ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【風俗で】過去に女房がヤクザの奴隷【エッチ】

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。

だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。

数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ

と言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして

いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。

(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・)

女房は酒好きでだらしがない。

酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると

一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。

残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、

そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)

当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)

昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。

ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。

ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:風俗での体験談

【マニア】初めて縛られた30代奥様の体験2【体験談】

『ああっ』

「直接触れたら、すごい湿り気ですね。」

『・・・』

「湿り気どころではないですね。ヌルヌルしていますよ。唇も開いていますね。」

『ううん』

指先で突起に触れ「普通、ここに触れられてからなら、この状態であるのは、わかるけど、そういうことなしにこんなにヌルヌルしているなんて・・・どんなことを想像してこんな状態になってしまった?」

『・・・』

「縛られている自分の姿想像していたのでしょう。奥様が望んでいた願望だものね。後ろ手手錠では、まだ、願望叶えられていないものね。これからきつく縛ってあげますからね。」

『・・・』

手錠を解き、身に着けていた服を全て取り除く。

「手を後ろに回して」   『はい』

後ろ手に回した手をロープで縛り、胸の上下にロープを回し、胸をきつく縛り上げ縛り上げる。奥様の胸は縛られパンパンに張出されてしまった状態になる。

「あれ?奥さん、胸縛り上げられたら、奥さんの乳首まで固くとがってしまったみたいだね」

固くとがった乳首を指先で弾く。

『はああん』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:マニア体験談

【風俗で】放流(3)【エッチ】

「なあ、ほんまによかったん?」

くしゃくしゃの掛布団から顔だけ出して、サクラが訊く。

「なにが?」

「あたしとこんなことして・・・」

成り行きとはいえ、ほめられたことではないよな。

「ええやんか」

笑って、俺はサクラのほほを手のひらで撫でた。

「ふふ。カイジってお醤油顔やね」

「どっちか言うたらそうやろな」

「奥さんもそんなとこに惹かれたんやな。ええ顔してるよ。悪い人やない顔や」

占い師みたいなことを言った。

「サクラだって、あんなに飲まへんかったらかわいいのに」

「あたし?あたしは、かわいないよ。えげつない女やて言われるし」

「確かに、えげつないとこはあるかもね。でもやっぱり悪い人やないな。どっちか言うたら寂しい人なんやろな」

「ううっ。ありがとっ」


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||

2017年12月23日 | エッチ実話カテゴリー:風俗での体験談

【風俗で】なおぼんの昔話【エッチ】

省線の鉄道が通るとかで、この片田舎の温泉地も賑わいを見せ始めていた。

※省線とは鉄道省管轄の、いわば国鉄の原型である。百合根温泉郷は、三十軒ほどの旅館や木賃宿、湯治場が狭い谷間にひしめいている。

その谷に、鉄橋が掛かり、隧道(トンネル)が穿たれ、汽車が走るというのだから、ざわめくのもうなずけよう。若い人夫たちが、工事のために集まり、この温泉地に逗留するようになった。

俸給の日にもなると、都会のような騒ぎになる。

酒を飲み、女を買い、博打を打つ。

そして、他愛もないことから喧嘩になり、交番から巡査がやってくる。土地の女も、いろめき立つ。

若いのは、十三くらいから、年増(としま)は五十くらいまで、男たちの懐(ふところ)目当てに、辻に立つ。

貧しい村の小遣い稼ぎには、またとない機会なのだ。

旦那がいようが、あがっていようが、かまやしない。

一種の祭りだ。橋口民子は、先輩の木下志乃に誘われて、稼ぎに来た口だ。

民子はまだ、十五で、この春にも町に奉公に出される段取りだった。

三つ上の志乃は、父親が病弱で、段々畑を母と二人できりもりしていた。「ねえさん、あたし・・・」

「たみちゃん、こわいんか。なんともないって。寝てたらええねんから」

そんな会話を交わしながら杣道(そまみち)を温泉郷まで下って行った。水月楼という、置屋というか、古い旅館が人手に渡って、「ちょんの間」となっていた。

この辺では、ここが一番安いということで、若い人夫には人気があった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2017年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:風俗での体験談

