ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【職場で】研究所の先輩Yさん 【エッチ】

189仕事中&残業ケテーイsageNew!04/03/1215:15ID:J6Lo/Ekj

いまから3年前のことです。

 私は理系の高校−大学−大学院と進学し、その後某大手企業に就職し地方の研究所に配

属されたため、女性と付き合ったことがなく、ず〜と彼女いない状態でした。

 配属された研究所は、研究所のみでしたので、女性従業員は1桁、また地方の田舎にあ

るため、周囲に若い女性は皆無に近く、このままでは一生素人童貞君決定かなと悲壮感が

漂っておりまいした。

 しかし、唯一研究所に花がありました。それは1つ先輩のYさん先輩といっても、彼女

は大卒、私は院了なので私の方が1つ年上です。

 Yさんは矢田亜希子似の長身でスレンダーな女性でとても美人でした。大学では女の色

気皆無な女しかみたことがなかったので、理系でもこんなに美人な人がいるんだぁと入社

した時は驚きと感動がありました。



190仕事中&残業ケテーイsageNew!04/03/1215:16ID:J6Lo/Ekj

 私はYさんと同じチームとなり、仕事の他にもいろいろとプライベートでも何度か食事


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2013年4月11日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【近親相姦】従姉妹との思い出【体験談】

従姉妹との思い出投稿者:精留守マン ◆WYMT4O01CM投稿日:12月3日(月) 22時33分03秒

先日初Rの思い出を書き込みましたが、それ以前の中学生の頃の偶然Rの話

をしたいと思います。私には同い年のミキという従姉妹がおりまして、中学

の頃は家族でよくミキの家に泊まりに行きました。ミキの家は千葉で民宿を

やっていて夏は海水浴などが楽しめました。それは昼間海で泳いでからミキ

の家のお風呂に入っていた時の事でした。民宿ですからお風呂といっても普

通の家と同じで浴槽には一人しか入れないタイプでした。しかも昔の浴槽で

すから足も伸ばせず体育座りのような体勢で湯船に浸かっていました。その

時玄関の方からミキの声が聞こえました。部活のバスケから帰ってきたよう

でした。しばらくすると脱衣場からミキが「ねぇヒロくん、お母さんが一緒

に入っちゃいなさいって言うから入るよ」って言ってきました。その時私は

特に意識もせずに「別にいいよ」とだけ答えていました。実際小学生の頃は

よく一緒に入っていたし、その時私は中一だったのですが何故かいやらしい

事も浮かんでこず、ただ自然に返事をしたのでした。ほんの数十秒でガラリ

と風呂場の引き戸が開きミキが前かがみになりながら入ってきました。ミキ


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2013年4月9日 | エッチ実話カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻と】友人宅での奥様とのなり染めを語りたい【エッチ】

712 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:07:28 ID:mhMLFIXS0 [1/8]

友人(妻子あり)に呼ばれてそいつの家に行ったけど、家の前まで来たのに本人と連絡が取れなかった。インターホンを鳴らすのもあれなんで、「仕方ねーな」と思い、友人から連絡が来るまで近くの公園で時間を潰していた。30分くらい経って、そろそろイライラしてきたので帰ろうかと思ったら、公園の前を友人の奥さん(21歳)がベビーカーを押しながら通っていた。こちらに気付いた様子で、「どうしたの?」と聞いてくれた。俺「○○から連絡があってきたんだけど、連絡がつかなくて・・。家には居ないんだよね?」奥さん「さっき、電話があって仕事が長引いて少し遅くなるって言ってたけど・・」俺「そっか・・。じゃあ今日は帰ろうかな」奥さん「たぶんすぐに帰ってくるし、家にあがって待ってたら?暑かったでしょ?お茶でも飲んでてよ」と、俺は友人の帰りを友人の家で待つことになった。





713 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:08:28 ID:mhMLFIXS0 [2/8]

部屋に入って気が付いたのだが、今日の奥さんの服装はかなりエロイ。いや、本人にはエロイつもりは無いのだろうが、デニムのホットパンツにタンクトップというかなりの露出度だ・・。10代の頃から知っているので、妹という感覚しかなかったが、ここ最近、大人の表情を見せるようになり、俺にも愛想よくしてくれるようになったので、密かに奥さんのことを気に入っていた。正直言って俺のドキドキは止まらなかった。お茶をもらった後は、特に会話も無く、奥さんは赤ちゃんをあやしていた。家に入ってから30分ほど経ったが、友人はまだ帰ってこない。あまりにも会話がないので、俺から突破口を開いた。



714 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:09:09 ID:mhMLFIXS0 [3/8]

