ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【浮気・不倫で】女友達のお願い 完結【エッチ】

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。

日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。

しかし全く集中なんか出来ない。

2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、

事実を少しずつ書き始めて行った。

そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、

映画を観ながら大量の酒を飲み寝てしまった。

月曜日は書き貯めておいたものを2chに投稿しながら

仕事を何とかやりこなしていく。

しかしやはりA美の事ばかり思ってしまう。

俺はこのままじゃいけない、ある意味結論を出したい。

A美と直接会って話をしたいと思っていたのだ。

その夜、連絡をしようとしていた矢先にA美からの着信メール。

「こんばんは。調子はどう?この間はありがとう。

約束の食事を御馳走したいので会えないかな?」という内容。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月23日 | エッチ実話カテゴリー:浮気・不倫体験談

【小中学生と】扉の隙間からお尻が…【エッチ】

ずいぶん前になります

小学四年のときに学校近くの友達の家へよくお邪魔していました

お母さんが在宅塾の先生で

二階の部屋で遊んでいると同じ小学校の子たちが一階で出入りするのがよく見えました

(お父さんも他の小学校で先生をしていたらしいですが、不思議と顔を見た事がありません)

あるとき遊びに行くと友達がまだ帰っていなくて

「上がって待っててあげてくれる?」と二階へ通されました

一階で授業をしていたお母さんがわざわざ出てきてくれたのですが

どうも騒がしい様子で、ときどき大きな声が聞こえたりして「何だろう?」と思いながら階段をのぼります

しばらく友達の部屋で待っているとお母さんが入ってきて

「ごめんねぇ、しばらくちょっと隣うるさくなると思うけど」と言って出ていきました

意味もよくわからず静かにしていると

隣の部屋から何やら言い合うような声がするのです

お母さんと誰かもう一人女子がいるようでした

扉の隙間から聞き耳を立ててみると女子が宿題をしてくるしてこないで揉めていて


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年2月22日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【職場で】ポルノ映画館の暗闇で・・・(最後に写真リンクあり!!)【エッチ】

 大分前だけど、その頃はよく遊んでたるいと念願だった映画館へ行った。それも普通の映画館じゃなくて、裏路地のさびれた場所にある、小汚くて、一晩中エロ映画をやっているようなトコ・・・・ 普段はガラガラであまり人もいない場所。着いたのはもう深夜1時を過ぎた時間。中に入ってみるといやらしいあえぎ声と、男女が絡み合う姿がどーんと大きくスクリーンに映っている。客は10人くらいだろうか?よくみると、こっそり動き回ったり、絡み合っている客も。しかし、ほとんどはゲイの方たちでオレはそっちは興味は無いからあまり見ないように。異様な雰囲気にるいはちょっと緊張してる。そのままイスに座って、そっと太ももをなでたり、耳に息を吹きかけたり、いちゃいちゃする。



すると・・・・



 寄ってくる、寄ってくる。おっさんや怪しい若いにいちゃんがぞろぞろ近くにやってきてじーっと、数メートル離れたところから、こっちを見ている。るいはますます感じ出したのか、感じるポイントに手がそっと触れると、ビクっと、震えている。やがてそのままオレの手はスカートに入って下着へ。表面を触ると、ぬるっと、もう、びちゃびっちゃになった液体が・・・・ そのまま横から指をいれ、クリの皮をむくように転がし始めると、るいはたまらなくなってあえぎながら身をくねらす。そのまま首筋にキスして、いやらしい言葉をいっぱい耳元でつぶやいてあげる。



そろそろいいかな?



 少し抵抗したが、もう、面倒なのでそのまま下半身を裸にし、足を開いてピンクのアソコをぱっくり開いて、野生動物みたいになかなか近寄ってこないみなさんに御開帳。ここまでくると安心したのか30センチくらいのとこまで来て、じっくり観察する人も。そのうち場内の半分くらいの人がやってきて、じっくりるいのおまんこを見ている。



いやああ、、、みないで・・・・



小さく叫ぶるい。でも、アソコは大洪水で、指を二本入れられ、くちゅくちゅいやらしい音がしている。そしてついに。。。。。



ぷしゅーっと潮吹き。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月20日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【職場で】写真あり。夜の職場でぽっちゃなOLさんを電マ責め!【エッチ】

 久しぶりにMから電話。今日は残業で遅くなるが、鍵を預かった事務所を閉めれば二人きりになれるから遊びに来てよ、とのこと。いろいろ道具を持って、神楽坂の雑居ビルにあるその事務所へ。ホコリくさいエレベーターをで上がると、もうだいぶ遅い時間なのかどの部屋も真っ暗でしんとしている。教えてもらった部屋番号のチャイムを鳴らすと、Mが出てきた。興奮しているのか、恥ずかしいのか、ちょっと赤くなった顔で黙ったままオレを案内する。そんなMの後ろ姿を両手で抱きしめて、強引にキスした。激しく舌を絡ませてくるM。そのまま床に転がし、一気にスカートをはぎ取ると、もう下着にはシミができている。