【友達と】メンズエステ【エッチ】

初めてメンズエステと言う所へ行った時の事を話します。

店に入り受付を済ませ女の娘が迎えに来てくれて、一緒にエレベーターで上の階へ…。この時点でかなり興奮です。超美人。『エステってこんな綺麗な娘が相手してくれるの?』

そして部屋へ…。

女の娘『服を脱いでベッドにうつ伏せになって下さい』

俺『はい…』熱〜いタオルが背中からお尻に掛けられる。そしてタオルのうえからマッサージ。これだけでもかなりいいキブン…。

女の娘『仰向けになって下さい』

俺『はい…』仰向けになる。

そして女の娘は服を着たまま、俺が寝ているベッドの横で正座しながらチンポを手コキ。ホントにいい女…。

俺『ねぇねぇ、エステって女の娘は脱いでくれないの?』

女の娘『脱がないといけない?』

ここで冗談ぽく、俺『うん…ィケない、ィケない…』

女の娘『クスッ(笑)そうだよね…。』立ち上がり服を脱ぎマッパになる女の娘。オッパィ、マン毛丸出し。そして再び正座をして手コキ。やっぱ超いい女…。

ダメ元で

俺『ねぇ、69やってくんない?』

女の娘は少し迷い、『やってもいいけど、私は手でするだけだよ…』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2015年1月11日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】風俗嬢が合コンにやってきた①【エッチ】

3週間前、久し振りに風俗へ行った。

馴染みだった店が看板を変えてリニューアルしたってメールが届いてて、1週間禁欲して出向いちゃったんです。

行ってみると女の子達の大半は同じ子らしい。

平日の夕方だったから空いてて、すぐに案内できる子が5人いた。

3人は顔を手で隠したりしてたんだが、その中にひときわ目立つ女の子を発見。

『この子人気あるんですよぉ~』というスタッフの言葉を聞きながら、3サイズとかを聞いた。

痩せてるけど肉感もバッチリあるEカップの現役女子大生です・・なんて言われたら溜まりません。

その子を指名して言われたビジネスホテルで待機してた。

現れた女の子を見て思わず心の中でガッツポーズ。

手で隠されていた顔はマジで綺麗系で、こんな子と遊べるなんて最高じゃん!とテンションも上がりまくり。

でもそのテンションも初めだけで、すぐに地雷だと分かりました。

まず店に電話してからベッドに腰掛け煙草を吸い出す。

世間話を俺に振り始め、45分しかないのに始めようとする素振りが無い。

言っておくが俺はそこまで風俗嬢に嫌われた経験はないよw

別にカッコイイわけじゃないけど、嫌われるような感じでも無いと思う。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||

2015年1月8日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】風俗嬢に中出し【エッチ】

2ヶ月前になりますが、社用で関西方面に出張した際、仕事の帰りに大阪の

比較的有名なヘルスに寄りました。(本当は泡のお風呂等が良かったのです

が、小遣いを握られている私にはあんまり余力が無かったんです)

週末ということもあって、私の前には3人ほど並んでいました。このため、指名しよ

うとした子はみんな取られてしまい、「オッパイの大きな子なら、誰でもいいよ」と

いって待つことにすると、すぐ、相手の女の子があてがわれてきたのですが、「○子

です。よろしゅう」といった顔を見て絶句! な・な・なんと中学・高校の同級生の

○○○がお辞儀をしているじゃないですか。部屋に入るとお互い「参った、参った」

の連発! 彼女確か結婚したはずだよな、やっぱり帰ろうかななんて思っていると、

「ウチのこと誰かに話す気?」「まさか」。

 サービスするからということで、覚悟を決めて一緒にシャワーを。昔からバストも

ヒップも大きかったけど、コイツこんなにムッチリシテイタノカ。水着以外の姿を見

るのは初めてだし、マンコもきれいに剃ってあってすごく興奮。シャワー室で咥えら

れたら、まるで初めての時みたいにあっというまに発射!○○○の喉の奥に大量の金

玉汁を流し込んでしまいました。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||

2015年1月6日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】風俗嬢が合コンにやってきた②【エッチ】

