニコニコしている。

僕はバイトで疲れていた。

ベットで少し眠りたかった。

マナの事は頭に無かった。

「ちょっと眠いから帰ってくれよ」

マナは首を横に振る。

面倒くさくなった僕はマナを追い出しベットへ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年10月4日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】大学からの友人を寝取った【エッチ】

大学生のとき、結構プライベートでも遊ぶ友達以上彼女未満みたいなさやか(仮)って子がいたんだよ。

だけど別にセックスする感じでもないし、(あっちが割と男勝りなところがあってってのと、154cmくらい?だったから妹みたいになってたんだな)まあ酔った勢いでキスまではあるけど、お互いそこは一線を引いてたところがあって。



で、社会人一年目になって、あっちからDVD観よってメールが来たんだよ。

まあこれはいつもの感じで、「あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうな」って。電車で二駅だから行ったわけよ、夜の9時くらいかな。



家に入ったら相変わらず露出の多い格好で寝転んでいるさやか。

メディキュットとショートパンツの寝間着、あとタンクトップ。



「久しぶり」

「もうちょっと着ろよ」

「良いんだよ暑いんだから」

「で?」

「早く観よ」

「どうしたの、今日は」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年10月4日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】快感 7【エッチ】

オナニーは毎日するよ。

寝る前とか授業中もね。

夏休みの話しようかな。

夏はお店忙しいのよ海も行けないの。

アタシも女の子。

浴衣着るよ超ミニ。

股下3㎝。

でねお仕事なの。

売れるのよ生ビール。

でも汗ビッショリ。

お店も終わりそうな時とうとうハダカに。

これ去年の事。

でねのれん降ろして常連さんだけサービス。

9時から常連さんだけよ。

昼は宿題するの。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年10月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】下宿のお姉さんに見つめられながら【エッチ】

もう一昔前のことですが、いまだに感慨深い出来事です。高校生のころある事情で下宿生活してまして、たしか真夏の頃でした。ほぼ毎日のようにオナニーに耽る年頃で、夏休みのその日も昼間から部屋の中で開始。下半身丸出しにてエロ本を下に置きそれにぶちまけるのが俺流?しかし、開始しばらくして何か目線というか視線を感じてしまう。ちなみに下宿の部屋は2階の6畳部屋で、窓が2箇所の変哲もないつくりなのだが丘の頂上付近にあり、窓の外は真正面が通路(坂道)でその下宿の犬小屋があった。普段はまず人など通ることのない道である為、まったく意識せずに窓全開にしてた。そして、たまたまその下宿の娘(当時短大生)が犬にエサを上げに来て、目の前にある窓の向こうで俺がペニスをしごきまくっていたというシチュエーション。俺の方から見ると、彼女が犬小屋に体半分向け、半分位は窓を向いて、えさをあげながら犬の頭をなでているような、目線はいつでも窓を見れるような微妙な体勢。でも雰囲気的に確実にオナニー姿を観察していると直感した。

そのとき「うあわ見られた!」と思うと同時に今までにない興奮が押し寄せ

それこそ「ふおお」と声をあげながら、MAXの射精を経験してしまった。そして彼女は気づいているはずなのに、決して逃げる素振りもなく終わった後そーとその場を離れていった。それからというもの、当然癖になってしまい彼女が犬小屋へくる度に反応しオナニーを始めるというまさにパブロフの犬。そして文章で伝えることが出来ないがいつも必ず見ていてくれるのだ。言葉を交わす訳でもなく、その後からだの関係になるとかそういうことはなかったが、彼女は視姦し興奮していたと思う。あの時彼女はどういう心境だったのだろう。彼女のオナネタになっていたなら良いのだが。俺はというと、そこから目覚めた露出オナニーは癖になり今でもやめられないが、辺りかまわず出来る訳でもなく、もっぱら風俗(オナクラ、エステ等)で見られながらのオナニーや手こきで性欲を満たす日々であるが、この頃のオナニー環境がいまだに最高であったなあとしみじみ感じる。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年10月3日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【人妻と】地域の集い【エッチ】

「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」

黄色い声援が飛び交う。

30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。会社移転!会社を辞めるか?移転先に永住するか?妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。

地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。

新住人を迎え入れようと、田畑を開拓し安い金額で販売、私達夫婦も35年ローンを組んで新築住宅を購入した。私達は、3年前に知り合い1年の交際を経て結婚しました。

妻は綺麗ですが、どちらかと言うと可愛い感じで、スタイルも良く男性好きなムチッと感がある女性です。

某TV局で働いていたそうで、毎日忙しく恋愛などする余裕もなかったようです。

30歳も過ぎ、長年の疲れと人付き合いに疲れたのか?世に言う軽いうつ病になってしまい仕事を辞めたそうです。

そんな時、私と出会い今に至ります。妻:34歳/私:38歳 子供:なし田舎は地域との付き合いが大事だと、先輩社員に教えられ私達も引っ越すと直ぐに、ご近所に挨拶に出向きました。

ご近所は年配の夫婦で暮らす方が多く、ほとんどが農家で、子供達は近隣の街に出て行った様でした。

だからでしょうか?私達が出向くと、皆温かく家族の様に接してくれました。

私も妻もホッと一安心すると同時に”良い所だね”と心から思いました。新居での生活も一か月も過ぎる頃には、ご近所から採れたての野菜や肉の差し入れがあったりと

街で暮らしていた頃よりも、生活は楽でした。

その頃には、近所の集会にも参加しちょこちょこ飲み会も開かれ、近所との親睦も深まりました。

そんな時、地域会長さんから”今晩集会があるから、夫婦で来てみて!”と声が掛ったんです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年10月2日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】快感 5【エッチ】

お風呂もいろいろあるでしょ?

硫黄とか薬とかね。

何度も出たり入ったりするからハダカ。

そのまま帰る時もあるよ。

車だしね。



お母さんも小さい頃ハダカで遊んでたみたいよ。

だからアタシもそうしたのかな?

お母さんはだかはよくあるしパンツもはいてない。

生理はしょうがなけいけど。

毛もほとんどないし。

そう言えばアタシ小さい頃店の中すっぱだかで動きまわってたの覚えてる。

お母さんの目の届く範囲だからね。

歩くようになるとお散歩とか買い物に行ったわ。

ワンピースとかでね。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年10月2日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