俺「赤ちゃん大きくなったね。夜泣きとかするの?」奥さん「結構するよぉー。ねぇ~?」と赤ちゃんを抱きかかえて俺の隣に座った。俺は赤ちゃんのほっぺをつんつんしたり手を触ったりして、「子供をかわいがっている」感を出したが、ホットパンツから見える太ももがエロすぎて、視線は自然と下の方にいっていた。太すぎず細すぎない、ほどよいムッチリ感。すると奥さんがタオルをサッと太ももにかけて、「もう!」というような顔で俺の方を見た。「ごめん!」と俺はとっさに謝った。奥さんは「フフフ」と笑いながらウトウトしている赤ちゃんをベッドに連れて行った。お尻を突き出すような恰好で赤ちゃんの寝顔を見ている奥さん。俺はそのお尻と脚から目が離せない俺。アソコは完全にフル勃起。さっきの意味ありげな奥さんの笑顔の事も気になるし、その時の俺は「何かが起こって欲しい」という願望しかなかった。



715 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:09:46 ID:mhMLFIXS0 [4/8]

ベッドから戻ってきた奥さんはなぜか俺の隣に座った。目は合わせずに視線はTVに向けられたままだ。自然と右手が奥さんの太ももに触れていたが、俺は手を離す事が出来なかった。最初はヒンヤリとした感触だったが、次第に体温を感じるようになり、余計に離れられなくなった。まだ奥さんは俺の方を見ない。俺もTVを見るフリをして太ももやタンクトップの隙間から胸の谷間を覗いたりした。もう我慢できそうになかった。でも、これ以上はヤバイと思い、手を太ももからどけようと少し手を動かすと、パッと奥さんが俺の方を向いて、手を握ってきた。「えっ?」と思ったけど、そこからはどっちから先にモーションをかけたかわからないが、俺たちはキスをしていた。舌を絡め合い、俺は手で太ももを弄った。奥さんも俺のチンコを弄ってきたので、俺はさらに興奮して脚だけじゃなく胸を攻めた。タンクトップとブラを捲し上げると、少し濃い目の褐色をした乳りんと乳首が見えて、肌の白さと相反して余計にエロく感じた。



716 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:10:13 ID:mhMLFIXS0 [5/8]

俺が乳首を吸うと、奥さんが「あァ・・!」と声を漏らした。「乳首も揉んで・・・!」と奥さんが言うので言うとおりにしたら、乳首から乳白色の母乳が飛び出した。俺は寝転がって、奥さんを上にまたがらせて、顔の上に胸を持ってこさせて一心不乱に乳を吸った。そして俺はそのままで、奥さんを回転させて、69の状態になった。俺はもうパンツの中がパンパンだったので、早く舐めてくれという意思表示も込めて、早々に自分でパンツを脱いだ。バチーン!と凄い勢いでチンコが飛び出したので、「すごい・・・」と奥さん。自分自身でも驚いた。今までで最高の勃起力かもしれない・・と。奥さんは俺のチンコを丁寧にフェラチオしてくれている。俺はホットパンツからはみ出たお尻と、内ももを思う存分舐めた。ホットパンツをグイっと引っ張って、アソコを確認すると、既にトロトロになっていたので、俺と奥さんは全ての服を脱ぎ、再び69に勤しんだ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2013年4月8日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫で】不倫現場を目撃後、口止め料でやりたい放題したったww【エッチ】

622 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 02:32:01 ID:JiezUJW50

家庭教師とバーテンダー、かけもちバイトしてた学生時代の話。バーに家庭教師先の奥様が不倫相手と来店。口止め料にホテルへ連れ込ませてもらった。41歳だが、30前半に見えて、色白Gカップ(あとで判明w)。多少、肉はついてきているものの、くびれはきちんとあり、前からえろいと思ってた。最初は身体を硬くして、「イヤなんだけど仕方なくついて来てます」風だったが「いやならいいですよ。そのまま固まってて下さい」と、脱がしたストッキングでイスに固定wそれまで、縛りとか興味なかったんだけど、縛るとアレね、胸が強調されてえろいのねw服のまま縛ったんだけど、少しずつ露出させていって、乳首を舌先で転がし出した頃にはもう腰動かしてて、声も漏れ出してて。「おかあさん、感じちゃってるんですか」って言ったら、もっと声出してんの。「ゆういちくん(仮名w)、おかあさんがおれとこんなことしてるって知ったら、どう思いますかね。自分の家庭教師の先生に乳首舐められてるおかあさん。しかも、自分から腰動かしてるおかあさん。おまんこ、こんなにぬるぬるにして」





623 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 02:45:39 ID:JiezUJW50

俺、あんまりSな嗜好はなかったはずなんだけど、涙浮かべてる彼女を見てるともっと苛めたくなってきた、だけど、あえて一度縛りをほどいて、優しくアプローチw「ちょっとやりすぎたみたいでした。。。ごめんなさい。よければお風呂どうぞ」と、安心させて、彼女を風呂に行かせてる間に、枕の下にデジカメセットw戻ってきた彼女はイスに座るのを躊躇ったので、「もうしませんよ」と微笑みかけて「でも、ここがいやなら。。。そっち?」とベッドへ座るように誘導。「いや、あの、憧れてたんですよ、前から。魅力的な人だなって」とかいいつつ隣へ。ラブホのパジャマ?つか、薄っぺらなガウンみたいなやつ、あれしか身につけてない彼女の胸に、そっと手を伸ばしつつ、「それに、おかあさんも分かっててきたんですよね。ここに」それで観念したのか、ゆっくりと肩を引き寄せると、身体を預けてきた。