盛り上がれば盛り上がるほど焦りまくりの風俗嬢。

なんどか会話をそらそうとしてたけど、すかさず俺が修正するから風俗話が続いてた。

業を煮やした風俗嬢が席を立ったので、俺もトイレに行くフリをして部屋を出た。

そしたらさっき呼ばれた場所の近くに立ってる風俗嬢がいて、俺をジッと見てるわけです(笑)

フラフラ近付いていくとすげー剣幕で怒ってきた。

『なんであんな話するのよ!最悪じゃん!』

『あぁ?俺が悪い事したのか?』

『言わないって約束したでしょ!』

『だから何も言ってねーだろ?つーかお前態度デカくね?』

『デカくねーよ!ふざけんなよ』

『ふざけてんのはお前だろ?自分の状況分かってんのか?』

『・・・・』

『オヤジのチンコしゃぶって金もらってんのはお前だろ?』

『何言ってんだよテメー』

『てめぇ?お前ホント頭が痛いヤツだな。もうイイよ』


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||

2014年12月30日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】歌舞伎町のヘルスで生中出し(続き)【エッチ】

前回の続き…

彼女「お小遣いくれるんやったらセックスしてもええよ。」

「えぇ?大丈夫なの?そんな事しても?」

「うん、構わんよ。」

「でも、お小遣いって幾らくらい?」

「う~ん、一万とか。」

しかし、この日私は飲み会と、このヘルス代で持ち合わせを使い果たしてしまい、帰りの電車賃を残すと3千円しか持っていませんでした。びっくりして若干酔いが醒めたとはいえ、飲み過ぎでペニスもあまり硬くならないし、疲れるからいいやと思い、正直に持ち合わせの金額を話し、お金がないから無理だよと彼女に言いました。

すると、「じゃあそれだけでいいけぇ、しよ。」との言葉が。

そこまで言われて断るのは流石に男が廃ります。

時間もあまりなかったので早速挿入準備を開始です。

話し合いですっかりしぼんでしまった私のペニスを彼女が再び口にし、私もお尻を向けてもらい彼女のアソコを指で攻撃しました。

そして、ある程度お互いに準備が出来、さあ挿入というときに、またしても彼女が驚きの一言。

「コンドーム着ける?それとも生で入れる?」

「え?」

「ピル飲んどるけぇ、生でしてもえぇんよ。」(やはり広島弁)


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||

2014年12月29日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】風俗にいた友達③【エッチ】

喘ぎまくる先輩の声が気になり、どうにも集中できない俺。

どうにか彼女の手コキなどで半勃起したが、ダメだと思ってティッシュで耳栓した。

彼女は笑ってたけど、そのお陰で少しは良かったみたい。

また復活し始めたから、ローションを垂らされて素又の開始です。

騎乗位素マタが始まり、これがまた絶妙なほど気持ちがイイ。

入ってね?いや、むしろ入れるより気持ち良過ぎじゃん・・・

ローションでネチョネチョなる音もエロく、俺のチンコをオマンコに擦り付ける姿もエロい。

思わず手を伸ばして巨乳を揉むと、彼女も本気になったみたい。

ズリンズリン腰を動かし始め、時々『あっんっ・・・』と堪えた声を洩らしてた。

先輩の声が聞こえなくなったので、俺も集中し始めてきた。

あの子が今こんな事してるんだよな、って思いながら、目の前の巨乳を揉みまくり。

乳首はコリコリになってて、摘まむと口をキュッと閉じる姿に興奮した。

『正常位素マタにしようか』

多分疲れちゃうだろうなって思ったので、今度は俺が動く事にした。

彼女かなり汗ばんでたしね。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年12月22日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