「なんだ、このいやらしいシミは。おしっこでもらしたのか?」

Mは黙っている。 

「自分の職場でM字開脚しておまんこぬらすなんて、Mはどすけべだな。」

 そのまま持ってきた紐で両足を縛りつけて転がすと、電マで服の上や下着の上から責めてやった。だんだん大きくなるMの喘ぎ声。それにも飽きてきたので、下着の中に電マを突っ込み、そのまま放置してやることに。

「じゃあ、オレ、チューハイでも買ってくるわ」

そういってコンビニへ。戻ってくるとMは耐えきれなかったのか床一面に・・・・・



続きと写真はこっちで・・・



http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?_cus=m76dv0&cn=9



調教部屋


http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=9

このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月18日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【姉と】座りたがる姉【エッチ】

かなり幼い頃だったと思う

横になっていた俺に姉がいきなりのしかかってきて、軽いケンカになった

親に叱られた事まで覚えているが、その時は一応円満に解決した

今度は俺が小学生ぐらいになって

寝転んでゲームしたりマンガ読んだりしてると、姉が背中(腰のあたり)に座ってくるようになった

最初は本当にイヤで「やめろよ」「いいでしょ」と繰り返しやってたが

あまりにも頻繁に座ろうとしてくるから対応するのも面倒になって文句言うのやめた

そしたら俺も慣れてきて上に姉が座ってる方がしっくりくるなと思い始め

仰向けに寝てる時でも、姉の気配がするとわざわざ寝返りをうったりして座らせようとした

そんな生活が何年も続くとやっぱり意識する時期がでてきて

中学の時に何回か、風呂上がりの姉に下着姿で乗られた事があるんだがアレは正直やばかった

高校大学までいくと俺も耐性ついて姉が乗ろうが座ろうが気にならなくなったけど

まぁそれでも勃つ事はあるわな、男だし

たださすがに娘連れてきた日に座ろうとするのはやめてほしいわ

将来真似したらどうすんだ


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||

2014年2月18日 | エッチ実話カテゴリー:姉との体験談

【友達と】悶絶調教【エッチ】

現在私は10歳年上の主に仕えています。

今回は主のご命令で告白させていただきにきました。

最初にいただいたのは針による責めでした。

胸やお腹を刺され、とても感じているところに今度は乳首を刺されました。

大変な痛みに悶絶してしまいました。

その後も主は許しては下さらず、私の舌と瞼を刺し、最後には右足の薬指の

爪と皮膚の間を刺し、地獄のような痛みに私がのたうちまわる姿をご覧になり、

満足そうなお顔で私を見てくださいました。

刺されたところは今でも痛み、指の爪と皮膚の間はまだ紫色になっていますが、

これが主のつけて下さったものだと思うととても満たされた気分になります。

その後、主は私に水責めをしました。

でもこの水は熱湯で、主自ら夜間でお湯を沸かして下さったものです。

とても熱く、舌がおかしくなってしまうかと思いました。

両手は後ろ手に縛られ、柱に結わえ付けられているので、どうしても逃げ腰になっている

私にそれが歯止めをかけてくれ、最後まで主の納得のいくまでお受けすることができ、


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||

2014年2月16日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【友達と】妻には言えない【隠れM男】【エッチ】

物心ついた頃にはもう褒められるよりも叱られたいと思っていた。

原因があるとすれば、なにかにつけて過剰に褒めてばかりいた親の躾方針か。

あまり褒められすぎるのも子供心に不安をおぼえてしまう。普通じゃないことは理解していた。

しかし成長するにつれ叱られたいという願望は薄れていき、妻との恋愛を経て結婚。

どこにでもいるごく普通の夫となった。

はずだった。

異変は妻が週末のみの塾講師という仕事を始めてから。

在宅塾ということで家に集まってきた小学生に勉強を教える形なのだが、広い家ではないため声は筒抜け。

聞き分けのよい子供ばかりではない。

部屋でくつろいでいると、妻が子供を叱っているらしき声が耳に入ってきてしまうのだ。『また宿題を忘れたのね、いけない子。』最初は特に気にしていなかった。

ただ突然、思い出したように自分がMであったことを自覚してしまうと、そんな妻と子供のやり取りが気にならないわけはない。

妻の前では普通の夫を演じている。

叱られている子供が羨ましい。

悶々としても今の生活を壊す気はないので、今後も妻には秘密で通すと決めている。

妻が叱っている対象をつい自分に置き換えて想像し、勃起していることもあった。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年2月14日 | エッチ実話カテゴリー:友達との体験談