624 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 02:56:11 ID:JiezUJW50

でも、普通にするのもなんかもったいない気がしたのでw「わかってくれたなら、脱いでください」と全裸を命令。座ったまま脱いでもじもじする彼女に、「じゃあ、横になって。脚を広げて」そりゃま、恥らうわけです。「そんな…ええ…」とか。「ゆういちくん、おかあさんが不倫してるって知ったら、2月の試験、大丈夫かな」その台詞で、全裸でベッドに寝かせ、最初は足を伸ばしてたんで、また命令してM字開脚の出来上がりwもちろん、電気は明るいままだし、おまんこ丸見え。それがテカってる。ぬるぬるした汁で。正直、もうぶち込みたいんだけど、もったいないので虐めを続行。「ねえ、おかあさん。濡れてますよ。ちゃんとバスタオルで拭いたんですか」っていうと、「うう…ふ、拭きました」とかいうんで、「じゃあなんで?」といいつつ指先でまん汁をすくって、クリのほうへゆっくり指を滑らした。「なんで、こんなにぬるぬるしてるのかな」



625 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 03:15:08 ID:JiezUJW50

俺の指がクリにあたった途端、びくんって身体がはねた。それがすごい勢いだったので、指が離れてしまったくらいだw「なんでそんなに動くのかな…」って言いながら、またまん汁をすくってクリを撫でると、「くう!」って、身体がはねるwおもしろい。「そんなに感じちゃうんですか。いやらしいクリトリスですね」そういうと、彼女は両腕を顔の前で交差させて、顔を隠した。「ちょっと撫でられただけで感じちゃうクリトリス、見せて下さいね」と、声をかけて、クリの皮を広げてみると、ぷくんとしてるが意外にも小さめ。色がきれいなピンクで、つやつやして光ってる。じっと眺めていると、ゆっくりとだけど、ぴくん、ぴくん、って誘うように動く。この女、ほんとえろいなー、おまんこが期待で喜んでるなーと思ったwなので、舌先に唾液を含ませて、ゆっくりとクリを舐めた。一気に腰がうねって、俺の顔におまんこを押し当てるように向かってきた。優しく、小刻みに舌先を動かすと、今度は腰がグラインドして、声も出てきた。



626 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 03:25:02 ID:JiezUJW50

俺の舌と彼女の腰の動きがうねるように絡み合ってるうちに「ねえ……ねえ……」と、彼女が俺に声をかけてきた。「ねえ、ってなに?どうしたの?」とあえて訊く俺。「お願い…」「何をお願いしてるの」内心、うわー、おねだりキタコレ、と思いつつ、お約束の会話wでも、もう入れられるー!って嬉しかったりもした俺だったが、実は彼女のほうが一枚上手だった。「クリ舐めながら、指入れて。……かきまわして」ご要望どおりにすると、びちゅ!みたいな音を出して、彼女潮吹きましたw俺、顔が潮まみれ。目に入んなくってよかったwそのあとは、放心してる彼女の胸を堪能させていただき、胸を舐めたり、吸ったり、揉んだりしているうちに正気に戻った彼女は今度こそ「おちんぽ、いれて。突いて」とおねだりしてくれたので無事においらもイクことができましたとさ。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2013年4月7日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【人妻と】僕の初エッチ【エッチ】

僕が小学校6年生のときでした。





いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。





母が’正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!’といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。





家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。





でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。






このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年4月5日 | エッチ実話カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫で】理沙との浮気 【エッチ】

125:長編:04/01/3000:39ID:JAcJXXYP

今も続いている私の浮気の話をします。

私の子供は小学5年生と2年生です、PTAの役員をやっていて会合などに月に1回

参加します。また各種イベントの前には週に2回ほど連続で集まることもあります。

そのPTAの役員になって出会ったのが理沙です。理沙は離婚歴があるいわゆる×1で

色白、どちらかというと気が強いほうです。36歳なのですが、年齢より若く見られる

ことの方が多いようです。今は実家に両親と暮らししています。そして子供が1人、

小学5年生にいます。同じ5年生という事もあり、すぐに打ち解けて会合の帰りに

軽く食事を食べるような仲になりました。

しかしPTAおばさま方の噂の的になってしまい、それ以来食事に行くことも無く

役員の任期が終わろうとしていた時、役員のお疲れ様会をやりましょう、と連絡が

ありました。飲み会の当日、仕事の都合で遅れて行くとすでに役員が出来上がって

いて大変な賑わいになっていました。すぐに1次会はお開きになり、ほとんどの人が

2次会に行ったのですが、理沙は「すいません」と言って帰ろうとしています。




このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||

2013年3月28日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談
266 / 266« 先頭...102030...262263264265266

このページの先頭へ