【小中学生と】【母に叱られる姉】にときめいた【エッチ】

幼いころ僕は

それはもうはた迷惑なフェチ癖を持っていました

2つ上に姉がいるのですが

姉が中学生になるまで

まだ一緒にお風呂に入っていたんですね

毎日のことなのでじろじろ見るようなことはないのですが

子供ながら姉の異性を感じさせるお尻だけは好きで

なかでも「母にぶたれてほんのり赤くなったお尻」が大好きでした

母は昔から躾に厳しくて、僕も姉も日ごろからよくお尻をぶたれたものですが

そういった日に姉とお風呂に入ると

決まって「どれくらい痛かった?」という話になります

△△発目までは余裕だったとか

ここら辺を叩かれたときは痛かったとか

お尻をプリンと突き出して解説をするようになっていたので

姉のお尻をまじまじと見てよい日も多く


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||

2014年2月13日 | エッチ実話カテゴリー:小中学生との体験談

【職場で】職場の上司【エッチ】

スーパーの品出しをしている僕は23歳、そこの部門の責任者の女性は43歳で独身。

顔は瀬川瑛子のような感じで、身長160㎝の美人。

そして、なによりも制服の上着を突き上げるような巨乳。

これをなんとかしたかった。そして、ある夜の帰るとき「一緒にご飯食べに行かない」とダメ元で誘うと、

「それなら、うちで食べない」と逆に誘ってくれたので従うように彼女の家へ行き、部屋へ入ると、

「汗、かいてるでしょう。先にお風呂に入ったら」と言われて一瞬とまどったが、どうにでもなれ。と思って「じゃあ入る」

と言って入って10分ほどで出てくると、彼女が私も入ってくるから待っててねと、

そして15分ほどして出てくるとパジャマ姿で僕の横に座り、用意していた缶ビールを開けて乾杯。

そのまま数本を飲んでるうちに僕が彼女の肩を抱くと、抵抗せずに身体を任せてくれたので、バジャマを脱がしたら、95センチほどある豊満な乳房が現れ、ゆっくり揉むと声を上げたので、そのままピンク色の乳首をつまんで固くさせてから吸ってやると全身を振るわせて感じるようにしたので、下も脱がせてパンティも降ろして全裸にして、乳房を吸いながら陰部に指を入れてやると、固くなっている僕のものを掴んで「入れて」と、そして繋がってから何度もいかせてから、思い切って彼女の肛門に指を入れてやると「あっ、いや、そんなところ」と言って少し抵抗したが無視するように何度も二本の指を抜き差ししてから、僕の物を挿入してやると、「う~っ」と唸るような声を上げてから「いい~、もっと、して」と言って身体を仰け反らしたので、何度も腰を振ってアナルセックスを続けて彼女をいかせてやりました。いまでも週に1~2度、会ってはプレイを行ない、最近は後ろ手に縛って、とくに乳房責めが感じるようで、乳房に蝋燭を垂らしたり、乳首に強い洗濯挟みを噛まし、そして重りを付けて責めてやると、ヒィヒィと声を上げながらも感じているのか、何度もいっているようです。もう二人は離れなくなっていて、年明けに籍を入れる積りです。


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

|||||||||

2014年2月12日 | エッチ実話カテゴリー:職場での体験談

【学校で】地震で【エッチ】

ちょうど学校にいるときに、少し大きな地震が起こった。私の中学校では二人で一つの机を使ってる。休み時間はいつも読書をしていて、今度隣になったS君も読書好きなのでいつも二人だけで休み時間読書をします。地震は、今までに体験したこともないほど大きくなって、一緒に机に隠れた。でもあまりの揺れに私が外に出てしまった。その時隣のS君は、私の手をつかみゆっくりと抱いてくれた。でも私がどきどきしたのこれではない。なんとS君のものが私のおまんこに接しているのだ。S君も感じたらしく、それと同時に地震が収まった。S君は私を抱いたまま私の唇に舌を入れ長いキスをした。そのあと強引に私のパンツを脱がせ、ペロペロとなめ、濡れてきたら、S君のものを私のおまんこに入れた。とても気持ちよくそのあとS君は射精した。とても気持ちよくて溶けてしまいそうでした。それからは、付き合うようになり、毎日SMプレイしてます。あんなおとなしS君がこんなになるとは、ほんと信じられません。SMプレイの内容は毎日違います。一日目は、手足を縄で縛られ、いかされちゃいました。授業中も、私のおまんこにはバイブがはいていた、s君がスイッチを押せばすぐにいちゃいます。まいにちがせっくす、意外と楽しいです。 


このエッチ実話を読む »

エッチ実話関連タグ

||||||||

2014年2月9日 | エッチ実話カテゴリー:学校での体験談
10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